『ミツカン』の製品がジュビロ磐田のキャンプ地到着! ロゴがつないだ縁も注目は偶然生まれたパーマ三人衆に!?

2022.01.23 22:31 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
新たなユニフォームサプライヤーである『アドミラル』のロゴとお酢や味ぽんなどで知られる食品メーカーの『ミツカン』のロゴが似ていることから生まれた、ジュビロ磐田と『ミツカン』の交流だが、さらに進展があったようだ。

長年プーマがサプライヤーを務めていた磐田だったが、2022シーズンからは『アドミラル』に変更。その『アドミラル』のロゴと『ミツカン』のロゴがそっくりだとSNSなどで話題となると、『ミツカン』もその点に気がつき、両者の交流が始まった。

磐田ファンも大きく盛り上がり、スポンサー契約して欲しいなどと声が上がる中、『ミツカン』は「応援したい気持ちが大きくなりすぎた結果がこちらです」とツイッターで投稿し、大量の商品の段ボールが積み上げられた写真を投稿していた。

すると、磐田が23日にインスタグラムを更新。キャンプ地である鹿児島のホテルに、『ミツカン』の商品である味ぽんやフルーティスざくろラズベリー、りんご黒酢などが届いたことを報告した。

磐田は「ミツカン商品が鹿児島に到着!早速チーム皆で、鹿児島サンロイヤルホテルのお料理と一緒に美味しくいただきました。株式会社ミツカン様、この度は素敵なご縁をありがとうございます」と投稿。料理とともに商品の写真を投稿した。

さらに磐田は、チーム集合写真で話題となったパーマ三人衆をあえて起用。ジャーメイン良袴田裕太郎森岡陸に商品を持たせた写真も投稿した。

この投稿にはファンも「いじりにきてるやん!」、「ブロッコリー」といじる事態に。また、『ミツカン』との縁には「アドミラルが繋いだご縁大切に」というコメントも寄せられた。

ひょんなことから生まれた両者の縁。しっかりと形となりつつあり、この先もこの良い関係が続くことを願うばかりだ。



1 2

関連ニュース
thumb

札幌がGK交代のアクシデント発生も逆転勝利! 磐田は初連勝ならず【明治安田J1第14節】

明治安田生命J1リーグ第14節のジュビロ磐田vs北海道コンサドーレ札幌が22日にヤマハスタジアムで行われ、アウェイの札幌が2-1で勝利した。 前節のFC東京戦を勝利して2連敗の嫌な流れを払拭した14位の磐田はスタメンを1名変更。ウィングバックながらチーム内得点王の鈴木がメンバー外となり、今季のリーグ戦初スタメンとなる袴田を起用した。 一方、先の鹿島アントラーズ戦で6試合ぶりの失点を含む4失点の完敗を喫した11位の札幌は5選手が入れ替わり、最後尾にGK大谷を起用。トップに荒野を置き、ゼロトップのシステムで仕切り直しを目指した。 札幌のキックオフで幕を開けた試合は開始早々に荒野が飛び込んでチャンス。その後も札幌が高い位置からプレスをかけてチャンスをうかがう。これで立ち上がりのペースを乱された磐田だが、ロングボールからセットプレーのチャンスを獲得した8分に幸先よくゴールを奪う。遠藤の左CKからのクロスに山本義道が飛び込むと、一度は札幌DFに阻まれたものの、J1初ゴールとなる一発を倒れ込みながら決めた。 早くも1点を失った札幌は試合を振り出しに戻そうと、サイドを起点に攻撃を仕掛けるが、落ち着きを取り戻した磐田の組織的守備を前に苦戦。最終ラインでボールを回しながら相手のブロックを崩すための隙を探るなか、一方の磐田も強固に守ってカウンターを狙う。だが、前線で起点となるファビアン・ゴンザレスにボールが合わず、にらみ合いが続く。 札幌が最終ラインから試合を作るなか、センターバックの中村がハーフウェイライン付近で相手選手を2枚剥がすと、磐田の守備に綻びが生じて28分に同点ゴールが生まれる。ボックス手前の中村から右サイドでパスを受けたルーカス・フェルナンデスが落ち着いてクロスを上げると、ボックス中央付近に走り込んだ深井がダイレクトでゴール右下に決め、札幌が試合を振り出しに戻した。 これで勢いづいた札幌は37分に駒井のスルーパスに抜け出した金子が決定機。41分にも田中駿汰のスルーパスに駒井が抜け出してチャンスを演出する。徐々に前線のペースを確立して攻撃のリズムを生み出すが、前半のうちに逆転ゴールを奪えず、試合を折り返した。 後半の立ち上がりに先手を打ったのは磐田。46分に右サイドからボックス手前中央で杉本がパスを受けてその場で右足を振り抜くと、右ポストの内側に当たるもネットを揺らせない。一方の札幌も53分にFKから岡村がヘディングでチャンスを演出するなど、両チームともにアグレッシブな戦いを繰り広げる。 すると、流動的な攻撃で畳みかける札幌が55分に待望の逆転ゴールを生み出す。敵陣中央をドリブルで上がった中村がバイタルエリア左の青木にパスを送ると、切り返しのフェイントで磐田DFを剥がしてクロスを上げ、ゴール前でフリーの駒井がヘディングシュートでネットを揺らした。 勝利を決定づけるべく追加点を奪いにかかる札幌は62分にもチャンスを作ると、続く66分にもゴールに迫り、試合の主導権を掌握。流動的なパスワークで相手の守備ブロックを崩し始めた札幌がチャンスを増やす一方、磐田は起点となる途中出場の大津にボールが収まらず、得点の機会を作り出せぬまま時間が経過する。 試合が終盤に差し掛かると、札幌がリスクマネジメントを徹底しながら試合をコントロール。86分にGK大谷が肩を負傷したことで、J1最長身タイの200㎝を誇るGK中野をスクランブル的に今季初出場させるアクシデントもあったものの、6分にわたるアディショナルタイムもゴールを守り切り、3試合ぶりの勝利で8位に浮上した。一方の磐田は今季初の連勝を逃している。 ジュビロ磐田 1-2 北海道コンサドーレ札幌 【磐田】 山本義道(前8) 【札幌】 深井一希(前28) 駒井善成(後10) 2022.05.22 18:10 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第14節:磐田vs札幌】カップ戦では明暗の両者、総力戦で白星掴むのは

【明治安田生命J1リーグ第14節】 2022年5月22日(日) 15:00キックオフ ジュビロ磐田(15位/14pt) vs 北海道コンサドーレ札幌(13位/17pt) [ヤマハスタジアム(磐田)] ◆前節の勝利を勢いに【ジュビロ磐田】 前節はFC東京を相手に鹿沼直生のJ1初ゴールで勝利を収めた磐田。一方で、ミッドウィークのYBCルヴァンカップは湘南ベルマーレを相手に1-0で敗戦。グループステージで大会を去ることとなった。 カップ戦敗退はチームにとっては痛手とも言える一方で、前節決勝点を決めた鹿沼はそのルヴァンカップで経験を積んでリーグ戦2試合目で結果を出した。今シーズンの磐田にとってはチーム力の底上げという点でプラスに働いた大会だっただろう。 その戦いの中から得たものを、あとはリーグ戦にどう繋げるか。若手の台頭という側面もある一方で、しっかりとハードなプレスをかけて相手を追い込む姿を見せたいところだ。 ミラーゲームとなることが予想される札幌戦。主導権を握るという点では、相手に上回られる可能性もある中で、ピッチ上でどう対応するのか。マンツーマンマークにも警戒したい。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:三浦龍輝 DF:山本義道、伊藤槙人、リカルド・グラッサ MF:鈴木雄斗、遠藤保仁、鹿沼直生、松本昌也 MF:上原力也、杉本健勇 FW:ファビアン・ゴンザレス 監督:伊藤彰 ◆前節大敗の払拭を【北海道コンサドーレ札幌】 前節はアウェイでの鹿島アントラーズ戦。首位に立っていたチーム相手に4-1と大敗を喫した。 完璧に崩されてのゴールが多く、非常にショッキングな敗戦となったが、ミッドウィークにはYBCルヴァンカップを戦いサガン鳥栖とドロー。グループステージ突破を決めた。 今節は守備の要でもある宮澤裕樹が出場停止となる中で、岡村大八が起用されるはず。対人守備の強さを見せているだけに、デュエルで負けないところを見せたい。 また前線で言えば、ルヴァンカップで台頭した中島大嘉に注目。勝ち点の近い相手との勝負で、しっかりと勝ち切れるか。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:菅野孝憲 DF:田中駿汰、岡村大八、福森晃斗 MF:ルーカス・フェルナンデス、荒野拓馬、深井一希、菅大輝 MF:金子拓郎、駒井善成 FW:中島大嘉 監督:ミハイロ・ペトロヴィッチ 出場停止:宮澤裕樹 2022.05.22 12:34 Sun
twitterfacebook
thumb

日本代表初招集のDF伊藤洋輝が同日に磐田からシュツットガルトへ完全移籍!2025年夏まで契約

シュツットガルトは20日、日本代表DF伊藤洋輝(23)の完全移籍加入を発表した。 伊藤はジュビロ磐田からのレンタル移籍だったが、買い取りオプションを行使。契約期間は2025年6月30日までとなる。 伊藤は2021年夏にジュビロ磐田から買取オプション付きのレンタルで加入。当初こそセカンドチームでのプレーを予定していたが、プレシーズンからアピールに成功して、トップチームで主力としての地位を築いた。 センターバックとしてプレーし、ブンデスリーガでは29試合で1ゴール1アシスト。DFBポカールでは2試合に出場。ブンデスリーガ最終節では、後半アディショナルタイムにCKをヘディングでフリックすると、遠藤航の劇的勝ち越しゴールをアシスト。チームの残留に大きく貢献していた。 また、同日には日本代表に初選出され、6月のキリンチャレンジカップ2022、キリンカップサッカー2022でのデビューが期待される。 シュツットガルトのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるスヴェン・ミスリンタート氏は、クラブを通じて伊藤について言及している。 「彼のサッカーのスキルとキャラクターの特徴は、我々のチームにおいてとても貴重だ。従って、買い取りオプションを選択することはすぐに分かった」 「ヒロキが今後もシュツットガルトのシャツを着続けることをとても嬉しく思う」 伊藤は磐田を通じて、コメントしている。 「この度、VfBシュトゥットガルトへと完全移籍することになりました。昨年、ジュビロ磐田での最後の試合でエコパスタジアムに掲げていただいた言葉を胸に一年間戦ってきました。チームとしては苦しいシーズンでしたが、なんとか残留することができました」 「これからも厳しい環境に身を置き、更にレベルの高いプレーヤーへと成長できるよう頑張ります。これまでサポートいただいた皆様、ありがとうございます。これからも応援よろしくお願いします」 2022.05.20 21:32 Fri
twitterfacebook
thumb

湘南が首位でプレーオフステージへ! 2位は6年ぶりGS突破の福岡【ルヴァンカップ・グループD第6節】

JリーグYBCルヴァンカップのグループステージ第6節が18日に各地で行われ、D組も2試合が開催された。 勝ち点9で2位のアビスパ福岡はすでに敗退が決定済みで最下位に沈むFC東京とアウェイで対戦。前半は互いに堅い守備が際立つ展開となり、ゴールレスで終える。 引き分け以上で自力で突破が決まる福岡はルキアンやジョルディ・クルークスを送り込み、こじ開けにかかるが、FC東京も集中を切らさず、逆にゴールに迫り寄る。 シンプルなサイド攻撃やセットプレーを活路に相手のゴールに向かっていったFC東京だが、勝ち点1でも十分な福岡も守りでファイト。0-0のドローに終わった。 FC東京 0-0 アビスパ福岡 勝ち点9で首位に立つ湘南ベルマーレは勝ち点7で3位のジュビロ磐田とホームで対戦。突破に勝利が求められる磐田だが、シュートの形を作るのに苦しみ、湘南の積極性が際立つ展開となる。 その湘南もフィニッシュの精度が伴わず、0-0で折り返すが、54分に左サイドから町野が左足で上げたクロスに池田が右足ボレー。これが豪快にネットを揺らして、湘南が先制に成功する。 先にゴールを奪われ、厳しい展開に追い込まれた磐田は63分にファビアン・ゴンザレスがゴールに迫った場面もGK谷が阻止。その後もペースを握り続けた湘南が1-0の完封勝利を収めている。 湘南ベルマーレ 1-0 ジュビロ磐田 【湘南】 池田昌生(後9) 結果、勝ち点を「12」に伸ばした湘南は首位でプレーオフステージに勝ち進み、2年連続でグループステージ突破。勝ち点10の福岡は2位の座を守り、6年ぶりのグループステージ通過を決めた。 ◆順位表 1:湘南ベルマーレ 12pt/+3 2:アビスパ福岡 10pt/0 3:ジュビロ磐田 7pt/-1 4:FC東京 5pt/-2 2022.05.18 21:48 Wed
twitterfacebook
thumb

磐田の選手1名が新型コロナウイルスの陽性診断

ジュビロ磐田は17日、トップチームの選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性診断を受けたことを発表した。 当該選手は11日に、濃厚接触疑いとなり、チームから隔離。ただ、症状はなかったという。 しかし、13日にノドの痛みを自覚。14日にはノドの痛みに加えて、38.1℃の発熱があり、13日に受けたPCR検査の結果、陽性診断を受けたとのことだ。 なお、クラブ内には濃厚接触者はいないとのことだ。 2022.05.17 20:57 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly