大宮MF三門雄大が昨季の最終節で負傷…左ハムストリング肉離れで全治8週間

2022.01.20 12:40 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
大宮アルディージャは20日、MF三門雄大の負傷を発表した。

クラブの発表によると、三門は2021シーズンの明治安田生命J2リーグ最終節のでザスパクサツ群馬戦で負傷していたとのことだ。

三門は左ハムストリング肉離れと診断。全治は8週間とのことだ。

三門は2021シーズンの明治安田J2で37試合に出場し2得点。負傷した群馬戦でもチームの2点目を記録し、チームの残留に貢献していた。


関連ニュース
thumb

大宮の監督交代に思うこと/六川亨の日本サッカー見聞録

J2リーグの大宮が、霜田正浩監督の解任を26日に発表した。後任には町田や川崎F、鹿島などで指揮を執った相馬直樹氏が監督に就任。今週末のアウェー東京V戦から現場に復帰する。 元JFA(日本サッカー協会)の技術委員長で、J2山口で指揮を執った霜田氏が大宮の監督に就任したのは昨シーズン6月のこと。2勝5分け11敗と出遅れた岩瀬健監督の後を引き継ぎ、第18節の栃木戦からチームを率い、勝ちきれない試合が続いたもののガマン強くポゼッションスタイルのサッカーへと転換を図った。 夏の移籍期間中には徳島からFW河田篤秀を獲得すると、すぐさまエースストライカーとして活躍。19試合で7ゴールを決め、河田がゴールを決めた試合は4勝3分けの無敗でJ2残留に貢献した。 シーズンが深まるにつれ、右SBにはイケメン馬渡和彰が、左SBには翁長聖が定着。右MF黒川敦史、左MF奥抜侃志ら主力選手もほぼ固まり、最終戦の勝利(群馬に3-1)により16位でフィニッシュしてJ2残留を果たした。 捲土重来を期すはずの今シーズンだったが、イバやハスキッチら外国人選手に加え、前述した馬渡(浦和)、翁長(町田)の両SBとCBの河面旺成(名古屋)、黒川(磐田)ら主力選手、とりわけDF陣のレギュラー3人が移籍したのは大打撃だった。 彼らが移籍するのは霜田監督も了解していた節がある。さらに、外国人選手を補強する資金がないことも、新シーズンの獲得選手を見れば明らかだ。こうした「ないない尽くし」でスタートした今シーズンを象徴するのが横浜FCとの開幕戦だった。 アウェーで優勝候補と対戦した大宮は0-2のビハインドから新加入した茂木力也と矢島慎也のゴールでタイスコアに持ち込む。その後も猛攻を仕掛けたものの、決定的なシュートはポストを叩いたりGKの正面を突いたりするなど大宮サポーターのため息を誘う。そしてアディショナルタイムに新加入DF新里亮がPKを与えて2-3で敗退した。 その後も勝ち試合をドローで終えるなど低迷が続き、初勝利は4月16日の第10節・千葉戦(2-1)と大きく出遅れた(この勝利で最下位から21位に浮上)。5月25日の第18節を終えてクリーンシートは第16節の長崎戦(0-0)と18節の琉球戦(1-0)の2試合のみ。いかに守備が崩壊していたかがわかるだろう。 その間には第6節の岡山戦で負傷したGK南雄太の代わりに出場した上田智輝がロングキックを蹴った際に右膝を負傷し、急きょDFがGKを務める緊急事態もあった。GK上田は全治6~8ヶ月の重傷。そして正GKのベテラン南も5月18日のいわて戦で右足アキレス腱の断裂と、相次ぐ不運に遭っている。 シーズン途中には原博実・元JFA技術委員長を強化の責任者に招聘したものの、その効果があったのかどうかは不明だ。これは余談だが、原氏と相馬監督は、年齢は離れているが同じ早稲田大学サッカー部の先輩と後輩である。同じ早稲田ラインなら、元日本代表監督の西野朗氏は原氏の先輩であり、元五輪代表監督の関塚隆氏は後輩であることだけ付け加えておこう。 話を大宮に戻すと、現チームを相馬監督がどう立て直すのか楽しみだ。恐らく現実路線で守備の立て直しからスタートするだろう。そんな相馬監督の要求に応えられる選手がどれだけいるか。 最後に、霜田元監督は、コロナ禍でも練習をメディアに公開し(取材に来るメディアは数少なかった)、会見もリモートではなく対面で実施した。そして、当事者の誰もコロナに感染することはなかった。こうした監督の姿勢とチームの努力による結果は高く評価したい。その積み重ね、エビデンスが近い将来、大宮のファン・サポーターに対して練習公開とファン・サービスにつながることを期待したい。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2022.05.27 18:30 Fri
twitterfacebook
thumb

低迷続く大宮が霜田正浩監督を解任、後任は昨季鹿島を率いた相馬直樹氏

大宮アルディージャは26日、霜田正浩監督(55)の解任を発表した。なお、後任は相馬直樹氏(50)が就任することとなる。なお、28日の東京ヴェルディ戦から指揮を執ることとなる。 霜田監督は、不振に陥っていた2021シーズン途中に大宮の監督に就任すると、最終節でなんとか明治安田生命J2リーグ残留を掴んでいた。 今シーズンはシーズン開幕から指揮を執っていたが、選手の大半が入れ替わるという事態に加え、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者がクラブ内で出たこともあり出遅れると、開幕9試合未勝利と大きく低迷した。 その後第10節のジェフユナイテッド千葉戦で初勝利。第12節のザスパクサツ群馬戦ではホーム初勝利をあげ、続くツエーゲン金沢戦も連勝。その後、大分トリニータ、V・ファーレン長崎と引き分けが続いたが、いわてグルージャ盛岡、ベガルタ仙台とホームで連敗。再び降格圏に落ちていた。 25日に行われた第18節のFC琉球戦では、勝ち点が並ぶ相手に1-0と勝利を収めて降格圏を脱出していたが、監督交代となった。 霜田監督はクラブを通じてコメントしている。 「この世界では結果の責任が常に監督にありますので、このクラブの決断を真摯に受け止めるとともに、いつも応援をしていただいたサポーターの皆さまに、本当に心から感謝いたします。NACK5スタジアム大宮でいつも最高の雰囲気を作っていただき、アウェイの地にも大勢のサポーターに駆けつけていただき、どんなときも変わらぬ応援をしてくださったサポーターの皆さんに、もっともっと勝利を、笑顔を届けたかったです。それができなかったことが無念でなりません」 「それでも、チームを愛し選手たちを信じてNACK5スタジアム大宮で指揮をとり、皆さんと一緒に闘えたことはとても幸せでした。今後の大宮アルディージャを陰ながら応援しています。ありがとうございました」 相馬氏は、現役時代は鹿島アントラーズや東京ヴェルディ、川崎フロンターレでプレー。日本代表の左サイドバックとしても活躍、1998年のフランス・ワールドカップにも出場していた。 引退後はFC町田ゼルビアで監督業をスタート。その後、川崎Fの監督に就任。モンテディオ山形のコーチを経て、再び町田の監督に就任すると、2020年からは古巣鹿島のコーチに就任。しかし、アントニオ・カルロス・ザーゴ監督が解任されると、2021年4月からは鹿島で監督を務め、チームはV字回復。4位でシーズンを終えていたが、同年限りで退任していた。 相馬新監督はクラブを通じてコメントしている。 「大宮アルディージャにかかわるすべての皆さま、はじめまして。このたび監督に就任しました、相馬直樹です。皆さまと一緒に笑顔を分かち合えるよう、すべての力を出し切りたいと思います。ご支援、ご声援をよろしくお願いします」 昇格を掲げる中で、2年連続で残留争い中の大宮。残りは24試合あるが、相馬監督の下でチームは浮上することができるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】霜田監督のラストマッチは、田代のスーパーゴールで勝利</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="RRtvEJQSMU8";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.26 11:40 Thu
twitterfacebook
thumb

新潟がU-21日本代表三戸舜介のゴールなどで勝利し首位肉薄! 裏天王山は大宮が琉球を下し降格圏脱出【明治安田J2第18節】

25日、明治安田生命J2リーグ第18節の11試合が行われた。 首位のベガルタ仙台(勝ち点35)は4位のファジアーノ岡山(勝ち点27)と対戦。ゴールレスドローに終わった。 上位対決となった一戦。岡山の木山隆之監督にとっては古巣対戦となった一戦となった。 立ち上がりから積極さを見せた中5分、ミッチェル・デュークの展開からハン・イグォンが持ち出してシュートも枠外となる。 仙台は中島元彦のミドルシュート、岡山はミッチェル・デュークがミドルシュートでゴールを狙うが、共に枠を外れていく。 仙台は30分、内田裕斗からのクロスを走り込んだ富樫敬真がヘッド。しかし、これは強く叩けず、GK堀田大暉がキャッチする。 仙台は後半に氣田亮真がカットインからミドルシュート。これは枠に飛ぶがGK堀田がセーブする。 後半はホームの仙台が押し込み続けるが、富樫、氣田のシュートは惜しくも決まらず。ゴールが遠い展開が続く。 岡山は85分、左CKからのクロスを柳育崇がヘッド。これは枠に飛ぶがGK小畑裕馬がキャッチ。ゴールを奪えず、1-1の引き分けに終わった。 2位のアルビレックス新潟(勝ち点32)はアウェイで水戸ホーリーホック(12位/勝ち点22)と対戦し、0-3で勝利を収めた。 連勝を目指す新潟だったが、先にチャンスを作ったのは水戸。8分、椿直起がカットインからシュート。しかし、これは右ポストを直撃する。 対する新潟は14分、新潟は後方からのビルドアップを繋ぎ、最後は三戸舜介がボックス内右からシュート。これはGK山口瑠伊がセーブ。こぼれ球を谷口海斗が詰めにいくがゴールに飛ばない。 すると30分、水戸はカウンターから木下康介が運び、折り返しを安藤瑞季が合わせにいくが、千葉和彦がブロック。黒石貴哉がこぼれ球を拾ってシュートもGK小島亨介がセーブする。 互いにゴールに迫る中ゴールレスで後半を迎えた中53分、三戸がインターセプトのまま持ち出すとカウンター。3-2の状況となったがそのままミドルシュート。GKの手を弾いてゴールに決まり、先制に成功する。 さらに67分、左からのCKからファーサイドにフリーで走り込んだ本間至恩がダイレクトで合わせて新潟が追加点を奪う。 2点リードを奪うと、85分には左サイドでボールを持った本間がドリブルでカットイン。ワンツーで崩すと、ミドルシュートが鈴木孝司の背中に当たって跳ねて決まり、新潟が0-3で勝利を収めた。 また、横浜FC(3位/勝ち点32)はアウェイでいわてグルージャ盛岡(22位/勝ち点14)とアウェイで対戦した。 上位と下位の対決となる中、先にネットを揺らしたのは横浜FC。39分、ボックス右でFKを得た横浜FCは長谷川竜也のクロスからファーサイドでガブリエウがヘッド。これが決まり先制する。 積極的なプレーを見せる岩手だが、横浜FCとの力の差を感じる展開に。それでもしっかりと我慢しながら戦っていたが、うまく試合をコントロールされると、60分に一瞬の隙を突かれてしまう。 GKからのロングフィードがフリックされるも、最終ラインの牟田が拾ってバックパス。しかし、弱いパスを予測したのかサウロ・ミネイロはすでに追いかけており、そのまま流し込んだ。 横浜FCがリードを保ったまま終盤へ。強風の中での試合となったがアディショナルタイムにはボックス手前で小川がコントロールからシュートをねじ込み3点目。リードを広げるが、岩手はその後も押し込むとボックス内右でパスを受けたブレンネルが豪快に蹴り込み一矢報いる。しかし、そのまま試合は終了し、1-3で横浜FCが勝利した。 その他、降格圏の大宮アルディージャ(21位/勝ち点14)と勝ち点でならぶFC琉球(20位/勝ち点14)の一戦は、1-0で大宮が勝利した。 前半はアウェイの琉球が押し込む展開となった中、大宮は粘りの守備を見せて得点を許さず。 後半に入り、大宮がギアを上げて盛り返すと、71分に柴山昌也のクロスを田代真一がジャンピングボレーでニアサイドを撃ち抜き先制。1-0で逃げ切り、順位を入れ替えることに成功した。 ◆明治安田生命J2リーグ第15節 いわてグルージャ盛岡 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 横浜FC</span> ベガルタ仙台 0-0 ファジアーノ岡山 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">モンテディオ山形 1</span>-0 レノファ山口FC 水戸ホーリーホック 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 アルビレックス新潟</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">栃木SC 1</span>-0 FC町田ゼルビア ザスパクサツ群馬 2-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 ロアッソ熊本</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">大宮アルディージャ 1</span>-0 FC琉球 東京ヴェルディ 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 ツエーゲン金沢</span> V・ファーレン長崎 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 ジェフユナイテッド千葉</span> 大分トリニータ 1-1 ブラウブリッツ秋田 ヴァンフォーレ甲府 1-1 徳島ヴォルティス 2022.05.25 21:54 Wed
twitterfacebook
thumb

大宮FW中野誠也が左足ハムストリング肉離れで全治は6~8週間

大宮アルディージャは23日、FW中野誠也の負傷を発表した。 クラブの発表によると、中野は18日に行われた明治安田生命J2リーグ第15節延期分のいわてグルージャ盛岡戦で負傷したとのことだ。 この試合に中野は後半開始から出場。最後までプレーしていた。 中野は、左足ハムストリング肉離れと診断。全治は6~8週間とのことだ。 昨シーズンから大宮でプレーする中野は、今シーズンの明治安田J2で10試合に出場し1得点を記録していた。 2022.05.23 15:15 Mon
twitterfacebook
thumb

「あってはならない行為」低迷の大宮が仙台戦でのサポーターの暴力行為を謝罪…仙台は新型コロナウイルスのガイドライン抵触を謝罪

大宮アルディージャは22日、ベガルタ仙台戦でのトラブルについて報告した。 21日、明治安田生命J2リーグ第17節の大宮vs仙台が大宮のホームNACK5スタジアム大宮で行われた。 昇格を目指しながらも下位に低迷している大宮と、1年でのJ1復帰を目指す首位・仙台の一戦に。試合は、首位の仙台が強さを見せつけ2-4で勝利を収めていた。 首位をキープした仙台だったが、敗れた大宮サポーターが試合後に愚行。相手サポーターに暴力を振るうという事態が起きていた。 試合終了後、大宮のビジター側のスタンドで緩衝帯付近でサポーター同士が揉める姿が。SNSでも動画が投稿されており、過去の問題行動を含めて大きな騒動となっていた。 大宮は今回の事件について謝罪声明を発表している。 「2022明治安田生命J2リーグ第17節・ベガルタ仙台戦の試合後に、大宮アルディージャサポーターがビジターサポーターゾーンへ侵入し暴力を振るうという、あってはならない行為が発生しました」 「ホームクラブとして、当日ご来場いただいたすべての皆さま、多くの方々にご迷惑とご心配をお掛けしたことについて、お詫び申し上げます」 「本事案については、両クラブおよびマッチコミッショナー立会いのもと行為者が謝罪を行ったことで、当事者間で和解に至っております」 「クラブとして、今回発生した行為を重大に受け止め、二度と同様のことが生じないよう、行為者に対して経緯、行為を含め事実確認を行った上で、規定に準じて厳正に対処いたします」 「大宮アルディージャは、いかなる理由があったとしても、暴力行為は決して許されるものではないという認識のもと、安心、安全で快適なスタジアムづくりに引き続き取り組んでまいります」 また、被害を受けた仙台も声明を発表。仙台サポーターにも新型コロナウイルスのガイドラインに抵触する行為があったことを謝罪した。 「5月21日(土) NACK5スタジアム大宮で開催された、明治安田生命J2リーグ 第17節 大宮アルディージャ戦におきまして、試合後にサポーター間のトラブルが発生いたしました」 「当日ご来場いただいたすべてのみなさまをはじめ、ファン、サポーター、両クラブの関係者のみなさまにご迷惑をおかけいたしましたこと、心よりお詫び申し上げます。大変申し訳ございませんでした」 「また、当該試合におきまして、当クラブサポーターによる新型コロナウイルス感染症対応ガイドラインに抵触する行為があったことを認識しております。同試合にご来場のお客さまに不快な思いをさせたことについても重ねてお詫び申し上げます」 「当クラブでは今回のトラブルを真摯に受け止め、当クラブサポーターへ指導を行います。今後も再発防止の徹底、安心、安全で快適なスタジアムづくりに向けて取り組んでまいります」 2022.05.22 22:20 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly