福岡の今季ユニ販売数ランキング、"キング"&"プリンス"が2トップに輝く

2022.01.19 20:04 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
アビスパ福岡は18日、今季ユニフォームのマーキング受注ランキングを発表した。

5年ぶりのJ1参戦となった昨季は、3度も続いた5年に1度昇格しては即降格のジンクスを打破。クラブ新となるJ1での6連勝を含めた勝ち点54の8位でフィニッシュし、目標としていた勝ち点50の10位以内も達成した。

J1定着を目指して戦う今季のユニフォームは、ネイビーとブルーヴェールダンスによる対称でシンプルなデザインを採用。すでにユニフォームは初回受付が終了し、11日まで背番号およびネームのマーキング加工を受け付けていた。

福岡はこの度、その受注数ランキングを発表。3位には2020年の加入時からキャプテンを務め、昨季はチームトップのリーグ戦38試合に出場、福岡の心臓・6番MF前寛之がランクインした。

2位は福岡でプロデビューし、昨シーズンの頭に電撃復帰した地元出身のアタッカー・MF金森健志。福岡の"プリンス"は今季、背番号を「37」から「7」へと変更した。

栄えある1位に輝いたのはやはり10番FW"キング"城後寿だ。2005年に国見高校から入団し以降、福岡一筋18年目を迎える。

発表されたランキングにはファンも反応。「どんなランキングでもキングやな」、「城後選手が1位ならそれだけでいい!」、「金森と前キャプテンを持ってしてでもキングの牙城は崩せないか…」など、さすがの城後を称えるコメントが相次いだ。

なお、2位にランクインした金森自身も「たくさん買ってくださりありがとうございます、感謝してます!!!!何事も負けたくないので悔しいですが。。。」と、ファンへの感謝と城後に及ばずの悔しさを冗談めかした反応を返している。



1 2

関連ニュース
thumb

「ありがとうラーメン。ありがとう無敵家」ユンカーのハットトリックは“ラーメンパワー”の効果!?

浦和レッズのデンマーク人FWキャスパー・ユンカーが活躍の秘訣を明かした。 ユンカーは18日、埼玉スタジアム2002で行われた明治安田生命J1リーグ第11節延期分の横浜F・マリノス戦に先発で出場すると、3点ビハインドで迎えた後半にハットトリックを達成。試合を同点に持ち込み、勝ち点1をもぎ取った。 そのユンカーは試合の2日前、自身のツイッターで「ランチタイム」と題して東京の池袋にある『麺創房 無敵家』というラーメン店の一杯の画像を投稿していたが、横浜FM戦直後にもツイッターを更新した。 自身の投稿を引用する形で、「ラーメンのおかげかなー」とハットトリックの原動力になった可能性を分析。さらに「無敵家最高の広告」と続けた。 すると、16日のユンカーの投稿に「Body fat…」とツッコみ、横浜FM戦でユンカーの2点目をアシストしていたチームメイトのMF松尾佑介も「ありがとうラーメン。ありがとう無敵家。ありがとうキャスパー」と綴った。 さらに、『麺創房 無敵家』の公式アカウントも参戦し「この上ない宣伝でございます」と感謝を示している。 ラーメン効果の真偽は不明だが、これからは『麺創房 無敵家』が浦和やユンカーたちのファンの“聖地”となるかもしれない。 <span class="paragraph-title">【動画&写真】ユンカーのハットトリックとその原動力となった一杯</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="opyKaiW7Bqg";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">ランチタイム <a href="https://t.co/rJvX5qOyGt">pic.twitter.com/rJvX5qOyGt</a></p>&mdash; Kasper Junker (@KasperJunker) <a href="https://twitter.com/KasperJunker/status/1526056506638372865?ref_src=twsrc%5Etfw">May 16, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.19 20:15 Thu
twitterfacebook
thumb

「We are REDS!」“高速リスタート”の浦和ボールボーイが選手と一緒に歓喜!ハットトリックのユンカーも感謝

浦和レッズのデンマーク人FWキャスパー・ユンカーがボールボーイに感謝した。 浦和は18日、明治安田生命J1リーグ第11節の延期分で横浜F・マリノスと埼玉スタジアム2002で対戦。5試合連続での引き分け、3試合連続ゴールレスドローという状況のなか、ユンカーも先発に名を連ねた。 しかし、試合は前半だけで横浜FMに3点を先行される苦しい展開に。それでも後半にはユンカーを裏に走らせるシンプルな攻撃からチャンスを作ると、47分と81分にユンカーがゴールを奪い、1点差まで迫る。 そして試合終了間際の89分、スローインからボックス左で受けた大久保智明がドリブルを仕掛けてボックス内に侵入。大久保がシュートを放つと、ユンカーが上手く合わせて3点目。浦和加入後初のハットトリックで何とか勝ち点1をもぎ取った。 3点目のシーンでは、左サイド深くでスローインを得ると、ボールボーイがFW松尾佑介に素早くボールを供給。そこから大久保のドリブル突破とユンカーの同点ゴールに繋がった。 ゴール直後には浦和のベンチメンバーとボールボーイが抱き合ってゴールを喜ぶシーンも印象的だったが、ユンカー本人もこれに反応。19日に自身のツイッターを更新すると、ゴールシーンの動画を引用しながら「ボールボーイ」と拍手の絵文字を添えて称えた。 これにはファンも心を打たれたようで「サイコー」、「We are REDS!」、「ボールボーイの子から始まった攻撃!!」、「浦和のボールボーイは世界一」、「本当に一緒に闘ってくれてる」など大きな反響が寄せられている。 <span class="paragraph-title">【動画】ユンカーの同点ゴールのカギとなったボールボーイの素早いリスタート</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%82%B9%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%A6%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%BC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#キャスパーユンカー</a><br>ハットトリック<br>\<br><br>3点ビハインドから浦和が追いついた<br><br>2022明治安田J1第11節<br>浦和×横浜FM<br><a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> 見逃し配信中<a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%B5%A6%E5%92%8C%E6%A8%AA%E6%B5%9CFM?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#浦和横浜FM</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%EF%BC%AA%E3%81%8C%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%82%92%E7%86%B1%E3%81%8F%E3%81%99%E3%82%8B?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Jが世界を熱くする</a><a href="https://twitter.com/REDSOFFICIAL?ref_src=twsrc%5Etfw">@REDSOFFICIAL</a> <a href="https://t.co/ZY8vMCXO9o">pic.twitter.com/ZY8vMCXO9o</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1526902358902337538?ref_src=twsrc%5Etfw">May 18, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.19 15:45 Thu
twitterfacebook
thumb

「トラブルが頻発」57回目の“大阪ダービー”に向けG大阪が注意喚起の声明「厳しい罰則を実施・検討」

ガンバ大阪は19日、“大阪ダービー”における問題行動について声明を発表した。 セレッソ大阪との“大阪ダービー”は多くの盛り上がりを見せる中、今シーズンはYBCルヴァンカップで同じグループに入ったことから、すでに2度開催されている。 今シーズンの明治安田生命J1リーグでは、21日に行われる今節が“大阪ダービー”となるが、過去2試合では問題行動が報告されている。 サポーター同士のトラブルが頻発し、試合日には生卵の投げつけや待機列のテープ剥がしを始め、様々なトラブルがSNS上で報告されていた。 そんな中、週末の“大阪ダービー”に向けて小野忠史社長の名義でG大阪が声明を発表。「フェアでクリーンな大阪ダービー開催に向けて」と題して注意喚起を行った。 「さて、今週末5月21日に開催されます大阪ダービーは、1995年5月3日の対戦から数え57回目となります」 「過去、両クラブはお互いをリスペクトしつつ、勝負に対して拘りを持って戦ってまいりました。その思いは両クラブのファン、サポーターの皆様も同じであると存じます」 「しかしながら、以前より大阪ダービーにおけるスタジアム内外での両サポーターによるトラブルが頻発しており、これらは試合を楽しみにご来場された全てのお客様に対し多大な迷惑行為となっております」 「この現状をクラブは重く受け止め、改めて多くのご来場頂くお客様が安心・安全にご観戦頂ける、トラブル・暴力の無い試合運営を行っていく所存です」 「今後、試合開催におけるスタジアム内外での危険かつ悪質な行為が確認された場合、個人・グループに対して厳しい罰則を実施・検討致します」 「是非今一度、Jリーグ観戦ルール及び両クラブ観戦ルールを遵守いただき、スタジアム内外でのクリーンな応援で大阪ダービーを盛り上げ、チームを後押しして頂きたく存じます」 「ファン・サポーターの皆様にはご理解・ご協力の程、何卒宜しくお願い申し上げます」 21日の試合は、C大阪の本拠地であるヨドコウ桜スタジアムで開催。サポーター同士が熱く盛り上がるのもダービーだが、節度ある行動が求められる。 2022.05.19 14:52 Thu
twitterfacebook
thumb

卵投げ付けやテープ剥がし…“大阪ダービー”でのサポーター同士の迷惑行為を受けC大阪が声明「フェアでクリーンに」

セレッソ大阪は19日、“大阪ダービー”における問題行動について声明を発表した。 ガンバ大阪との“大阪ダービー”は多くの盛り上がりを見せる中、今シーズンはYBCルヴァンカップで同じグループに入ったことから、すでに2度開催されている。 今シーズンの明治安田生命J1リーグでは、21日に行われる今節が“大阪ダービー”となるが、過去2試合では生卵の投げつけや、待機列のテープはがしなど問題行動が報告されている。 互いのサポーターが、相手サポーターに対して迷惑行為を行ったことは試合日にも数多く報告されていた中、リーグ戦での“大阪ダービー”を前に、声明を発表。「フェアでクリーンな大阪ダービー開催に向けて」と題して、森島寛晃社長の名義で、注意喚起を行った。 「さて、本年2/23・4/23のJリーグYBCルヴァンカップ・グループステージのガンバ大阪との試合において、スタジアム場外にて両クラブサポーター同士のトラブルが発生しました」 「こうした事象は試合を楽しみにご来場された全てのお客様へ多大な迷惑となる行為です。今後の大阪ダービーを含むホームゲームの有観客での運営可否にも関わる重大な事象であると認識しております」 「5/21の明治安田生命J1リーグ第14節のホームゲームにご来場の皆さまにおかれましては、スタジアム内外・長居公園周辺におきましても節度のある行動を改めてお願い申し上げます」 「また、観戦の際はフェアプレー精神に則った応援をお願いするとともに、試合運営管理規定を遵守くださいますようお願いいたします」 「禁止行為やセキュリティ上問題となる行為が生じた場合、スタジアムからの退場や入場禁止の処分に従っていただく可能性がございます」 「今後、安心安全、そして両クラブのリスペクト精神を前提として、フェアで白熱する大阪ダービーの伝統を作り上げていくために、皆さま全員のご理解とご協力が不可欠となります」 「そして観戦・応援スタイルのさらなる緩和を目指していく上で、引き続きご協力のほど宜しくお願い申し上げます」 21日の試合は、C大阪の本拠地であるヨドコウ桜スタジアムで開催。サポーター同士が熱く盛り上がるのもダービーだが、節度ある行動が求められる。 2022.05.19 14:46 Thu
twitterfacebook
thumb

神戸DF槙野智章が愛車ナンバープレートの盗難被害を告白「返して下さい」

ヴィッセル神戸の元日本代表DF槙野智章が盗難被害を明かした。 槙野は19日に自身のツイッターを更新。前後のナンバープレートが外された愛車のテスラの写真をアップした。 槙野は「ナンバープレート盗まれました。返して下さい。売りに出さないで下さい」と呼びかけている。 まさかの盗難被害に浦和レッズで同僚だった元日本代表MF関口訓充(南葛SC/関東1部)は思わず「それはオモロイ!笑自分でとったん??笑」と反応しているが、槙野は「自分で取るかー!笑」と返しており、本気で困っているようだ。 また、サンフレッチェ広島時代から長年一緒にプレーしてきたGK西川周作(浦和レッズ)は「早急に探しときます。とんでもない事起きたね」と心配。槙野は「しゅーちゃんの守備力でキャッチしてくれ^ ^」と依頼。さらに、浦和のOBでもある水内猛氏も「マジ?しかも前後しっかり」と心配すると、「埼玉にあったら教えて下さい。笑」と槙野は捜索依頼をしていた。 ナンバープレートの盗難被害は増加傾向にあるとされており、警視庁は「盗難防止ネジ」の取り付けを推奨しているほど。偽造ナンバーや盗難車に取り付けて犯罪に使用する他、海外では装飾品として使われることもあるようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】ナンバープレートが外され車体がむき出しになってしまった槙野のテスラ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">ナンバープレート盗まれました。<br>返して下さい。<br>売りに出さないで下さい。 <a href="https://t.co/falj5yVUR9">pic.twitter.com/falj5yVUR9</a></p>&mdash; 槙野智章 (@tonji5) <a href="https://twitter.com/tonji5/status/1527131015155572736?ref_src=twsrc%5Etfw">May 19, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.19 14:15 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly