C大阪FWブルーノ・メンデスが愛妻にメッセージ「9年前に私を魅了した女の子、あなたをとても愛しています」

2022.01.19 06:35 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
セレッソ大阪のブラジル人FWブルーノ・メンデス(27)の愛は変わらないようだ。

ウルグアイのデポルティーボ・マルドナドからの期限付き移籍で、2020年以来再びC大阪への加入が決まったブルーノ・メンデス。背番号は当時の「20」でも、昨季アビスパ福岡で背負っていた「27」でもなく、「11」に。期待の高さがうかがえる。

そのブルーノ・メンデスは妻の誕生日を祝福。27歳となったラリッサさんへ、自身のインスタグラムで感謝の言葉を綴っている。

「今日は、9年前に私を魅了した女の子/女性の誕生日です。愛情深く、陽気で、ロマンチックで、友達であり、仲間でもあり、時には不器用な彼女、ははは。今は母親でもありますね」

「神様は私に、あなた以外の妻/ガールフレンド/友人を与えることができませんでした。私たちが築き上げた美しい家族に感謝しなければなりません。私はとても感謝し、誇りに思っています」

「お姫様。あなたの健康、私たちへの愛、幸せ、そして人生の多くの祝福を祝福します。今日という日を楽しんでください」

「あなたのような女性を誇りに思います。神様も大いに祝福するでしょう。私はあなたをとても愛しています」



1 2

関連ニュース
thumb

FC東京のDF小川諒也がポルトガル移籍で合意と現地報道、ヴィトーリア・ギマランイス移籍へ

FC東京の日本代表DF小川諒也(25)がポルトガルへの移籍に近づいているようだ。ポルトガル『レコルド』が報じた。 2015年2月に流通経済大学柏高校からFC東京に入団した小川。攻撃力を持つ左サイドバックとして大きな期待が寄せられていた。 ここまで公式戦で170試合に出場し4ゴール14アシストを記録。左足のキックは精度が高く、セットプレーのキッカーも務めるほどだ。 日本代表としても5試合に出場している小川だが、『レコルド』によるとヴィトーリア・ギマランイスへの移籍で合意に至っているという。 報道によれば、小川は間もなくポルトガルを訪れ、正式に契約を結ぶようだ。 2021-22シーズンのプリメイラ・リーガでは6位に終わったヴィトリーア・ギマランイス。ポルトガルでも多くの日本人選手がプレーしているが、新たな一員として加わるのだろうか。 2022.05.24 22:35 Tue
twitterfacebook
thumb

「いかなる理由があっても許されない」横浜FMがアンデルソン・ロペスの唾吐きを謝罪、クラブ独自に1試合の追加出場停止

横浜F・マリノスは24日、FWアンデルソン・ロペスに関する処分を発表した。 アンデルソン・ロペスは、21日に行われt明治安田生命J1リーグ第14節のアビスパ福岡戦にて、ボールとは関係のないところで宮大樹の胸付近につばを吐いたとして退場処分を受けていた。 Jリーグは、この行為に対して6試合の出場停止と60万円の罰金処分を下すことを発表していた。 横浜FMはこの処分に加え、クラブ独自の判断で天皇杯の鈴鹿ポイントゲッターズ戦も出場停止とすることを発表した。 今回の件についてクラブは「今回の行為は、いかなる理由があっても許されるものではありません。すべてのサッカーファンならびに関係者の皆さまへお詫びし、再発防止に向けて選手への指導をしてまいります」と謝罪している。 アンデルソン・ロペスはクラブを通じてコメント。謝罪している。 「私の行為について、スタジアムに来場いただいた皆さま、ファン・サポーターの皆さま、サッカーに関わるすべての皆さまに心からお詫び申し上げます。今回の件を猛省し、処分をしっかりと受け止め、改めてまいります」 今シーズンのアンデルソン・ロペスは、ここまで明治安田J1で14試合に出場し7得点を記録。チームの攻撃を牽引していた。 ◆出場停止試合 第15節 vs京都サンガF.C.(5/25) 第16節 vsジュビロ磐田(5/29) 第17節 vsガンバ大阪(6/18) 第18節 vs柏レイソル(6/25) 第19節 vs清水エスパルス(7/2) 第20節 vsサンフレッチェ広島(7/6) 天皇杯 vs鈴鹿ポイントゲッターズ(6/1) <span class="paragraph-title">【動画】アンデルソン・ロペス、問題となった唾吐きの瞬間</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="GpxPBiT7B44";var video_start = 253;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.24 20:59 Tue
twitterfacebook
thumb

イニエスタの幻FK弾に猛抗議の神戸、「見苦しい抗議の執拗な繰り返し」で罰金50万円の処分

Jリーグは24日、ヴィッセル神戸に対しての処分を発表した。 問題の行為は21日に行われた明治安田生命J1リーグ第14節の湘南ベルマーレvsヴィッセル神戸の一戦で起きていた。 この試合は2-1で湘南が勝利を収めていたが、神戸は後半アディショナルタイムに大チャンスを迎えた。 ボックス手前でFKを得ると、アンドレス・イニエスタが直接シュート。これが壁に入った畑大雅にあたりコースが変わると、武藤嘉紀の腕に当たってゴールへと吸い込まれていた。 劇的な同点ゴールかと思われたが、VARチェックが入ることに。武藤の手に当たってゴールに入ったことで、これはハンドを取られゴールは認められず。そのまま試合は終了し、湘南が勝利を収めていた。 しかし、この判定に納得がいかなかった神戸の選手たちが主審へ猛抗議。大﨑玲央や武藤嘉紀などが詰め寄る中、ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督やスタッフが間に入って止めるほどの事態に発展していた。 Jリーグは「規律委員会にて、同行為について映像等を用いて検証し、事実関係を確認した結果、ヴィッセル神戸の監督・スタッフ等が抗議を静止しようとする行動は確認できたが、その行動以前に激しく執拗に主審への抗議がなされていること、またその行動後も選手等による抗議が繰り返し続いていたことが確認できたため、同委員会はヴィッセル神戸の複数の選手が主審に集団で詰め寄って、見苦しい抗議を執拗に繰り返し行ったものと認定した」と発表。罰金50万円を課すことに決定した。 <span class="paragraph-title">【動画】VARで認められなかったイニエスタのFK、選手たちが猛抗議</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="2VVbQlOtoCU";var video_start = 343;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.24 20:45 Tue
twitterfacebook
thumb

【Jリーグ出場停止情報】唾吐きのアンデルソン・ロペスは6試合の出場停止+60万円の罰金

Jリーグは24日、最新の出場停止選手情報を更新した。 新たに出場停止となったのは川崎フロンターレのDF谷口彰悟、横浜F・マリノスのFWアンデルソン・ロペス、レノファ山口FCのDF渡部博文の3名となった。 谷口は21日に行われたサガン鳥栖戦で1発退場。Jリーグは「自陣ペナルティーエリア手前でドリブルをしていた相手競技者に対し、ボールにプレーできず反則で止め、決定的な得点機会を阻止した行為は、「著しい反則行為」に該当すると判断」したとのこと。谷口は1試合の出場停止処分となった。 また、アンデルソン・ロペスに関しては、21日のアビスパ福岡戦で、ボールとは関係ないところで相手選手に唾吐き行為を行った。この件で、アンデルソン・ロペスは6試合の出場停止に加え、60万円の罰金処分が課された。 Jリーグは「同行為について映像等を用いて検証し、事実関係を確認した結果、主審の判断と同様に、同選手が相手競技者の胸付近につばを吐きかけたものであると認定した。上記より、(公財)日本サッカー協会 競技および競技会における懲罰基準に照らして審議した結果、同行為は、「選手等に対してつばを吐きかける行為」に該当すると判断、6試合の出場停止および罰金(60万円)処分とする」と発表している。 【明治安田生命J1リーグ】 DF谷口彰悟(川崎フロンターレ) 第15節 vs湘南ベルマーレ(5/25) 今回の停止:1試合停止 FWアンデルソン・ロペス(横浜F・マリノス) 第15節 vs京都サンガF.C.(5/25) 今回の停止:6試合停止(1/6) 第16節 vsジュビロ磐田(5/29) 今回の停止:6試合停止(2/6) 第17節 vsガンバ大阪(6/18) 今回の停止:6試合停止(3/6) 第18節 vs柏レイソル(6/25) 今回の停止:6試合停止(4/6) 第19節 vs清水エスパルス(7/2) 今回の停止:6試合停止(5/6) 第20節 vsサンフレッチェ広島(7/6) 今回の停止:6試合停止(6/6) 【明治安田生命J2リーグ】 DF渡部博文(レノファ山口FC) 第18節 vsモンテディオ山形(5/25) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 【明治安田生命J3リーグ】 MF鈴木拳士郎(アスルクラロ沼津) 第10節 vs藤枝MYFC(5/29) 今回の停止:1試合停止 2022.05.24 20:35 Tue
twitterfacebook
thumb

G大阪、ダービーで違反のサポーター&グループを無期限入場禁止に…事前の注意喚起実らず

ガンバ大阪は24日、同クラブサポーターならび、サポーターグループに対する処分を発表した。 事象は21日に敵地で行われた明治安田生命J1リーグ第14節のセレッソ大阪戦で発生。先んじて、両クラブから「フェアでクリーンな大阪ダービーを」と観戦ルール遵守の注意喚起もなされての一戦だったが、違反者が出てしまった。 サポーター2名から「危険行為(スタンド内投げ込み及びフィールドへの投げ込み行為)」や「試合運営妨害」が確認され、サポーターグループからも「威嚇行為」や「侮辱的行為」、「試合運営妨害」の違反行為が発覚したという。 これを受け、クラブはJリーグの統一基準に照らし合わせ、サポーター2名とサポーターグループに属するメンバー全員に対して、25日にホームで行われるJ1第15節のサンフレッチェ広島戦からアウェイ戦を含む無期限入場禁止処分を科した。 クラブは今回の違反行為を受け、「ガンバ大阪として『安心・安全な試合運営』のため、セキュリティ体制の強化や観戦ルールの周知をより徹底してまいります」として、サポーターに改めて観戦ルールの遵守を呼びかけている。 「ファン・サポーターの皆様におかれましては、観戦における禁止行為について今一度ご確認いただき、定められた観戦ルールを遵守してご観戦いただきますよう、ご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます」 2022.05.24 17:55 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly