アストン・ビラMFサンソンがユナイテッド戦交代後の悪態を謝罪…蹴り上げたボトルがスタンドへ…

2022.01.16 20:59 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アストン・ビラのフランス人MFモルガン・サンソンが、マンチェスター・ユナイテッド戦での交代直後の自身の振る舞いを謝罪した。

アストン・ビラは15日、本拠地ビラ・パークで行われたプレミアリーグ第22節のユナイテッド戦を2-2のドローで終えた。

ユナイテッドMFブルーノ・フェルナンデスの2ゴールによって2点を先行される苦しい展開となったビラだったが、これがデビュー戦となったMFフィリペ・コウチーニョが2点に絡む見事な活躍をみせ、最終的に難敵相手に2点差を追いついての勝ち点1奪取となった。

コウチーニョの活躍を含め、チームにとってはポジティブな要素が多く出た一戦と言えるが、その一方で物議を醸したのが、サンソンの交代直後の振る舞いだ。

交代直前に2失点目に絡むバックパスのミスを犯していたサンソンは、自身に対する苛立ちか、ベンチに下がる際にドリンクボトルを強く蹴り上げるなど悪態をついていた。また、蹴り上げたドリンクボトルが不運なことに観客席に飛んでしまったことも、騒ぎを大きくする一因となっていた。

その後、冷静さを取り戻したサンソンは自身の過ちを深く反省し、自身の公式SNSを通じてビラファンへ謝罪を行った。

「素晴らしいリアクションを示したチームを祝福します。ただ、(相手の)2点目に関して個人として申し訳なく思っています」

「それ以上にスタンドに飛んでしまった(ドリンク)ボトルに関する自分の振る舞いに対して、心から謝罪します。もちろん、あれは自発的(故意)ではありませんでした」

「明らかに、あれは0-2の状況でピッチを去ることに対する自分自身の大きな欲求不満によるものでした。あの振る舞いに関してすべての人に心から謝罪したいと思います」

「そして、今は頭を上げて自分の仕事に戻ります。すべてのサポートに感謝しています」

サンソンの振る舞いは決して褒められたものではないが、自身のミス絡みの失点直後の交代というタイミングもあって、多くのビラサポーターは同選手が愚行に至った経緯を理解しているだろう。同時に今回の潔い謝罪を受け入れ、再び出番が訪れた際には変わらぬサポートを見せてくれるはずだ。



1 2

関連ニュース
thumb

「選手が刺されたらどうなる?」相次ぐサポーターのピッチ乱入に現役FWが警鐘「簡単に殺されてしまうかもしれない」

かつてプレミアリーグでもプレーしたバーミンガム・シティのFWトロイ・ディーニーが、サポーターによるピッチへの侵入に警鐘を鳴らした。 今シーズンのプレミアリーグも終了。最終節では優勝争い、4位争い、残留争いと各地で熱戦が繰り広げられた。 特に優勝争いは白熱しており、勝ち点差「1」でマンチェスター・シティとリバプールが争う状況に。相手に2点のリードを許しながらも、シティが逆転勝利を収めて連覇を達成した。 しかし、試合後にはシティのサポーターが劇的展開に沸いてピッチに乱入。その中で、対戦相手のアストン・ビラのGKロビン・オルセンに対し、シティのサポーターが頭部を殴り、後ろから突き飛ばすという愚行。シティの劇的優勝に水を差すとともに。永久追放の処分を科すとシティも発表していた。 サポーターのピッチ乱入はこの試合に限ったことではない。17日にはチャンピオンシップ(イングランド2部)のプレーオフ、ノッティンガム・フォレストvsシェフィールド・ユナイテッドの試合では、試合後にピッチサイドにいたシェフィールド・ユナイテッドのビリー・シャープがファンに激突され吹っ飛ぶ事態に。唇を4針縫うケガをし、犯人は24週間の禁錮刑&10年間のサッカー活動禁止の処分が降った。 また、クリスタル・パレスのパトリック・ヴィエラ監督は、劇的な残留を決めたエバートンのサポーターにピッチ上で罵られ、ローキックをかます事態に。その他にも、イングランドのみならず、興奮したサポーターが大量にピッチに侵入する事件が相次いでいる。 ディーニーはイギリス『サン』のコラムでこのサポーターの行動に言及。さらに事態が悪化する前に手を打つべきだとした。 「スチュワード(警備員)が危険に晒されることは望ましくないが、ピッチに侵入したければ今はできてしまう」 「それが変わるには何が必要か?選手が反撃して、サポーターが深刻なケガを負うのか?」 「そうしたら、選手は最終的にペナルティを受け、おそらく懲役刑に処されるだろう。人々は目を覚まし、選手の世話をすることについて話し始めるだろう」 「逆に言えば、選手が簡単に殺されてしまうかもしれない」 「選手が刺されたらどうなる?その場合はどうする?」 「それでも選手のせいというのか?それが起きた時、“もっと知っておくべきだった”なんて言わないでほしい」 興奮状態のサポーターが喜びをあらわにして盛り上がるだけでなく、対戦相手への攻撃が相次いで起きているだけに、深刻な事件が起こる前にこの事態を見直す必要はありそうだ。 <span class="paragraph-title">【動画】優勝に喜ぶシティサポーターが相手GKの頭部を殴打</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="TvN8EykhcAc";var video_start = 42;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.25 10:22 Wed
twitterfacebook
thumb

「僕を攻撃したバカどもが」優勝直後のシティファンに暴行されたGKが怒り…新天地デビュー戦での悲劇に「今日の試合の感動を壊すことはない」

アストン・ビラのスウェーデン代表GKロビン・オルセンが沈黙を破った。 今シーズン前半はローマからチャンピオンシップ(イングランド2部)のシェフィールド・ユナイテッドにレンタル移籍していたオルセン。1月に契約を解消し、アストン・ビラにレンタルで加入した。 アストン・ビラでは、アルゼンチン代表GKエミリアーノ・マルティネスの控えとしてベンチ入りを続けていたオルセンだったが、22日に行われたプレミアリーグ最終節のマンチェスター・シティ戦で移籍後初の先発出場というチャンスを得た。 試合はアストン・ビラが2点を先行し王者を追い詰めるも、76分からの5分間でシティが一挙に3ゴール。劇的な逆転劇でプレミアリーグ優勝を決めていた。 試合直後には歓喜に沸くサポーターたちがエティハド・スタジアムのピッチになだれ込む事態となるが、そこで事件が発生。オルセンが警備員に付き添われながらピッチを出ようとするも、興奮状態の一部のシティサポーターが走り際にオルセンの頭部を殴打。さらに後ろから突き飛ばすなど、複数名が暴行を加えた。 この事件の被害者となったオルセンは、自身のインスタグラムで思いを綴った。 「僕を攻撃したバカどもが今日の試合の感動を壊すことはないだろう。 この素晴らしいクラブでデビューする機会を得た。そして僕たちは対戦相手に対して良い結果を得るのにあと少しだった」 なお、この件についてシティも把握しており、試合後に声明を発表。謝罪をするとともに、調査を進めることを明らかにしており、特定された場合、犯人は永久追放となるとしていた。 <span class="paragraph-title">【動画】シティファンから必死に逃げるオルセン</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Manchester City have apologised after Aston Villa goalkeeper Robin Olsen was assaulted during a pitch invasion.<br><br>Manchester City held off Liverpool to win the Premier League by a single point after scoring three goals in five minutes against Villa.<br><br>More <a href="https://t.co/pEW9ni4qEz">https://t.co/pEW9ni4qEz</a> <a href="https://t.co/ErrxaNwYmw">pic.twitter.com/ErrxaNwYmw</a></p>&mdash; Sky News (@SkyNews) <a href="https://twitter.com/SkyNews/status/1528621749721370624?ref_src=twsrc%5Etfw">May 23, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.24 11:55 Tue
twitterfacebook
thumb

ビッグクラブ注目のブバカル・カマラ、アストン・ビラ加入が決定!

アストン・ビラは23日、マルセイユに所属していたフランス代表MFブバカル・カマラ(22)の加入を発表した。契約期間は2027年6月までとの5年となる。 高い身体能力を生かしたボール奪取能力、守備範囲の広さに加え、展開力、ボールを運ぶ能力にも優れるリーグ・アン屈指の守備的MFとしての評価を高めるカマラ。キャリアのスタートがセンターバックであったこともあり、ディフェンスラインでもプレー可能なユーティリティ性も売りの22歳は、今夏の移籍市場でアトレティコ・マドリーやマンチェスター・ユナイテッドら多くのビッグクラブの関心を集めていた。 また、今月には一部で報じられたセネガル代表ではなく、フランスのフル代表に初招集。そんな中、フランスのテレビ局『TF1』の番組『テレフット』で 「僕は契約を更新せず、今シーズンの終わりにマルセイユを離れることを決断した」とコメント。去就に対する注目度が高まっていた。 そして、先日に口頭合意が報じられたアトレティコではなく、アストン・ビラ加入が決定。スティーブン・ジェラード監督は「ヨーロッパのサッカーで最も有望な若い才能の1人を獲得できたことを嬉しく思う。チームを強化するための非常に明確な計画があり、ブバはその重要なピースだ」と、歓迎の言葉を残している。 2022.05.23 17:40 Mon
twitterfacebook
thumb

優勝直後に複数ファンが相手選手に暴行…シティは「特定次第無期限の入場禁止に」

マンチェスター・シティのプレミアリーグ優勝に水を差す出来事があった。 シティは22日、プレミアリーグ最終節でアストン・ビラとホームで対戦。勝利すれば2年連続8度目の優勝となる状況でキックオフを迎えたものの、試合はビラに2点を先行される苦しい展開に。それでも76分からの5分間で一挙に3ゴールを奪い、逆転で優勝を掴み取った。 試合直後には歓喜に沸くサポーターたちがエティハド・スタジアムになだれ込む事態となり、そこで事件が発生する。 ビラのGKロビン・オルセンが警備員に付き添われながらピッチを出ようとするも、興奮状態の一部サポーターが走り際にオルセンの頭部を殴打。さらに後ろから突き飛ばすなど、複数名が暴行を加えた。 この件について、シティは声明を発表。謝罪している。 「マンチェスター・シティは、本日の試合終了の後にピッチに侵入したファンに暴行を受けたアストン・ビラのGKロビン・オルセンに心より謝罪します」 「クラブは直ちに調査を開始し、当事者が判明次第、無期限のスタジアム入場禁止処分を科す予定です」 <span class="paragraph-title">【動画】1人ではなく複数人が連続で…シティファンがオルセンに暴行を加える</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cd3xYCgoVxM/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cd3xYCgoVxM/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cd3xYCgoVxM/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Sky Sports(@skysports)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.05.23 14:05 Mon
twitterfacebook
thumb

「我々は伝説だ」劇的展開で連覇達成のグアルディオラ監督、雰囲気作ったファンに感謝「葉巻とビールで一緒に祝おう」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、劇的な逆転勝利での優勝決定を喜んだ。クラブ公式サイト伝えた。 22日、プレミアリーグの最終節が一斉開催で行われた。 首位に立つシティは、2位のリバプールとの勝ち点差はわずかに「1」。勝利すれば文句なく優勝だが、引き分け以下に終われば、逆転での優勝を許す可能性もある試合だった。 ホームに詰めかけた大観衆の前での優勝決定と行きたかったが、アストン・ビラとの試合は予想とは異なる展開に。試合を支配しながら攻撃陣がゴールを決めきれない苦しい展開となると、37分にマティ・キャッシュに先制を許す。 0-1で前半を終えた一方で、リバプールは1-1のドローという状況。勝利しなければ危険な状況にある中で、後半頭からオレクサンドル・ジンチェンコを投入して流れを変えにいく。 それでもゴールが遠いシティは、ラヒーム・スターリング、イルカイ・ギュンドアンと攻撃のカードを切りゴールを目指す。しかし、69分にフィリペ・コウチーニョに一瞬の隙をつかれて2点目を奪われる苦しい展開に。それでも、ホームでの執念が衝撃展開を生んだ。 76分にはスターリングのクロスからギュンドアンがヘッドで決めて1点を返すと、78分には左サイドからの折り返しをフリーのロドリが低空ミドル。これがゴール左に決まり同点に追いつく。このゴールにスタジアムは異様な雰囲気に包まれると、81分にはルーズボールを拾ったケビン・デ・ブライネがグラウンダーのクロス。これをギュンドアンが押し込み逆転。最後は冷静に時間を使ったシティが2点差をひっくり返し、連覇を達成した。 自身4度目のプレミアリーグ優勝を達成したグアルディオラ監督は、試合後に連覇を喜び、選手たちを称えた。 「我々は伝説だ。5回中4回優勝したということは、この選手たちが特別だからだ。我々は忘れ去られることはないだろう」 「勝ち点100で優勝した。2番目は、ブライトンだった。そして、ホームで我々のファンとともに優勝することは最高だ」 「5年間で4回のプレミアリーグ優勝は、我々のキャリアの中で最高の成果だろう」 またラストマッチでの優勝決定についてもコメント。ゴールを決めてからの雰囲気を称えた。 「最後の試合はいつも特別で、たくさんの感情がある。ゴールを決めた瞬間、全てが変わった」 「それは普通のことではあるが、対処しなければいけない。後半、オレクス(オレクサンドル・ジンチェンコ)は、我々に多くのものを与えてくれた。我々はゴールを決め、勢いに乗り、あとはファンがやってくれた」 「私がここにやって来てから、最高の雰囲気だった。明日はマンチェスターの街で、葉巻とビールで一緒に祝おう」 <span class="paragraph-title">【動画】マンチェスター・シティ、劇的逆転勝利で連覇達成!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="UknDPd8GjDw";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.23 09:05 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly