元リバプールのキャロルがプレミア復帰か、ウッド退団のバーンリーが興味

2022.01.15 14:59 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元イングランド代表FWアンディ・キャロル(33)にプレミアリーグ復帰の可能性が浮上している。

かつてはリバプールにも在籍したキャロルは、2012年夏に加入したウェストハムで公式戦134試合34ゴール26アシストと活躍したのち、2019年夏に古巣ニューカッスルに移籍。だが、昨季はプレミアリーグ18試合1ゴールと結果を残せず、昨夏に契約解除に至っていた。

その後はしばらくフリーの状態が続いたが、昨年11月半ばにチャンピオンシップ(イングランド2部)のレディングへの移籍が決定。今年1月までの短期契約を結んでいた。

イギリス『デイリー・メール』によると、そんなキャロルに関心を示しているのがバーンリーだ。同クラブでは先日、エースのニュージーランド代表FWクリス・ウッドがニューカッスルに引き抜かれており、その後釜を探している。

キャロルはレディング加入後、リーグ戦7試合に出場。ここ5試合は先発を勝ち取っており、1ゴール1アシストの記録を残している。


関連ニュース
thumb

「アーセナルにプレッシャーを」粘り勝ちのトッテナム、4位浮上のコンテ監督はさらに圧力「勝つことは簡単ではない」

トッテナムのアントニオ・コンテ監督が、バーンリー戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 熾烈なトップ4争いを繰り広げているトッテナム。前節は、延期されていた4位アーセナルとの直接対決で、負ければ4位以内のフィニッシュが不可能となる中、3-0で完勝を収めた。 勝ち点差1に迫り、残り2試合となった中、残留を争うバーンリーをホームに迎えての一戦。引いて守るバーンリーに苦戦し、GKニック・ポープの好セーブもある中で苦しんだが、前半アディショナルタイムにVARのチェックによりPKを獲得。これをハリー・ケインが決めて先制した。 後半はより攻勢に出たバーンリーに押される時間帯もあり、ゴールに迫られるシーンもあったなか、集中した守りを見せて1-0で勝利。暫定ながら、アーセナルを抜いて4位に浮上しプレッシャーをかけた。 試合後、『スパーズTV』に対してコンテ監督がコメント。重要な勝ち点3を獲得し、アーセナルにプレッシャーをかけることができたことを喜んだ。 「この試合は我々にとってとても重要な試合であり、絶対に勝たなければならない試合だった。結果はただ1つだ。アーセナルにプレッシャーをかけるためにも、勝ち点3を獲得することだった」 「今、この瞬間我々は2ポイント差がある。確かに、まだ2試合残っており、状況は彼らの手中にあるが、イングランドでは勝つことは簡単ではないことはよく知っているだろう」 また、バーンリーについても言及。難しい相手だったと称える一方で、チームが見せた成長に喜びを見せ、とにかく勝ったことを称えた。 「バーンリーはよく組織された、我々にスペースを与えない守備的が試合をプレーするためにここにきた」 「それにも関わらず、私は今日、チームの成熟を見た。選手たちの改善が見れて嬉しく思う」 「3カ月前、このタイプの試合では負けるリスクがあった。代わりに、我々の頭は冷静で、正しい方法で試合に向き合った」 「確かにもう1つのゴールを決めれば、最後の10分、15分でもっとリラックスでき、最終結果を変えるチャンスもあった。でも、最も重要なことは、クリーンシートを維持し、3ポイントを獲得して終えることだった」 「シーズンの終わりまで、我々はこのレースにいる。それは大きな成果だ。初日から素晴らしいコミットメント、素晴らしい態度、素晴らしい行動を見せてくれた選手たちに感謝しなければいけない。彼らは改善し、強くなることを決心した」 <span class="paragraph-title">【動画】バーンリーに苦しみながらもトッテナムが勝ちきり4位浮上</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="xqpzeB4OuPQ";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.16 10:04 Mon
twitterfacebook
thumb

ケインの2戦連続PK弾を守り切ったスパーズがバーンリー撃破! 暫定4位浮上でアーセナルに圧力《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第37節、トッテナムvsバーンリーが15日にトッテナム・ホットスパースタジアムで行われ、ホームのトッテナムが1-0で勝利した。 現在、5位のトッテナム(勝ち点65)は前節、4位のアーセナルとのノースロンドン・ダービーに3-0の快勝を収め、勝ち点差を1ポイントに縮めた。これにより、他力ではあるものの、残り2試合での逆転でのトップ4フィニッシュに望みを繋いだ。 そのダービーから中2日のランチタイムキックオフとなる今季ホーム最終戦では、熾烈な残留争いに身を置く17位のバーンリー(勝ち点34)と対戦した。 勝利で翌日にニューカッスル戦を控えるライバルに圧力をかけたいコンテ率いるチームは、前節から先発1人を変更。体調不良も伝えられるクルゼフスキをベンチに置き、ルーカス・モウラをソンフンミン、ケインの両エースと共に3トップの一角で起用した。 バーンリーが後ろ重心の[5-3-2]の布陣で臨んできたことで、立ち上がりからボールを握って相手守備ブロック攻略を図る形となったトッテナム。 相手の出方を確認して以降は、3バックのサイドに入るダビンソン・サンチェス、ベン・デイビスも相手陣内のハーフスペースを抑えて崩しに参加。中央を徹底的に締めるアウェイチームに対して、ケインを起点に揺さぶりをかけつつ、即時奪回からの波状攻撃で早い時間帯のゴールを目指す。 開始11分には初めて得た左CKの場面でショートコーナーからソン・フンミンが味方へのクロスを匂わせつつ、意表を付いたニア下へのシュートで最初の決定機を創出。続く13分にはルーカスのボックス右での仕掛けからのクロスを、ゴール前のケインがヘディングシュート。両エースが早速ゴールに迫る。 20分辺りまではルーカスの密集でのドリブル突破をうまく使いながら良い攻めが続いたトッテナムだが、徐々に焦りや集中力の欠如によって簡単にボールを失うシーンが増え始める。そして、相手にボールを持たれて一息付く暇を与えると、28分には最後尾のネイサン・コリンズの意表を突く持ち上がりからのスルーパスに抜け出したコルネに決定機を与えるが、ここは守護神ロリスのビッグセーブで事なきを得た。 前半半ば以降はパススピード、判断の遅れもあって完全に攻撃が停滞し、ブロックの手前でボールを動かすに留まる、悪いときの形が出てしまうトッテナム。それでも、終盤にかけて主導権をしっかりと握ると、コルネの頭部の治療の影響で4分が加えられた前半アディショナルタイムにスコアを動かす。 左CKの流れからボックス内で競ったサンチェスが触ったボールがバーンズの大きく広げた腕に直撃。一度プレーは流されたが、オンフィールドレビューの結果、PKが与えられる。これをケインがGKポープが一歩も動けないゴール左下隅の完璧なコースに突き刺し、前半アディショナルタイム8分の先制点とした。 相手の堅守に苦しみながらもエースの2試合連続ゴールによって1点リードで試合を折り返したトッテナム。後半は残留に向けて勝ち点がほしいアウェイチームが前に出てきたことで、やや押し込まれる入りとなる。 だが、逆に得意のカウンターを繰り出せるチャンスが出てきた中、いずれも左サイドのセセニョンの攻撃参加からボックス内のケインが続けて際どいシュートを放っていく。 その後、62分にはコリンズ、マクニール、バーンズとバーンリーの縦に速い攻めからエリア外のバーンズに左ポスト直撃のシュートを浴びて冷や汗を欠いたホームチーム。 65分にはルーカスの右サイドでの仕掛けからスムーズに左サイドへ展開。ボックス左に走り込んだセセニョンからの正確な折り返しを、ボックス中央のソン・フンミンが左足でシュート。だが、ニア下を捉えたこの決定的なシュートはGKポープのビッグセーブに阻まれ、追加点のチャンスを逃す。 以降はトッテナムがゲームをコントロールしながらも、最少得点差のまま試合は終盤戦へ突入。 ここまで大きく戦い方を変えていなかったバーンリーは78分、ロートン、バーンズを下げてレノンとヴェグホルストを同時投入。並びを[4-4-2]の形にシフト。対するトッテナムも同じタイミングでルーカスを下げてクルゼフスキをピッチへ送り出した。 すると、一連の交代で試合に動きが出始めた中、早速トッテナムに決定機。81分、ボックス左でセセニョンが折り返したボールをゴールを背にして足元に収めたソン・フンミンが右足の反転シュート。だが、枠を捉えた至近距離からのシュートはGKポープの右腕を使ったパワフルなセーブに遭う。 その後、バーンリーが決死のパワープレーで何とかゴールをこじ開けにかかる中、エメルソンを下げてロドンの投入で完全に逃げ切り態勢に入ったトッテナムは、最後まで集中した守備を継続。エースが前半終了間際に挙げた虎の子の1点を守り切った。 この結果、ホーム最終戦で泥臭く勝ち切ったトッテナムは暫定ながらアーセナルに2ポイント差を付けて4位に浮上。翌日にニューカッスル戦を控えるライバルに大きな圧力をかけることに成功した。 2022.05.15 22:05 Sun
twitterfacebook
thumb

4戦5発のC・ロナウドが4月のPL月間MVP受賞! 通算6度目でアグエロ&ケインに迫る

マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが4月度のプレミアリーグ月間最優秀選手賞『EA SPORTS Player of the Month award』を受賞した。 C・ロナウドは4月に行われたエバートン戦、ノリッジ戦、アーセナル戦、チェルシー戦の4試合に出場し、5ゴールを記録。 ノリッジ戦ではチームを3-2の勝利に導くハットトリックを記録した他、アーセナル戦ではプレミアリーグ通算100ゴールを達成し、チェルシー戦で出場3試合連続ゴールも決めていた。 そして、37歳FWはバーンリーDFネイサン・コリンズ、マンチェスター・シティMFケビン・デ・ブライネ、FWガブリエウ・ジェズス、ニューカッスルMFブルーノ・ギマランイス、トッテナムFWソン・フンミン、リバプールMFチアゴ・アルカンタラ、ブライトンFWレアンドロ・トロサールらを抑えて、通算6度目の同賞受賞となった。 なお、通算受賞数ではトッテナムFWハリー・ケインと元マンチェスター・シティFWセルヒオ・アグエロが通算7度で唯一上位に位置する。 また、4月度の月間最優秀監督賞はバーンリーの暫定指揮官のマイク・ジャクソン監督が初受賞。 ショーン・ダイチ前監督の後任としてU-23チームの指揮官から昇格したジャクソン監督は、初陣となったウェストハム戦をドローで終えると、以降のサウサンプトン戦、ウォルバーハンプトン戦、ワトフォード戦を3連勝で飾り、バーンリー史上初めて就任後4試合無敗を達成。この間にチームは降格圏から脱出し、残留圏内ギリギリの17位に位置している。 2022.05.12 22:34 Thu
twitterfacebook
thumb

元イングランド代表FWジェイ・ロドリゲス、バーンリーと新たに2024年まで契約

バーンリーは3日、元イングランド代表FWジェイ・ロドリゲス(32)との契約延長を発表した。 2019年夏の加入時に締結した1年延長オプション付きの2年契約が今季限りで満了する見通しだったが、新たに2年延長に至り、2023-24シーズンまでバーンリーでプレーすることが決まった。 ジェイ・ロドリゲスは元々、バーンリーの下部組織出身からプロデビューを果たしたアタッカーで、2012年夏のサウサンプトン移籍後にWBAでもプレー。2019年7月にバーンリー復帰を果たした。 サウサンプトン時代にイングランド代表にまで上り詰めた同選手はバーンリー復帰初年度から公式戦11ゴールを記録。翌季こそ3ゴールに終わったが、今季はここまで7ゴールを決めている。 チームが残り4試合のプレミアリーグで残留争いを強いられるなか、新たに契約を結んだジェイ・ロドリゲスはクラブを通じてコメントしている。 「ここに来てから際立つのはグループの団結力と互いのために働く姿だ。みんなが謙虚で、地に足がついている。このチームを見ていると、すごく懸命に働かなければならないのがわかる」 「バーンリーのファンには一体感があって、いつも一緒にいてくれる。ピッチで頑張る姿を見て、何があっても応援してくれるんだ」 「これまでたくさんの思い出を作れたし、またすぐにでも作りたい。フットボールでは常に向上し続けなければならないし、できるだけ多くの思い出を作らなければならないんだ」 「このクラブは僕にとって、とても大切な存在だ。この地域で育った僕にとって、バーンリーを代表するのは常に喜びで、特権。クラブから契約のオファーがあったとき、それは私にとって当然のことでした。サインするのが待ち遠しかったよ」 「バーンリーの子供として、バーンリーでプレーするのは特別なこと。クラブがどのように発展してきたか、そして今どうなっているか、その一端を担いたかったし、クラブでの次の章が待ち遠しいよ」 2022.05.04 11:25 Wed
twitterfacebook
thumb

バーンリーがルーニー監督の招へいを検討か ダービーは3部降格

バーンリーが、ダービー・カウンティのウェイン・ルーニー監督(36)の招へいを検討しているようだ。イギリス『サン』が伝えている。 今季はここまでリーグ戦6勝13分け14敗と低迷し、先日に9年半にわたってチームを指揮したショーン・ダイチ監督(50)の解任に踏み切ったバーンリー。ただ、その後はマイク・ジャクソン暫定監督のもと、リーグ戦3試合で2勝1分けと持ち直しており、順位表でも残留圏となる17位に浮上している。 いわゆる“解任ブースト”で6シーズン連続のプレミアリーグ残留を目指すバーンリーだが、来季に向けて新監督の招へいを検討している模様。その第一候補となっているのがルーニー監督だ。 ルーニー監督は現役だった2020年1月からダービーで選手兼任監督を務め、その1年後の引退後も引き続きラムズを率いている。ところが、監督として本格始動となった今季は、クラブの破産により勝ち点が21ポイント剥奪され、先日にリーグ1(イングランド3部)降格が決定した。 そのため、バーンリーがオファーを出せば、ルーニー監督は快諾すると見られており、たとえクラブが2部に降格したとしても、招へいが有利であることは変わらないと予想されている。 降格が決定した際には、クラブ売却などを迅速に行う必要があると、来季に向けて話していたルーニー監督。果たしてその去就は。 2022.04.28 17:36 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly