「俺たちまだまだやってやろうぜ!」元浦和コンビ、槙野と柏木が笑顔でツーショット「どこ行ってもライバル」

2022.01.13 20:15 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
FC岐阜に所属する元日本代表MF柏木陽介とヴィッセル神戸への加入が決まった元日本代表DF槙野智章がそれぞれインスタグラムを更新。交流を図ったことを明かした。

柏木は2010年に浦和レッズに加入し、攻撃の中心選手として活躍。2016年からは背番頭10を背負っていたが2021シーズンの開幕前に規律違反が発覚。その後リカルド・ロドリゲス監督の構想外となり、開幕後に岐阜へ加入していた。

一方の槙野は、2012年に浦和入り。浦和では対人守備だけでなく、底抜けに明るい性格でチームを統率していたが、徐々に色濃くなる世代交代の流れもあり、神戸へ完全移籍した。

長きに渡って浦和の中心にいた2人は今も交流があるようで、柏木は「槙野さんとランチ。どこ行ってもライバル。最後もゴールして、相変わらず持ってる男やな。でもそれも全部自分の力で勝ち取ってきたんやなと実感。神戸での活躍願ってる」と一緒にランチに行ったことを報告している。

一方の槙野も「陽介とお寿司ランチ 俺たちまだまだやってやろうぜ!元気もらった^ ^そしてご馳走になりました!ありがとうなー^ ^」とご馳走してもらったことを明かしながら、互いの活躍を誓っている。

1 2

関連ニュース
thumb

浦和がFWブライアン・リンセン獲得でクラブ間合意! 「浦和移籍で私のひとつの夢が叶った」

浦和レッズは27日、オランダ人FWブライアン・リンセン(31)の完全移籍に関してフェイエノールトとクラブ間合意に至ったことを発表した。 同選手は日本でのメディカルチェック等を経て、正式契約を結ぶ予定だ。 「前への推進力・スピードがあり、テクニックも兼ね備えた得点力高いストライカー。周囲の選手を活かすプレーもでき、守備面での貢献も期待できる」と、その特長が紹介された31歳FWは、クラブ公式サイトを通じて新天地での意気込みを語っている。 「私のキャリアの中での新しい章が始まることを、とても楽しみにしています」 「18歳からオランダのプロサッカーリーグでプレーしていて、最後の2年間はフェイエノールトでプレーしました。フェイエノールトでは素晴らしい時間を過ごすことができ、非常に誇りに思っています」 「私は海外でプレーする夢を今まで持ってきました。それは皆さんも知っていることだと思います」 「この浦和への移籍は私のひとつの夢が叶った瞬間でした。偉大なクラブであり、素晴らしいスタジアムがあり、多くのファン・サポーターが浦和レッズにはいます」 「これから始まる新しい生活、これから出会う人々のことを思うと今から待ちきれません。浦和レッズのユニフォームを着た最初の試合を心待ちにしていますし、それが素晴らしい時間になることを祈っています」 なお、オランダ『Rijnmond』が先日に報じたところによると、移籍金は130万ユーロ(約1億8500万円)程度となり、リンセンは2年半の契約にサインするという。 2020年7月にフィテッセからフリートランスファーで加入したリンセンは、フェイエノールトで公式戦通算91試合28ゴール16アシストを記録。今シーズンはエールディビジで34試合に出場し13ゴール8アシスト、ヨーロッパ・カンファレンスリーグで12試合3ゴールを挙げていた。また、エールディビジでは通算341試合で108ゴール47アシストを記録している。 2022.06.27 14:49 Mon
twitterfacebook
thumb

90分にモーベルグのFKが炸裂! 浦和が神戸を下し2連勝【明治安田J1第18節】

明治安田生命J1リーグ第18節、ヴィッセル神戸vs浦和レッズが26日にノエビアスタジアムで行われ、0-1で浦和が勝利した。 未だ2勝で最下位に沈む神戸と、前節の名古屋グランパス戦で10試合ぶりの勝利を収めた浦和が激突。ベスト16入りした天皇杯のレノファ山口戦から先発を6名変更した神戸に対し、浦和は敗れたザスパクサツ群馬戦からの変更は2人にとどめた。 その浦和ではユンカーが1カ月ぶりにリーグ戦に復帰。開始直後に一人で相手DFからボールを奪い、ビッグチャンス到来。シュートはポストに嫌われたが、いきなり存在感を見せる。 しかし、キックオフからわずか5分後に足を痛めてプレー不可能に。松尾との交代で早くもピッチから去ることになった。 相手のアクシデントに乗じたい神戸だが、効果的な攻撃はほぼ皆無。逆に浦和は速攻から効率よくチャンスを作り出す。 まずは28分、猛烈なプレスで敵陣中央でボールを奪うと、江坂がボックス右で収めて最後は大久保がシュートへ。44分には、再び江坂のパスで大久保にボールが渡ると、今度は右サイドからカットインし、左足でフィニッシュ。しかし、どちらも枠を捉えることができず、試合は0-0で折り返した。 浦和は後半から宮本に代わって酒井が登場。リーグ戦では8試合ぶりの出場となったが、酒井の投入で浦和の右サイドが活性化。立ち上がりは押し込む時間が続いた。 なかなかチャンスを作れない神戸は、62分に大迫と汰木を下げて、ボージャンと郷家を投入。70分にはイニエスタを下げて扇原を送り出すが、それでもゴールに迫るシーンは増えない。 一方の浦和もチャンスの数が多いわけではなく、フィニッシュの精度の低さが目立つ。しかし、ラストチャンスとなった90分のFKで、途中出場のモーベルグがボックス手前中央から直接決めて勝ち越しに成功する。 結局、これが決勝点となり、浦和が2連勝を収めた。神戸は2連敗となった。 ヴィッセル神戸 0-1 浦和レッズ 【浦和】 ダヴィド・モーベルグ(後45) 2022.06.26 20:04 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第18節:神戸vs浦和】前半戦期待を裏切った両者、折り返し初戦で結果を残すのは?

【明治安田生命J1リーグ第18節】 2022年6月26日(日) 18:00キックオフ ヴィッセル神戸(18位/11pt) vs 浦和レッズ(14位/18pt) [ノエビアスタジアム神戸] ◆残り17試合で浮上できるか【ヴィッセル神戸】 このチームが最下位にいることを予想できた人はいないと断言しても良いだろう。しかも17位との勝ち点差は「5」。大きく離されている状況だ。 17試合で10敗。わずか2勝と苦戦も苦戦。ケガ人が出るなどのエクスキューズもあったが、昨季3位のチームが残す結果ではない。 そして今の神戸に足りないのは波に乗る力。ジュビロ磐田(0-0△)、北海道コンサドーレ札幌(4-1○)と流れを作ったかと思えば、前節は柏レイソル相手に先制しながらも3-1で逆転負けを喫した。 ミッドウィークの天皇杯もあわや敗戦の危機に陥ったが、J2のレノファ山口FC相手に2-1で逆転勝利。この勝利を勢いに変えられるかがポイントだ。 残りは17試合。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)も再び戦う中で、とにかく勝ち点を積み上げなければ、早い段階での降格決定を迎えることになるだろう。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:前川黛也 DF:山川哲史、菊池流帆、小林友希、酒井高徳 MF:橋本拳人、大﨑玲央 MF:郷家友太、アンドレス・イニエスタ、汰木康也 FW:武藤嘉紀 監督:ミゲル・アンヘル・ロティーナ ◆ケチャップが出るのはいつなのか【浦和レッズ】 神戸同様に期待外れの結果に前半戦を終えたのが浦和だ。敗戦は5と多いわけではないが勝利は「3」と圧倒的に少ない。7連続ドロー、9戦未勝利と苦しんだ結果、14位に位置している。 中断明けとなった前半戦ラストの名古屋グランパス戦では3-1と快勝を見せた一方で、ミッドウィークの天皇杯ではJ2のザスパクサツ群馬に敗戦。やはり今季の戦いは安定しないということを露呈してしまった。 なんといっても浦和の問題点は得点力。失点は16と少ないものの、得点は17試合で18点。1試合1点のペースはどう考えても物足りない。いかに守備陣が奮闘しても勝ち点が積み上がるわけもなく、17試合で勝ち点も18だ。 ポイントは攻撃陣。補強の話もあるが、少なくともあと3週間は誰も加わらない。今いる選手たちがしっかりと奮起できるのか。前節の形を思い出してしっかりと戦いたい。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:西川周作 DF:宮本優太、アレクサンダー・ショルツ、岩波拓也、大畑歩夢 MF:平野佑一、柴戸海 MF:大久保智明、江坂任、明本考浩 FW:松尾佑介 監督:リカルド・ロドリゲス 2022.06.26 15:28 Sun
twitterfacebook
thumb

浦和がフェイエノールトFWリンセンの獲得決定と現地報道、2年半契約で得点力不足解消へ

予てから噂にあがっていたフェイエノールトのオランダ人FWブライアン・リンセン(31)の日本行きだが、どうやら決着がついたようだ。 オランダ『Rijnmond』によると、リンセンの浦和レッズへの移籍が完了したと報道。2年半の契約にサインするという。なお、移籍金は130万ユーロ(約1億8500万円)とのことだ。 Jリーグの夏の移籍市場は7月15日から開かれるが、そこに合わせて契約を結ぶとされている。 2020年7月にフィテッセからフリートランスファーで加入したリンセンは、フェイエノールトで公式戦通算91試合28ゴール16アシストを記録。今シーズンはエールディビジで34試合に出場し13ゴール8アシスト、ECLで12試合3ゴールを記録している。エールディビジでは341試合で108ゴール47アシストを記録している。 今シーズンの浦和は、リカルド・ロドリゲス監督を迎えた2年目。躍進が期待されたなか、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)ではラウンド16に進出も、明治安田生命J1リーグでは13位と低迷。特に攻撃陣に課題を抱えており、17試合で18ゴールしかあげられていない。 FWキャスパー・ユンカー、DFアレクサンダー・ショルツに加え、今季からMFダヴィド・モーベルグ、FWアレックス・シャルクを獲得したが、結果がついてきていない状況。9番タイプの選手の補強に長らく動いていたが、リンセンの獲得で得点力不足を解消したいところだ。 2022.06.25 06:15 Sat
twitterfacebook
thumb

「浦和には来ないのかという声もありましたが」遠藤航がついに大原へ!すでに京都と湘南にも訪問

シュツットガルトに所属する日本代表MF遠藤航が、ついに浦和レッズを訪問した。 6月に行われた日本代表の親善試合でも中心として活躍した遠藤。これまでには古巣である湘南ベルマーレや湘南時代の指揮官である曺貴裁監督が率いる京都サンガF.C.の練習に訪れていた。 となると残すはもう1つの古巣である浦和。そして、ついに遠藤が大原サッカー場に姿を現したことをクラブのSNSが伝えている。 やはり訪問を望む声は多くあったようで、クラブは遠藤のコメントも紹介。「みなさん、お久しぶりです。僕が京都や湘南に行ったりしていたので、浦和には来ないのかという声もありましたが、来ました!」とし、「ファン・サポーターのみなさんにはお会いできませんでしたが、また機会があれば来たいと思っています。これからも引き続き、僕の応援もしていただければ嬉しいです」とメッセージを送っている。 <span class="paragraph-title">【写真】大原サッカー場にプラダを着た遠藤が登場!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">本日、オフ期間を利用して <a href="https://twitter.com/hashtag/%E9%81%A0%E8%97%A4%E8%88%AA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#遠藤航</a> 選手が大原サッカー場を訪問してくれました<a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BB%A3%E8%A1%A8?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#日本代表</a> そして海外での更なる活躍を期待しています‼<a href="https://twitter.com/hashtag/WeareREDS?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WeareREDS</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/REDS030th?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#REDS030th</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/urawareds?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#urawareds</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%B5%A6%E5%92%8C%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%BA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#浦和レッズ</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%81%82%E3%82%8A%E3%81%8C%E3%81%A8%E3%81%86?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ありがとう</a> <a href="https://t.co/jxOFay1nrk">pic.twitter.com/jxOFay1nrk</a></p>&mdash; 浦和レッズオフィシャル (@REDSOFFICIAL) <a href="https://twitter.com/REDSOFFICIAL/status/1540228312273866752?ref_src=twsrc%5Etfw">June 24, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.06.24 19:50 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly