ローマがポルトMFセルジオ・オリベイラを獲得! 昨季は20G7Aの大活躍

2022.01.13 06:31 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ローマは12日、ポルトからポルトガル代表MFセルジオ・オリベイラ(29)を買い取りオプション付きの今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「27」に決定している。

なお、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、ローマはレンタル料として100万ユーロ(約1億3000万円)を支払い、買い取りには追加で1300万ユーロ(約17億円)を支払う必要があるようだ。

同胞ジョゼ・モウリーニョ監督からのラブコールを受け、ローマ加入が決定した29歳MFは新天地での意気込みを語った。

「この偉大なクラブに来られたのは素晴らしいことだ」

「ローマはこれまで常に本気の関心を示してくれていたんだ。今はすぐにでもチームの目標達成に貢献し、正しいメンタリティを育み続けたいと思っているよ」

「新しいチームメイトと一緒に仕事をすることが待ち遠しく、自分も成長し続けられると確信しているよ」

一方、指揮官同様に同胞MFを高く評価するゼネラル・マネージャーのチアゴ・ピント氏は、大きな期待を口にしている。

「セルジオ・オリベイラは、我々のチームにクオリティと個性を加えてくれるプレーヤーだ」

「彼はキャリアにおいて多くの勝利を収め、クラブと国の代表として世界で最も重要な大会に参加し、最高レベルの経験を積んできた」

「ローマに参加したいという彼の願望は、我々の合意に向けて決定的なものだった。我々はこのクラブでプレーすることを熱望しているプレーヤーを迎え入れ続けることが非常に重要であると信じている」

ポルトの下部組織出身のセルジオ・オリベイラは2009-10シーズンにトップチームデビュー。だが、トップチームでは思うように出場機会を得られず、国内外のクラブへの武者修行を経験。その後、2019-20シーズンから徐々に出場機会を増やし、ここ2シーズンでは完全な主力に定着している。

セントラルMFを主戦場に高精度の右足、戦術眼に長けた“8番”タイプのMFは、運ぶドリブル、局面を変えるパス、強烈なミドルシュート、プレースキックを特長としており、昨シーズンは公式戦48試合20ゴール7アシストという圧巻のスタッツを叩き出していた。

イタリア代表MFロレンツォ・ペッレグリーニへの依存が顕著なチームにおいてビルドアップ、崩しの局面でアクセントが付けられるポルトガル代表MFの加入は、巻き返しを狙うローマにとって良い補強となるはずだ。


関連ニュース
thumb

レーティング:ローマ 1-0 フェイエノールト《ECL》

ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)決勝、ローマvsフェイエノールトが25日にアルバニアのティラナにあるアレーナ・コムバターレで行われ、1-0で勝利したローマが初代王者に輝いた。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ローマ採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20220526_0_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 ルイ・パトリシオ 7.5 後半に圧巻の連続スーパーセーブでチームを救う守護神の存在感。ポルトガル代表でのビッグマッチの経験を生かして安定したゴールキーピングを披露。的確なコーチングで最終ラインを落ち着かせた DF 23 マンチーニ 7.0 立ち上がりこそ攻守両面で硬さも見受けられたが、シニステラなど相手の攻撃陣にうまく応対。先制点をアシストする決定的な仕事も果たした 6 スモーリング 7.5 圧巻の守備でデサースを完封。地対空の対人の強さに加え、カバーリングや読みを利かせた前向きな守備でピンチを未然に防いだ 3 イバニェス 7.0 ザレフスキと協力しながら自サイドで起点を作らせず。身体を張った守備に加え、マイボール時は局面を変える持ち出しやパスでアクセントを付けた MF 2 カルスドルプ 6.0 唯一の古巣対戦。後半はかなり消耗を強いられたが、要所で身体を張った守備を見せてチームを救った (→ビーニャ -) 77 ムヒタリアン 5.5 ハムストリングのケガから1カ月ぶりの戦列復帰。ぶっつけ本番での起用となったが、前半15分過ぎに無念の負傷交代… (→セルジオ・オリベイラ 6.5) ムヒタリアンの負傷を受け、スクランブル投入。クリステンテと共に中盤で献身的な守備をみせ、終盤はうまく時計を進める賢さも見せた 7 ペッレグリーニ 6.5 決定的な仕事はできなかったが、最後までチームを鼓舞するカピターノの存在感を発揮。攻守両面で多くの仕事をこなした 4 クリスタンテ 6.5 持ち味の展開力を発揮する場面は少なかったが、中盤のフィルター役を完遂。90分を通して球際で戦い続けた 59 ザレフスキ 6.0 自身初の大舞台でも全く物怖じしないプレーで前半は攻守に機能。後半はチームの劣勢と共に苦手の守備に追われる展開に (→スピナッツォーラ 6.0) 後輩から役目を引き継いだ中、相手陣内深くで仕掛けて時間を作るなど逃げ切りに貢献 FW 22 ザニオーロ 7.0 チームを勝利に導く決勝点を記録。フィジカルを生かした突破やボールキープで守勢のチームに休む時間を与えた (→ヴェレトゥ 6.0) 2点目は決めれなかったが、疲労困憊の中盤に活力をもたらした 9 エイブラハム 6.0 初代得点王獲得はならずも、前線で身体を張り続けて優勝に貢献 (→ショムロドフ -) 監督 モウリーニョ 6.5 最後はらしいウノゼロ勝利。勝負弱いチームに勝者のメンタリティをもたらし、個人として5つ目のヨーロッパのトロフィーを獲得 ▽フェイエノールト採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20220526_0_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 バイロウ 6.0 失点はノーチャンス。ぶっつけ本番での起用となった中、見事な2つのセーブを見せるなど、ポジションを譲ったマルシアノに報いる好パフォーマンス DF 3 ヘールトライダ 5.5 右サイドバックと最終ラインでプレー。守備では概ね奮闘も失点場面ではボールウォッチャーとなり、攻撃の精度もいまひとつ 18 トラウナー 5.0 失点場面で痛恨の被りで失点に関与。早い時間帯にカードをもらったことで、以降もローマのカウンター対応で後手を踏んだ (→マルクス・ペデルセン 5.5) 縦への推進力を見せたが、クロスや最後の精度を欠く 4 セネシ 6.0 安定した守備対応に加え、後半は積極的に高い位置を取って攻撃にも関与。アルゼンチン代表初招集の実力は見せた 5 マラシア 6.0 後半に見事なミドルシュートでゴールを脅かすなど、身体能力と攻撃性能を発揮。ビッグクラブ注目の才能の一端を見せた (→ジャハンバクシュ -) MF 14 レイス・ネルソン 5.5 後半はハーフスペースでボールを引き出してチャンスメークに絡んだが、決定的な仕事には至らず (→ブライアン・リンセン 5.0) 試合終了間際のビッグチャンスは何とかボールに合わせたかった。前線に張っていたが、効果的なプレーは見せられず 17 アウルスネス 6.0 中盤の底でバランスを取りつつ、後半は前線にも顔を出してチャンスに絡んだ 26 ティル 5.5 後半立ち上がりに決定機に絡んだが、相手の屈強な守備陣に対して得意の空中戦やキープ力は発揮し切れず (→トールンストラ 5.5) キャプテンとして決定的な仕事が期待されたが、なかなかチャンスに絡めず 10 オルクン・コクチュ 6.0 決定的な仕事には至らなかったが、うまく間でボールを受けながら前線と中盤のリンクマンとして上々のプレーを見せた (→ヴォレマルク -) 7 シニステラ 5.5 崩しの局面での存在感が期待された中、積極的にボールを受けて攻撃に絡んだが、相手の堅守を前に決定的な仕事はできなかった FW 33 デサース 5.0 初代得点王に輝いたが、決勝の舞台ではスモーリングを筆頭に相手の守備陣に完璧に封じ込まれた 監督 スロット 5.5 格上相手に善戦したが、攻守両面で個のクオリティの差が勝敗を分ける形に ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! スモーリング(ローマ) 圧巻のスーパーセーブでチームを救った守護神の活躍も見事だったが、デサースを完封するなど再三の好守でゴールにカギを懸けたイングランド人DFをMOMに選出。スタンド観戦にも訪れ、過去に6番を背負っていた偉大なるレジェンドのアウダイールのような存在感だった。 ローマ 1-0 フェイエノールト 【ローマ】 ザニオーロ(前32) 2022.05.26 06:10 Thu
twitterfacebook
thumb

ザニオーロ弾を鉄壁守備で守り抜いたローマがフェイエ退け初代王者に! モウリーニョがUEFA3つ目のタイトル《ECL》

ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)決勝、ローマvsフェイエノールトが25日にアルバニアのティラナにあるアレーナ・コムバターレで行われ、1-0で勝利したローマが初代王者に輝いた。 チャンピオンズリーグ(CL)、ヨーロッパリーグ(EL)に次ぐ、UEFA3つ目のコンペティションとして今シーズンから創設されたECL。 モウリーニョ監督の下、1960–61シーズンのフェアーズカップ(ELの前身)以来、クラブ史上2度目のヨーロッパのタイトル獲得を目指すローマは、グループステージ、準々決勝でノルウェー王者のボデ/グリムトに苦戦を強いられながらも、優勝候補として順当にベスト4進出。準決勝では苦手とするイングランド勢のレスター・シティを2戦合計2-1で退け、1990–91シーズンにインテルに敗れて準優勝に終わったUEFAカップ(ELの前身)以来のファイナルに到達した。 直近のトリノとのセリエA最終節を3-0の快勝で飾り、リーグ6試合ぶりの白星を挙げると共に、来季EL出場圏内の6位フィニッシュを決めたジャッロロッシは、中4日での大一番に向けて先発4人を変更。クンブラ、スピナッツォーラ、ショムロドフに代えてスモーリング、カルスドルプ、ザニオーロの主力3人が復帰した他、約1カ月の離脱を強いられていたムヒタリアンがセルジオ・オリベイラに代わってぶっつけ本番でのスタメン起用となった。 一方、スロット新監督の下で今季をスタートしたフェイエノールトは、2回戦からの参戦となった予備予選を危なげなく突破し、グループステージも4勝2分けの無敗で首位通過。決勝トーナメントではパルチザン、スラビア・プラハを連破し、準決勝では優勝候補マルセイユと激突。下馬評では劣勢と思われたが、2戦合計3-2で競り勝って小野伸二らを擁し、優勝を果たした2001-02シーズンのUEFAカップ以来のファイナル進出を果たした。 史上初となるCL、EL、ECLの3つのUEFAコンペティション制覇を目指す今季エールディビジ3位のチームは、ホームでの最終節ではトゥベンテ相手に1-2の敗戦を喫したが、中9日と準備期間において大きなアドバンテージを得て、良い状態でティラナの地へ乗り込んだ。なお、注目のスタメンではGKをマルシアノから負傷明けの正GKバイロウに入れ替えた以外、マルセイユとの準決勝2試合と全く同じスタメンを採用した。 イタリアとオランダの名門による初代王者の座を懸けた運命のファイナルは、互いにキックオフ直後から球際でバチバチとやり合う展開に。とりわけ、序盤は強度の高い前からの守備に圧力を感じビルドアップでのミスが目立ち、ボールが落ち着かない状況がしばらく続く。 ここからの主導権争いに注目が集まった中、ローマにアクシデントが発生。やはりケガが完治していなかったか、負傷再発のムヒタリアンが自らピッチに座り込んでプレー続行不可能となり、17分にセルジオ・オリベイラがスクランブル投入となった。 前半半ばを過ぎると、ボールを握り地上戦で攻め手を窺うフェイエノールト、カウンターで応戦するローマという構図がより明確に。互いに決定機はおろかシュートの数が増えない膠着状態に陥るが、相手の一瞬の隙を突いたローマがこの試合のファーストシュートをゴールに結びつける。 32分、左サイドでの攻撃で相手を押し込み、相手陣内中央右でボールを受けたマンチーニが浮き球のパスをボックス内に送り込むと、DFトラウナーが完全に被る。このボールを後方で胸トラップしたザニオーロが、DFとGKが寄せてきた寸前で左足のチップキックで流し込んだ。 睨み合いの状況から一転してスコアが動いたことで、試合は徐々にオープンな展開に。前半の内に追いつきたいフェイエノールトは前半終盤にかけて攻勢を強めていくが、得点ランキングトップのデサースがDFスモーリングに、崩しの起点を担うシニステラがDFマンチーニに封じ込まれて攻撃が停滞。コクチュやアウルスネスがミドルレンジからのシュートでゴールを狙うが、いずれもGKルイ・パトリシオに難なくセーブされた。 ローマの1点リードで折り返した試合は、ビハインドを背負うフェイエノールトが勢いを持って入る。後半のキックオフ直後に右CKを得ると、ショートコーナーからゴールライン際のコクチュが入れた高速クロスがニアでクリアを試みたDFマンチーニの足に当たって右ポストを叩く。さらに、ボックス中央でこぼれ球に反応したティルがすかさず右足のシュートを放つが、これはGKパトリシオが見事な反応ではじき出す。 電光石火の同点ゴールは逃したものの、勢いづいて攻め立てるオランダの名門は、50分にもペナルティアーク付近でアウルスネスの丁寧な落としに反応したマラシアが左足を振り抜くが、枠の右を捉えた強烈なシュートはGKパトリシオが再び鋭い反応でセーブすると、右ポストを叩いた。 守護神の圧巻の連続セーブでリードを維持するローマだが、後半はなかなかカウンターで相手を引っくり返すことができず、自陣に押し込まれて耐える状況が続く。それでも、前半以上に守備陣が高い集中力を発揮し、水際でピンチを凌いでいく。 60分を過ぎてフェイエノールトはティルに代えてキャプテンのトールンストラを投入。対するローマは67分に殊勲のザニオーロとザレフスキを下げてヴェレトゥ、スピナッツォーラという経験豊富な選手を同時投入し、中盤の守備にテコ入れを図った。 フェイエノールトの攻め疲れと前述の交代によってイーブンな状況に戻すことに成功したローマは、73分に後半最初の決定機を創出。左CKの流れからボックス手前右でルーズボールに反応したヴェレトゥが強烈な右足のミドルシュートを枠の左に飛ばすが、これはGKバイロウのファインセーブに阻まれ、試合を決める追加点とはならず。 すると、その後は切り札のブライアン・リンセンをピッチに送り込み、2バックに近い前がかりな布陣でゴールを目指すフェイエノールトが攻勢を強めて相手陣内でハーフコートゲームを展開。だが、中央をきっちり締めるローマの守備を崩し切れない。 両ベンチが5枚の交代カードを使い切って最後の勝負に出た中、試合は5分が加えられたアディショナルタイムの攻防に。セットプレーを軸にゴールをこじ開けにかかるフェイエノールトはデサースのお膳立てからリンセンに決定機が訪れるが、これを決め切ることができず。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、ザニオーロが挙げた虎の子のゴールを鉄壁の守備で守り抜いたローマがECL初代王者に輝くと共に、約60年ぶりとなる2度目の欧州の頂きに立った。なお、モウリーニョ監督は史上初となるCL、EL、ECLのUEFA3コンペティションの優勝監督となった。 2022.05.26 06:05 Thu
twitterfacebook
thumb

「情熱は変わらない」4クラブで4度目の欧州制覇という偉業へ、モウリーニョ監督が闘志燃やす…かつてのファーガソン氏の金言も

自身4度目となるヨーロッパのコンペティションの決勝に臨むローマのジョゼ・モウリーニョ監督が、改めて意気込みを語っている。 25日、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)の決勝が行われる。今シーズンから新設された新たなヨーロッパの大会。ローマとフェイエノールトがファイナリストとなった。 ヨーロッパのコンペティションでは、1990-91シーズンのUEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)の決勝以来となる決勝進出のローマ。悲願のヨーロッパのタイトル獲得が迫っている。 モウリーニョ監督は、ECLの決勝の相手であるフェイエノールトに対して称賛の言葉を送りつつ、試合中に相手を1つでも上回るように選手たちをサポートしたいと『UEFA.com』のインタビューで語った。 「彼らは我々のように14試合を戦い、難しい相手を乗り越えてきた」 「例えば、マルセイユとの準決勝だ。ヨーロッパでの歴史を持つチームを相手にプレーするのには、ヴェロドローム(マルセイユの本拠地)は最も魅力的で難しい場所の1つだ。彼らを褒めるしかないだろう」 「決勝は50-50だが、51-49になるように頑張る。それは試合の前ではなく、試合の最中でなければいけない。数カ月にわたる決勝戦に至るまでの作業は、90分、または120分の基礎となる」 「選手のための1日だ。私は少しだけ助けるためにそこにいる。これまでのところ幸運だった。ヨーロッパでの決勝には全て勝ってきた。ここぞというときに、彼らはいつもそこにいてくれた」 「私は歴史ある監督であり、ローマはビッグクラブだ。最初の大会を素晴らしい大会にしようとする責任を少し感じている」 「少しずつ、我々は可能な限りやるという野心を達成するために進んできた。そして、準決勝の2試合が17万人の観客を集め、満員のスタジアムで行われたことをとても誇らしく思う」 「カンファレンスリーグは、我々にとってのチャンピオンズリーグだ。それが我々の現在のレベルであり、我々がプレーしているコンペティションだ。クラブは、長い間、このような機会を経験していない」 また、自身にとっては4度目の決勝の舞台となる。 ポルト時代の2003-04シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)決勝で優勝を果たすと、インテル時代の2009-10シーズンにもCL決勝に進んで勝利を果たしている。マンチェスター・ユナイテッド時代には2016-17シーズンのヨーロッパリーグ(EL)決勝に進み優勝。2つの大会を制しており、ECLで優勝すれば3大会で優勝した初めての監督となる。 そんなモウリーニョ監督は、自身最初の優勝はバルセロナ時代だとコメント。アシスタントコーチとして初めて優勝した経験があると過去を振り返った。 「もし、私が4つの異なるクラブで4つのヨーロッパの大会を制することになれば、最初の優勝は1996-97シーズンのUEFAカップウィナーズ・カップでバルセロナの偉大なる故サー・ボビー・ロブソンのアシスタントコーチを務めたときのことだ。ダグアウトで彼の隣に座るたびに、とても誇らしい気持ちになった」 「新たな成果は、以前の成果よりも意味があるのか?そうだろう。1回目の優勝は適切なタイミングで、適切な場所にいることによってもたらされたものだ」 「2回目の優勝は1回目より厳しく、3回目の優勝は2回目よりも厳しいものだった」 「一定期間内に成功を収め、優勝することと、キャリアを通じて成功を収め、優勝し続けることは別のことだ」 これまで数々のタイトルを獲得し、ポルト以降の20年間では指揮を執ってきたチームでは必ずタイトルを獲得してきた。そして、ローマでもそのチャンスまであと一歩となっている。 フットボールへの情熱について問われたモウリーニョ監督は、マンチェスター・ユナイテッドを率いていたサー・アレックス・ファーガソン監督とのエピソードを語り、情熱がなくなることなどはないと語った。 「それはマンチェスター・ユナイテッドvsレアル・マドリー(2012-13 CLラウンド16)の試合だった。試合の前に、サー・アレックス・ファーガソンが私をオフィスに招待してくれた」 「私は『ボス、どんな感じですか?情熱は変わりませんか?何年経っても変わりませんか?』と尋ねたんだ。そうしたら彼はこう言ったよ。『忘れるんだ。何も変わらない。最後の日まで同じだ』とね」 「だから、私は自分が59歳であるということを信じられないと言い続けている。監督として、21年、22年のキャリアがあることも、信じられない。いつ辞めるのかがイメージできないんだ。情熱は変わらないよ」 モウリーニョ監督は、4つのクラブで4つのタイトルを獲得なるか。決勝は28時にキックオフを迎える。 2022.05.25 23:39 Wed
twitterfacebook
thumb

ECL決勝に向けファン同士の衝突で60名が拘留…相手のチームバスに向けて放尿する輩も

運命のファイナルに向け、一足先にサポーターたちが火花を散らしている。 ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)決勝のローマvsフェイエノールトが、日本時間25日28:00にアルバニアのティラナにあるアレーナ・コムバターレでキックオフされる。 今シーズンから新設された大会の初代王者を決める戦いとなるが、すでにサポーターたちは臨戦態勢のようだ。 アメリカ『AP通信』によると、両チームのファンの間で衝突が起こり、少なくとも10人の警官と2人の民間人が負傷したとアルバニア警察が発表。48人のイタリア人と12人のオランダ人が「暴力行為に関与した」と拘留されたということだ。 また、アルバニアに乗り込んだフェイエノールトファンの一部が、ローマのチームバスに向かって放尿する動画もネット上に流入している。 アレーナ・コムバターレの収容人数は約2万人だが、最大100,000人のファンが集まると予想されており、スタジアム周辺はかなりの混乱が予想される。 <span class="paragraph-title">【動画】ローマのチームバスにまさかの放尿をかます</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Albania. 23.05.2022<br>Feyenoord fans vs. AS Roma team bus in Tirana before the Conference League final between these teams. <a href="https://t.co/Hidvf66wcI">pic.twitter.com/Hidvf66wcI</a></p>&mdash; HooligansTV (@HooligansTV_eu) <a href="https://twitter.com/HooligansTV_eu/status/1529043210877685762?ref_src=twsrc%5Etfw">May 24, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.25 20:30 Wed
twitterfacebook
thumb

久々の欧州カップ戦優勝狙うフェイエノールト、指揮官は「何が起こるかはわからない」

フェイエノールトのアルネ・スロット監督が、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)への意気込みを語った。クラブ公式サイトが伝えている。 準決勝でマルセイユとの接戦を制したフェイエノールトは、25日に行われるECL決勝でローマと対戦する。2001-02シーズンに優勝したUEFAカップ以来となる欧州カップ戦のトロフィーを目指して、決勝の地アルバニアに到着している。 指揮官として初のタイトル獲得がかかるスロット監督は試合前日の記者会見において、百戦錬磨のジョゼ・モウリーニョ監督率いる対戦相手を警戒。それでも決勝に進出する以上、優勝を勝ち取りたいと意気込んだ。 「どんな試合になるか予想されているのはわかっている。だが、実際には何が起こるかわからない。相手チームの指揮官は、時々ゲームプランに対して少しひねりを加えることがある」 「しかし、我々はここまでの歩みで多くを見てきた。だから、正しい方法で準備はできていると思いたいね。私が話したように、相手は我々を驚かせてくるかもしれない。だが、すでに55試合を戦ってきた我々に対して、彼らがまだ知らないものを見せてきたら、少し驚くと思う」 「我々はローマのゲームをたくさん見てきた。彼らはほとんどいつも同じプレースタイルを採用しているね。明日、ローマが後方からしっかりプレーしようとしてきたら、私は驚くだろう。彼らが我々のディフェンスラインの裏に、長いボールを蹴ってくることを期待している。とはいえ、何が起こるかはわからない」 「監督として、決勝に進出することは素晴らしいことだ。ただ、優勝すればもっと素晴らしくなるだろう。そうした考え方を、なるべく早く身につけていきたい」 2022.05.25 15:27 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly