川崎F入りのチャナティップへ、札幌時代のチームメイトからも激励のメッセージ「一緒に過ごせた日々は僕の宝物。弟よ頑張れ」

2022.01.12 16:55 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
川崎フロンターレへの加入が決まったチャナティップは、選手からも愛されているようだ。

ムアントン・ユナイテッドから2017年夏に札幌へ期限付き移籍で加入し、2019年からは完全移籍で加わったチャナティップ。11日には川崎Fへの完全移籍が発表されていた。

新天地でのプレーを決意したチャナティップには元チームメイト、2017、2018年にともに札幌でプレーしたV・ファーレン長崎のFW都倉賢からも激励のコメントが届けられた。

2018年にはジェイを含めた前線3枚で、チームのJ1総得点「48」のうち6割をたたき出した間柄(都倉12、ジェイ9、チャナティップ8)。自身のインスタグラムにチャナティップとのツーショット写真を多数投稿した都倉は、試合時の1枚だけでなく、和装したオフショットなども公開。加えて、新天地での活躍を願うメッセージを送っている。

「コンサドーレでチャナと一緒に過ごせた日々は僕の宝物です。コンサドーレではチャナの笑顔が皆んなを幸せにしてくれました。フロンターレでもそのチャナの笑顔で沢山の人を幸せにしてくれる事を楽しみにしています。弟よ頑張れ」

都倉の投稿にチャナティップも反応。「札幌に来てからずっとお世話になりました、ありがとう。一緒に過ごした時間は決して忘れません。またお会いしましょう」と返し、絆の深さを感じさせた。



1 2

関連ニュース
thumb

10人名古屋が福岡から逃げ切り勝利、今季初の3連勝飾る【明治安田J1第15節】

明治安田生命J1リーグ第15節、名古屋グランパスvsアビスパ福岡が25日に豊田スタジアムで行われ、1-0でホームの名古屋が勝利した 前節は清水エスパルスを相手にアウェイで2-1と勝ち切った13位の名古屋。試合終了間際に劇的な勝ち越しゴールを決めた相馬が、2試合ぶりの先発入りを果たしている。 対する10位福岡は前節、横浜F・マリノスをホームに迎え、1-0の完封勝利。今季2度目の連勝を狙う今節は、7試合ぶりの先発となった金森が左サイドハーフの位置に入った。 立ち上がりは両チームともに攻めあぐね、チャンスを作れず。それでもホームの名古屋は13分、相馬のパスをボックス手前左で受けた仙頭が右足を振り抜きチャンスを演出。シュートは枠の左に外れた。 静かな展開が続く中、名古屋が意外な形で先制する。15分、敵陣右サイド深くで獲得したFKの場面でキッカーのマテウスが低い弾道のクロスを供給すると、ゴール前にポジショニングしていた中谷に当たって、ゴール左に決まった。 先制を許した福岡は19分、自陣からのロングボールにボックス手前中央でルキアンが競り合い、敵陣中央にこぼれたところを、前が拾って右足のミドルシュート。しかし、これは枠の上に外れる。 その後は、両チームともに思うようにボールを前線へ運べず。すると、41分には展開を揺るがす大きな場面が生まれる。自陣中央での競り合いで、名古屋のチアゴが空中のボールに対して足裏を見せてチャレンジ。これが相手選手のヒザ付近に当たり、VARの結果、退場処分を下された。 前半のうちに数的優位となり、なんとしても追いつきたい福岡。試合を折り返した50分には、左サイドのコンビネーションから攻撃を展開し、前の縦パスを受けた北島がボックス手前から右足を振り抜くが、相手DFのブロックに遭い、ゴールとはならない。 さらに、アウェイチームは65分にもシュートチャンスを作る。敵陣右サイド浅い位置でボールを受けたジョルディ・クルークスがドリブルで深くまで侵入し、クロスを供給。中央の山岸が頭で合わせるも、シュートは枠の左に大きく逸れる。 後半に入ってからは防戦一方となっている10人の名古屋。しかし、81分にセットプレーからゴールに迫る。左CKの場面でキッカーの相馬がゴール前に鋭いクロスを入れると、これに中谷が頭で合わせたが、惜しくも枠の右に外れる。 その後も攻めるアウェイチームに対して守るホームチームという構図で試合は進行。しかし、終盤に福岡が決定機を作る。89分、左サイドの巧みなパスワークから、ボックス手前左でボールを受けた前がアーリークロスを供給。ゴール前の空中戦で強さ見せたフアンマがこれに頭で合わせ、ゴールネットを揺らすも、オフサイドの判定でノーゴールとなってしまう。 試合は結局1-0のままタイムアップを迎え、先制した名古屋が10人になりながらも、逃げ切り勝ち。今季初の3連勝を飾った。 名古屋グランパス 1-0 アビスパ福岡 【名古屋グランパス】 中谷進ノ介(前15) 2022.05.25 22:25 Wed
twitterfacebook
thumb

両サイドバックで2得点!! 横浜FMが京都に2発完封で3試合ぶり白星【明治安田J1第15節】

明治安田生命J1リーグ第15節の横浜F・マリノスvs京都サンガF.C.が25日に行われ、ホームの横浜FMが2-0で勝利した。 ニッパツ三ツ沢球技場で行われた一戦。チーム最多得点のアンデルソン・ロペスに6試合の出場停止処分が下されたホームの横浜FMは、レオ・セアラが4試合ぶりの先発出場。 一方のアウェイ京都は、得点ランキング首位タイに立つ38歳のウタカがこの日も先発出場した。 序盤から横浜FMが主導権を握って京都のゴール前まで攻め込む。15分に喜田、16分に宮市、20分にレオ・セアラがいずれもエリア外から強烈なミドルシュートを放つが、3本とも京都のGK若原が好セーブで凌ぐ。 幾度となくシュートまで持ち込んでは若原にセーブされ続けた横浜FM。しかし41分、自陣からロングボールで左サイドの深い位置で宮市が収めると、バックパスを受けた左サイドバックの小池龍太がボックス左から右足を豪快に振り抜いてネットを揺らし、待望の先制点を挙げる。 1点リードで迎えた後半も、横浜FMは立ち上がりから次々とゴールを強襲。49分に小池龍太の横パスを松原がボックス手前から狙えば、56分には速攻からレオ・セアラのパスを受けた仲川がボックス右から左ポストを掠める際どいシュートを放つ。 一方の京都は65分、深い位置でプレスをかけてGK高丘のキックミスを誘発。インターセプトした豊川からボールを受けた金子が左足で狙うも、シュートは枠外へ。千載一遇のチャンスを逃した。 肝を冷やしたホームチームだったが、72分に追加点を挙げる。右サイドを起点とした速攻からボックス左の宮市へ展開。宮市は一旦ボックス手前に折り返すと、ここまでオーバーラップしていた右サイドバックの松原がワントラップから左足を一閃。相手DFに当たって山なりとなったシュートがGKの頭上を越え、クロスバーと地面を叩いてネット上部に突き刺さった。 だが、横浜FMは85分に主将の喜田が負傷退場。すでに交代枠を使い切っていたために残り時間を10人で戦うこととなったが、最後まで3点目を奪いに行く姿勢を見せ、そのままタイムアップ。2-0で横浜FMが勝利した。 横浜F・マリノス 2-0 京都サンガF.C. 【横浜FM】 小池龍太(前41) 松原健(後27) 2022.05.25 22:11 Wed
twitterfacebook
thumb

「アルバムは恥ずかしいからって掲載NGでした」名古屋FW相馬の妻・森山るりさんが結婚1周年でウェディングショットを披露!

名古屋グランパスに所属するFW相馬勇紀(25)の妻であるフリーアナウンサーの森山るりさん(30)が、結婚記念日を報告した。 2人は2021年5月に入籍。今年4月には第1子となる男の子が誕生したことを発表していたが、この度結婚1年記念日を迎えたようだ。 森山さんが25日に自身のインスタグラムを更新し、2人のウェディングショットとともに「結婚して今日で1年。あっという間のような長かったような。これからも沢山笑って楽しく過ごそうね」と夫へのメッセージを贈った。 幸せそうな表情で目を合わせる2人だが、実際には他にもいい写真があったようで、森山さんはハッシュタグで「#結婚記念日#手作りアルバムもくれたけど#恥ずかしいからって掲載NGでした」と伝えている。 21日に行われた明治安田生命J1リーグ第14節の清水エスパルス戦で、後半アディショナルタイムに劇的な決勝弾をマークし、今季初ゴールを記録。さらなる活躍に期待がかかる。 <span class="paragraph-title">【写真】相馬勇紀と森山るりさんのウェディングショット</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cd942QKp-c4/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cd942QKp-c4/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cd942QKp-c4/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">森山るり(@ruri_moriyama_official)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.05.25 21:45 Wed
twitterfacebook
thumb

後半ATに3ゴールが生まれる劇的展開、鹿島vs鳥栖の乱打戦は4-4のドロー決着【明治安田J1第15節】

明治安田生命J1リーグ第15節、鹿島アントラーズvsサガン鳥栖が25日に県立カシマサッカースタジアムで行われ、4-4のドローに終わった。 前節は浦和レッズを相手に1-1のドローに終わった2位鹿島。先発には同じ11人が並び、首位浮上に向けたホームでの一戦に臨む。 対する6位の鳥栖は前節、王者・川崎フロンターレにゴールレスドロー。3試合ぶりの白星を目指す今節は、ベテランMF藤田が7試合ぶりのスタメン入りとなった。 立ち上がりは両チームが中盤でボール奪い合う展開となった中、ファーストシュートを放ったのはホームの鹿島。ボックス手前中央で獲得したFKの場面で、キッカーのディエゴ・ピトゥカが低い弾道のシュートを選択するも、相手GKにキャッチされた。 さらに、19分には敵陣中央での上田のポストプレーから、パスを受けたディエゴ・ピトゥカがボックス手前まで持ち上がり、左足を振り抜く。これは枠の右に外れるが、ホームチームの攻勢が続く。 ここまで相手に主導権を握られていた鳥栖。しかし、30分にワンチャンスをモノにする。右CKの場面でキッカーの藤田がアウトスイングのクロスを供給すると、ニアサイドで合わせたのは田代。ヘディングシュートがゴール左に吸い込まれ、先制に成功する。 先手を取って以降、ポゼッションを高めているアウェイチームは38分にもチャンスを作る。ボックス手前左でボールを受けた小泉が、巧みなドリブルで相手を3人かわしてボックス左に侵入し中央へラストパス。ゴール前で合わせた宮城のシュートは一度相手GKに阻まれるも、こぼれ球を自ら押し込んだ。 前半は徐々にギアを上げていった印象の鳥栖。試合を折り返した49分には、カウンターの流れから菊地がドリブルで前線まで運び、ボックス内の岩崎にパスを出す。岩崎がつぶれてこぼれたところを小泉が右足一閃。強烈な一撃はクロスバーに当たってネットを揺らした。 3点差を追いかけることとなった鹿島は52分、ディエゴ・ピトゥカのパスでボックス右に抜け出した和泉が中央へグラウンダークロスのクロスを供給。少し流れたところを樋口が拾って左足を振り抜くと、これがゴール左に決まり1点を返す。 この得点で勢いを強めたホームチームは、68分にも相手ゴールに迫る。樋口のパスをボックス右で受けた鈴木が巧みな切り返しで相手DFをかわし、中央へ丁寧に折り返す。待ち構えていた上田がこれに左足で合わせ、ゴール左隅に決め切った。 さらに、73分にも鹿島が前線でのボール奪取から決定機。和泉が敵陣右サイド浅い位置からクロスを入れると、ファーサイドで待っていたアルトゥール・カイキがワントラップから右足でボレーシュートを放つ。しかし、強烈なシュートは相手GKのファインセーブに阻まれる。 ホームチームはなおも攻勢を強めるが、後半アディショナルタイムまでスコアは動かず。このまま試合終了かと思われたが、ここから怒涛の展開が訪れる。 まずは92分、鹿島はボックス手前左のコンビネーションからフアン・アラーノがボックス内にふわりとしたボールを入れる。これに反応した鈴木がファーサイドから折り返し、最後にゴール前へ走り込んだのは土居。右足インサイドで丁寧にゴール左へ流し込み、土壇場で追いついた。 さらには94分、鹿島がロングボールから波状攻撃を展開。最後はボックス左から供給されたアルトゥール・カイキのクロスにゴール前で染野が頭で合わせ、豪快にネットを揺らした。 ホームチームの劇的な逆転。誰もがこのままホームチームの勝利を予想したが、鳥栖はまだ諦めていなかった。97分、左CKの場面でキッカーの藤田が直接ゴールを狙うような軌道のボールを蹴ると、一度は相手GKにはじかれるも、こぼれ球に反応した田代が頭で押し込み、ラストプレーで同点ゴール。最後の最後でスコアを振り出しに戻した。 劇的なシーソーゲームは4-4でタイムアップ。後半アディショナルタイムに計3ゴールが生まれた乱打戦はドロー決着となった。 鹿島アントラーズ 4-4 サガン鳥栖 【鹿島】 田代雅也(前31、後52) 宮代大聖(前38) 小泉慶(後4) 【鳥栖】 樋口雄太(後7) 上田綺世(後23) 土居聖真(後47) 染野唯月(後49) 2022.05.25 21:35 Wed
twitterfacebook
thumb

17位湘南が首位・川崎Fを粉砕!! 怒涛の固め打ちで谷口不在の守備陣から大量4得点【明治安田J1第15節】

明治安田生命J1リーグ第15節、川崎フロンターレvs湘南ベルマーレが25日に等々力陸上競技場で行われ、4-0でアウェイの湘南が大勝を収めた。 前節のサガン鳥栖戦はゴールレスドローに終わり、連勝が「4」でストップした首位の川崎F。5試合連続無失点と守備は安定しているが、今節は要の谷口が出場停止に。センターバックは車屋と山村がコンビを組んだ。 一方の湘南は、前節ヴィッセル神戸相手に薄氷の勝利を収め、最下位を脱出。内容にも復調の兆しを感じる中で、今節は中盤から前線にかけてのセンターライン4人を入れ替え、町野のパートナーには大橋が選ばれた。 立ち上がりから積極的にゴールへ迫る両チーム。セルティックで活躍する旗手も来場して見守る川崎Fは、2分にマルシーニョから斜めのパスからシュートチャンス。脇坂が裏へ落とすと、ボックス左を取った遠野の折り返しを脇坂が狙う。これは遠野がオフサイドを取られた。 湘南も5分にタリクのスルーパスから裏を大橋がボックス右からシュート。こちらは18日の神戸戦でJ1通算200試合出場達成し、試合前にセレモニーを行ったGKチョン・ソンリョンが弾き出す。 湘南が前に出たためにスペースができ、川崎Fも速い攻撃が続いたが、20分過ぎにレアンドロ・ダミアンと接触した米本が痛んだことで互いにトーンはやや落ち着いた。 その中で湘南は33分に決定機。池田のスルーパスから大橋が一対一を迎えたが、ここもGKチョン・ソンリョンに阻まれた。42分には山本がハムストリングを負傷し、舘を投入するアクシデントにも見舞われてしまう。 川崎Fはアディショナルタイムに左サイドの持ち上がりから、中央を経由してボックス手前正面に入ってきた家長が左足のミドルを見せるも、GK谷の手中に納まった。 ゴールレスで迎えた後半は、湘南が立ち上がりにチャンスを創出する。相手のフィードをヘディングで跳ね返すと、中盤でボールを受けた池田がすぐさま右のスペースへ展開。町野のグラウンダーのクロスにタリクが右足で合わせる。 これはGKチョン・ソンリョンの正面を突いたが、勢いのまま50分にセットプレーから先手を取る。杉岡の左CKが吸い込まれるようにファーで待つ町野のもとへ到達すると、前節2得点のストライカーは佐々木に体を付けられながらも2戦連発となるゴールを頭で決めた。 さらに4分後にも追加点。速攻からタリクが左サイドを持ち上がると、タメを作って追い越した石原へ。深い位置からクロスが上がると、中央フリーとなっていた池田が頭で合わせてJ1初ゴールをマークした。 連続失点で虚を突かれた川崎Fは佐々木と遠野を下げ、ジョアン・シミッチと瀬古を送り出した。だが、湘南の勢いは止められず、またも立て続けに失点を喫してしまう。 60分、湘南は中盤でのボールの奪い合いで大橋がマイボールにすると、カウンターから3対1の局面を作り、両サイドにパスコースがある中で左を選択。町野が決めてリードを広げると、直後の川崎Fのキックオフからもショートカウンターで4点目を奪う。中盤で脇坂を2人でサンドしてボール奪取すると、町野、大橋とわたって最後はタリクが沈めて一気に首位チームを引き離した。 一矢報いたい川崎Fは72分に左サイドの角度のない位置から宮城が直接狙い、82分には小林が決定機を迎えるも、GK谷の牙城を崩せず、最後まで1点が遠い。 終盤までアグレッシブに戦った湘南は守ってもクリーンシートでタイムアップを迎え、4-0の圧勝。首位チームからの大金星で、今季初の連勝を飾っている。 川崎フロンターレ 0-4 湘南ベルマーレ 【湘南】 町野修斗(後5) 池田昌生(後9) 町野修斗(後15) タリク(後16) 2022.05.25 21:26 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly