J1昇格の京都、山形FWマルティノスを獲得! Jリーグ通算131試合18得点のウィンガー

2022.01.07 13:15 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
京都サンガF.C.は7日、モンテディオ山形から元キュラソー代表FWマルティノス(30)の完全移籍加入を発表した。

マルティノスは2016年3月の来日を機に横浜F・マリノス、浦和レッズ、ベガルタ仙台を渡り歩き、昨年8月に山形入り。明治安田生命J2リーグ13得点1ゴールをマークしたが、新シーズンからJ1リーグの京都に活躍の舞台を移す決断をした。

Jリーグでも通算131試合18得点と実績十分のウィンガーは移籍決定を受け、両クラブを通じてコメントしている。

◆京都サンガ.F.C.
「自分を信頼し、オファーしてくれたクラブに感謝いたします。これから始まるJ1でのチャレンジングなシーズンをとてもワクワクしています」

「そして自分が持ってる力をクラブ、そしてファンの皆さんのために発揮することに意気込んでおります。スタジアムでお会いできるのを楽しみにしています!」

◆モンテディオ山形
「山形に関わる全ての皆様、短い間でしたがありがとうございました! 日本で6回目のシーズンを迎え初めてJ2でプレーしましたが、山形でとても幸せな時間を過ごすことができ、改めてプロサッカー選手としてのモチベーションを取り戻すことができました!」

「素晴らしいスタッフと素晴らしいチームメイトに恵まれて幸せな4ヶ月間でした! 目標であったJ1復帰を達成できていないことは悲しく思いますが、必ずピーター・クラモフスキー監督の元で、目標である優勝と昇格が出来ると信じています!」

「そしてまたJ1で会いましょう! 改めて山形に関わる全ての皆さん、ありがとうございました」


関連ニュース
thumb

両サイドバックで2得点!! 横浜FMが京都に2発完封で3試合ぶり白星【明治安田J1第15節】

明治安田生命J1リーグ第15節の横浜F・マリノスvs京都サンガF.C.が25日に行われ、ホームの横浜FMが2-0で勝利した。 ニッパツ三ツ沢球技場で行われた一戦。チーム最多得点のアンデルソン・ロペスに6試合の出場停止処分が下されたホームの横浜FMは、レオ・セアラが4試合ぶりの先発出場。 一方のアウェイ京都は、得点ランキング首位タイに立つ38歳のウタカがこの日も先発出場した。 序盤から横浜FMが主導権を握って京都のゴール前まで攻め込む。15分に喜田、16分に宮市、20分にレオ・セアラがいずれもエリア外から強烈なミドルシュートを放つが、3本とも京都のGK若原が好セーブで凌ぐ。 幾度となくシュートまで持ち込んでは若原にセーブされ続けた横浜FM。しかし41分、自陣からロングボールで左サイドの深い位置で宮市が収めると、バックパスを受けた左サイドバックの小池龍太がボックス左から右足を豪快に振り抜いてネットを揺らし、待望の先制点を挙げる。 1点リードで迎えた後半も、横浜FMは立ち上がりから次々とゴールを強襲。49分に小池龍太の横パスを松原がボックス手前から狙えば、56分には速攻からレオ・セアラのパスを受けた仲川がボックス右から左ポストを掠める際どいシュートを放つ。 一方の京都は65分、深い位置でプレスをかけてGK高丘のキックミスを誘発。インターセプトした豊川からボールを受けた金子が左足で狙うも、シュートは枠外へ。千載一遇のチャンスを逃した。 肝を冷やしたホームチームだったが、72分に追加点を挙げる。右サイドを起点とした速攻からボックス左の宮市へ展開。宮市は一旦ボックス手前に折り返すと、ここまでオーバーラップしていた右サイドバックの松原がワントラップから左足を一閃。相手DFに当たって山なりとなったシュートがGKの頭上を越え、クロスバーと地面を叩いてネット上部に突き刺さった。 だが、横浜FMは85分に主将の喜田が負傷退場。すでに交代枠を使い切っていたために残り時間を10人で戦うこととなったが、最後まで3点目を奪いに行く姿勢を見せ、そのままタイムアップ。2-0で横浜FMが勝利した。 横浜F・マリノス 2-0 京都サンガF.C. 【横浜FM】 小池龍太(前41) 松原健(後27) 2022.05.25 22:11 Wed
twitterfacebook
thumb

J1第14節のベストゴールは名古屋FW相馬勇紀の劇的決勝ミドル弾に決定

Jリーグは24日、明治安田生命J1第14節のTOP5ゴールを発表した。 21日から22日にかけて行われた第14節。全20得点の中から、5位には名古屋グランパスのFW酒井宣福のヘディング、4位には北海道コンサドーレ札幌のMF深井一希のボレー、3位には京都サンガF.C.のMF武富孝介の反転シュート、2位にはサンフレッチェ広島のFW満田誠の一撃が選ばれている。 そして、栄えある1位に輝いたのは名古屋のFW相馬勇紀のミドルシュートだ。 清水エスパルスとのアウェイゲームに臨んだ名古屋は先制しながらも追い付かれ、守勢の中で試合終盤を迎えたが、後半のアディショナルタイムに相馬が大きな仕事をやってのけた。 94分、左サイドを起点にして中盤の相馬へボールが渡ると、前を向いた相馬は前方へスペースがあること確認してドリブルを開始する。相手も寄せてこず、ノンプレッシャーの状態でゴール正面やや左から右足を強振すると、低く鋭いミドルシュートは左のポストに当たってゴールへ吸い込まれた。 目の覚めるような劇的な一撃が決勝点となり、名古屋が2-1で勝利。試合後には自身の今季初ゴールを振り返った相馬自身も驚いた様子を見せていた。また、今節から使用されたボール、カタール・ワールドカップ(W杯)の公式試合球である「アル・リフラ(AL RIHLA)」についての手ごたえ(足ごたえ?)も口にしていた。 「すごかったですね。本当に良いシュートが入ったと思います(笑)。ボールが今回から新しく変わって、昨日にシュート練習をしたときも、芯に当たればけっこうボールが伸びるなっていう印象があって。健太さん(長谷川 健太監督)からも、試合前に「雨の状況もあるし、伸びるから低いシュートを打ったら入ると思う」みたいな話をされていたので、そのとおりに2つの要因が重なったかなと思います」 <span class="paragraph-title">【動画】後半ATの勝ち越し弾!! 相馬の地を這うミドルシュート</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="Vbpo6dlntZM";var video_start = 278;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.25 20:05 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第15節:横浜FMvs京都】悪い流れで足踏みの両者、12年ぶりの対戦はどちらに軍配?

【明治安田生命J1リーグ第15節】 2022年5月25日(水) 19:00キックオフ 横浜F・マリノス(3位/25pt) vs 京都サンガF.C.(11位/17pt) [ニッパツ三ツ沢球技場] ◆落ち着きを取り戻せるか【横浜F・マリノス】 前節はアウェイでのアビスパ福岡戦で1-0と敗戦。リーグ戦では5試合ぶりの黒星を喫した。 前々節は3点リードから浦和レッズに追いつかれてのドローと守備が崩壊。前節はゴールを仕留められずに敗戦と、流れは良くない。 さらに、その試合ではアンデルソン・ロペスが相手DFに唾吐きを行い一発退場。6試合の出場停止に60万円の罰金という重い処分を下されていた。チーム最多の7ゴールを記録していただけに、大きな痛手となる。 珍しく落ち着きない戦いを見せている横浜FMだが、今節の相手の京都もアグレッシブなプレーで乱してくることは間違いない。冷静に対応し、自慢の攻撃陣が爆発できるかに注目だ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:高丘陽平 DF:松原健、畠中槙之輔、角田涼太朗、永戸勝也 MF:喜田拓也、マルコス・ジュニオール、岩田智輝 FW:仲川輝人、レオ・セアラ、宮市亮 監督:ケヴィン・マスカット 出場停止:アンデルソン・ロペス ◆6試合ぶりの勝利なるか【京都サンガF.C.】 前節はサンフレッチェ広島相手にアウェイで3-1の敗戦。これでリーグ戦5試合連続で白星から遠ざかることとなった。 この間の成績は負けと引き分けを繰り返しており、2分け3敗。その中で深刻なのは得点力不足だ。 5試合のうち1失点が3試合、3失点が1試合。しかし得点は2点しか奪えておらず、それでは勝利することが難しい。 チームとして正念場。戦い方に問題はないが、ゴール前のクオリティは欠けており、ピーター・ウタカにおんぶに抱っこという状態。いかに他の選手が連動できるのか。良い守備から良い攻撃に移った場合の精度が注目だ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:上福元直人 DF:白井康介、アピアタウィア久、麻田将吾、荒木大吾 MF:松田天馬、川崎颯太、武田将平 FW:宮吉拓実、ピーター・ウタカ、武富孝介 監督:曺貴裁 2022.05.25 16:10 Wed
twitterfacebook
thumb

広島新戦力のベン・カリファに待望の初ゴール!ホームで京都に3発快勝【明治安田J1第14節】

明治安田生命J1リーグ第14節、サンフレッチェ広島vs京都サンガF.C.が21日にエディオンスタジアムで行われ、3-1で広島が勝利した。 6位の広島(勝ち点18)と9位の京都(勝ち点17)による一戦。広島は前節、浦和レッズと0-0と引き分け、快勝した鹿島アントラーズ戦から2試合無敗をキープした。一方の京都は現在4試合未勝利。得点力不足に悩んでおり、ルヴァンカップを含めた公式戦ここ7試合はすべて1点以下となっている。 互いに前節と同じスタメンで臨んだ中、試合は早々に動く。5分、広島は相手のゴールキックを佐々木がヘディングではね返し、最前線のジュニオール・サントスがワンタッチでポストプレー。ここに走り込んだ満田がボックス手前からシュートをゴール左下に突き刺した。 幸先良く先制した広島はその後も主導権を握って京都ゴールに迫る。26分にはゴール前で相手の攻撃を防いだ野津田のクリアボールを満田が自陣中央で受け前線へフィード。これに反応したジュニオール・サントスがベン・カリファとのワンツーで高い位置をとっていた相手の最終ラインを突破。GKとの一対一では躱しにかかったところを手で弾かれてしまうが、粘り強くキープしてゴールに流し込んだ。 ホームで良い流れを作った広島。33分には初ゴールが欲しいベン・カリファが柏のクロスからヘディングシュート。DFにブロックされたところを今度はバイシクルで狙うも、GK上福元の好セーブに遭う。 京都は守勢の苦しい時間が続いたが、42分に速攻から1点を返す。センターサークル内での混戦を潜り抜け、ボールは右サイドを走るウタカに下へ。フリーで受けたウタカはボックス右まで侵入し、ボックス中央の武富にラストパス。武富は反転から左足を振り抜き、シュートを突き刺した。 点差を縮めて後半へ向かう京都は、ハーフタイムで3人交代。宮吉、松田、武田を下げて、豊川、井上、金子を投入する。 その立ち上がりにウタカにビッグチャンスが訪れるが、ここは荒木にクリアされる。ウタカと荒木はその後も度々迫力満載のデュエルを繰り広げていく。 後半はやや盛り返されている印象の広島だが、迎えた66分、ついにあの男に待望の瞬間が訪れる。アタッキングサードで細かく繋ぎながら、野津田からボックス左のベン・カリファにパスが入ると、迷わず左足を一閃。GKの足を弾いて浮いたボールが相手DFに当たってゴールに決まった。 再び苦しくなった京都は、頼みのウタカにボールを集めるが、70分のシュートが右ポストに嫌われる。逆に82分には、広島の塩谷のシュートがクロスバーに当たるなど救われる場面も。 試合終了間際には、京都は途中出場の福岡がボックス中央からシュートを放つが、GK大迫の好セーブが飛び出したところで試合終了。京都はこれで5試合未勝利に。広島が2試合ぶりの白星を収めた。 サンフレッチェ広島 3-1 京都サンガF.C. 【広島】 満田誠(前5) ジュニオール・サントス(前26) ナッシム・ベン・カリファ(後21) 【京都】 武富孝介(前42) 2022.05.21 15:12 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第14節:広島vs京都】ともにゴールレスドローからの一戦、強度で勝るのは!?

【明治安田生命J1リーグ第14節】 2022年5月21日(土) 13:00キックオフ サンフレッチェ広島(6位/18pt) vs 京都サンガF.C.(9位/17pt) [エディオンスタジアム広島] ◆4月の勢いを続けられるか【サンフレッチェ広島】 前節はアウェイでの浦和レッズ戦。決め手を欠いた試合は、相手にネットを揺らされるもVARで助けられゴールレスドローとなった。 ミッドウィークのYBCルヴァンカップでは清水エスパルスに敗れたが、突破が決まっていた上にメンバーを入れ替えていたため気にする必要はないだろう。 そんな中迎える今節だが、しっかりと勝利を掴んでいきたいところ。4月を3勝2分けの無敗で終えたチームは、ミヒャエル・スキッベ監督が月間最優秀監督賞を受賞。5月はすでに敗戦を喫しているが、残り試合は勝ち点を積み上げたい。 アグレッシブな戦いは通用することが分かっており、あとはチャンスをしっかりゴールに繋げられるか。2トップで今節も臨むと考えられるが、助っ人たちのゴールに期待したい。 ★予想スタメン[3-3-2-2] GK:大迫敬介 DF:塩谷司、荒木隼人、佐々木翔 MF:藤井智也、野津田岳人、柏好文 MF:森島司、満田誠 FW:ナッシム・ベン・カリファ、ジュニオール・サントス 監督:ミヒャエル・スキッベ ◆強度で負けるな【京都サンガF.C.】 前節は清水エスパルスを相手にゴールを奪えず、0-0のドロー。一方で、ミッドウィークの柏レイソル戦は控え組中心で戦い、柏レイソルに勝利を収めた。 徐々にチームとしての力もつけつつある中、リーグ戦は1カ月勝利から遠ざかっており、そろそろ勝利が欲しいところだ。 今節の相手は完成度が上がってきている広島。アグレッシブに戦い、デュエルの強度、プレスのスピードと特徴は似ている。走力の部分では負けるわけにもいかず、しっかりと勝てれば大きな自信がつく相手と言えるだろう。 まずは主導権争いで負けないこと。さらに局面の対決で遅れをとらず、しっかりと勝負できるか。古巣対戦となるエースのピーター・ウタカの躍動にも期待だ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:上福元直人 DF:白井康介、アピアタウィア久、麻田将吾、荒木大吾 MF:松田天馬、川崎颯太、武田将平 FW:宮吉拓実、ピーター・ウタカ、武富孝介 監督:曺貴裁 2022.05.21 08:22 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly