水戸、MF古宿理久の育成型期限付き移籍期間満了を発表

2022.01.07 11:25 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
水戸ホーリーホックは7日、横浜FCのMF古宿理久(20)の育成型期限付き移籍期間満了を発表した。

古宿は横浜FCのジュニアユース出身で、青森山田高校へと進学。2020年に横浜FCへと入団した。

2021年8月から育成型期限付き移籍で水戸へと加入。明治安田生命J2リーグでは1試合の出場に終わった。
古宿はクラブを通じてコメントしている。

「半年間という短い期間でしたが、沢山のことを学び、多くのことを吸収することができました。水戸で学んだことを活かして、次のステージでも頑張ってきます!半年間ありがとうございました」

関連ニュース
thumb

岡山が水戸MF鈴木喜丈を完全移籍で獲得「身体を張って頑張りたい」

ファジアーノ岡山は1日、水戸ホーリーホックのMF鈴木喜丈(24)の完全移籍加入を発表した。 鈴木は東京都出身で、FC東京の下部組織で育ち2017年にトップチームに昇格。2020年9月に水戸へと育成方期限付き移籍すると、2021年はFC東京でプレーも、2022年に完全移籍で水戸に加入していた。 水戸ではキャプテンマークを巻くこともあり、今シーズンの明治安田生命J2リーグで36試合に出場していた。 鈴木は両クラブを通じてコメントしている。 ◆ファジアーノ岡山 「はじめまして。水戸ホーリーホックから来ました鈴木喜丈です。左利きでポジションはセンターバックです。岡山の屈強なディフェンス陣に負けないくらい身体を張って頑張りたいと思います」 「チームのJ1昇格に貢献できるよう、そしていち早くファジアーノ岡山の一員として認めてもらえるように一生懸命頑張ります。たくさん応援していただけると嬉しいです」 ◆水戸ホーリーホック 「水戸ホーリーホックファミリーの皆さんへ」 「2020年夏からお世話になりました。怪我で丸2年サッカーができず、それでも這い上がるために必死だった自分を温かく受け入れていただいて、ホーリーホックファミリーの皆さんには感謝しかありません」 「移籍に関しては本当にたくさん悩みました。水戸でやり残したこともあるし、自分自身まだまだ水戸で成長できると感じていたからです。しかし、新たな環境で挑戦したいという思いが強くあり、移籍を決断しました」 「水戸ホーリーホックに関わる皆さん、2年半本当にありがとうございました。どこに行っても水戸ホーリーホックの名に恥じないように頑張ります」 2022.12.01 14:20 Thu
twitterfacebook
thumb

岐阜が三國スティビアエブスの完全移籍移行を発表! 水戸から今季途中加入

FC岐阜は1日、水戸ホーリーホックからDF三國スティビアエブス(24)の完全移籍加入を発表した。 三國スティビアエブスは青森山田高校出身。順天堂大学に在学中の2020年に特別指定選手として水戸入りして、翌年に正式入団した。 今季は水戸で出番が減り、6月からFC岐阜に育成型期限付き移籍。明治安田生命J3リーグで4試合の出場だったが、完全移籍移行が決まった。 FC岐阜の公式サイトを通じて「FC岐阜に完全移籍することが決まりました」と残留決定を報告するとともに、意気込みを続けた。 「途中から来た僕を温かく迎え入れてくれたFC岐阜に関わる皆様、本当にありがとうございました。今シーズン、個人としてもチームとしても上手くいかないことが多く、悔しいシーズンになってしまい申し訳ない気持ちでいっぱいです。来季こそはJ3優勝とJ2昇格できるよう、全身全霊で結果にこだわり頑張っていきたいと思います。来シーズンこそは笑顔で終われるように頑張ります」 一方、水戸の公式ウェブサイトでは思い出を振り返りながら、新天地での活躍を誓った。 「プロキャリアを水戸ホーリーホックでスタートできたこと、約2年半水戸ホーリーホックの選手として皆さんの前でプレーできたこと、今でもとてもいい思い出です! その中でピッチ内で結果を残すことができなくとても不甲斐ないですが、また皆さんの前でプレーする姿を見せられるように全身全霊で頑張っていきたいと思います。ありがとうございました!」 2022.12.01 11:15 Thu
twitterfacebook
thumb

水戸、移籍1年目の梅田魁人と複数年契約 「J1昇格に向けて全力で闘います!」

水戸ホーリーホックは29日、FW梅田魁人(25)との複数年契約による更新を発表した。 かつて福岡大学、テゲバジャーロ宮崎でプレーした梅田は水戸に今季加入。明治安田生命J2リーグ32試合に出場して3得点だった。移籍2年目に向け、クラブを通じて決意を新たにしている。 「来シーズンも水戸でプレーさせていただきます。今シーズン自分自身がもっと点をとれていれば、プレーオフにも届いたと思います。多くの期待を背負う中で結果を残せないもどかしさは自分自身を奮い立たせてくれます。今年一年間抱き続けたこの想いを忘れることなく、大好きなこの街と、大好きなホーリーホックファミリーとともにJ1昇格に向けて全力で闘います!」 2022.11.29 17:20 Tue
twitterfacebook
thumb

水戸がユース出身のMF平田海斗と契約満了、昨季途中からはJFLの青森でプレー「ファン・サポーターの力の凄さに気付きました」

水戸ホーリーホックは25日、MF平田海斗(21)との契約満了を発表した。 平田は水戸のユース出身で、2019年9月に2種登録。2020年にトップチーム昇格を果たした。 プロ1年目にJ2で2試合に出場するも、2021年は出番がなく、2021年8月にJFLのラインメール青森へ育成型期限付き移籍。今シーズンも青森でプレーした。 青森では1年目の昨季はJFLで7試合に出場したが、今シーズンは2試合で1得点に終わり、どちらも契約満了となっていた。 平田は水戸を通じてコメントしている。 「今シーズンで水戸ホーリーホックとの契約が満了になりました。まず、ユースから水戸のクラブの一員になり6年間お世話になりました」 「青森に移籍してから水戸の環境、そしてファン・サポーターの力の凄さに気付きました」 「3年の壁を超える事はできませんでしたが、別の形としてJリーグ、そして世界へ羽ばたけるように頑張ります。これからも応援して頂けると嬉しいです。ユースから6年間ありがとうございました」 2022.11.25 22:45 Fri
twitterfacebook
thumb

水戸が横浜FCのMF安永玲央を完全移籍で獲得、今季途中から期限付きで加入「目標である新しい景色を」

水戸ホーリーホックは25日、横浜FCのMF安永玲央(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。 かつて横浜F・マリノスなどでプレーした安永聡太郎氏の息子である安永は、川崎フロンターレ、横浜FCの下部組織で育つと、2018年にトップチーム昇格。2019年途中からカターレ富山へと期限付き移籍を経験していた。 2022年も横浜FCでプレーを始めたが、シーズン途中に水戸へと期限付き移籍。水戸では明治安田生命J2リーグで9試合に出場していた。 安永は両クラブを通じてコメントしている。 ◆水戸ホーリーホック 「この度、横浜FCから完全移籍で加入することになりました安永玲央です。夏に秋葉監督に必要とされ加入しながらも期待に添えず申し訳なく思っていましたが、もう一度力を発揮するチャンスを頂き大変嬉しく思います」 「このチャンスを活かし水戸の目標である新しい景色をファン・サポーターの皆様と一緒に掴みにいきます。応援宜しくお願いいたします!」 ◆横浜FC 「この度、水戸に完全移籍することになりました。育成時代から含め7年間、本当にありがとうございました。ファン・サポーターの皆様の期待に応えることが出来ず、チームを去ることになり申し訳ありません」 「私自身、新しい場所でJ1リーグに戻って来れるように精進してまいります。横浜FCのJ1リーグでの活躍を心より応援しています」 2022.11.25 19:45 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly