セインツ育成出身のWGテラが2025年まで契約延長! 「今度は僕が自分を信じる番」

2022.01.07 09:55 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サウサンプトンは6日、イングランド人MFネイサン・テラ(22)との契約を3年半延長したと発表した。新たな契約は2025年までとなる。

かつてアーセナルアカデミーにも在籍したテラはサウサンプトンのユースに移り、2020年6月にトップチームデビュー。ウィンガーとしての能力を見込まれ、昨季はプレミアリーグ18試合出場で1得点1アシストの数字を収めた。

そして、今季もここまでプレミアリーグ8試合でプレー。現体制下で着実に成長を続けるテラは契約更新を喜びつつ、さらなる活躍を誓った。

「嬉しいよ。僕はこのクラブのことが本当に好きで、ここでの時間を心から楽しめている。クラブが僕のことを信頼してくれているという事実にすごく感謝しているよ」

「今季も、そして昨季も、クラブは僕にとって素晴らしい存在でしかなかった。彼らは僕のことを信じてくれているし、今度は僕が自分を信じていかなければならない」

「これからはその信頼に応えていきたい。もっと試合に出て、もっとゴールに絡んで、チームの発展に貢献したいね」


関連ニュース
thumb

スパーズの今夏補強第1号はセインツGKフォースターに! ロリスの控えとしてフリー加入迫る

トッテナムがサウサンプトンのイングランド代表GKフレイザー・フォースター(34)の獲得を決定的なものとしたようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が報じている。 今シーズンもフランス代表GKウーゴ・ロリスが守護神として活躍したトッテナム。そのバックアップは、アタランタから1500万ユーロ(約20億4000万円)の買い取りオプション付きのレンタルで獲得したイタリア代表GKピエルルイジ・ゴッリーニが担っていたが、アントニオ・コンテ監督は同胞GKに信頼を置いておらず、クラブは今夏の買い取りを見送る決断を下した模様だ。 そして、ホームグロウン枠の問題を抱えるトッテナムは、予てよりイングランド人GKの獲得に動いていた中、一時はWBAのイングランド代表GKサム・ジョンストン獲得に迫っているとの報道もあったが、最終的には今シーズン限りでセインツとの契約が満了するフォースター獲得することになった。 フォースターはトッテナム加入に向け減俸を受け入れており、すでに条件面で合意。近日中にメディカルチェックを受診した後、今夏の補強第1号として公式なアナウンスが行われる見込みだ。 ニューカッスルでプロキャリアをスタートしたフォースターは、レンタル移籍を経て完全移籍したセルティックでブレイク。2014年に加入したセインツでは絶対的な守護神の立場には至らなかったものの、公式戦161試合に出場。今シーズンは年明け以降にポジションを獲得すると、リーグ戦19試合に出場した。 足元の技術や守備範囲に問題はあるものの、2メートルを超える恵まれたサイズに驚異的な反射神経を生かしたシュートストップはリーグ屈指の評価を得ており、バックアッパーとしては頼りになる存在だ。 2022.05.26 07:00 Thu
twitterfacebook
thumb

「これめっちゃおもろい」黒シートに覆われ運ばれる長物…「クラウチが死んだのかと」の声に本人が絶妙な切り返し

元イングランド代表FWピーター・クラウチ氏によるファンに対する投稿が、インターネット上を賑わせている。 17日に行われたプレミアリーグ第37節、サウサンプトンvsリバプールの一戦は、南野拓実のゴールなどで2-1とリバプールが勝利。逆転優勝へ望みを繋いだ。 その試合で中継映像に映り込んだものがファンの目にとまったようだ。試合終了後の様子を報じるテレビカメラには、何か長いものが黒いシートで覆われて運び出されている様が映されている。 これを見たあるファンは、201cmの長身を誇り、サウサンプトンとリバプールの両クラブでもプレー経験のあるクラウチ氏を思い浮かべたようだ。「一瞬ピーター・クラウチが死んだのかと思った」とつぶやいた。 投稿は瞬く間に拡散されると、なんとクラウチ氏本人からもリプライが寄せられることに。「心配してくれてありがとう、僕は元気だよ」と、ファンの冗談にうまく乗っかった。 見事な切り返しを見せたクラウチ氏。このやり取りには「電車でマジで笑ってしまった」「これめっちゃおもろい」「本人からの生存報告」などの声が寄せられるなど、国内外で大きな盛り上がりを見せることとなった。 <span class="paragraph-title">【動画】運び出されていく何かに対するファンとクラウチ氏の反応</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Thought Peter Crouch had died for a sec <a href="https://t.co/2lPedJYd7k">pic.twitter.com/2lPedJYd7k</a></p>&mdash; Jimathon (@Jimathon) <a href="https://twitter.com/Jimathon/status/1526667169722994691?ref_src=twsrc%5Etfw">May 17, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">I’m ok guys thanks for your concern <a href="https://t.co/D7x0Ijc4MN">https://t.co/D7x0Ijc4MN</a></p>&mdash; Peter Crouch (@petercrouch) <a href="https://twitter.com/petercrouch/status/1527222194102751233?ref_src=twsrc%5Etfw">May 19, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.20 21:45 Fri
twitterfacebook
thumb

副将ミルナー、チーム力を誇る 「全員がどれだけ準備できているかわかる」

リバプールの元イングランド代表MFジェームズ・ミルナーがチーム力を誇った。クラブ公式サイトが伝えている。 先週末に行われたFAカップ決勝をPK戦の末に制したリバプール。17日に行われたプレミアリーグ第37節のサウサンプトン戦ではFAカップ決勝から中2日とだけあって先発9人を入れ替えての一戦だったが、13分に先制点を許した展開からFW南野拓実の豪快なシュートで前半のうちに追いつくと、後半にセットプレーからDFジョエル・マティプのゴールで逆転し、2-1で勝利した。 首位のマンチェスター・シティとの勝ち点差を「1」に縮め、最終節での逆転優勝に望みをつないだ一戦にアンカーから右サイドバックにポジションを移すなどして勝利に大きく貢献したミルナーはチームを称賛。多くの選手がサブメンバーでありながら、求められるパフォーマンスを発揮したと誇った。 「選手たちは信じられないほど素晴らしいよ。普段あまりプレーしていない選手たちだが、毎日のトレーニングを見て欲しいね。レベルの高さに驚くはずだ。そして彼らはステップアップが必要なら、それができるのはわかってもらえただろう。ここにあるのは特別な選手たちであり、特別なクラブなんだ」 「(今日の結果は)多くを物語っている。たとえプレー時間が短くても、皆がどれだけ準備できているかわかる。毎日のトレーニングでの強度と意欲は特別なものだ。そしてそれは、監督や選手たちの姿勢など、トップから始まっているものでもある」 「週末に味わった感情やどれだけエネルギーを注いだか考えれば、直後にここへ来て1点差で負けたとしても言い訳は簡単だったと思う。でもチームは言い訳せず、ただひたすらプッシュし続けた」 「正直に言って、(サイドバックへのポジション移動は)世界一好きなことではない。でも、必要だった。ジョーは足首を痛め、プレーを続けられなかったからね。ジョーは今シーズンも素晴らしいプレーを見せてくれたから、無事を願っている。今日は出場した選手全員が、またも素晴らしいチームパフォーマンスを見せてくれた」 また、ミルナーは最終節まで続くことになったタイトル争いにも言及。自力優勝の可能性はない以上、最後まで首位シティにプレッシャーをかけるしかないと語った。 「自分たちの試合に勝つこと、それしかない、1月に、シティに大きく離されたとき精神的にリセットしたんだ。それ以来、僕たちは本当にプッシュしている。今季何が起ころうと、誇りに思えるチームだ。シティのようなトップチームを相手にするのだから、僕らにできることは試合に勝つこと、最後までプレッシャーをかけ続けることだね」 2022.05.18 10:58 Wed
twitterfacebook
thumb

「ガレージのフェラーリのよう」 クロップが惜しみない賛辞! 「ミナミノがもっとプレーしていないのは罪」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が惜しみない賛辞の言葉を送った。イギリス『リバプール・エコー』が報じている。 残り2試合のプレミアリーグで首位のマンチェスター・シティと優勝争いを繰り広げる2位のリバプール。シティが引き分けに終わったことで、勝利すれば1ポイント差まで詰められるなか、17日の第37節で15位のサウサンプトンと対戦した。 敵地で13分に先制を許す展開を強いられたリバプールだが、27分に今季リーグ戦初先発のFW南野拓実がボックス右から右足でニアをぶち抜いて同点。続く67分に左CKからDFジョエル・マティプがネットを揺らして逆転すると、2-1で勝利した。 PK戦にもつれたチェルシーとのFAカップ決勝から中2日ということで、先発9名を入れ替えての一戦だったが、総力戦でモノにしたクロップ監督は試合後、南野らの活躍を喜んだ。 「あのパフォーマンスにすごく満足している。ちょっと感動的だったよ。『凄いな、あの少年たちは!』って感じだ。ガレージに眠るフェラーリのようさ。外に出したら、あのようなプレーぶりだったという感じだ」 「ハーヴェイは最後にいつプレーしたのかわからない。カーティスに関してはリズムがない。ミナミノに至ってはもっと頻繁にプレーしていないのは罪。オックスレイドは抜群に調子が良いのにプレーできていない」 「選手たちからしたら、本当にタフなことだが、今季は何があろうと、グループによるもの。それは特別で、今夜もそれを示してくれた」 「インクレディブルなパフォーマンスだ。9選手も変更してうまくいかなければ、1000%私の責任。だが、責任の所在は今や1000%彼らだ」 「私は要求できるが、選手たちは実行しないといけない。彼らは非常によくやってくれた。今夜は信じられないようなパフォーマンスだったよ」 <span class="paragraph-title">【動画】ガレージのフェラーリが性能を見せつけた衝撃の1発!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="jJTirxFriW4";var video_start = 229;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.18 09:25 Wed
twitterfacebook
thumb

今季PL初先発の南野拓実が同点弾! 逆転のリバプールが1pt差で運命の最終節へ《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第37節、サウサンプトンvsリバプールが17日にセント・メリーズ・スタジアムで行われ、アウェイのリバプールが1-2で逆転勝利した。なお、リバプールのFW南野拓実は先発フル出場した。 先週末に行われたチェルシーとのFAカップ決勝をPK戦の末に勝ち切り、今シーズン2つ目のタイトルを手にしたリバプール。逆転での優勝を目指すプレミアリーグでは、今節先に試合を行った首位のマンチェスター・シティが引き分けに終わったことで、今節勝利できれば1ポイント差で最終節を迎えられることになった。 4戦未勝利で15位に位置するサウサンプトンのホームに乗り込んだ勝ち点3必須の一戦に向けては、GKアリソンとコナテを除く先発9人を変更。 クロップ監督は戦前に欠場を明言していたファン・ダイクとサラーの2選手に加え、アレクサンダー=アーノルド、マネをメンバー外に。3月20日のFAカップ準々決勝のノッティンガム・フォレスト戦以来となる南野やエリオットを、フィルミノやマティプ、ジョタといった主力選手と共に抜擢した。 ブロヤを最前線に残して[5-4-1]の布陣で臨んだセインツに対して、リバプールは南野、フィルミノ、ジョタを3トップに配した[4-3-3]の布陣でスタート。立ち上がりからボールを握ったアウェイチームが押し込む入りとなったが、先にチャンスを作ったのはホームチーム。 まずは開始10分に右サイドのスペースに抜け出したブロヤが、鋭い縦への仕掛けでDFを振り切ってボックス右ライン際からシュートを狙う。これはGKアリソンのビッグセーブに阻まれたが、直後に得た2度目のチャンスを先制点に結びつけた。 13分、自陣深くでDFリャンコが縦パスを受けようとしたジョタを潰してロングカウンターを発動。自陣中央のテラを経由したボールが左サイドのスペースを狙うレドモンドへスムーズに展開。レドモンドは鋭いカットインからペナルティアーク付近で右足を振ると、ミルナーの出した足にディフレクトしてコースが変わったシュートがゴール右上隅の完璧なコースに決まった。 敵地で先制点を奪われたリバプールは、すぐさま反撃を開始。19分にはツィミカスのFKをゴール前に抜け出したフィルミノが頭で合わせてゴールネットを揺らすが、これはオフサイドの判定。さらに、直後には南野がミドルレンジからのシュートで最初の枠内シュートを放った。 前半半ばを過ぎても決定機まであと一歩という状況が続くリバプールだったが、ここで今季リーグ戦初先発の日本代表FWが大きな仕事を果たす。 27分、右サイドで高い位置を取ったジョー・ゴメスが斜めに差し込んだボールをボックス中央に走り込んだジョタが収めてボックス右に走り込む南野へ丁寧に繋ぐ。ここで南野はすかさず右足を振り抜くと、このシュートがニア上を射抜いた。 南野の古巣恩返し弾となる4カ月ぶりのリーグ3点目で試合を振り出しに戻したアウェイチームは、ここから一気にギアを上げて相手をより深い位置に押し込めていく。そして、内と外を織り交ぜた多彩な仕掛けからミルナーのミドルシュートなどで逆転ゴールに迫っていく。 その後、前半終盤にかけてもハーフコートゲームを展開したリバプールだったが、今季上位相手に粘り強い戦いを見せるセインツの粘りの守備をこじ開けるまでには至らず。 迎えた後半、クロップ監督は前半終了間際に負傷したジョー・ゴメスを下げてヘンダーソンを投入。この交代でミルナーがアンカーから右サイドバックにポジションを移した。 後半もリバプールペースで試合が進む中、立ち上がりの48分にはいきなり決定機。左サイド深くで仕掛けたツィミカスが入れたグラウンダーのクロスを、ボックス中央で収めたジョタが左足に持ち替えてシュート。だが、このシュートは枠の右に外れる。 以降は自陣で堅固な守備ブロックを敷いて構えるセインツに対して、狭いスペースでのプレーでも精度を落とさないフィルミノのチャンスメークからエリオット、カーティス・ジョーンズと若手インサイドハーフのシュートでゴールに迫るが、決め切ることができない。 これを受け、クロップ監督は65分にエリオットを下げて切り札のオリジを投入し、[4-2-3-1]のより攻撃的な布陣にシフト。すると、この交代直後の67分にセットプレーから待望の逆転ゴールが生まれる。 左CKの場面でキッカーのツィミカスが左足アウトスウィングのボールを入れると、ニアでエルユヌシが頭で触ったボールがゴール前に向かう。このボールがDFウォーカー=ピータース、マティプと続けて頭に当たると、ゴール右上隅へ決まった。 前節のアストン・ビラ戦に続くマティプのゴールで逆転に成功したリバプールは、フレッシュな選手の投入で反撃に出るホームチームをうまくいなしながらゲームをコントロールしていく。 その後、フィルミノを下げてナビ・ケイタを投入し、スタートと同じ布陣で逃げ切り態勢に入ったアウェイチームは、このままのスコアで試合をクローズ。 会心の2試合連続逆転勝利で首位シティとの勝ち点差を1ポイントに縮めたリバプールは、ホーム最終戦でのウォルバーハンプトン戦勝利を目指すと共に、スティーブン・ジェラード率いるアストン・ビラのアシストによる、奇跡の逆転優勝というシナリオ準備した。 <span class="paragraph-title">【動画】12試合ぶりのリーグ戦で南野拓実が衝撃の1発!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="jJTirxFriW4";var video_start = 229;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.18 05:39 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly