長野、YS横浜から船橋勇真を獲得

2022.01.06 18:16 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
AC長野パルセイロは6日、Y.S.C.C.横浜からDF船橋勇真(24)が完全移籍加入することを発表した。

船橋は2020年に江戸川大学からYS横浜に入団。この2年間でJ3リーグ56試合に出場するなど主力として活躍し、今季の第24節のヴァンラーレ八戸戦ではプロ初ゴールを挙げた。

プロ3年目の迎える今年は心機一転、長野へ移籍。新天地での意気込みを語っている。
◆AC長野パルセイロ
「AC長野パルセイロに関わる全ての皆様、はじめまして!この度Y.S.C.C.横浜から加入することになりました、船橋勇真です。長野パルセイロという素晴らしいクラブでサッカーが出来ることを幸せに思います。長野Uスタジアムという素晴らしいピッチで最高のサポーターの方々と共に闘う日が待ち遠しいです」

「J2昇格に向けて全力で闘い、走り回り、そして誰よりも楽しくサッカーをしていきたいと思います。少しでもサッカーの楽しさが、1人でも多くの方々に伝わる様なプレーを目指し、ファン・サポーターの方々と共に、1つでも多くの喜びを味わいたいと思っています。応援宜しく御願いします」

◆Y.S.C.C.横浜
「この度、AC長野パルセイロに移籍する事を決めました。Y.S.C.C.での2年間はとても濃く、最高の時間でした。全くの無名だった自分を大きく成長させてくれたこのクラブ、監督やコーチ、チームメイト、そして嬉しい時に共に喜び、辛い時には大きな音で鼓舞をし続けて下さったファン・サポーターの方々が僕は本当に大好きです」

「ずっと好きだったサッカーがこのクラブに来てもっと好きになりました。多くのファン・サポーター方々に声をかけてもらい、一緒に写真を撮り、サインを書き、ボランティアの方々にも挨拶をするといつも笑顔で応援して下さり、本当に幸せな時間を過ごさせてもらいました」

「そして新型コロナウィルスの影響によるイレギュラーなシーズンの中、医療従事者の方々をはじめ、クラブスタッフ、スポンサーの方々、スタジアムなどでのボランティアの方々の支えがあり、自分達が不自由なくサッカーをすることが出来ました。
本当に有難うございました」

「また皆様とスタジアムでお会い出来る日を楽しみに、これからも全力でサッカーを楽しんで行きたいと思います。2年間、本当にお世話になりました。Y.S.C.C.に、そしてYSファミリーに感謝と恩返しを」


関連ニュース
thumb

長野退団のFW佐野翼、JFLのクリアソン新宿に加入 「少しでも早くプラスに働く人材になれるように」

AC長野パルセイロは22日、FW佐野翼(28)の退団と日本フットボールリーグ(JFL)のクリアソン新宿への加入を発表した。 静岡県出身の佐野は2017年に順天堂大学からアルビレックス新潟シンガポールに入団。その後、ロアッソ熊本でJリーグデビューを飾り、2020年に長野入りを果たした。 加入初年度は主力として明治安田生命J3リーグで32試合に出場して7得点と活躍したが、昨季は16試合2ゴールと出場機会が減少。巻き返しを図り臨んだ今季だったが、リーグ戦14試合に出場して無得点だった。 来季からJFLに参戦する佐野は両クラブを通じてコメントしている。 ◆クリアソン新宿 「AC長野パルセイロより移籍することになりました佐野翼です。最初は、今までサッカーしかしてこなかった僕が、ビジネスをしながらこれまで通り本気でサッカーにも向き合うということには、不安な気持ちがありました。しかし、ここ数年間プロという立場でサッカーだけをしている生活にも不安を覚えるようにもなっていました」 「そこでクリアソンからオファーをいただき、これまで通りサッカーに本気で取り組み、なおかつビジネスにも挑戦できる、そんなクリアソンの環境が『僕が求めていたものなのではないか』と思うようになりました」 「大きな決め手となったことが一つあります。クリアソンの選手・社員の方と話す機会をいただいたとき、みんなが口を揃えて『こんなに信頼できて、想いが一つになっている熱い仲間がいる組織は他にない』と言っていたことです。プロの世界では自分が活躍するという気持ちが優先されることもありますが、クリアソンは全員で、クラブや会社を大きくしていくという想いが感じられました」 「今は小さい船かもしれませんが、全員で同じ方向を向いて漕いでいくことで、だんだん大きく立派な船になる。そんな組織だと思っています。少しでも早く、クリアソンにとってプラスに働く人材になれるように努力していきます」 ◆AC長野パルセイロ 「4年前の最終節、Uスタでレッドカードを貰い、ブーイングに包まれながら退場したあのピッチで、今ではこんなにも応援してくれるファン・サポーターの方々の後押しを受けながらサッカーが出来ていた事、物凄く感慨深いです」 「その年パルセイロからオファーを頂いた時は、本当に耳を疑いましたし、こんな自分を受け入れてくれるはずがないと思っていましたが、新体制発表会で皆さんが笑顔と拍手で迎え入れて下さったことを今でも鮮明に覚えています」 「今では本当に長野が大好きになりました。自然豊かで、ご飯も美味しく、なにより家族同然とも思える人達にも出会えました。パルセイロでプレー出来た事、本当に感謝していますし、生涯忘れる事のない思い出となりました」 「僕は今年で長野を去り新たなチャレンジをします。パルセイロのJ2昇格という物語を僕も陰ながら応援しています。3年間お世話になりました。ありがとうございました」 2022.11.22 12:58 Tue
twitterfacebook
thumb

長野、MF山口和樹の契約満了を発表「Uスタの雰囲気最高でした!!」

AC長野パルセイロは21日、MF山口和樹(27)の契約満了を発表した。 国士舘大学出身の山口は2018年に湘南ベルマーレでプロデビュー。その後、FC琉球を経て昨シーズンに長野入りを果たすと、加入初年度は明治安田生命J3リーグで13試合に出場してプロ初ゴールも記録した。 しかし、今シーズンは出場機会が激減。リーグ戦わずか4試合の出場にとどまり、先発の機会は一度もなかった。 2シーズンを過ごした長野を去る山口は、クラブを通じてサポーターへの感謝を述べている。 「長野パルセイロに関わる全ての皆さん、2年間ありがとうございました。納得のいくような結果を残す事は出来ませんでしたが、どんな時も変わらず熱い声援をくれたファン・サポーターの皆さんには感謝しかありません。Uスタの雰囲気最高でした!!これからも少しでいいので、山口和樹の応援宜しくお願いします」 2022.11.21 14:01 Mon
twitterfacebook
thumb

長野MF東浩史が今季をもって退団へ 「7年間は本当に幸せな時間でした」

AC長野パルセイロは19日、MF東浩史(35)の契約満了を発表した。 東は阪南大学から愛媛FCでプロ入り後、V・ファーレン長崎を挟み、2016年から長野でプレー。今季も残り1試合の明治安田生命J3リーグで24試合に出場しているが、シーズン終了後の退団が決定した。 7年間を過ごした長野を去る東はクラブを通じて「長野パルセイロに関わる全ての皆さま、7年間本当にありがとうございました」と別れの挨拶をしている。 「志半ばで去っていった仲間たちの思いや魂を受け継ぎ、これまで取り組んできましたが、自分の力不足で昇格する事ができず、そして退団することになり、非常に残念です。これまでのチームメートやファン、サポーターの皆さまには申し訳ない気持ちでいっぱいです」 「たくさんの素晴らしいチームメートや監督、スタッフ、ファン、サポーターの皆さんと一緒に自分にとって日本一のスタジアムで戦えた7年間は本当に幸せな時間でした」 「いつも支えてくださっているスポンサーや企業の方々、そしてファン、サポーターの皆さん、いつもどんな時も応援して下さりありがとうございました。7年間という長い間、たくさんの温かい声援、たくさんのサポートをいただきながら、長野でプレーできて幸せでした」 「長野の皆さまには感謝の気持ちしかありません。他にも伝えたいことはたくさんありますが、お別れの言葉を考えると、涙が溢れてなかなか書けなかったので、最後に一言だけ言わせてください。愛してるぜパルセイロ! 最後勝ってみんなで歌いましょう!」 2022.11.19 16:55 Sat
twitterfacebook
thumb

長野が大卒2年目MF住永翔との契約満了を発表「一回りも二回りも大きくなってお返しします」

AC長野パルセイロは18日、MF住永翔(24)の契約満了を発表した。 住永は北海道コンサドーレ札幌U-15から青森山田高校へと進み、明治大学へと進学。2021年に長野に入団した。 プロ1年目は明治安田生命J3リーグで21試合に出場。今シーズンは10試合に出場していた。 住永はクラブを通じてコメントしている。 「今年で長野を離れることになりました。まずは僕に目をつけてくれた当時強化部の東海林さん、そして横山監督には感謝しかありません」 「沢山の人に出会い、この2年間ここでは伝えられないほどの様々な思い出があります。クラブを支えてくれているスポンサー、企業の方々、どんな時も精一杯勝利の為に応援してくれたファン、サポーターの方々、苦楽を共にしたチームメイト、そして何より僕のユニフォーム等を買ってくれた方々、沢山の人に感謝します」 「僕がメンバー外の時でも22番のユニフォームを着て応援してくれている方々を見て、毎回唇を噛むほどの悔しい思いと、そして何よりも僕が与えなきゃいけない活力を与えてくれたこと、決して忘れません。一回りも二回りも大きくなってお返しします」 「UスタというJリーグ屈指のスタジアムでホームチームとして戦えたこと、長野の為にオレンジのユニフォームを着て戦えたこと、誇りです。今後の長野パルセイロの発展を願っています。2年間ありがとうございました」 2022.11.18 23:18 Fri
twitterfacebook
thumb

J3長野が今季就任のシュタルフ悠紀リヒャルト監督の続投を発表「タイトル獲得に向けて再チャレンジ」

AC長野パルセイロは18日、シュタルフ悠紀リヒャルト監督(38)の続投を発表した。 2019年にY.S.C.C.横浜の監督に就任したシュタルフ監督は、ドイツのボーフムで日本人の母とドイツ人の父の間に誕生。YS横浜のユースでもプレー。高校卒業後は、スイスやドイツ、シンガポール、オーストリア、アメリカ、パプアニューギニアなどでプレー。2011年にはジェフユナイテッド市原・千葉リザーブズにも所属した。 引退後は東京ヴェルディの普及部コーチなどで指導。YS横浜では、Jリーグ史上最年少となる34歳で監督に就任。1年目は13位(18チーム)、2年目は17位(18チーム)と結果が出なかったが、2021シーズンは8位(15チーム)と過去最高の成績を残していた。 今シーズンから長野を指揮。チームはJ2昇格を逃したものの、最終節を残して14勝9分け10敗と7位に位置していた。 シュタルフ監督はクラブを通じてコメントしている。 「まず初めにサポーターの皆様、スポンサー企業の皆様、一年間多大なるご支援、ご声援を本当にありがとうございました」 「この度、今週日曜日に開催されるホーム最終戦を前に、来年も引き続きAC長野パルセイロで指揮を執らせていただけることになりました。自分を信じてタイトル獲得に向けて再チャレンジする機会を与えてくれたクラブ関係者の皆様には大変感謝しております」 「2022シーズンもラスト1ゲームとなりました。楽しいことや辛いこと、まさに苦楽を共にした仲間たちとのラストゲームです。このメンバーで最後に笑って終われるように、自分の待っている力を全て出し切りたいと思っております」 「試合当日にはスタジアムで皆様に直接ご挨拶させていただける機会があります。20日の午後、長野Uスタジアムでお会いしましょう」 また、町田善行代表取締役社長も続投についてコメントした。 「2023シーズンも引き続き、シュタルフ監督に指揮をとっていただくことで基本合意しました」 「まだホーム最終戦を残していますが、長野でのシュタルフ監督1年目の今シーズン、創意工夫し、最善を尽くして最後まで諦めずにアグレッシブに戦う姿勢や期待感を地域の皆様に届けてくれた監督、スタッフ、選手の皆さんに感謝しています」 「来シーズン、更なる高みを目指すための戦力・環境整備を図ってまいりますので、引き続き、当クラブへのご支援ご声援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます」 2022.11.18 09:13 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly