J3降格の北九州、GK吉丸絢梓、GK志村滉、DF永田拓也と契約更新

2022.01.05 19:25 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ギラヴァンツ北九州は5日、GK吉丸絢梓(25)、GK志村滉(25)、DF永田拓也(31)との契約更新を発表した。

吉丸はヴィッセル神戸の他、大分トリニータ、徳島ヴォルティスでの武者修行を経て、2021年から北九州へと加入した。

2021シーズンは明治安田生命J2リーグで19試合に出場していた。

志村はジュビロ磐田や水戸ホーリーホック、FC東京でプレーし、2021年から北九州入り。2021シーズンは明治安田J2で2試合に出場していた。

永田は浦和レッズやザスパ草津(現:ザスパクサツ群馬)、横浜FC、東京ヴェルディでプレー。2020年は東京Vから期限付き移籍で加わると、2021年に完全移籍に切り替えていた。

明治安田J2では33試合に出場し2得点、天皇杯では1試合に出場していた。

3選手はクラブを通じてコメントしている。

◆GK吉丸絢梓
「昨シーズン応援ありがとうございました。今シーズンもこのチームでプレーすることを決めました。1年でJ2に戻れるように頑張ります。応援よろしくお願いします」

◆GK志村滉
「今シーズンもギラヴァンツ北九州でプレーさせて頂くことになりました。昨シーズンの雪辱を果たす為、全力で戦います!ファンサポーターの皆様、共に一戦一戦を戦い抜きましょう!」

◆DF永田拓也
「2022シーズンもギラヴァンツ北九州の一員としてプレーさせていただくことになりました。昨シーズン、自分に出来たことがもっとあったのではないかとずっと思っています」

「その悔しさと後悔をJ2昇格という形で晴らせるように、そして応援してくれているみなさんの前でプレーできる喜びや感謝の気持ちを噛み締めて、1年間闘いますので応援の程よろしくお願い致します」

関連ニュース
thumb

いわきが讃岐に快勝し首位堅守! 松本は上位陣で唯一白星手にできず【明治安田J3第27節】

2日、明治安田生命J3リーグ第27節の7試合が各地で行われた。 首位のいわきはホームで讃岐と対戦。ここ11試合未勝利の讃岐相手に前半は攻めあぐねたが、後半にリーグトップの得点力を見せつける。 まずは64分、嵯峨がボックス右角付近から左足で上げたクロスを、ファーサイドの山口が頭で叩き込んで先制。これで均衡を破ると、72分には敵陣左サイドでボールを奪った流れからボックス中央でこぼれ球に反応した途中出場の谷村が追加点を挙げる。 さらにその3分後には3点目。宮本がボックス手前右から上げたクロスを家泉がヘディングシュート。これはGKに弾かれるが、こぼれ球を有田が押し込んだ。これで2試合連続ゴールとした有田はさらに82分、敵陣中央でボールを奪い、ペナルティアークから自らフィニッシュへ持ち込んで今季2度目の2得点。ルーキーイヤーながら二桁得点に到達した。 後半アディショナルタイムに1点を返されたものの、4-1で勝利したいわが2連勝で首位をキープしている。 これで前日に続いて上位3チームが揃って白星。4位の松本も続きたいところだったが、アウェイの沼津戦でゴールレスドローに、前半に横山、後半には途中出場の小松が決定機を迎えたが、最後まで沼津の牙城を崩すことができなかった。 北九州vs宮崎では、宮崎GK植田が退場するインシデントが発生。19分にバックパスを受けたところ、コントロールミスから目の前の相手にボールを奪われ、その選手を倒して一発退場に。 一方、このプレーでPKを得た北九州は、ファウルを受けた平山が自ら沈めて先制。その後も数的優位を活かして4ゴールを挙げ、快勝を収めている。 ◆明治安田生命J3リーグ第27節 ▽10/2(日) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">八戸 1</span>-0 愛媛 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">いわき 4</span>-1 讃岐 沼津 0-0 松本 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">今治 3</span>-0 鳥取 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">富山 1</span>-0 相模原 岐阜 1-1 福島 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">北九州 4</span>-0 宮崎 ▽10/1(土) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">藤枝4</span>-1YS横浜 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">鹿児島4</span>-1長野 2022.10.02 16:20 Sun
twitterfacebook
thumb

鹿児島がロメロの決勝点で3連勝、首位いわきと勝ち点「1」差に迫る【明治安田J3第25節】

19日、明治安田生命J3リーグ第25節の鹿児島ユナイテッドFCvsギラヴァンツ北九州が白波スタジアムで行われ、1-0でホームの鹿児島が勝利を収めた。 昨日、首位のいわきFCがつまずき、松本山雅FCが勝利したため、是が非でも勝ち点「3」が欲しい鹿児島。早々の6分に星広太が負傷によって渡邉英祐との交代を余儀なくされるも、前半終了間際に先制点を挙げる。 五領淳樹の右CKに対するGKのパンチングがミスとなり、こぼれ球を小野寺健也がヘッド。クロスバーからの跳ね返りを、ロメロ・フランクが押し込んだ。 ビハインドで折り返した北九州も"バトルオブ九州"で意地を見せ、ボックス手前でのFKがゴール前での混戦を招くと、本村武揚がオーバーヘッドでネットを揺らす。だが、クリアに飛び込んだ有田光希へファウルを取られ、得点は認められなかった。 その後も北九州の反撃を受けた鹿児島だが、終了間際の針谷岳晃のFKもGK白坂楓馬ががっちりキャッチ。虎の子の1点を守り切った鹿児島が3連勝で、首位・いわきFCへ勝ち点差「1」に迫っている。 ◆明治安田生命J3リーグ第25節 ▽9/19(月・祝) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">鹿児島ユナイテッドFC 1</span>-0 ギラヴァンツ北九州 ▽9/17(土) Y.S.C.C.横浜 0-0 カマタマーレ讃岐 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">アスルクラロ沼津 1</span>-0 カターレ富山 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ヴァンラーレ八戸 3</span>-1 FC岐阜 ▽9/18(日) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">松本山雅FC 2</span>-1 ガイナーレ鳥取 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">藤枝MYFC 1</span>-0 SC相模原 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">FC今治 1</span>-0 いわきFC AC長野パルセイロ 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 福島ユナイテッドFC</span> ※台風14号の影響で中止 テゲバジャーロ宮崎 vs 愛媛FC 2022.09.19 20:15 Mon
twitterfacebook
thumb

台風14号の影響で18日開催の宮崎vs愛媛、鹿児島vs北九州が中止

Jリーグは16日、明治安田生命J3リーグの2試合の中止を発表した。 今回中止となったのは、18日(日)15時キックオフのテゲバジャーロ宮崎vs愛媛FC、19時キックオフの鹿児島ユナイテッドFCvsギラヴァンツ北九州の2試合となる。 いずれも台風14号が九州に接近しており、安全の確保や安全な試合の進行が困難なことから中止が決定した。 なお、鹿児島vs北九州に関しては、19日(月・祝)の18時に開催することが決定。場所は同じ白波スタジアムとなる。 また、宮崎vs愛媛に関しては代替日は決まっていない。 2022.09.16 17:20 Fri
twitterfacebook
thumb

北九州、川崎Fアカデミー育ちの桐蔭横浜大MF高吉正真が加入内定

ギラヴァンツ北九州は15日、桐蔭横浜大学からMF高吉正真(22)の2023シーズン加入内定を発表した。 高吉は神奈川県出身の2000年生まれ。かつて川崎フロンターレのU-15、U-18に在籍し、桐蔭横浜大学に進学した。北九州でのプロ入りを受け、クラブを通じてコメントしている。 「来シーズンからギラヴァンツ北九州に加入する事になりました、高吉正真です。J2昇格に貢献できるようにチームの為に走り、チームの為に戦う選手になりたいと思います。応援よろしくお願いします」 2022.09.15 17:45 Thu
twitterfacebook
thumb

今治の連勝を止めた北九州が4試合ぶり白星【明治安田J3第23節】

4日、明治安田生命J3リーグ第23節の2試合が行われた。 今治と北九州の一戦はシーソーゲームとなった。開始4分にペナルティエリアで中川が倒されて得たPKを安藤が決めて今治が先制。だが、その後は北九州が主導権を握り、前半アディショナルタイムにセットプレー時の相手のオウンゴールで同点に追いつく。 後半に入ると勝ち越したのはアウェイチーム。55分、ボックス左に走り込んだ中山がスルーパスを呼び込み、グラウンダーのクロスを上形が押し込んで逆転した。しかしその3分後、今治も高瀬が左サイドから上げたクロスを山田がインサイドステップで丁寧に合わせて追加点。これで試合は再び振出しに戻った。 その後は互角の攻防が続く中で明暗を分けたのは79分のセットプレーだった。北九州が敵陣右サイドからファーサイドへクロスを放り込むと、河野が頭で折り返し、西村が右足でハーフボレー。これがゴール右上に突き刺さり、北九州が勝ち越し。そのまま4試合ぶりの勝利を収めた。4連勝中だった今治は、6試合ぶりの黒星を喫することになった。 讃岐と藤枝の一戦は1-1のドローに終わった。先制したのはホームの讃岐。21分、松本孝平がボックスの外から左足のシュートを沈めて第15節のYS横浜戦以来の先制点を挙げる。 しかし、後半立ち上がり3分に横山に決められ同点に。試合はこのまま終了し、讃岐は8試合未勝利、藤枝は2試合未勝利となった。 ◆明治安田生命J3リーグ第23節 ▽9/4(日) FC今治 2-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 ギラヴァンツ北九州</span> カマタマーレ讃岐 1-1 藤枝MYFC ▽9/3(土) アスルクラロ沼津 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 鹿児島ユナイテッドFC</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">いわきFC 1</span>-0 AC長野パルセイロ SC相模原 2-2 ガイナーレ鳥取 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">松本山雅FC 2</span>-1 愛媛FC <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">カターレ富山 3</span>-2 福島ユナイテッドFC ヴァンラーレ八戸 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 テゲバジャーロ宮崎</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">FC岐阜 3</span>-0 Y.S.C.C.横浜 2022.09.04 21:16 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly