新年早々、鼻骨骨折…ヴォルフスブルクのキャプテンMFギラヴォギがトレーニング中に負傷

2022.01.04 09:55 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヴォルフスブルクは3日、元フランス代表でキャプテンを務めるMFジョシュア・ギラヴォギの負傷を発表した。

クラブの発表によると、ギラヴォギは2日のトレーニング中に負傷したとのことだ。

詳細は午後のトレーニングの際、MFフェリックス・エンメチャと激突。検査を受けた結果、鼻骨を骨折してしまったとのことだ。

なお、ギラヴォギは週末からトレーニングを再開する予定とのことだ。

キャプテンを務めるギラヴォギは、ここまでブンデスリーガで15試合に出場。チャンピオンズリーグでも5試合、DFBポカールも1試合プレーしていた。


関連ニュース
thumb

ヴォルフスブルク、ニコ・コバチ氏の就任を発表

ヴォルフスブルクは24日、新シーズンに向けてニコ・コバチ氏(50)の就任を発表した。契約期間は2025年6月までの3年間となっている。なお、弟のロベルトがアシスタントコーチに就任したことも併せて発表されている。 ヴォルフスブルクでは15日、今季途中就任のフロリアン・コーフェルト監督(39)との契約を双方合意の下で解消していた。 ニコ・コバチ氏はフランクフルトでDFBポカールを制覇後、現役時代に在籍したバイエルンを指揮。2018-19シーズンは国内2冠を達成していたが、2019年11月に成績不振を受けて解任。 2020年7月よりモナコの監督に就任し、2020-21シーズンはリーグ・アンで3位に導いていた。しかし、迎えた今季はチャンピオンズリーグ予備予選で敗退して本戦出場を逃すと、国内リーグでも思うような結果を残せず1月に解任となっていた。 ブンデスリーガ復帰となったコバチ氏は「私はブンデスリーガで育った。ヴォルフスブルクの新たな成功に寄与することに集中しているし、情熱を持っている」とコメントした。 2022.05.24 23:30 Tue
twitterfacebook
thumb

グロイター・フェルト、リトバルスキ氏の次男・ルシアンとプロ契約で獲得

2.ブンデスリーガ(ドイツ2部)に降格したグロイター・フェルトは19日、ヴォルフスブルクのU-19チームからMFルシアン・リトバルスキ(19)を完全移籍で獲得した。契約は2025年6月30日までで、延長オプションが付随している。 1990年にワールドカップ優勝も果たした元ドイツ代表で、かつてジェフユナイテッド市原(現・ジェフユナイテッド市原・千葉)でもプレーしたピエール・リトバルスキ氏を父親に持つルシアンは、ヴォルフスブルクの下部組織育ちで、U-17、U-19と昇格している。 代表歴などはないルシアンだが、今シーズンはブンデスU-19で14試合に出場し2ゴール2アシスト、UEFAユースリーグで4試合で1アシストを記録していた。 ルシアンはクラブの公式サイトで「今回、初のプロ契約をとなりました。グロイター・フェルトは常に若い選手にチャンスを与え、成長させることでも知られるクラブだ。だから、今回の移籍は正しいステップアップだと確信しているよ」とコメントしている。 [写真は父親のピエール・リトバルスキー] 2022.05.20 01:50 Fri
twitterfacebook
thumb

ヴォルフスブルク、今季途中就任のコーフェルト監督と契約解消…

ヴォルフスブルクは15日、フロリアン・コーフェルト監督(39)との契約を双方合意の元で解消したことを発表した。 コーフェルト監督は昨年10月にマルク・ファン・ボメル前監督の解任に伴い、昨シーズンのブンデスリーガで4位の成績を残しながらも、当時大不振に陥っていたヴォルフスブルクの新指揮官に就任した。 しかし、就任当時9位に位置していたチームを引き継いだ同監督の下でチームは8勝5分け12敗と思うような結果を残すことができず。最終的にブンデスリーガ12位でのフィニッシュとなっていた。 現行契約は2023年まで残っていたが、今シーズン終了のタイミングで袂を分かれることになった。 コーフェルト監督は、これまで指導者として自身が現役時代に所属していたブレーメンで指導を続けており、ユース年代やセカンドチームで監督やアシスタントコーチを経験していた。 2017年11月からはファーストチームの監督に就任。日本代表FW大迫勇也を指導するなど、142試合で指揮を執ったが、チームは2020-21シーズンにブンデスリーガから2部へ降格。降格が迫った中、シーズン終了を待たずに1試合を残して解任されていた。 2022.05.16 07:30 Mon
twitterfacebook
thumb

35点レヴァンドフスキが史上最多タイ7度目の得点王! 王者バイエルンは3戦未勝利でシーズン終了…《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ最終節、ヴォルフスブルクvsバイエルンが14日にフォルクスワーゲン・アレーナで行われ、2-2のドローに終わった。 デア・クラシカーで前人未踏の10連覇を達成したバイエルン。以降のリーグ戦ではマインツ、シュツットガルト相手に1敗1分けと2戦未勝利。そのマインツ戦後には選手たちのイビサ島への旅行に対して、批判も起きてやや後味の悪い状況が続く。 そういった中、今季王者として有終の美を飾りたいナーゲルスマン率いるチームは、ホーム最終戦勝利を目指す13位のヴォルフスブルクとのシーズン最終戦に臨んだ。主力温存の可能性もあったが、出場停止のコマンらを除き主力を起用。守護神ノイアー、キミッヒ、ミュラー、レヴァンドフスキらがスタメンに名を連ねた。 ホームサポーターが持ち込んだ発煙筒の影響で数分遅れでのスタートとなった今季最終戦。立ち上がりからボールを握って相手を押し込む今季王者はミュージアラ、ゴレツカと早速フィニッシュのシーンを作り出すと、11分にはレヴァンドフスキがボックス右から右足アウトにかけた技ありのシュートでGKカスティールスにビッグセーブを強いる。 一方、守勢が続くホームチームも14分には右CKの場面でアルノルトの右足アウトスウィングのクロスをラクロワが頭で合わすと、これが左ポストを叩き最初の決定機とした。 それでも、完全に試合の主導権を握るバイエルンは17分、右CKの場面でキッカーのキミッヒが正確な右足アウトスウィングのクロスを入れると、ゴール前で競り勝ったスタニシッチが頭で合わせる。浮き球となったこのシュートがゴール左隅の完璧なコースに決まった。 スタニシッチのトップチーム初ゴールによって幸先よく先制に成功したバイエルンは、畳みかける攻めを見せていく。24分にはミュージアラがゴールネットを揺らすが、ここはオフサイドポジションのアルフォンソ・デイビスがGKの動きを制限したとの判定でゴールは認められず。 以降はホーム最終戦を白星で飾りたいヴォルフスブルクが、カウンターやセットプレーでチャンスを作り出し、試合はやや拮抗した展開に。それでも、40分にはゴレツカのボックス付近でのキープからボックス手前右のミュラーが左足で入れた正確なクロスをファーに走り込んだレヴァンドフスキが巧みなヘディングシュートをゴール左隅に流し込み、相棒とのホットラインで今季35点目を奪った。 その後、前半終了間際の45分には左に流れたクルーゼからの正確な折り返しを、ボックス右のウインドが巧みな左足のトラップからすかさず左足を振り抜いてゴール左隅にシュートを突き刺し、1点差に詰め寄るゴールを記録。試合への興味を繋いで後半を戦うことになった。 後半は1点を返した勢いに乗るヴォルフスブルクが優勢に試合を運び、幾度か際どいシーンを作り出す。すると、58分には左サイド深くに侵攻したファン・デ・フェンからのグラウンダーの折り返しに反応したファーサイドのクルーゼがワンタッチで流し込み、早い時間帯にスコアをタイに戻した。 後半に入ってなかなかリズムを掴み切れないバイエルンは、ミュラーに代えて今季限りで退団のチュポ=モティング、67分にはニャブリを諦めてサネを投入。徐々にフィニッシュの場面を増やしていくが、最後のところで粘る相手の守備を崩し切れない。 膠着状態が続く中、バイエルンは81分にノイアー、キミッヒ、アルフォンソ・デイビスを下げて第3GKフリュヒトル、ビドビッチ、リチャーズと若手をピッチに送り出し、引き分け良しの割り切った采配を見せる。 その後、88分にはミュージアラのスルーパスに抜け出したサネにビッグチャンスが訪れるが、GKとの一対一を決め切ることができず。絶好の勝ち越し機会を逸した。そして、試合はこのままタイムアップを迎え、2点のリードを守り切れなかったバイエルンは優勝決定から3戦未勝利で今季を終えることになった。 なお、有終の美を飾ることはできなかったバイエルンだが、この日の2ゴールによって今季のリーグ戦アウェイゴール数を「49」として1シーズンでの最多記録を樹立。また、今季35ゴールのレヴァンドフスキはゲルト・ミュラー氏に並ぶ歴代最多タイの7度目の得点王に輝いた。 2022.05.15 00:33 Sun
twitterfacebook
thumb

遠藤&伊藤フル出場のシュツットガルト、4試合ぶりのゴールでドローに持ち込み残留への希望を残す《ブンデスリーガ》

シュツットガルトは30日、ブンデスリーガ第32節でヴォルフスブルクと対戦し1-1の引き分けに終わった。シュツットガルトのMF遠藤航とDF伊藤洋輝はフル出場している。 4試合勝利のない16位シュツットガルト(勝ち点28)が、12位ヴォルフスブルク(勝ち点37)を迎えた一戦。シュツットガルトの遠藤と伊藤は共に先発に名を連ねている。 残留争い脱出へ3ポイントの欲しいシュツットガルトだったが、立ち上がりにセットプレーから失点する。13分、アルノルトの右CKを中央のブルックスにヘディングシュートで叩き込まれた。 先制を許したシュツットガルトは20分、遠藤のパスで抜け出したE・トミーにチャンスが訪れたが、シュートは相手GKが冷静にキャッチ。43分には左CKの流れたボールをファーサイドで拾ったアントンがワントラップからシュートを放ったが、これは相手DFのブロックに阻まれた。 迎えた後半、1点を追うシュツットガルトは57分にE・トミーとマーモウシュを下げてヒューリッヒとフェルスターを投入。立ち上がりからボールを握り攻め込むシーンを作るものの、アタッキングサードでのプレー精度が低く、決定機を作れない。 膠着状態が続く中、シュツットガルトは87分にピンチを迎える。バクとのワンツーでボックス右から侵入したフェリックス・エンメチャのロストボールを拾ったウインドがシュートを放ったが、これはGKミュラーが好セーブ。 すると、ピンチを凌いだシュツットガルトは89分にソサのパスで左サイド深くまで侵攻したミロのクロスをファーサイドのヒューリッヒが右足ボレーで流し込み、同点追いつく。 さらにシュツットガルトは、95分にも左CKの二次攻撃からボックス右深くまで切り込んだヒューリッヒの折り返しからアントンに決定機が訪れたが、シュートは枠の上に外れた。 結局、試合はそのまま1-1でタイムアップ。なんとかドローに持ち込んだシュツットガルトが残留の可能性を残しての残り2節を迎えることとなった。一方、追いつかれたヴォルフスブルクは2節を残してブンデスリーガ残留を決めている。 2022.05.01 00:50 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly