モイーズ「勝ち点3を掴めて良かった」 2連勝でアーセナルに1pt差

2022.01.02 11:10 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウェストハムのデイビッド・モイーズ監督が2022年初戦での勝利に安堵した。

ウェストハムは1日に行われたプレミアリーグ第21節でクリスタル・パレスのホームに乗り込み、3-2で勝利。3-0で折り返してから1点差にまで詰め寄られたが、逃げ切った。

4位のアーセナルに1ポイント差のところまで詰め寄ったモイーズ監督だが、イギリス『BBC』の『Match of the Day』でどちらが勝ってもおかしくない試合だったと振り返った。

「あまり良いプレーができなかったし、不思議な勝利だった。この時期のこういう試合では全員が常にうまくプレーできるとは思わないがね。90分間にわたり、試合をコントロールするのは難しい。前半にゴールを決めてからもチャンスがあったが、C・パレスは本当に良いプレーぶりで、彼らにもチャンスがあった」

やや調子を落とした時期もあったウェストハムだが、これでリーグ2連勝。モイーズ監督は「プレミアリーグではちょっとした停滞期があるもの。それはどんなチームでもある。それを乗り越えて、今日の試合で勝ち点3を掴めて良かった」と勝利という結果を何よりも重要視した。


関連ニュース
thumb

「あれ以上の見送りはない」 ウェストハムMFノーブルが現役最後のホーム戦を振り返る

ウェストハムのイングランド人MFマーク・ノーブル(35)がホームでのラストダンス後にコメントした。 ノーブルはウェストハムのアカデミー育ち。2度のローン移籍を除けば、キャリアのすべてをウェストハムに捧げ、公式戦出場数も540試合以上を誇るシンボルプレーヤーだが、今季いっぱいで現役生活に終止符を打つ。 そして、マンチェスター・シティを相手にした15日のプレミアリーグ第37節が今季のホーム最終戦となるなか、ノーブルは77分からプレー。2-0から追いつかれる悔しい展開だったが、首位から1ポイントをもぎ取った。 試合後にセレモニーも執り行われ、チームメイトやスタッフ、そしてファンから拍手が送られ、涙ぐんだ主将のノーブルは試合後、イギリス『スカイ・スポーツ』でエモーショナルな見送りに感謝した。 「ファンのみんなからの見送りはとても素晴らしかった。昨季に(引退の意向を)発表して以来、この試合に至るまで長い道のりだったけど、今季は何というシーズンだっただろう」 「あれ以上の見送りはないだろうね。このレベルのフットボールでは自分の去り際なんてなかなか作れない。幸運にもそれをさせてもらったんだ。これからは家族と時間を過ごしたい」 「ウェストハムとはずっと付き合っていくつもり。役員、オーナー、ボスの彼らは残ってほしいとはっきり言ってくれた。でも、まずは休んでから、これからのことを見守りたい」 また、シティ戦を迎えるにあたり、「僕らは交代に関してセンチメンタルじゃなく、ウェストハムのためになるものしかやらないという取り決めをした」と明かすと、PKストップの同僚にも礼の言葉を送った。 「ハーフタイムに(コーチの)ケビン・ノーランから、監督が70分ぐらいに求めるという話をもらった。最後にPKをセーブしてくれたルカシュ(・ファビアンスキ)に感謝するよ。そのおかげでちょっと特別な日になったんだ」 2022.05.16 16:55 Mon
twitterfacebook
thumb

モイーズ、2‐0からドローも「素晴らしい結果」 7位以上確定で来季も欧州大会挑戦へ

ウェストハムのデイビッド・モイーズ監督がイギリス『BBC』の番組『Match of the Day』で感想を述べた。 15日に行われたプレミアリーグ第37節で首位のマンチェスター・シティをホームに迎え撃った7位のウェストハムは序盤から押し込まれる展開が続くなか、前半のうちに2つのカウンターからFWジャロッド・ボーウェンの2ゴールで2-0とリード。だが、後半に攻め崩され、2-2の引き分けに終わった。 2点リードからのドローだが、優勝争いを演じる相手から1ポイントを掴み取って今季の7位フィニッシュ以上を確定させ、最低でもヨーロッパ・カンファレンスリーグ出場が決まったモイーズ監督は結果に満足した。 「信じられなかったよ。前半を通じたマンチェスター・シティの戦いぶり、我々のプレーぶり、そして2-0でリードという状況は。彼らは非常に良いチームで、ボールをかなり握った」 「我々があまりボールを持てないのは覚悟の上で、苦しむのも想定内だったが、良い形で2ゴールを奪って、逃げ切るチャンスがあったんだ。我々からしたら、素晴らしい結果だよ」 また、今季の歩みを振り返り、「4位か、5位に入りたかったし、その順位ではないのは残念だ」と本音を吐露したが、「我々には素晴らしいグループと挽回力がある。今日もそれを示せたよ」とチームに手応えを語った。 2022.05.16 12:20 Mon
twitterfacebook
thumb

足踏みを悲観せずのペップ「PL優勝争いは引き分けでも我々の手の中」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督がコメントした。 今季のプレミアリーグもいよいよ残り2試合と佳境に入ったなか、リバプールと一騎打ちの優勝争いを演じる首位のシティ。15日の第37節で7位につけるウェストハムとのアウェイゲームに臨んだ。 3ポイント差で2位につけるリバプールにプレッシャーをかけていきたいところだったが、前半に2つのカウンターから2失点。後半に巻き返したが、2-2の83分にPK失敗もあって、ドローに終わった。 グアルディオラ監督はイギリス『BBC』で「非常に難しかった。彼らはセットプレーやトランジションに秀でたチームだったから」と苦戦を認めたが、内容と結果に一定の満足感を示している。 「全体を通しては本当に我々らしくプレーできたし、チャンスを作れてもいた。我慢しながら勝ち切りたかったが、引き分けでも(リーグ優勝の行方は)我々の手の中だ。我々のファミリーとともにタイトルを勝ち獲るために頑張るよ」 また、17日に今節の戦いを残すリバプールが負けた時点でも優勝決定のグアルディオラ監督だが、「リバプールに期待できない。彼らはほぼ完璧なチーム」と22日に予定する最終節決着を見込んだ。 「そもそも3試合、4試合、5試合を残して、我々がタイトルを獲れるとは思っていなかった。我々はともに並外れたシーズンを過ごしてきたんだ」 「他チームには目もくれず、目の前の試合に勝つことだけを考えてね。エティハド・スタジアムが満員になるのは間違いないし、応援してくれるだろう」 なお、最終節ではシティがホームでアストン・ビラと対戦。リバプールはウォルバーハンプトンをホームに迎え撃つ。 2022.05.16 10:20 Mon
twitterfacebook
thumb

シティが連覇に一歩前進! PK失敗で逆転逃すも2点ビハインド追いつき勝ち点1を上積み《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第37節、ウェストハムvsマンチェスター・シティが15日にロンドン・スタジアムで行われ、2-2のドローに終わった。 直近の5連勝でプレミアリーグ連覇に大きく近づく首位のシティ(勝ち点89)は、2位のリバプールとの3ポイントの勝ち点差に加え得失点差が+7と、あと1勝で事実上の優勝決定となる。その重要な一戦となった今節は7位のウェストハム(勝ち点55)のホームに乗り込んだ。 今季限りでの引退を発表した生え抜きMFマーク・ノーブルのホームラストマッチ、逆転でのヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得と高いモチベーションを持つ難敵相手のアウェイゲームに向け、グアルディオラ監督は直近のウォルバーハンプトン戦から先発3人を変更。ギュンドアン、フォーデン、スターリングに代えてマフレズ、ガブリエウ・ジェズス、グリーリッシュと3トップを入れ替え、ベルナルド・シウバを中盤に下げた。 試合は戦前の予想通り、アウェイのシティが圧倒的にボールを握って押し込む展開に。開始4分にはホームチームが得意のセットプレーからドーソンのヘディングシュートで際どいシーンを作ったが、以降はアウェイチームの攻撃のターンが続いていく。 マフレズ、グリーリッシュの逆足ウイングに、カンセロ、ジンチェンコの順足のサイドバックが良い形で連携しながらサイドを起点に攻め手を窺うシティ。幾度か正確なクロスで際どいシーンを作り出すと、20分過ぎにはロドリ、フェルナンジーニョの強烈なミドルシュートでゴールへ迫る。 しかし、シティの攻勢が続いた中で先にゴールをこじ開けたのはホームのウェストハム。 24分、GKファビアンスキからのロングボールをハーフウェイライン付近でフェルナンジーニョが短く撥ね返したセカンドに反応したフォルナルスがダイレクトでハイラインの背後へボールを入れる。これにオフサイドラインぎりぎりで抜け出したボーウェンが中央から左への運びで飛び出したGKエデルソンをかわしてゴール左角度のないところから左足のシュートをゴール右のサイドネットへ流し込んだ。 優勢に試合を運びながらも相手の狙いの形で先手を奪われたシティはすぐさま反撃を開始。ラポルテの意表を突くミドルシュート、ボックス付近でキレを感じさせる仕掛けを見せるジェズスのフィニッシュで惜しい場面を作り出す。 しかし、先制点によって守備の集中力、強度が増したホームチームを前になかなか崩し切れない状況が続くと、前半終了間際には2失点目まで喫することに。 45分、GKファビアンスキからのロングボールをソウチェクが競り勝つと、これを拾ったアントニオが背後のスペースへスルーパスを供給。うまくDFジンチェンコと入れ替わってオフサイドを回避したボーウェンがペナルティアーク付近に抜け出すと、DFフェルナンジーニョの股間を抜く左足のグラウンダーシュートがゴール右隅に決まった。 同じような形での2失点によって厳しい状況で試合を折り返したシティだったが、稀代の名将の下でハーフタイムに戦術、メンタルを立て直したチームは早い時間帯に1点を返す。 49分、右CKの二次攻撃からジンチェンコが浮き球で入れたクロスをボックス内のロドリがマイナスに頭で落とすと、これに反応したグリーリッシュが抑えの利いた右足ボレーシュート。DFドーソンの股間を抜けた後、大きくバウンドした跳ね上がったボールがゴールネットに突き刺さった。 このゴールで勢いづくシティは前半から見せていた個人技に加え、2人目、3人目と周囲の動き出しが増え、相手守備が反応できない速さのコンビネーションから続けて決定機を創出。 ジェズス、グリーリッシュとボックス内で際どいシュートを放っていく中、56分にはボックス左ライン際でボールを収めたグリーリッシュからの短い落としに反応したベルナルド・シウバが左足ボレーでゴールを狙うが、これはGKファビアンスキの好守とDFズマのクリアに阻まれる。 一方、後半に入って防戦一方のウェストハムも、前がかりな相手に対して前半同様のアプローチでゴールに迫る。61分にはボックス右で仕掛けたボーウェンが右サイドネットを叩くシュート、64分にはフェルナンジーニョの不用意なバックパスをかっさらったアントニオがGKエデルソンと一対一となった場面でループシュートを狙うが、これを枠に飛ばせない。 あわや3失点目という際どいシーンが続き、やや勢いを失い始めるシティだったが、意外な形から同点ゴールが生まれる。69分、相手陣内左サイドで得たFKの場面でキッカーのマフレズが左足で鋭いボールをゴール前に入れると、これがDFツォウファルのヘディングのクリアミスを誘発し、クリアボールがゴール右隅の完璧なコースに決まった。 これで2-2の振り出しに戻った試合は引き続きシティが主導権を握るものの徐々に拮抗。77分にはランシーニに代わって、ホームチームの主役であるノーブルがピッチに送り出される。 試合終盤を迎えてどちらに3点目が生まれるかという緊迫感のある攻防が繰り広げられた中、シティに逆転の絶好機が訪れる。83分、ボックス内で仕掛けたジェズスがDFドーソンに遅れてコンタクトを受け倒れ込む。そして、オンフィールドレビューの結果、アウェイチームにPKが与えられる。 しかし、キッカーを務めたマフレズが右を狙って蹴ったシュートはGKファビアンスキに完璧に読まれてはじき出され、痛恨の失敗となった。 その後、ホーム最終戦での引き分けを良しとするウェストハムが守備的な交代カードを切ってスコア維持を意識する一方、シティは最後まで勝ち点3を目指した戦いを見せる、だが、後ろを固めたホームチームのゴールをこじ開けるまでには至らず。 この結果、PK失敗が響き逆転勝利を逃したシティだったが、2点差を追いついてのドローによってリバプールとの暫定勝ち点を4ポイントに広げた。 そして、17日に行われるリバプールのサウサンプトン戦の結果次第では今節の優勝の可能性を残しつつ、ホームで行われる最終節のアストン・ビラ戦で勝利すれば、自力での連覇を決められる状況を整えている。 2022.05.16 00:03 Mon
twitterfacebook
thumb

ハマーズ、レンヌのモロッコ代表DFアゲルド獲得に動く?

ウェストハムがスタッド・レンヌに所属するモロッコ代表DFナイーフ・アゲルド(26)の獲得に動くようだ。イギリス『ガーディアン』が報じている。 ウェストハムは今シーズンをセンターバック4人体制でスタートしたが、イタリア代表DFアンジェロ・オグボンナの長期離脱に始まり、シーズン終盤にはフランス代表DFクル・ズマ、フランス人DFイサ・ディオプが相次いで離脱。先月は本職のセンターバックがイングランド人DFクレイグ・ドーソンのみと、厳しいバックラインのやり繰りを強いられていた。 そのため、デイビッド・モイーズ監督は来シーズンに向けてセンターバックの補強を画策。ここまではミラン行き濃厚なリールのオランダ代表DFスヴェン・ボトマンを始め、バーンリーのイングランド代表DFジェームズ・タルコウスキ、ノッティンガム・フォレストのイングランド人DFジョー・ウォラルといった選手が獲得候補に挙がっていた。 そういった中、新たに浮上しているのが、今シーズンのリーグ・アンで最も安定したセンターバックの一人という評価を得ているアゲルドだ。 2020年にディジョンからレンヌに加入したモロッコ代表DFは、190cmの左利きのセンターバック。サイドバックでもプレー可能なスピードもあり、地対空で勝負できる堅実な守備者だ。また、近いプロフィールを持つボトマンほどではないものの、左足のフィードや局面を変える持ち上がりなど、ウェストハムのスタイルにおいては攻撃面でも十分な貢献が期待できる。 レンヌとの契約は2025年までとなっており、2節を残してチャンピオンズリーグ出場権獲得の可能性がある5位のチームが出場権を獲得した場合、交渉はより複雑となるが、2000万ポンド(約31億3000万円)程度の移籍金で獲得可能と思われる。 2022.05.12 23:24 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly