金沢FW瀬沼優司が古巣栃木に完全移籍 「2014年の続きをこれからはじめます」

2022.01.01 11:51 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
栃木SCは1日、ツエーゲン金沢からFW瀬沼優司(31)の完全移籍加入を発表した。

瀬沼は筑波大学在学中の2012年8月に特別指定選手として清水入りしてプロデビュー。2013年から正式入団を果たすと、栃木、愛媛FC、モンテディオ山形、横浜FCを経て、2021年に金沢入りした。

そんな金沢では明治安田生命J2リーグ33試合に出場。チーム2位の6ゴールをマークしたが、来季から古巣栃木への復帰が決まった。移籍決定を受け、両クラブを通じてそれぞれコメントしている。

◆栃木SC
「明けましておめでとうございます。栃木SCのサポーターの皆さま、大変お久しぶりです。ツエーゲン金沢から完全移籍で加入することになりました瀨沼優司です。今回、栃木SCから移籍のお話を頂いた時に頭にすぐ2014年の夏にチームが苦しい状況で移籍元のチームに戻った事を思い出しました。今まで自分が所属したチームのことは栃木SCを含めて全て結果を気にして応援していました。今度は栃木SCが苦しい時にチームの力になり助けられる選手になりたいと思い移籍を決断しました。2014年の続きをこれからはじめます。また、熱い応援をよろしくお願いいたします」

◆ツエーゲン金沢
「ツエーゲン金沢サポーターの皆様、1年間あたたかい応援を本当にありがとうございました。たくさん苦しい思いをさせてしまったシーズンでした。ずっと自分の非力さを悔しくて情けなく感じていました。ですが今年の残留争いで得た経験は、自分を含め選手一人一人を大きく成長させたと感じています。来季は一緒に戦う事は出来ませんが、新しく自分を強く求めてくれたチームで頑張ります。金沢も新しいメンバーで頑張って欲しいと思います。チームは変わりますが、一緒に戦った仲間とツエーゲン金沢をずっと応援しています。1年間お世話になりました」

関連ニュース
thumb

栃木DF大谷尚輝が右腓骨疲労骨折、復帰まで6〜8週間

栃木SCは5日、DF大谷尚輝の負傷を発表した。 大谷は9月10日に行われた明治安田生命J2リーグ第35節の横浜FC戦で負傷。右腓骨疲労骨折で復帰まで約6〜8週間を要する見込みだ。 FC町田ゼルビアから加入の今季はここまで明治安田生命J2リーグ18試合に出場していた。 2022.10.05 15:25 Wed
twitterfacebook
thumb

山口DF渡部博文が今季限りで現役引退…プロ生活13年で計5クラブを渡り歩く

レノファ山口FCは4日、DF渡部博文(35)の今季現役引退を発表した。 山形県出身の渡部は山形中央高校、専修大学を経て、2010年に柏レイソルでプロ入り。2011年を栃木SCで過ごして、2012年から柏に戻り、3シーズンにわたってプレーした。 その柏では2010年のJ2優勝に始まり、2012年の天皇杯や翌年のJリーグカップでタイトル獲得を経験。その後、2015年からベガルタ仙台、ヴィッセル神戸を渡り歩いた。 2017年からプレーした神戸でも2019年に天皇杯優勝を経験し、2021年からは山口へ。キャプテン就任の今季もここまでJ2リーグ32試合の出場で1得点を記録している。 計5クラブ、13年間のプロ生活に終止符を打つ渡部。23日にジェフユナイテッド千葉をホームに迎え撃ってのJ2リーグ最終節後に引退セレモニーが行われるため、言葉少なめにコメントしている。 「この度、現役生活を引退することを決意しました。経緯についてはシーズン終了後の引退セレモニーで、直接お話しさせていただきたいと思います。まずは残り3試合に全精力を注ぎ、レノファのために最後まで戦います!」 2022.10.04 17:45 Tue
twitterfacebook
thumb

栃木、選手4名が新型コロナに感染…スタッフ1名が濃厚接触疑い

栃木SCは1日、トップチーム選手4名の新型コロナウイルス感染を報告した。 当該選手は9月28日の抗原検査で陽性に。チームドクター判断のもとで新型コロナウイルス感染症の陽性診断を受けた。 現在は適切な対策のもとで療養中。ほか、スタッフ1名が濃厚接触疑いと判断され、適切に自主隔離・待機措置中だという。 2022.10.01 12:40 Sat
twitterfacebook
thumb

栃木のトップチームスタッフ1名が新型コロナ陽性…

栃木SCは23日、トップチームスタッフ1名が新型コロナウイルス感染症の陽性判定を受けたことを報告した。 当該スタッフは19日の抗原検査で陽性となり、チームドクター判断のもと新型コロナウイルス感染症の陽性診断を受けた。なお、当該スタッフは現在、適切な対策のもと、療養中だという。 2022.09.23 21:32 Fri
twitterfacebook
thumb

東京Vが8試合ぶり白星!! 参入PO目指す長崎は残留争い栃木と痛み分け【明治安田J2第31節、第33節】

21日、明治安田生命J2リーグ延期分の2試合が各地で行われた。 台風8号の影響で延期となった第31節、12位・水戸ホーリーホックvs13位・東京ヴェルディはケーズデンキスタジアム水戸で行われ、1-2でアウェイの東京Vが勝利を収めた。 21分にセットプレーから阪野豊史の2試合連続ゴールで東京Vが先制するも、水戸は8分後に唐山翔自の今季初得点で試合を振り出しに戻した。 以降は同点のまま推移すると、終盤に東京Vが速攻から勝ち越しゴールを挙げる。一度はボールを失うも高い位置で奪い返して右サイドへ展開すると、深澤大輝が推進力溢れるドリブルで縦に仕掛けて浮き球のクロス。ファーサイドのライン上ギリギリから奈良輪雄太が執念で折り返し、佐藤凌我が胸で押し込んだ。 終盤の劇的ゴールで水戸を振り切った東京Vが、リーグ戦8試合ぶりの白星を手にしている。 8月25日に開催が予定されつつ、新型コロナウイルスの影響で延期となったV・ファーレン長崎vs栃木SCの一戦は、痛み分けとなった。 J1参入プレーオフ出場圏内を狙う8位・長崎と、残留が懸かる18位・栃木。長崎はカウンターから植田啓太にゴールを許し、追い掛ける展開となったが、64分に途中出場の大竹洋平のクロスから植中朝日が相手GKと交錯しながらもヘディングを沈めて同点に。終盤には互いに決定機を迎えながら、両守護神のセーブもあって以降はスコアが動かず。1-1で勝ち点「1」を分け合っている。 ◆明治安田生命J2リーグ第31節延期分 水戸ホーリーホック 1-2 東京ヴェルディ 【水戸】 唐山翔自(前29) 【東京V】 阪野豊史(前21) 佐藤凌我(後43) ◆明治安田生命J2リーグ第33節延期分 V・ファーレン長崎 1-1 栃木SC 【長崎】 植中朝日(後19) 【栃木】 植田啓太(前37) 2022.09.21 21:43 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly