ブロビーがわずか半年で古巣アヤックスに帰還! 買取OPなしのドライローン

2022.01.01 00:55 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アヤックスは12月31日、RBライプツィヒからU-21オランダ代表FWブライアン・ブロビー(19)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。

なお、ライプツィヒと2025年まで契約を結びブロビーの今回の移籍は買い取りオプションなしのドライローンとなり、この間の給与100%をアヤックス側が支払うことになるようだ。

アヤックスとの再三に渡る契約延長オファーを固辞していたブロビーは昨夏、ライプツィヒへフリートランスファーで加入。ここまで公式戦14試合に出場していたものの、先発出場はわずかに1試合と思うように出場機会を得られずにいた。
そして、出場機会を求めるブロビーと新たな攻撃オプションを求めるアヤックスの利害が合致する形で、わずか半年でのアムステルダム帰還が実現した。

アヤックスでフットボール・ディレクターを務めるマルク・オーフェルマルス氏は、ブロビーの呼び戻しについて以下のように説明している。
「ブライアンはこのクラブを知り、ここで何が求められているかを知っている。我々にとって、即戦力となるアタッカーがいることは重要であり、彼はそれを提供してくれる。我々はまだ3つの前線でプレーしており、すべてのプレーヤーがとても重要だ」

ブロビーはアヤックスのアカデミー出身。順調にキャリアを積むと、2018–19シーズンに飛び級でエールステディビジ(オランダ2部)に所属するリザーブチームのヨング・アヤックスでプロデビュー。

その後もヨング・アヤックスでゴールを量産すると、昨年10月のフォルトゥナ・シッタート戦でトップチームデビュー。昨シーズンは公式戦19試合に出場し、6ゴール2アシストの数字を残していた。

まだまだ粗削りも爆発的なスピードと屈強なフィジカルを併せ持つ将来性豊かな逸材ストライカーは、今回の古巣帰還によって更なる成長のきっかけを掴めるか。

関連ニュース
thumb

前線の強化模索のリバプール、W杯で活躍中のガーナ代表MFの状況を注視か

リバプールがアヤックスのガーナ代表MFモハメド・クドゥス(22)獲得に関心を示しているようだ。 今夏にFWサディオ・マネ、FWディヴォク・オリジ、FW南野拓実ら多くのアタッカーが退団したリバプール。加えて、ウィングとして起用されることもあるMFアレックス・オックスレイド=チェンバレンも契約満了による来夏の退団が濃厚視されており、前線の層の薄さが懸念されている。 イギリス『リバプール・エコー』によると、クラブは前線の層を強化するため、クドゥスに対しての関心を強めている模様だ。リバプールは10代の頃からクドゥスにスカウトを送っており、ユルゲン・クロップ監督も今季チャンピオンズリーグ(CL)で対戦した際にアンフィールドでゴールを決めたガーナ代表MFを高く評価しているとのことだ。 クドゥスは2020年にデンマークのノアシェランからアヤックスに加入。今季は公式戦21試合で10ゴール2アシストしているほか、現在開催中のカタールW杯でも2試合で2ゴール2アシストを記録するなど、大舞台で輝きを放っている。 2022.11.29 16:35 Tue
twitterfacebook
thumb

韓国戦2ゴールのガーナFWクドゥス、レアル・マドリーが関心か

レアル・マドリーが、カタール・ワールドカップで活躍中のガーナ代表MFモハメド・クドゥス(22)に関心を持っているようだ。スペイン『Defensa Central』が報じている。 2020年夏からアヤックスに所属するクドゥス。加入から2シーズンはケガに苦しめられたものの、今季は公式戦21試合で10ゴール2アシスト。とりわけチャンピオンズリーグではリバプール戦やナポリ戦でもネットを揺らしており、大舞台でポテンシャルの高さを窺わせている。 元々トップ下を主戦場とする選手だが、今季はセンターFWで起用されることが多く、持ち味の足元の技術や柔軟なプレースタイルを生かして、多くの攻撃に絡んでいる。 そして、現在開催中のカタールW杯では、28日に行われた韓国戦で2ゴールをマーク。この活躍で世界に名を轟かせると、早速ワールドクラスのクラブからの関心が伝えられることになった。 移籍市場サイト『transfermarkt』によれば、現状でクドゥスの市場価格は1500万ユーロ。しかし、今大会での活躍や、以前からミランやユベントスも触手を伸ばしていたことを考えると、今度の冬や来夏には価値が跳ね上がっている可能性は高い。 アヤックスとの契約は2025年まで残っているが、大会後の去就には注目だ。 2022.11.29 13:45 Tue
twitterfacebook
thumb

オランダ代表経験のある20歳イハッターレン、女性脅迫で逮捕…

ユベントスに所属する元オランダ代表MFモハメド・イハッターレン(20)が、母国で逮捕されていたようだ。オランダ『テレグラフ』が伝えている。 同メディアによれば、逮捕の原因は女性への脅迫容疑。ある知り合いとの共犯だったようだ。逮捕されたものの、すでに釈放されており、イハッターレンの代理人はできるだけ早くユベントスの練習に復帰するとコメントしているという。 イハッターレンは2021年夏にPSVからユベントスにステップアップを果たしたが、そこからキャリアは下り坂。レンタル先のサンプドリアではすぐにケガの影響でチームから外れると、家族の問題を理由に帰郷したユトレヒトでしばらく行方不明に。加えて、その数年前に最愛の父の他界をきっかけにうつ病に苦しんでいたという。 結局、一時引退も囁かれた期待の逸材はサンプドリアで試合に出ることなく、今年1月の市場でユベントスに復帰。そして、その足でアヤックスへ再びレンタル移籍することになった。 ところが、アヤックスでもフィットネスの問題でしばらく実践から遠ざかり、4月のKNVBベーカー決勝の古巣PSV戦で最後の4分間だけ出場。昨季のヨング・アヤックスでは5試合の出場記録はあるものの、今季はここまでベンチ入りすら出来ない状態で、10月31日付でユベントスへの復帰が発表されていた。 2022.11.24 18:45 Thu
twitterfacebook
thumb

蘭代表DFブリント、今季限りでアヤックス退団へ? CL敗退後に序列が低下

オランダ代表DFデイリー・ブリント(32)は、今季限りでアヤックスを退団する可能性があるようだ。 オランダ代表としてカタールW杯に臨むブリント。マンチェスター・ユナイテッド時代は輝けなかったが、古巣アヤックスへ復帰後はチームの主軸として活躍し、2018-19シーズンにはチャンピオンズリーグ(CL)ベスト4進出も経験した。 アヤックスでは通算333試合出場を誇るリーダー格の1人だが、契約は2023年6月までで、先月26日のCLリバプール戦以降はベンチスタートが増加。これまで一貫して自身の去就に関するコメントを避けてきたなか、滞在中のカタールで記者からこの件を問われると、またしてもはぐらかしている。 「聞くのは自由だけど、僕は何も答えないよ。W杯のためにここ(カタール)へ来ている。何かが起こるのは12月18日(W杯閉幕)以降だ」 また、オランダ『AD』は、ブリントの「現状に傷ついている」という発言を紹介。アヤックスはチャンピオンズリーグ(CL)の早期敗退に加え、11月以降のリーグ戦で白星がなく、ブリントはチーム状況に懸念や不満を抱いているとされている。 2022.11.20 19:10 Sun
twitterfacebook
thumb

ドルトムントFWアラーが精巣がんの再手術も当初の計画通りの治療

ドルトムントのコートジボワール代表FWセバスティアン・アラーが、精巣がんの完治に向けて再び手術を受けることを明かした。 今夏にアヤックスから加入したアラーはチーム合流後まもなく精巣がんが見つかった。その後、手術は無事成功したものの、離脱期間は未定で、現在も入退院を繰り返している状態。 アムステルダムで療養中のアラーは先月、古巣アヤックスでようやくトレーニングを再開していたが、今回予め計画されていた手術を受けることを自身の公式SNSで明かした。 「最初から計画されていたように、化学療法の後、さまざまな可能性が検討されました。僕にとって戦いはまだ終わっていないことをお伝えします」 「自分をピッチから遠ざけている、この腫瘍を永久に終わらせるために手術を受けなければなりません。この試練の中で僕に与えてくれたサポートのメッセージと力に感謝したいと思います。皆さんとすぐにお会いできることを楽しみにしています」 2022.11.17 22:52 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly