清水3選手が契約満了…2019年加入のエウシーニョも退団

2021.12.30 13:11 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
清水エスパルスは30日、DFエウシーニョ(32)やDFノリエガ・エリック(20)、FW指宿洋史(30)との契約満了を発表した。

エウシーニョは2019年に川崎フロンターレから加入。しかし、初年度からケガと付き合いながらのプレーが続き、今季の明治安田生命J1リーグでは12試合1得点に終わった。

ノリエガ・エリックは清水の育成出身で、2020年にトップチーム昇格。2020年7月からFC町田ゼルビアにレンタル移籍して、今季から復帰したが、天皇杯1試合の出場にとどまった。

世代別代表でプレーする頃から長身ストライカーとして注目された指宿は今季、湘南ベルマーレから完全移籍加入。だが、14試合に出場したJ1リーグでは無得点と不完全燃焼に終わった。

退団が決まった3選手はクラブを通じてそれぞれコメントしている。

◆エウシーニョ
「清水エスパルスサポーターの皆さん、いつも力強い応援でチームを支え、たくさんの愛情を注いでいただきました。私はこのクラブは離れますが、3年間共に闘うことができたことに感謝でいっぱいです。これからも幸運を祈っています。ありがとうございました」

◆ノリエガ・エリック
「サポーターの皆さま。ユースでの3年間、そしてトップチームに昇格してからの2年間、応援ありがとうございました。どんな時でも、皆さんからの愛情をたくさん感じさせてもらってきました。悔しいですが、満足な形でクラブを去るとは言えません。もっと試合に出場し、もっと皆さんと、そしてチームメートと勝利を祝いたかった」

「サッカーとはこういうものです。ですが、これからも私は自分の夢を追い続けます。私はクラブを離れますが、清水エスパルスには最高のサポーターがついているので、安心していますし、これから皆さんに、自分が頑張っている姿をたくさん届けたいと思っています。清水エスパルスサポーターの存在は、これからもずっと私の心の中にあり続けます。本当にありがとうございました」

◆指宿洋史
「1年間という短い時間でしたが、ありがとうございました。エスパルスファミリーの一員になれたことを誇りに思います。チームとしても個人としても非常に厳しい年でしたが、常に温かい声援を送ってくださったファン、サポーターの皆様には感謝しております。私自身、また新たなチャレンジが出来ることを楽しみにしています。ありがとうございました」

関連ニュース
thumb

大迫勇也が大仕事! 後半ATに反転ボレー決め神戸が今季初の連勝、清水を抜き最下位脱出【明治安田J1第20節】

6日、明治安田生命J1リーグ第20節のヴィッセル神戸vs清水エスパルスがノエビアスタジアム神戸で行われ、2-1で神戸が勝利を収めた。 最下位の神戸(勝ち点14)と17位の清水(勝ち点17)の一戦。降格圏に沈む両チームの対戦となった。 前節は今季のリーグ戦でサガン鳥栖を相手にアウェイ初勝利を挙げた神戸。新体制での連勝を目指す試合は、1名だけスタメンを変更。菊池流帆が外れ大﨑玲央が入った。 対する清水は前節は国立競技場での一戦で横浜F・マリノス相手に3-5で敗戦。そこからスタメンは1名変更し、立田悠悟が外れ、カルリーニョス・ジュニオを起用した。 互いに負けられない一戦。裏天王山とも言われる試合は立ち上がり2分に清水が早速セットプレーのチャンス。キック精度の高い西澤はクロスを入れずにトリックプレー。最後は原がヘディングで前に送るが、これはGK飯倉がキャッチする。 神戸は立ち上がりからハイプレス。最前線から激しく寄せていく一方で、清水も前からプレスをかけて素早く攻める展開を見せる。 互いにアグレッシブな入りを見せた中、ペースを握っていた神戸が先にスコアを動かす。8分、イニエスタのパスを受けた武藤がボックス手前からドリブルスタート。ボックス内右から折り返すと、DFにあたりながらも溢れたボールを汰木がダイレクトシュート。これがゴール左に決まり、神戸が先制する。 神戸が先制してからは互いに攻め込むも精度を欠いてチャンスを作れない。 それでも28分、神戸はカウンターからシュートまで持ち込む。ロングフィードに抜けた小田がドリブルを仕掛けると、折り返しをイニエスタがシュート。しかし、これはGK権田の正面に飛んでしまう。 その後はこう着状態が続き、互いにスペースを使って攻め込んでいくが、決定機を作るまでには至らない。 神戸が1点リードで迎えた後半も、立ち上がりから神戸が積極的な姿勢を見せると47分、左サイドを突破した汰木がクロス。ニアサイドに飛び込んだ武藤がダイビングヘッドも枠外。このプレーで武藤が足首を抑えていたが、問題なくプレーを続ける。 52分にも神戸がカウンター。イニエスタがボールを運び武藤へパス。ボックス内でシュートに行こうとするが、相手に対応されてシュートは打てない。 なかなかゴールをこじ開けられなかった清水だったが66分にチャンスを生かす。ハーフウェイラインからの大きなサイドチェンジを山原が受けると、パスを受けたカルリーニョス・ジュニオのクロスがディフレクト。これに早く反応したチアゴ・サンタナがフリーで蹴り込み、清水が同点に追いつく。 タイスコアとなった試合。清水は西澤を下げて、ベンジャミン・コロリを投入。対する神戸は、イニエスタと小田を下げて、大迫勇也、佐々木大樹を投入する。 清水はチアゴ・サンタナがゴールに迫るシーンが増えていく。対する神戸はボールを保持しながらも、鋭い仕掛けでゴールを狙っていく。 清水は82分、相手のミスを逃さず、縦パスを受けた神谷がボックス手前からシュート。しかし、これはゴールとなならない。 さらに84分にも清水が決定機。右サイドからのアーリークロスにチアゴ・サンタナがドンピシャヘッド。離れた位置から力のあるシュートが放たれネットを揺らしたが、わずかにオフサイドでゴールは認められなかった。 互いに攻めるがゴールまで迫れない中、後半アディショナルタイムにドラマが。アディショナルタイム2分、神戸はこぼれ球を繋ぐと、武藤のシュートをブロック。これを片山がクロスも、ミスとなると、浮き球を大迫が振り向きざまボレー。これが決まり、神戸が土壇場で勝ち越しに成功する。 その後試合は再開するも程なくして終了。途中出場の大迫の5試合ぶりゴールで2-1と勝利した神戸が今季初の連勝。勝ち点で清水と並び、得失点差で上回ったために最下位を脱出した。 ヴィッセル神戸 2-1 清水エスパルス 【神戸】 汰木康也(前8) 大迫勇也(後47) 【清水】 チアゴ・サンタナ(後21) <span class="paragraph-title">【動画】ハンパない!大迫勇也、後半ATの決勝反転ボレー!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>勝負を決めたのは<a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%A4%A7%E8%BF%AB%E5%8B%87%E4%B9%9F?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw"><a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> 見逃し配信中<a href="https://twitter.com/hashtag/%E7%A5%9E%E6%88%B8%E6%B8%85%E6%B0%B4?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#神戸清水</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%EF%BC%AA%E3%81%8C%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%82%92%E7%86%B1%E3%81%8F%E3%81%99%E3%82%8B?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Jが世界を熱くする</a><a href="https://twitter.com/visselkobe?ref_src=twsrc%5Etfw">@visselkobe</a> <a href="https://t.co/lTDLc4LWlM">pic.twitter.com/lTDLc4LWlM</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1544653841685049344?ref_src=twsrc%5Etfw">July 6, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.07.06 20:59 Wed
twitterfacebook
thumb

清水、“ピカチュウ”ゲットで巻き返しか? ゼ・リカルド監督もよく知る逸材

Jリーグに“ピカチュウ”がやってくる可能性があるようだ。 大人気ゲーム『ポケットモンスター』シリーズに登場するポケモンで、アニメや映画では主人公の少年・サトシの相棒を務めるポケモンとして知られているのがピカチュウだが、それとは別物だ。 カンピオナート・ブラジルレイロ・セリエA(ブラジル1部)のフォルタレザに所属するサイドアタッカーのMFヤーゴ・ピカチュウ(30)だが、ブラジル『UOL』によると清水エスパルスに加入する可能性があるようだ。 ピカチュウは、長らくヴァスコ・ダ・ガマでプレー。2021年3月にフォルタレザへと完全移籍した。 かつてはガンバ大阪への加入も噂されたことがあるが、ブラジル国内でのプレーを続け、ここまでセリエAで172試合に出場し30ゴール14アシストを記録。セリエB(ブラジル2部)でも97試合で21ゴール14アシストを記録していた。 しかし、フォルタレザは今季のセリエAで20位と低迷。15試合を終えてわずかに2勝と苦しんでいる状況だ。 清水を率いるゼ・リカルド監督は、ヴァスコ・ダ・ガマ時代にピカチュウを指導しており、両者には繋がりがある状況。移籍金は530万レアル(約1億3500万円)とみられ、交渉がかなり進んでいるようだ。 また、給料も月額25万レアル(約640万円)になると見られ、キャリアも終盤に差し掛かるピカチュウにとっては大きなオファーだと報じられている。 清水が獲得となれば、戦力としてはもちろんのこと、違った意味でも大きな話題を呼びそうだが、Jリーグに“ピカチュウ”が来ることはあるだろうか。 2022.07.05 17:35 Tue
twitterfacebook
thumb

国立での清水vs横浜FM、試合前にはマジョルカの選手来場が見つかりファンを賑わす

今シーズン2度目の国立競技場での開催となった明治安田生命J1リーグ。清水エスパルスのクラブ創設30周年記念マッチとして開催された。 試合は横浜F・マリノスと対戦し、オリジナル10の対決で注目も集めた中、点の取り合いとなり3-5で横浜FMが勝利。横浜FMは記念すべき初勝利を挙げた国立競技場で、J1通算500勝を達成していた。 大きな盛り上がりを見せたこの試合だが、ピッチ外では意外な人物が賑わせていたのだ。 それはマジョルカに所属するMFダニ・ロドリゲスだった。 2018年7月からマジョルカでプレーするダニ・ロドリゲス。今夏は、メインスポンサー契約を結んだ『タイカ』の発表に際して来日。先日は記者会見に出席していた。 そのダニ・ロドリゲスは日本に滞在していたようで、清水vs横浜FMが行われる国立競技場に登場。すると、これに気がついた両チームのファンが囲み、ダニ・ロドリゲスも写真撮影に快く応じていた。 マジョルカは公式インスタグラムでその様子の動画をアップ。また、ダニ・ロドリゲスは自身のインスタグラムで「すごかった!アリガトウゴザイマス」と投稿し、日本のファンの歓迎を楽しんだようだ。 マジョルカはかつては大久保嘉人、MF家長昭博(川崎フロンターレ)が所属し、近年は日本代表MF久保建英がレアル・マドリーから2度レンタル移籍でプレーしており、日本人には馴染み深いクラブとなっている。 <span class="paragraph-title">【動画&写真】ダニ・ロドリゲスの登場に清水&横浜FMのファンが集まる</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/tv/CfgM6cXldex/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/tv/CfgM6cXldex/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/tv/CfgM6cXldex/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">RCDMALLORCA(@rcdmallorcaoficial)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cfi-2eou_1T/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cfi-2eou_1T/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cfi-2eou_1T/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Dani Rodriguez(@danirodriguez88)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.07.03 22:05 Sun
twitterfacebook
thumb

日本代表GKもノーチャンスの圧巻ミドル、記念すべき横浜FM500勝の主役はハットのレオ・セアラ!

横浜F・マリノスが史上2クラブ目のJ1通算500勝を達成した。 2日、国立競技場で行われた明治安田生命J1リーグ第19節の清水エスパルス戦。この試合は清水のクラブ創設30周年記念マッチということで、国立競技場での開催となった。 アウェイの横浜FMにとっては、J1通算500勝目が懸かった試合。Jリーグ開幕戦となったヴェルディ川崎戦で1勝目をあげたため、500勝目も数奇な運命の巡り合わせで国立での達成が可能となった。 そのメモリアルな試合で主役になったのがレオ・セアラ。圧巻のハットトリックを決めた。 試合は早々に西村拓真がネットを揺らし横浜FMが先制するも、13分にカウンターから神谷優太が決めて1-1に。イーブンのまま前半を終えるかと思われたが、前半アディショナルタイムにまずは1点目を決める。 西村がボックス手前でキープすると、右を上る水沼宏太へパス。水沼の鋭いストレートボールがゴール前に送られると、レオ・セアラが合わせて勝ち越しに成功する。 前半は横浜FMがリードして後半を迎えるが、47分にチアゴ・サンタナがネットを揺らして清水が同点に。試合は振り出しに戻ったが、その2分後にレオ・セアラが圧巻のゴールを見せる。 ボックス手前左で相手のバックパスミスを拾ったレオ・セアラが右足一閃。狭いニアサイドに鋭いシュートが飛ぶと、GK権田修一も届かずにゴール。すぐさま勝ち越しに成功する。 さらに52分には水沼から西村へと出すと、ダイレクトでリターン。これをボックス内で水沼が折り返し、最後はレオ・セアラが合わせて3点目。あっという間にリードを広げる展開に。その後も得点が生まれた試合は、3-5で横浜FMが勝利。見事500勝を達成した。 <span class="paragraph-title">【動画】権田修一も成す術なしの圧巻シュート</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="C-HtwIZDLKw";var video_start = 246;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】1点目は水沼の完璧ダイレクトクロスにも注目!</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="C-HtwIZDLKw";var video_start = 163;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】完璧すぎるダイレクトパス交換からハットトリック達成</span> <span data-other-div="movie3"></span> <script>var video_id ="C-HtwIZDLKw";var video_start = 286;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.07.03 15:40 Sun
twitterfacebook
thumb

横浜FMがJ1通算500勝を達成! 創設30周年の清水を国立競技場で5発粉砕【明治安田J1第19節】

明治安田生命J1リーグ第19節、清水エスパルスvs横浜F・マリノスが2日に国立競技場で行われ、3-5で横浜FMが勝利した。 清水は前節のセレッソ大阪戦は、先制点を守り切れず1-1のドロー。ゼ・リカルド監督就任後は1勝1分けと負けなしだが、攻撃に課題の残る一戦に。一方の横浜FMは、前節はレオ・セアラの2ゴールなどで柏レイソルを4発粉砕。リーグ戦4連勝で首位を堅守した。 今回は清水の創立30周年記念マッチと銘打たれ、そんな歴史的な一戦は国立競技場が舞台に選ばれた。しかし、横浜FMとしてもJ1通算500勝目という偉大な記録を目前にしている。 注目の一戦は開始10分で動く。左サイドから攻撃を組み立てる横浜FMは、ボックス手前のスペースでレオ・セアラがパスを受け、ボックス左へ走る西村へパス。迷わず左足でシュートを放つと、GKの股を抜けてネットを揺らした。 しかし、記念試合に白星を飾りたい清水もすぐに反撃。13分、敵陣中央でチアゴ・サンタナがボールを奪い、ショートカウンターを発動。右を並走する神谷がラストパスを受け、ボックス右から右足でシュートを突き刺した。 以降はボールを持って左右から揺さぶりにかかる横浜FMと、ショートカウンターを狙う清水という構図に。横浜FMは何度かゴールに迫るが、ことごとくオフサイドの判定に。 それでも相手のバイアルエリアを狙い続けて迎えた前半アディショナルタイム、永戸からボックス手前の西村にボールが入ると、粘り強いキープから右へ展開。最後は水沼がダイレクトで入れたグラウンダーのクロスをレオ・セアラが押し込んだ。 前半は地力の差を見せつけた横浜FM。後半立ち上がりに試合は大きく動く。 まずは47分、ロングボールを収めた神谷がボックス左へ侵入し、クロスを供給。相手に当たってしまうものの、反応したチアゴ・サンタナがダイレクトでシュートを放ち、ゴールにねじ込んだ。 ここから逆転といきたい清水だったが、横浜FMは強かだった。そのわずか2分後の49分、見事なパスワークでボックス右を崩し、西村とのワンツーで抜け出した水沼がゴール前にクロス、最後はフリーとなっていたレオ・セアラが冷静に決めて、三度勝ち越した。 さらにその3分後の52分には、左サイドからカットインしたレオ・セアラが右足を振り抜くと、シュートは左ポストを弾いてゴールイン。チームに4点目をもたらすとともに、ハットトリックを達成した。 後半開始からわずか7分間で合計3得点が生まれる白熱の一戦に。勢いに乗ったトリコロールはその後も攻め立てる。55分、56分と、それぞれ水沼と永戸が決定機を迎えるが、GK権田が諦めまいとビッグセーブを連発する。 60分にはエウベルのスルーパスから西村にビッグチャンス。最終ラインを抜け出しGKと一対一となるが、シュートを枠に収めることができなかった。 その後はアウェイチームの勢いも比較的衰え始めたが、とはいえ清水には自由を許さない試合運びで時間を進めていく。 そんな中83分、清水はチアゴ・サンタナが相手GKにプレッシャーをかけてミスパスを誘発。ボールを拾った途中出場のオ・セフンはループシュートを狙ったが、枠を捉えることができず、千載一遇のチャンスを逃してしまった。 まさかのイレギュラーを何とか凌いだ横浜FM。88分には宮市にもゴールが生まれたが、逆に後半アディショナルタイム失点。最終的に3-5という激戦となったが、見事J1通算500勝目を挙げている。 清水エスパルス 3-5 横浜F・マリノス 【清水】 神谷優太(前13) チアゴ・サンタナ(後2) 片山瑛一(後51) 【横浜FM】 西村拓真(前10) レオ・セアラ(前47) レオ・セアラ(後4) レオ・セアラ(後7) 宮市亮(後43) 2022.07.02 21:06 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly