合計6年半過ごした柏を離れるFWクリスティアーノが胸中を吐露「僕の意志ではない」

2021.12.28 12:01 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
柏レイソルからの退団が発表されたFWクリスティアーノが、自身のインスタグラムで移籍の胸中を明かした。クリスティアーノは2013年にザルツブルクから栃木SCへと期限付き移籍し、Jリーグでのキャリアをスタートさせ、2014年からヴァンフォーレ甲府でプレー。2015年から柏に期限付き移籍すると、2016年から甲府に戻るが、同年途中から柏に完全移籍で復帰した。

柏ではJ1通算164試合54得点、J2通算39試合19得点、リーグカップ通算16試合2得点。今シーズンも明治安田生命J1リーグで31試合に出場して7得点を記録し、YBCルヴァンカップでも2試合で1得点をマークした。
来季は合計6年半を過ごした柏を離れ、V・ファーレン長崎でプレーすることとなったクリスティアーノ。自身のインスタグラムで移籍の経緯を説明。自分の意志に反するとしながら、柏を去る寂しさを綴った。

「今日、僕が最も感じているのは、感謝です」

「簡単にはいかないと思った、計画通りにはいかなかった。僕の意志ではない」

「でも、もうお別れの時が来てしまった」

「僕は僕たちが築いて来た歴史を誇りに思い、胸を張ってここを後にする。クリスティアーノの歴史と柏レイソルの歴史を切り離すことは、きっとできないでしょう」

「何も、誰も、その全てを消し去ることはできないこと僕は知っている。名誉、真実、正直、献身性で書かれた物語は、誰も消すことはできない」

「ほぼ7年ぶりだ。レイソルのJリーグ史の得点王としてここを去る。僕はタイトル、決めたゴール、多くの勝利、そして敗戦から学んだ教訓を持っている」

「グラウンドの中でも外でも、常にベストを尽くしたことは確かだ。諦めようと思ったことはない。僕はいつも、強さと勇気を持って戦った」

「僕はいつも友人であり、サポーターだ。ファンのみんなに勝利を届けるために、全力で取り組んだ」

「長年住み慣れたこの街に別れを告げるのは辛いことだ。僕を歓迎し、限りなくサポートしてくれたファンのため、そして僕の心を掴んだこのクラブのために」

「ファンが歌うときに響く音を、決して忘れない。いつだって、僕と僕の家族に、多くの配慮と愛情を注いてくれてありがとう」

「聖書には、全ての物事には定められた時期があると書かれている。そして、神様のコントロールから外れるものはないと信じなければいけない。別れを言うのは悲しいけど、感謝の気持ちでいっぱいだ」

「そして僕が何かを残すことができるならば、クリスティアーノについて考えるたびに、イエス・キリストを思い出して欲しい。僕たちに強さ、勇気、大胆さを与えてくれるのは主だ。全ての理解を超える平和は、彼からやってくる」

「人生は続くし、物語も続く。皆さんに神のご加護がありますように」

「アリガトウゴザイマス」

1 2

関連ニュース
thumb

柏の補強が続く! 今度は“大学時代に練習参加”の名古屋MF仙頭啓矢が完全移籍加入

柏レイソルは7日、名古屋グランパスからMF仙頭啓矢(27)の完全移籍加入を発表した。 仙頭は2017年に東洋大学から京都サンガF.C.に入団し、プロの世界に。横浜F・マリノスやサガン鳥栖でもプレーして、今季から名古屋入りした。 名古屋でも中盤の複数エリアでプレー可能な柔軟性も生かして活躍。明治安田生命J1リーグでは全34試合出場で2ゴールだったが、柏移籍を決断した。 今オフの補強が盛んな柏に移る仙頭はクラブの公式サイトを通じて意気込みを語った。 「大学時代に練習参加させていただいたチームから、プロになって評価していただき、オファーをいただけたことを嬉しく思います。『柏から世界へ』の言葉のように、レイソルで世界のチームと戦えるようにACLに出て、クラブワールドカップをめざすとともに、僕自身日本代表に選ばれるように全力で闘っていきます。一緒にタイトル目指して闘いましょう」 一方、名古屋の公式ウェブサイトでは別れの挨拶とともに感謝の言葉を綴っている。 「1年間の短い間でしたが、ありがとうございました。名古屋グランパスで、リーグ戦全試合出場することが出来たことは凄く自信になりましたし、誇りに思います。ファミリーの皆さまの応援を声出し解禁で初めて聞いた時は、鳥肌が立ちました。たくさんの応援本当にありがとうございました」 2022.12.07 11:10 Wed
twitterfacebook
thumb

柏が鳥栖DFジエゴを獲得 「自分にとっては大きなチャレンジ」

柏レイソルは6日、サガン鳥栖からDFジエゴ(27)の完全移籍加入を発表した。 ジエゴは母国ブラジルでのプレーを経て、2017年の松本山雅FC入りを機に来日。水戸ホーリーホック、徳島ヴォルティスでもプレーして、今年から鳥栖入りし、明治安田生命J1リーグで32試合出場2得点の数字を記録したりと主力として活躍した。 来季から柏でプレーするジエゴはクラブの公式サイトを通じて意気込みを語っている。 「このたび、柏レイソルに移籍することになり、とても嬉しく思っています。自分にとっては大きなチャレンジであり、高いモチベーションで挑みたいです。レイソルからこの機会を与えてもらえたので、来シーズンから全力で戦い、好成績を収めたいです。このユニホームを着てプレーする時には、それに相応しいサッカーを見せたいです。とにかく、柏の成功のため、サポーターの力で背中を押してもらいながら、自分のベストを尽くします。よろしくお願いします」 一方、鳥栖を通じては「サガン鳥栖でプレーできる機会を与えてくれた皆様の愛とサポートに感謝します」と綴り、別れを告げた。 「常にこのエンブレムを守るために最善を尽くしてきました。そして、このクラブと私の第一子が生まれた街にはこれからも大きな愛情を持っています。これからもサガン鳥栖の思い出を胸にずっと応援します。皆様に大きなハグを!」 2022.12.06 15:45 Tue
twitterfacebook
thumb

清水、柏のDF北爪健吾を完全移籍で獲得!「自分の持っている全てを懸けたい」

清水エスパルスは1日、柏レイソルからDF北爪健吾(30)の完全移籍加入を発表した。 群馬県出身の北爪は、専修大学から2015年に加入したジェフユナイテッド千葉でプロデビュー。その後、横浜FCを経て2020年に柏へ加入すると、初年度から主力の一人として定着し、明治安田生命J1リーグで23試合に出場した。 しかし、昨シーズンは公式戦13試合の出場にとどまるなど序列が低下。巻き返しを図り臨んだ今シーズンもリーグ戦わずか8試合の出場に終わった。 3年間を過ごした柏を離れ、清水で新たなチャレンジに挑む決断を下した北爪。両クラブを通じてファンへの感謝や新シーズンへの意気込みを述べている。 ◆清水エスパルス 「はじめまして北爪健吾です。学生の時に続き、2回目のオファーをいただいたことは選手としてこれ以上ない喜びです。同時にこのチームのために自分の持っている全てを懸けたいと思い決断しました。チームのJ2優勝、J1昇格をエスパルスに関わる皆様と達成することがとても楽しみです。これからよろしくお願いいたします」 ◆柏レイソル 「3年間ありがとうございました。レイソルサポーターのみなさんにはコロナ禍の中でも改めてサッカー選手である喜びを感じさせてもらい、たくさん後押しをしていただき感謝しています」 「日立台で決めたJ1初ゴールは一生忘れません。もう一緒に戦うことができないと思うととても寂しいですが、結果がすべての世界です。清水エスパルスで更に成長し、対戦相手として日立台に戻ってきます。忘れられない3年間を本当にありがとうございました」 2022.12.01 13:48 Thu
twitterfacebook
thumb

柏がJ2降格の清水からDF立田悠悟、DF片山瑛一を獲得!「覚悟を持ってレイソルのために戦います」

柏レイソルは30日、清水エスパルスからDF立田悠悟(24)とDF片山瑛一(31)が完全移籍加入することを発表した。 ジュニアユース時代から清水の下部組織に所属する立田は、2017年にトップチーム昇格を果たすとセンターバックの主力に定着。今シーズンも明治安田生命J1リーグで26試合に出場した。 埼玉県出身の片山は、2014年に早稲田大学からファジアーノ岡山入りを果たしてプロデビュー。その後、セレッソ大阪を経て昨シーズンから清水に加入。今シーズンは主に右サイドバックとしてリーグ戦31試合に出場して2ゴールの成績を収めた。 J2降格の清水から移籍する決断を下した両選手は、両クラブを通じてコメントしている。 ◆立田悠悟 【柏レイソル】 「柏レイソルに移籍することになりました立田悠悟です。いち早く、顔と名前を覚えてもらって、皆さんから応援してもらえるように、覚悟を持ってレイソルのために戦います。応援よろしくお願いします」 【清水エスパルス】 「清水エスパルスに関わる皆様、いつも応援いただきありがとうございます。今回移籍という決断をしました。まず、この移籍に関して賛否両論あると思いますが、自分の目標や夢を叶えるためにチャレンジしたい気持ちが強く、自分なりの答えを出しました。長い間、清水エスパルスに様々な部分で成長させてもらいましたし、エスパルスに関わる全ての皆様に感謝の気持ちを伝えたいと思います」 「間違いなく、清水エスパルスは自分の全てだったし、かけがえのないクラブです。だからこそ、エスパルスで培ったものをさらに伸ばし、自分なりの道を切り開いていきます。最後にファン、サポーターの皆様、これからも清水エスパルスの応援をよろしくお願いします」 ◆片山瑛一 【柏レイソル】 「柏レイソルに加入することになりました、片山瑛一です。自分の持っている力のすべてを柏レイソルのために尽くします。そして、選手としても人としてもさらに成長していけるように日々精進していきます」 【清水エスパルス】 「この度、柏レイソルに移籍することになりました。この2年間は本当に思い描いていたようにはいかず、エスパルスの関係者の皆様やサポーターの方々には辛い想いばかりをさせてしまいました。しかし、そんな中、どんな時でも沢山の愛情をクラブや選手に注いでいただき本当に感謝しています。期待に応えることはできませんでしたが、どんな時も自分らしく最後まで走り続けられたのは応援してくださった皆様のおかげです。本当にありがとうございました」 「この2年間、辛く苦しいことが多かったですが、同時に沢山の気づきや学びを得ることができました。そして、このエスパルスのエンブレムを背負い戦って得た自信や誇りを胸に、また新しい場所で覚悟を持ってチャレンジしていきたいと思います。クラブは変わりますが、1人のサッカー選手として、戦う姿で勇気や感動を感じていただけるように、一生懸命全力で走り続けていきます。2年間、本当にありがとうございました」 2022.11.30 15:41 Wed
twitterfacebook
thumb

柏、GK守田達弥の完全移籍移行を発表 今年7月に鳥栖からレンタル加入

柏レイソルは30日、GK守田達弥(32)の完全移籍移行を発表した。 習志野高校出身の守田は2009年に京都サンガF.C.でプロ入りしてから複数クラブを渡り歩き、2020年からサガン鳥栖でプレー。今年7月からは移籍したGKキム・スンギュと入れ替わりで柏にレンタル加入した。 その柏でも控え扱いが続き、出番なしだったが、来季から完全移籍を果たす運びに。柏の公式サイトを通じて、決意を新たにしている。 「このたび完全移籍で加入することになり、とても嬉しく思っています。ファン、サポーターの皆さんの熱い声援や後押しを背に受けながらゴールを守れるように日々努力していきます」 一方、鳥栖を通じては「このたび、柏レイソルに完全移籍することになりました」と移籍を報告するとともに、感謝の言葉を綴った。 「サガン鳥栖で過ごした2年半で自分の中のサッカー観が変わり、キーパーの楽しさを再認識することができました。そして何よりコロナ禍で大変な中でも鳥栖、九州の人々の温かさに触れられて本当に良かったと思っています。2年半本当にありがとうございました」 2022.11.30 14:15 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly