愛媛のDF吉田晴稀が高知ユナイテッドSCへ育成型期限付き移籍 「強い覚悟をもって成長してきます!」

2021.12.27 17:44 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
愛媛FCは27日、DF吉田晴稀(20)が日本フットボールリーグ(JFL)の高知ユナイテッドSCへ育成型期限付き移籍で加入することを発表した。愛媛FCと対戦するすべての公式戦に出場可能とのことだ。

新潟県出身の吉田は、2020年に帝京長岡高校から愛媛に入団。しかし、プロ1年目の昨季は明治安田生命J2リーグで1試合のみの出場に留まり、今季は出番を与えられなかった。

武者修行に出ることになった吉田は両クラブを通じてコメント。所属元の愛媛には成長を誓い、レンタル先の高知ユナイテッドSCには来季への意気込みを語っている。
◆愛媛FC
「来シーズン、高知ユナイテッドでプレーする事になりました」

「まずは今シーズン、沢山の応援ありがとうございました。個人として、チームに貢献できずとても悔しかったです」

「来季は環境を変えチームは違いますが強い覚悟をもって成長してきます! 引き続き応援よろしくお願いいたします。」

◆高知ユナイテッドSC
「この度、愛媛FCから加入する事になりました、吉田晴稀です」

「まずは試合に出て、高知ユナイテッドSCの勝利に貢献できるように精一杯頑張ります!」

「そしてサポーターの皆さん、スタジアムで共に勝利の喜びを分かち合いましょう!」

「ご声援の程、よろしくお願いします!」

関連ニュース
thumb

愛媛、2選手の負傷報告…忽那喬司は試合中の右精巣破裂で手術

愛媛FCは6日、MF石浦大雅とMF忽那喬司の戦線離脱を報告した。 石浦は1月24日のトレーニング中に受傷。右ヒラメ筋肉離れと診断され、全治4~6週間の見込みだ。 一方の忽那は1月21日の練習試合中に右精巣破裂で翌日に手術。全治まで2カ月を要するようだ。 愛媛は3月5日に行われる明治安田生命J3リーグ開幕節でいわてグルージャ盛岡をホームに迎え撃つ。 2023.02.06 12:20 Mon
twitterfacebook
thumb

「良い顔してる」「このカラーいいな。好み」Aリーグ移籍の齋藤学が新天地でのユニフォーム手に、背番号は「4」

Aリーグのニューカッスル・ジェッツへ加入した元日本代表FW齋藤学(32)の背番号が決定した。 横浜F・マリノスの育成組織で育った齋藤は、2009年にトップチームに昇格。2011年に愛媛FCへの期限付き移籍で研鑽を積んだ。翌年には横浜FMに復帰し、2014年にはブラジル・ワールドカップ(W杯)の日本代表メンバーにも選出された。 右ヒザ前十字じん帯損傷の不運に見舞われる中で2018年には川崎フロンターレへと電撃移籍。名古屋グランパスを経て2022年6月からはKリーグ1の水原三星ブルーウィングスでプレーしていた。 初のオーストラリア挑戦となる齋藤の背番号は「4」に決定。本拠地でネームの入ったユニフォーム手にする齋藤の姿を、1月31日にクラブ公式ツイッターが公開している。 この1枚には「電光掲示板までちゃんと学なのすごい」といった演出に目を留めるコメントや「ユニフォームのフォント可愛いッスね」とデザインに注目する声も。齋藤へのエールを含め、「良い顔してる」、「本田圭佑み」、「このカラーいいな。好み」など、様々な声が届いた。 ニューカッスル・ジェッツで指揮を執るのは、横浜FMのアシスタントコーチや鹿児島ユナイテッドFCの監督を務めたアーサー・パパス監督。4日にはパース・グローリーとのアウェイ戦を控えるが、日本を代表するドリブラーの新天地デビューにも期待が膨らむ。 <span class="paragraph-title">【写真】ニューカッスル・ジェッツの本拠地でユニフォームを手にする齋藤学</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Our new number<a href="https://twitter.com/hashtag/BondedByGold?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BondedByGold</a> <a href="https://t.co/mo6pPDvhy2">pic.twitter.com/mo6pPDvhy2</a></p>&mdash; NEWCASTLE JETS FC (@NewcastleJetsFC) <a href="https://twitter.com/NewcastleJetsFC/status/1620276697877876736?ref_src=twsrc%5Etfw">January 31, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.01 17:05 Wed
twitterfacebook
thumb

愛媛退団のFW吉田眞紀人がカレン・ロバートが代表を務める千葉県1部の房総ローヴァーズ木更津FCへ移籍

愛媛FCは30日、FW吉田眞紀人(30)が千葉県社会人リーグ1部所属の房総ローヴァーズ木更津FCへ移籍することを発表した。 吉田は流通経済大付属柏高校から2011年に名古屋グランパスに入団。その後、松本山雅FC、水戸ホーリーホックへの期限付き移籍を経験し、2015年に水戸へ完全移籍。2016年にはジェフユナイテッド千葉へ完全移籍すると、2017年はFC町田ゼルビア、2018年途中からは愛媛FCへ1年半の期限付き移籍していた。 2020年から完全移籍に切り替わった愛媛では4年半を過ごし、J2通算84試合で10得点、J3で8試合3得点を記録していた。 吉田は千葉県木更津市出身で、地元のクラブへと加入。意気込みを語っている。 「この度、房総ローヴァーズ木更津FCに加入させて頂くことになりました吉田眞紀人です。僕にとって木更津は『唯一無二』の特別な場所です」 「この日を迎えるまでに多くの方々に育てて頂き、何度も背中を押してもらった大切な場所です。今の自分がいるのはこの町無くしては語れません。その感謝の気持ちをローヴァーズの選手として多くの方々に返していきたいと思い、今回の決断をさせて頂きました」 「このクラブ、この町に対して僕ができること、僕にしかできないことを考えながらやっていきたいと思います。いつの日かローヴァーズが皆さんの日頃の活力となれるように全力を尽くします!」 房総ローヴァーズ木更津FCは元日本代表FWカレン・ロバート氏が代表を務めるクラブ。吉田はカレンが昨シーズンまで着用していた10番を背負うことが決まった。 2023.01.30 12:08 Mon
twitterfacebook
thumb

愛媛MF横谷繁が現役引退、古巣G大阪のスクールコーチ就任…京都や大宮、甲府でもプレー

愛媛FCは27日、MF横谷繁(35)が現役を引退することを発表した。なお、ガンバ大阪のアカデミー スクールコーチに就任する。 横谷はG大阪ユース出身で、2006年にトップ昇格。2008年から2シーズンは愛媛へ期限付き移籍を経験していた。2010年にG大阪へ復帰すると、2013年には京都サンガF.C.へ期限付き移籍。2014年に完全移籍すると、2015年から4シーズンは大宮アルディージャで、2019シーズンはヴァンフォーレ甲府でプレーしていた。 2020年には11年ぶりに愛媛と加入。3シーズンプレーし、66試合に出場し6得点を記録していた。 攻撃的なポジションでは中央やサイドでプレーし、ゲームメイカーとしてもプレー。J1通算72試合4得点、J2通算280試合35得点、J3通算25試合3得点を記録していた。また、リーグカップでは11試合に出場していた。 横谷はクラブを通じてコメントしている。 「愛媛FCを応援してくれている皆様へ」 「2022シーズンを最後に現役引退することを決めました。20歳の時、望月監督、バルバリッチ監督のもと2年間お世話になり、Jリーグ初得点をとることができました」 「また帰ってきてからプロ最後の試合で得点を取ることができました。あの瞬間みんなが来てくれてすごく幸せでした」 「計5年の間で沢山の人にお世話になり愛媛で充実した生活がおくれました。今年からはファンとして愛媛FCを応援します。長い間ありがとうございました」 また、指導者としてにはなるが久々に復帰するG大阪を通じてもコメントしている。 「皆さん、お久しぶりです。横谷繁と申します。このたび、ガンバ大阪スクールコーチに就任致しました。ガンバ大阪ユースを経て17年間プロサッカー選手としてプレーしてきました」 「サッカーの楽しさ、仲間の大切さ、人間性の向上など、いろんな経験をサッカーを通して伝えられたらなと思います。どうぞよろしくお願い致します」 2023.01.27 18:04 Fri
twitterfacebook
thumb

鳥栖GK板橋洋青が21歳で引退決断、アカデミー育ちもプロでは出番なし「この決断に後悔はないです」

サガン鳥栖は27日、GK板橋洋青(21)の現役引退を発表した。 板橋は鳥栖のアカデミー育ちで、2種登録も経験。2020年に正式昇格を果たした。 しかし公式戦の出番はなし。2022シーズンは愛媛FCへと期限付き移籍していたが、愛媛でも出番はなかった。 U-17やU-18日本代表を経験した中、プロキャリアでは出番がなかった板橋はクラブを通じてコメントしている。 「小学一年生から始めたサッカーを辞めることに決めました。僕にとってこの決断に後悔はないです」 「サガン鳥栖の選手としてたくさんの方と出会い、支えられました。本当にありがとうございました」 2023.01.27 15:12 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly