アルゼンチン代表DFメディーナが元恋人への暴行容疑で身柄を拘束

2021.12.27 05:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
RCランスのアルゼンチン代表DFファクンド・メディーナが、元恋人への暴行容疑で地元警察に身柄を拘束されたようだ。フランス『レキップ』が報じている。

『レキップ』が報じるところによれば、メディーナは24日のクリスマスイブに元恋人との間で口論に発展。その際に暴力行為を働いた疑いがあるという。

ただ、メディーナは今回の容疑を全面的に否定。同選手の関係者によると、メディーナは元恋人が先に首付近に身体をぶつけてきて、その際に突き飛ばしたことを認めたものの、それ以外に暴力行為はなかったと主張しているようだ。

その後、1日空けて元恋人から警察に対して、被害届が提出されたことを受け、地元警察は聴取のためにメディーナを警察に連行。半日ほどかけて聞き取りが行われたようだ。

なお、現時点で今回の一件に関して法的措置が取られるかは不明。また、『レキップ』の取材に対して、所属元のRCランスは事実関係が明らかにされるまで、クラブとしていかなるコメントも発する予定はないという。

2020年夏にタジェレスからRCランスに加入したメディーナは、ビッグクラブも注目する左利きのセンターバック。U-24アルゼンチン代表として今夏の東京オリンピックにも参加していた。


関連ニュース
thumb

闘将MFカユザックが現役引退を発表…バスティアやトゥールーズ、RCランスでプレー

フランス人MFヤニク・カユザック(37)が現役引退を表明した。 2002年にガゼレク・アジャクシオの下部組織からバスティアの下部組織へ移籍したカユザックは、2005年にトップチームに昇格。以降は守備的MFやセンターバックとして主力に定着し、公式戦通算300試合以上に出場。しかし、クラブが財政問題によって3部への強制降格を強いられたことを受け、トゥールーズへ自身初の移籍を決断。 そのトゥールーズでは2シーズンを過ごし、2019年の夏に現在のRCランスへ移籍。守備的MFの主力として活躍すると昨季からはキャプテンも務めて公式戦72試合に出場。通算成績はリーグ・アンで218試合6ゴール3アシスト、リーグ・ドゥ(フランス2部)で172試合1ゴール、フランス全国選手権(フランス3部)で27試合1ゴールとなっている。 カユザックは10日に自身のツイッター(@yannickcahuzac)を更新。17年間の現役生活にピリオドを打つことを明かした。 「サッカーが大きく進化した世界で、僕は常に自分をクラブプレーヤーだと考えてきた。だからこそ、僕のキャリアを彩ってくれた人たちに感謝したい。4歳から15歳まで在籍したガゼレク。もちろんバスティアは僕の生涯のクラブであり、15歳から32歳までそのジャージーを着ることができたのは光栄なことだった。そして、サッカー選手としての人生に新たな刺激を与えてくれたトゥールーズ、最後に惚れ込んだランス。一緒に仕事をしたすべてのコーチ、チームメイト、ファンの皆、そしてもちろん、僕の旅を支えてくれた家族に感謝している」 [写真はトゥールーズ時代のカユザック] 2022.05.11 01:10 Wed
twitterfacebook
thumb

リーグ・アン最多タイ10度目の優勝を誇るレオナルドSD、ムバッペ&ポチェッティーノ監督の去就にも言及

パリ・サンジェルマン(PSG)のスポーツディレクター(SD)を務めるレオナルド氏がリーグ・アン制覇の感想とともに、フランス代表FWキリアン・ムバッペ(22)、マウリシオ・ポチェッティーノ監督(50)の去就に言及した。フランス『Le parisien』が伝えている。 PSGは23日のリーグ・アン第34節でRCランスをホームに迎え撃ち、1-1のドロー。88分の失点で5連勝を逃してしまったが、残り4試合で2位のマルセイユとのポイント差を「15」となり、2季ぶり10回目の優勝を決めている。 レオナルドSDはサンテチェンヌに並ぶ最多10回目のリーグ優勝に「優勝10回は重要な数字だし、おめでたいこと」と喜びを噛み締めると、チャンピオンズリーグ(CL)ベスト16敗退後の今日までを振り返り、来季に決意を語った。 「マドリー戦後は複雑で、現実離れした雰囲気のなかで過ごしてきたが、良いこともあった。来季をさらに力強く始めるために、決断を下しながら、思考を巡らせていきたい」 また、今季が契約最終年でレアル・マドリー行きが盛んに取り沙汰されるムバッペについて、先日に報じられたドーハでの会談を否定しつつ、状況を説明を説明した。 「キリアンとは常に話し合いの場が持たれてきた。彼は話をし、物事を明確にし、常に我々とコミュニケーションを取っている。彼はまだ考え中だ。残る可能性も、去る可能性もある。彼はとにかくまだ考えているところ。それが現状だ」 そして、ポチェッティーノ監督については「彼とは話をしないといけない。まだ1年の契約がある。すべてを考慮して、少し様子見が必要だ。彼に限ったことではないがね」と話している。 2022.04.24 11:15 Sun
twitterfacebook
thumb

「すごく幸せ」 リーグ優勝を喜ぶムバッペ、大注目の去就に「話すことは何も」

パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペ(22)が自身5度目のリーグ・アン制覇に対する心境とともに、去就にも言及した。フランス『Le parisien』が伝えている。 PSGは23日のリーグ・アン第34節でRCランスをホームに迎え撃ち、1-1のドロー。88分の失点で5連勝を逃したが、残り4試合で2位のマルセイユとのポイント差を「15」となり、2季ぶり10回目の優勝を決めた。 30試合に出場して22得点15アシストの数字でサンテチェンヌに並ぶ最多10回目のリーグ優勝に大きく貢献した22歳も試合後、ミックスゾーンで喜びの感想を述べた。 「僕らはフランスのチャンピオンであり、それが何より大事。10回目の優勝で、ドレッシングルームもすごくハッピーな雰囲気だし、みんなで祝いあったよ」 「掴みに行ったんだ。シーズンの序盤から自分たちを優位な状況に立たせられたし、ライバルに悩まされることもなかった。だから、僕らはすごく幸せだよ」 また、試合途中に退席してPSGの内情に不満を示した一部サポーターの行動に「彼らがサポーターの代表というわけじゃない」と話すと、自身の今後に関する質問にも応じた。 「いやいや、何も決まっていないよ。何も変わっていない。もう話すことは何もないね」 続けてPSGでキャプテンになりたい思いの有無を問われると、「腕章は求めない。自ずと託されるものだからね」と現主将のブラジル代表DFマルキーニョスを支持した。 「チアゴ・シウバという素晴らしいキャプテンがいたけど、今はマルキーニョスが自然な形でそれを引き継いでいる。キャプテンになる準備を経てね」 「彼はすごく良い主将。そんな話は彼に失礼だ。居心地も悪くなる。彼には長期の契約があって、この先もここにいる。僕らは彼をサポートしないとね」 2022.04.24 10:25 Sun
twitterfacebook
thumb

10人のRCランスに追いつかれるもPSGが2年ぶり10度目のリーグ制覇!《リーグ・アン》

パリ・サンジェルマン(PSG)は23日、リーグ・アン第34節でRCランスと対戦し1-1の引き分けに終わり、2年ぶり10度目のリーグ優勝を飾った。 開幕から首位を独走するPSG(勝ち点77)が、3連勝中の7位RCランスをホームに迎えた一戦。引き分け以上で優勝の決定するPSGは、前節のアンジェ戦から先発を6人変更。前節に試合前にケガしたイカルディやディ・マリア、ワイナルドゥムらに代えてアンジェ戦を欠場したメッシやネイマール、ヴェッラッティらが先発に名を連ねた。 立ち上がりから一進一退の展開が続く中、PSGは24分最初のチャンスを創出する。メッシが放ったシュートのこぼれ球をボックス中央のムバッペがヒールでボックス左へつなぐと、最後はネイマールがシュート。しかし、これはゴール左に外れた。 さらに26分には、グイエのロングパスからディフェンスライン裏を取ったハキミがボックス右から侵入。GKと一対一を迎えたがチップキックシュートは飛び出したGKにセーブされた。 ハーフタイムにかけては、PSGがRCランスをポゼッションで圧倒。しかし、PSGはアタッキングサードまでボールを運ぶものの、相手の守備ブロックを崩すことができずに時間が経過。結局、前半はゴールレスで終了した。 迎えた後半、PSGは53分にボックス左から侵入したムバッペがシュート。飛び出したGKの弾いた浮き球を再びムバッペがジャンピングボレーで合わせたが、これはゴールカバーに戻った相手DFのブロックに阻まれた。 後半の主導権を握るPSGは57分、ロストボールに反応したネイマールがスライディングタックルで先にボールを触れたダンソの残った左足に引っかけられると、不可抗力ではあったものの、ダンソは2枚目のイエローカードを受けて退場処分となった。 数的優位となったPSGは68分、ネイマールの横パスをバイタルエリア中央付近で受けたメッシがワントラップから左足を振り抜くと、強烈なミドルシュートがゴール左に突き刺さった。 その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指したが、拮抗した展開が続く。そんな中、PSGは試合終了間際に失点する。88分、サイードのパスでボックス左深くまで侵入したマチャドの折り返しをファーサイドに走りこんだジャンがすべり込みながら流し込んだ。 結局、試合はそのまま1-1でタイムアップ。10人のRCランスに追いつかれるもPSGが、4節を残して2年ぶり10度目のリーグ優勝を飾った。 2022.04.24 05:55 Sun
twitterfacebook
thumb

感動的! 苦労人がフランス代表初選出、発表見守ったチームメイトが歓喜のお祭り騒ぎ!「このリアクションがすべて」

晩成で代表に初選出されたチームメイトを祝福する1コマが、多くのサッカーファンに響いているようだ。 RCランスのDFジョナタン・クラウス(29)はドイツの地域リーグでトップチームのキャリアをスタートさせ、リーグ・ドゥを経て2018-19シーズンに当時ブンデスリーガ2部のアルミニア・ビーレフェルトへ加入した。翌シーズンには1部昇格を置き土産に、こちらも昇格組であるランスへと移籍。自身にとって初の欧州5大リーグ挑戦となった。 加入1年目から右サイドを主戦場にリーグ戦33試合で3得点6アシストという好記録を残し、チームの7位躍進に貢献。2021-22シーズンもここまで27試合に出場し、4得点9アシストという成績を残している。 国内屈指にまで上り詰めた攻撃的なサイドバックを、フランス代表のディディエ・デシャン監督が放っておくはずがない。17日に行われた代表メンバー発表の様子をチームメイトが撮影。緊張の面持ちで待つクラウスの名が呼ばれると、場はお祭り騒ぎに。全員が極上だと我が事のように喜び、クラウスを祝福した。 クラウスにとっては29歳にして初となる代表招集。動画を閲覧したファンからも「ぼくらに必要な仲のいい友達とエネルギー」、「スウィートだよ」、「このリアクションがすべてさ」などのコメントが寄せられている。 下部リーグからステップアップし、ついには代表にまで上り詰めたクラウス。フランスは25日にコートジボワール代表戦、29日に南アフリカ代表戦をいずれもホームで戦うが、勢いのままに代表初キャップを刻むことはできるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】29歳でフランス代表に初選出されたDFをチームメイトが祝福</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">29-year-old Jonathan Clauss was called up to the France squad for the very first time.<br><br>His Lens teammates were hyped for him! <br><br>(via massadiohaidara/IG) <a href="https://t.co/A5PqVlS5xa">pic.twitter.com/A5PqVlS5xa</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1504485536810999816?ref_src=twsrc%5Etfw">March 17, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.03.19 21:10 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly