今季途中加入、通算4年半在籍のセルジーニョが松本と契約満了「また会いましょう!」

2021.12.21 10:10 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
松本山雅FCは21日、ブラジル人MFセルジーニョ(31)との契約満了を発表した。

セルジーニョは、ブラジルのセアラーから2017年に加入。松本で4シーズンを過ごすとチームを退団。韓国の大邱FCへと完全移籍する。

しかし、シーズン途中に再び松本へと加入。今シーズンはJ2で14試合に出場し1得点、天皇杯で1試合の出場に終わり、チームも最下位でJ3へと降格が決定していた。
2年目の2018年はシーズン11ゴールを記録し、チームのJ1昇格の立役者となっていた。

松本ではJ1通算15試合2得点、J2通算107試合24得点、リーグカップで2試合出場、天皇杯で4試合出場2得点だった。

セルジーニョはクラブを通じてコメントしている。

「サポーターに支えられて僕もベストを尽くしましたが、残留させることができず申し訳ありませんでした。これからも松本山雅の応援をお願いします。ありがとうございました。また会いましょう!」


関連ニュース
thumb

J2昇格逃した松本、DF三ッ田とMF田中パウロとの契約満了を発表

松本山雅FCは23日、契約満了に伴ってDF三ッ田啓希(24)とMF田中パウロ淳一(29)の2選手と来季の契約を結ばないと発表した。 埼玉県出身の三ッ田は中央大学在籍中の2019年に特別指定選手として、当時J1だった松本へ所属。翌年に正式加入するも出場機会を得られず、2021年にはFC岐阜へ期限付き移籍を決行した。J3で27試合出場4得点を記録し、松本へと今季復帰したが、リーグ戦では出場なしに終わっていた。 川崎フロンターレでプロキャリアをスタートさせた田中はツエーゲン金沢、 FC岐阜、レノファ山口FCでのプレーを経て、2021年に松本へと加入。J通算では200試合以上の出場経験を持つアタッカーも、今季はJ3で途中出場中心の8試合3得点にとどまった。 両者はクラブを通じ、次のようにコメントしている。 ◆三ッ田啓希 「今シーズンでチームを離れることになりました。特別指定だった2019年から合わせて、3シーズン松本山雅FCでプレーさせていただきました」 「なかなかチームに貢献できず、期限付き移籍から戻ってきた今年こそと思い、1年間プレーしてきましたが、実りませんでした。ただただ、悔しくて申し訳ない気持ちでいっぱいです。Jリーグで挑み続けるきっかけを与えてくれたクラブ、どんな時でも、街中やグランドで勇気を与えてくれた、ファン・サポーター、松本山雅FCに関わる方々に感謝しています」 「サンプロ アルウィンで成長した姿を見せに戻れるよう、努力していきます。本当にありがとうございました!」 ◆田中パウロ淳一 「このたび契約満了となり、志半ば松本山雅FCを離れることとなりました。チームの目標であるJ2昇格ができなくて申し訳ございませんでした」 「個人的には苦しい日々が続き、精神的にもなかなか厳しいものとなりましたが、どんな時でも応援してくださる皆様のおかげで僕はとても頑張るができました。本当に感謝しています」 「そして、サポーターの皆様、とても最高な雰囲気をいつも作っていただきありがとうございます。皆さんのパワーはいつも僕たちの背中を押してくれます。特にサンプロ アルウィンでの雰囲気は、チームの武器だと思います。信州ダービーでは凄すぎて鳥肌が立ちました。サッカー人生においてとても貴重な経験ができて最高でした」 「これからは、いちファンとして松本山雅FCの活躍を楽しみにしています。短い間でしたが、皆さんと熱く戦った日々は絶対に忘れません。松本山雅や僕に関わる全ての皆様、本当にありがとうございました」 2022.11.23 16:23 Wed
twitterfacebook
thumb

J2昇格を逃した松本、名波浩監督との契約満了を発表「特別なクラブになりました」

松本山雅FCは22日、名波浩監督(49)の契約満了を発表した。 現役時代はジュビロ磐田、ヴェネツィア、セレッソ大阪、東京ヴェルディでプレー。引退後は、古巣の磐田で監督を務め、2021年6月から松本の監督に就任した。 就任1年目の2021シーズンは、残留争いをするチームの立て直しが期待されたが、最終的には最下位でJ3に降格。今シーズンは1年でのJ2復帰を目指したが、チームは4位でシーズン終了。2位とは勝ち点差1で昇格を逃していた。 名波監督は1年半での退任となった中、クラブを通じてコメントしている。 「このたび、契約満了に伴い、松本山雅FCを離れることになりました。選手・チームを成長させ、目標であるJ2昇格を達成するために、日々全力で挑んで参りましたが、結果が伴わずに申し訳ない気持ちでいっぱいです」 「最後まで私を信じて共に戦ってくれた選手・チームスタッフはもちろん、どんなときにもポジティブに応援してくださったファン・サポーターの皆様。ホームゲームでは運営を支えてくださったチームバモスの皆様。物心共々支えてくださったスポンサー、ホームタウンの皆様をはじめ、関係する全ての方に感謝申し上げます」 「これだけ多くの方に支えられるクラブは日本でここだけだと思います。私にとっても特別なクラブになりました、松本山雅FCの未来が輝かしいものであることを願っています」 2022.11.22 21:25 Tue
twitterfacebook
thumb

松本、安田理大が1年で退団…高卒3年目の山田真夏斗も

松本山雅FCは22日、DF安田理大(34)とMF山田真夏斗(21)の契約満了を発表した。 ガンバ大阪でプロ入りしてからオランダなどでもプレーした安田は今年から松本でプレーしたが、明治安田生命J3リーグ5試合に出場したのみに。立正大学淞南高校から入団して3年目の山田も出番を増やせず、3試合しかプレーできなかった。 1年でのJ2復帰が叶わなかったチームを今季限りで去る両選手はクラブを通じてそれぞれ別れの挨拶をしている。 ◆安田理大 「松本山雅FCを愛する皆さんこんにちは。契約満了によりチームを去ることになりました。チームを一年でJ2に戻すため、名波浩監督を優勝監督にするため、一年間全力で取り組みましたが実力不足でした。情けないし申し訳ない気持ちでいっぱいです。一年という短い期間ではありましたが僕は松本の街、松本山雅FCが心から大好きになりました」 「遠いアウェイの地やアルウィンに応援に来てくださるJリーグ屈指のファン、サポーターの皆さんの前でプレー出来たことは本当に最高の時間でした。チームを去ることになりますが、松本の街を、そして松本山雅FCを愛する気持ちは永遠です。松本山雅FCでプレーできたという誇りを胸に、僕はこれからも戦い続けます。一年間本当にありがとうございました」 ◆山田真夏斗 「3年間お世話になりました。サポーター・ファンの皆さん応援ありがとうございました。次のステージでも頑張ります」 2022.11.22 16:15 Tue
twitterfacebook
thumb

松本がDF大野佑哉、MF吉田将也の契約満了を発表「楽しい時も悲しい時もこのチームが大好きでした」

松本山雅FCは21日、DF大野佑哉(26)とMF吉田将也(26)の契約満了を発表した。 大野は2019年に阪南大学から松本入り。初年度こそ出番はなかったが、2シーズン目からポジションを掴むと、今シーズンもセンターバックの柱として明治安田生命J3リーグで31試合に出場した。 吉田は2020年にザスパクサツ群馬から松本に加入するも、出場機会を得られず昨季は栃木SCに期限付き移籍。今季からチームに復帰したが、再挑戦のシーズンも公式戦4試合の出場にとどまった。 松本からの退団が決まった両選手は、クラブを通じて支えてくれたファンへの感謝を述べている。 ◆大野佑哉 「4年間あっという間でした。楽しい時も悲しい時もこのチームが大好きでした。大歓声のアルウィンでプレーできたことは一生忘れません。BIGになります。見ててください。ありがとうございました」 ◆吉田将也 「今シーズンで松本山雅を退団することになりました。トータルで2年間という短い期間でしたが選手、スタッフ、そしてファン、サポーターの皆さんには言葉では言い表すことのできないほど、お世話になりました。特にピッチでは、たくさんの先輩方にアドバイスを言っていただき、同じポジションでは田中隼磨さんの背中をみてたくさん学ばせてもらいました」 「この2年間は本当に自分にとって、素晴らしい時間を過ごせました。欲を言えばもっと試合に絡み、声出し応援が解禁となったアルウィンでプレーしたかったですが、なかなかそれは叶いませんでした」 「次は違う形で、アルウィンの地に戻ってくることができるように、成長した姿を見せられるように頑張っていきたいと思います。そして、松本山雅のこれからの活躍を陰ながら応援しています。2年間、本当にお世話になりました!」 2022.11.21 18:24 Mon
twitterfacebook
thumb

いわきのルーキーFW有田稜がJ3得点王!後半戦定位置確保でPKなしの17得点マーク

2022シーズンの明治安田生命J3リーグ全日程が20日に終わり、いわきFCのFW有田稜が初のJ3得点王に輝いた。 国士舘大学から今季加入したルーキーの有田は、第3節愛媛FC戦の後半アディショナルタイムにJリーグ初出場を飾ると、投入直後にヘディングでJ初ゴールを記録した。 前半戦は途中出場が続いていたものの、第18節松本山雅FC戦からスタメンに定着。第26節から第30節にかけては5試合連続得点で一挙8ゴールをマークするなどし、PKなしで計17得点を積み上げた。 いわきFCは今季がJリーグ参入初年度のため、クラブからJの得点王が誕生するのは初めてのこととなる。 次点は16得点でFC岐阜のFW藤岡浩介。先シーズンはテゲバジャーロ宮崎で10得点を挙げ、得点ランキング2位となっていた点取り屋は、今季も岐阜でゴールを量産。最終節でも1得点を挙げたが、惜しくも及ばず、2年連続の次点となった。 3位は15得点で、鹿児島ユナイテッドFCのストライカー・有田光希と、第33節ではハットトリックを達成したガイナーレ鳥取のFW石川大地が並んだ。 ◆J3得点ランキング 【17】 有田稜(いわきFC) 【16】 藤岡浩介(FC岐阜) 【15】 有田光希(鹿児島ユナイテッドFC) 石川大地(ガイナーレ鳥取) 【14】 岡田優希(テゲバジャーロ宮崎) 【13】 横山暁之(藤枝MYFC) 【12】 米澤令衣(鹿児島ユナイテッドFC) 中川風希(FC今治) 千葉寛汰(FC今治) 【11】 横山歩夢(松本山雅FC) 2022.11.20 17:43 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly