RCランス、ノルウェー代表MFベルグを獲得! 三代ボデ/グリムト&代表で活躍のエリート

2021.12.21 05:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
RCランスは20日、ノルウェーのボデ/グリムトからノルウェー代表MFパトリック・ベルグ(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。2022年1月1日付けで正式加入となるベルグは2026年6月30日までの4年半契約にサインしている。

いずれもボデ/グリムトとノルウェー代表で活躍した祖父ヘラルド、父エルヤン、叔父ルナールというフットボール一家で生まれ育ったベルグは、2014年に同じくボデ/グリムトでトップチームデビュー。

機動力とダイナミズム、戦術眼に長けた178cmの守備的MFは、ここまでボデ/グリムトで公式戦168試合に出場し、17ゴール17アシストを記録。今シーズンのヨーロッパ・カンファレンスリーグでは強豪ローマに歴史的な6-1の大勝を飾った一戦でゲームキャプテンを務め、自身も1ゴールを挙げる活躍を見せていた。
また、ノルウェーの世代別代表の常連だったエリートは、今年3月に行われたカタール・ワールドカップ欧州予選のジブラルタル代表戦でフル代表デビュー。以降は主力として起用され、ここまで9試合に出場している。

関連ニュース
thumb

元チェルシーで日系フランス人のガエル・カクタが仏2部のアミアンに復帰

元チェルシーのDRコンゴ代表MFガエル・カクタ(31)が、アミアンに復帰することになった。5日に発表されている。 祖父が日本人の日系フランス人3世として知られるカクタ。RCランスの下部組織に在籍していた2007年夏にチェルシーに青田買いされ、一躍知名度を上げた。 その際の移籍に関してチェルシー側に違法行為があったとして、クラブには選手登録禁止処分、カクタ自身にも出場停止処分が科されるなど別の意味でも話題となった中、チェルシーではなかなか真価を発揮できず、レンタルで多くのクラブを転々とした。 2015年夏にはセビージャに完全移籍するも、半年後には中国の河北華夏に移籍。さらにはデポルティボやアミアンなど半年から1年単位でクラブを変えており、キャリアを通じて定着できたクラブはない。 ここ数年ではアミアンやRCランスといった母国クラブでプレーしていた中で、今季はRCランスでほぼ戦力外のような状況に。リーグ・アンでは2試合でわずか20分の出場時間しか貰えず、この度2年ぶりのアミアン復帰が決定した。 なお、今季のアミアンはリーグ・ドゥで2位に位置。首位のボルドーと勝ち点で並んでいる。 2022.10.06 14:25 Thu
twitterfacebook
thumb

レンヌがクラブ最古参のMFブリジョーと2026年まで契約延長!

スタッド・レンヌは2日、フランス人MFバンジャマン・ブリジョー(28)との契約を2026年6月30日まで延長したことを発表した。 RCランスの下部組織で育ったブリジョーは、2013年にトップチームデビューを飾ると、在籍4シーズンで公式戦109試合に出場し10ゴールを10アシストを記録。この活躍が認められ、2017年の夏にレンヌへ完全移籍。 同クラブでは、加入初年度から右サイドMFを主戦場に中盤の複数ポジションでプレー。在籍6シーズン目を迎えたマルチロールは、これまで公式戦225試合に出場し42ゴール44アシストを記録。2019年には48年ぶりのクープ・ドゥ・フランス制覇に貢献した。 新契約にサインしたブリジョーは、公式サイトで以下のように喜びを語った。 「ここでプレーを続けることが僕の使命だ。スタッド・レンヌの歴史に名を刻み続けることが重要だった。クラブのプロジェクトに長く関われていることは幸運なことだ。ここで色々なことを経験したが、もっともっと経験したいと思っている。もう一度欧州カップ戦に出場するというクラブの目標以外、個人的な目標はないよ」 「ファンの愛には感謝しているよ。そしてピッチの上で精一杯応えたいと思っている。パフォーマンスが悪いときでも、常に彼らの応援を感じているよ。愛されるクラブにいることが大切なんだ。ここで選手を続けられることは、誇らしいことだよ」 2022.09.03 00:40 Sat
twitterfacebook
thumb

ミラン関心のジャン・オナナがRCランスに完全移籍

RCランスは1日、ボルドーからカメルーン代表MFジャン・オナナ(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2027年6月30日までの5年となる。 高い身体能力を持つ189cmのボックス・トゥ・ボックス型の守備的MFは、今夏ミランやプレミアリーグなどの複数クラブからの関心を集めていた。 しかし、レンタルでの獲得を狙うミランとのクラブ間の交渉は難航を極め、最終的に破談となっていた。そういった中、より高いレベルでのプレーを求める22歳は、リーグ・アンで躍進が目立つランスを新天地に選択した。 オナナは2021年8月にリールからボルドーへと完全移籍。2021-22シーズンはリーグ・アンで23試合に出場し3ゴール2アシストを記録。今シーズンはリーグ・ドゥ(フランス2部)にチームは降格したが、開幕から3試合に出場。ただ、22日の第4節グルノーブル戦はメンバー外となっていた。 カメルーン代表としても2020年の日本代表戦でデビューし9試合に出場。中盤の守備的なポジションで存在感を放っている。 2022.09.01 23:59 Thu
twitterfacebook
thumb

南野拓実が先発でリーグデビュー! 大敗モナコは2戦連続退場響き昨季からの無敗が「12」でストップ《リーグ・アン》

モナコは20日、スタッド・ルイ・ドゥで行われたリーグ・アン第3節でRCランスと対戦し、1-4で敗戦した。なお、FW南野拓実は先発でリーグデビューを飾り、56分までプレーした。 チャンピオンズリーグ(CL)予選では敗退したモナコだが、リーグ戦では開幕2戦無敗。前節のスタッド・レンヌ戦では前半に退場者を出した中、難敵相手に1-1のドローに持ち込んだ。ホームで今季2勝目を目指すクレメント率いるチームでは、CL予選での振るわないパフォーマンスで批判を浴びていた南野が左サイドハーフでスタメン起用となり、3戦目にしてリーグデビューを飾った。 立ち上がりからホームチームが押し込む入りとなった中、開始4分には南野にいきなり見せ場。右サイドからのクロスにボックス左で反応した南野は胸トラップからボレーシュートを狙うが、ここはDFに寄せられて打ち切れない。 すると、直後の7分には自陣でのクリアボールを相手に拾われてボックス右からダヴィド・コスタに折り返しを入れられると、ファーにフリーで走り込んだオペンダにワンタッチで流し込まれて先制を許した。 すぐさま反撃に出るモナコはボールを握ってチャンスを窺う中、16分にはセットプレーの流れから再び南野に決定機。右CKの二次攻撃からファーでボールを持ったエンボロが丁寧に折り返したボールをゴール前の南野が右足で合わせるが、ゴール至近距離からのシュートはGKサンバの見事なワンハンドセーブにはじき出された。 この決定機を決め切れなかったモナコは、徐々に相手のカウンターに晒される場面が増え、なかなか攻撃に人数をかけ切れない。そういった流れの中、38分にはヴァンデウソンのコントロールミスを奪われてマチャドにボックス内へ抜け出されると、GKとの一対一を決められて2失点目を喫する。 これで苦しくなったホームチームだが、失点直後の41分にはカイオの正確な右CKをゴール前のバディアシルが打点の高いヘッドで合わせ、瞬く間に点差を1点に戻した。 辛くも1点差で試合を折り返したモナコは、ハーフタイム明けに新戦力のカマラを投入。勢いを持って後半へ入ったが、いきなり出ばなを挫かれる。54分、セットプレーの流れでエンボロが自陣ボックス内でソトカの足をかけてしまいPK献上。これをフォファナに豪快に中央へ蹴り込まれた。 再び2点差を追う展開となったモナコは、直後の56分に南野を下げてゴロビンを投入。南野は2度の決定機への関与やアグレッシブな守備、内よりのポジションで幾度か良い攻撃への絡みを見せたものの、ビハインドの状況を考えれば、CL予選に続くほろ苦いリーグデビュー戦となった。 何とか早い時間帯に追いつきたいホームチームは、カマラとベン・イェデルの鮮やかな個人技から59分に絶好機を迎えるが、ここ相手GKの好守に遭う。 以降も押し込む時間帯が続くものの、なかなか決定機まで持ち込めないモナコは、72分にヴァンデウソンが2枚目のカードをもらってしまい、2試合連続で退場者を出してしまう。 この退場で厳しくなったモナコは、78分にも途中出場のサイードにボックス左から鋭いミドルシュートをニア下に突き刺されて4失点目を喫する。これで試合の大勢が決した中、何とか意地を見せたいホームチームは最後までゴールを目指したものの、後半にゴールを奪うことはできなかった。 この結果、今季初黒星を喫すると共に、昨季から継続していたリーグ無敗が12試合でストップしたモナコは、次節パリ・サンジェルマンとのアウェイゲームに臨む。 2022.08.21 01:58 Sun
twitterfacebook
thumb

主力起用もインテル、終盤被弾でRCランスに敗戦《PSM》

インテルは23日、プレシーズンマッチでRCランスとアウェイで対戦し、0-1で敗れた。 6日前に行われたモナコとのプレシーズンマッチを2-2の引き分けに持ち込んだインテルはジェコとホアキン・コレアの2トップで臨み、ブロゾビッチやバレッラら主力を起用。 そのインテルがボールを握る展開で推移したものの、シュートに持ち込めずにいると、17分にフォファナに際どいシュートを打たれる。 続く32分にもソトカに枠内シュートで牽制されたインテルは、ハーフタイムにかけても守勢を強いられた。 何とかゴールレスで迎えた後半、インテルは61分にブロゾビッチやジェコら6選手を変更。好機を作るシーンが増えたが、試合終盤の90分に被弾する。 CKからオペンダに決められた。これが決勝点となってインテルは敗戦。今後は31日にリヨンとプレシーズンマッチを戦う。 RCランス 1-0 インテル 【ランス】 オペンダ(90分) 2022.07.24 03:31 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly