元名古屋のFWジョーが行方不明に…災難続きのシーズン、インスタでは「家族を台無しにした」と不貞行為告白も即削除

2021.12.15 12:45 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
コリンチャンスに所属する元ブラジル代表FWジョーが行方不明になっているようだ。ブラジル『グローボ』が伝えた。

かつては名古屋グランパスでもプレーしたジョー。移籍問題が泥沼化している状況だが、コリンチャンスでは今シーズンの公式戦52試合に出場し10ゴール5アシストを記録していた。

10日に行われたカンピオナート・ブラジレイロ・セリエA第38節のジュベントゥージ戦にも出場したジョーだが、その後に失踪したという。

『グローボ』によると、ジョーはジュベントゥージ戦後、グレミオのドグラス・コスタと共にパーティーへ参加したところまでは消息が掴めていたが、その後は連絡がつかなくなったようだ。

そのジョーは、13日に自身のインスタグラムのストーリーズを更新。「私は家族を台無しにした。人生最悪の瞬間に立ち上がるのをいつも助けてくれた女性をガッカリさせた」と綴り、「彼女を攻撃するのではなく、僕を攻めてくれと言いたい。自分が手放したバカだからだ。僕は人生を自分のやり方で、1人で歩んでいくつもりだ」と綴り、何らかの不貞行為をして妻を裏切ったことを告白していた。

しかし、この投稿はすぐに削除されている。

この件については、コリンチャンスのフットボールディレクターであるロベルト・デ・アンドラーデ氏が言及。クラブとしてはプライベートな件に関わる気は一切ないようだ。

「選手が休暇中であることを思い出してほしい。我々は誰の私生活も管理していない。選手を管理する。クラブの門をくぐったら、彼らの世話をする」

「ジョーの今回のケースについて、彼は休暇中で、3日間姿を消していた。誰もが言ったが、私はフォローしていなかった。我々にとって、彼は1月10日にプレーしなければならない。1カ月間離れていても、何も変わらない」

ジョーにとっての今シーズンは、緑色のスパイクを履いたことでの罰金やファンからの攻撃、さらにパフォーマンスへの批判に加え、前述の名古屋との移籍に関する問題など、多くの問題を抱えたシーズンだった。最後の最後に大きな事件。無事だとは思われるが、全てから解放されたかったのだろうか。

関連ニュース
thumb

貴島明日香さんのリフティングの腕前は? 生実況付きに「やりづらいな笑」、内田篤人&大久保嘉人の眼前での一発勝負!

モデル、タレントとして活躍し、「ABEMA」の公式アナウンサーにも就任した貴島明日香さんが、元日本代表戦士の前でリフティングに挑戦した。 『non-no』の専属モデルを務めるほか、2017年4月3日から2022年4月1日までは日本テレビ『ZIP!』のお天気キャスターを担当。またYouTubeチャンネルではゲーム実況の配信を行うなどのゲーム好きとしても知られている。 4日には、カタール・ワールドカップ(W杯)に向けた「ABEMA」の公式アナウンサーにも就任。13日に行われた「FIFA ワールドカップ 100日前イベント」にも登場した。 当日はあいにくの雨となった中、その舞台裏では緊急のリフティング対決が開催。貴島さんに加え、イベントに参加しW杯を放送するテレビ朝日アナウンサーの安藤萌々さん、フジテレビアナウンサーの佐久間みなみさんが対決した。 「ABEMA」の公式ツイッターは貴島さんのチャレンジを投稿。同じくイベントに参加した、元日本代表の内田篤人氏、大久保嘉人氏の前でのチャレンジとなった。 目標を「4回」とした貴島さん。テレビ朝日の寺川俊平アナウンサーの実況付きでチャレンジとなったが、実況に「やりづらいな」としながらも挑戦。太ももからスタートすると、2回、3回とリフティング。しかし、3回目がヒザに当たってしまい、ボールは大きくあらぬ方向へ。目標に一歩届かず「3回」に終わってしまった。 <span class="paragraph-title">【動画】内田&大久保の目の前での一発勝負! 貴島明日香さんの貴重なリフティング姿!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">FIFA ワールドカップ 100日前イベント<br><br>(寺川アナの名実況とともにお送りします:microphone:)<a href="https://twitter.com/hashtag/FIFA%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97%E5%85%A8%E8%A9%A6%E5%90%88%E7%84%A1%E6%96%99%E7%94%9F%E4%B8%AD%E7%B6%99?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FIFAワールドカップ全試合無料生中継</a><a href="https://twitter.com/hashtag/ABEMA%E3%81%A7FIFA%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ABEMAでFIFAワールドカップ</a> <a href="https://t.co/nV5SgzWsrL">pic.twitter.com/nV5SgzWsrL</a></p>&mdash; 【公式】FIFA ワールドカップ カタール 2022 @ABEMA (@fifawc_ABEMA) <a href="https://twitter.com/fifawc_ABEMA/status/1560461561050841090?ref_src=twsrc%5Etfw">August 19, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.19 17:37 Fri
twitterfacebook
thumb

バイエルン移籍のマネ、お世話になったリバプールのスタッフ150人に手書きの手紙とプレゼント

バイエルンに移籍したセネガル代表FWサディオ・マネがリバプールのスタッフたちに感謝を伝えた。イギリス『GIVEMESPORT』が伝えている。 今夏に6年在籍したリバプールを離れ、心機一転バイエルンへ活躍の場を移したマネ。すでにブンデスリーガデビューも果たし、開幕節のフランクフルト戦でもゴールを決めていた。 そんなマネにとってリバプールでの時間はかけがえのないものだったようで、ドイツ『ビルト』の記者であるクリスチャン・フォルク氏によると、マネは清掃員や警備員などリバプールのスタッフ150人に贈り物をしたという。 マネからの贈り物には、チョコレート、写真、そして手書きの手紙が添えられていたという。 手紙には「良い時も悪い時も、みんなはいつも僕と一緒にいてくれた。僕の心の中でみんなは永遠に特別な存在になるだろう。今までありがとう!」と感謝の言葉が綴られていたようだ。 マネの行いにはファンも感動。「泣けてくる」、「いつか戻ってきてくれ」、「なんて人柄なんだ」、「ずっと愛してる」といった言葉が寄せられている。 <span class="paragraph-title">【写真】マネからの粋な贈り物</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">The gift that Sadio Mané sent to Liverpool staff. <a href="https://t.co/yaweHuTI5g">pic.twitter.com/yaweHuTI5g</a></p>&mdash; The Anfield Talk (@TheAnfieldTalk) <a href="https://twitter.com/TheAnfieldTalk/status/1560236475706658816?ref_src=twsrc%5Etfw">August 18, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.19 17:30 Fri
twitterfacebook
thumb

「頭の後ろに目が付いている」メッシ、ムバッペを見ずともラストパスを通す「どうやって?」

ジャーナリストもパリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシには舌を巻いたようだ。 リーグ・アンの開幕から2試合連続5得点と、攻撃陣が絶好調のPSG。連覇へ向けて好スタートを切っている。 アルゼンチン代表を中心に取材をしているロイ・テイカー氏は、19日に自身のツイッターでメッシのプレーを紹介。3人に囲まれながらも、背後を回ったFWキリアン・ムバッペへノールックパスでアシストした場面を「どうやってるの?」と、取り上げた。 同じように驚きと共感を得たファンは多かったようで、「史上最高のパサー」、「頭の後ろに目が付いている」、「どうやって?」、「このゴートには特別なことではなんだろう」、「彼の視野と意識はとんでもないね」などの声が寄せられている。 ボールコントロールの瞬間にヘッドダウンしてために間接視野に入っている可能性や、決められたムーブの可能性もあるとはいえ、一連の流れは圧巻だ。 余談だが、メッシのビブスを引っ張るDFセルヒオ・ラモスを指し、「タックルでつぶすつもりだったが、チームメイトであることを思い出した」などの冗談も上がっているようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】ムバッペへノールックアシストを決めるメッシ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="it" dir="ltr">Lionel Messi... HOW?<a href="https://t.co/MpMMBfwmt2">pic.twitter.com/MpMMBfwmt2</a></p>&mdash; Roy Nemer (@RoyNemer) <a href="https://twitter.com/RoyNemer/status/1560337361141223426?ref_src=twsrc%5Etfw">August 18, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.19 17:15 Fri
twitterfacebook
thumb

「今日も来ますよね!?」阿部勇樹が埼スタ凱旋!ACL観戦し、かつてのチームメイトとツーショット

元日本代表MF阿部勇樹がかつての本拠地を訪れたようだ。 18日、埼玉スタジアム2002ではAFCチャンピオンズリーグ(ACL)のラウンド16、ヴィッセル神戸vs横浜F・マリノスが行われ、3-2で神戸が勝利を収めた。 試合の翌日、およそ1カ月ぶりにツイッターを更新した阿部は、埼スタに足を運んでいたことを報告。浦和レッズ時代にともにプレーした神戸DF槙野智章やMF汰木康也と会っていたとのことだ。 「昨日のACL、神戸vs横浜FMを観に行ってきました」 「面白い試合で90分楽しみました^ ^試合後に汰木選手と久々に話せたし、(写真は撮り忘れました。)槙野選手とも話せました^ ^またサッカーの話しましょ!!」 顔文字付きでのツイートという一面を見せた阿部は、写真は撮り忘れたとのことだが、槙野のツイート「あべちゃんと、久々に逢えた^ ^」を引用。笑顔でピースサインを残すツーショットをリツイートした。 「ほんと最高すぎる」との感嘆のほか、19日に浦和が埼スタでマレーシアのジョホール・ダルル・タクジム(JDT)と対戦することから、「今日も来ますよね!!!???」、「今日勝てるように見守ってください」と、古巣クラブの勝利を願う声も寄せられている。 <span class="paragraph-title">【写真】阿部と槙野がACLの会場、埼スタでツーショット</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">あべちゃんと、久々に逢えた^ ^ <a href="https://t.co/hVFkxZkUOf">pic.twitter.com/hVFkxZkUOf</a></p>&mdash; 槙野智章 (@tonji5) <a href="https://twitter.com/tonji5/status/1560462839814336513?ref_src=twsrc%5Etfw">August 19, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.19 14:35 Fri
twitterfacebook
thumb

「失敗して嫌な思いをしたバカ」“噛みつき“愚行のスアレスが自虐も交えて頭突きの後輩・ヌニェスに助言「もっと注目される」

偉大なる先輩が、問題を起こした後輩にしっかりとアドバイスをしていたようだ。 今夏ベンフィカからクラブレコードとなる最大1億ユーロ(約142億円)の移籍金でリバプールに完全移籍で加入し、大きな期待が寄せられているウルグアイ代表FWダルウィン・ヌニェス。プレシーズンでは決定機を何度も逸したことで、失格の烙印を押されかけた一方で、徐々にチームにフィットする様子を見せていた。 その中で自身の愚行により一気に評判を落とすことに。15日に行われたプレミアリーグ第2節クリスタル・パレス戦で相手DFヨアキム・アンデルセンと小競り合いを起こした末に頭突き。一発退場となった。 この行為はユルゲン・クロップ監督も擁護できず、ヌニェス自身も謝罪していた。 そんなヌニェスだが、リバプール、そしてウルグアイの大先輩であり、同じように過ちを犯したことがあるルイス・スアレスが言及。ウルグアイ『テレムンド』のインタビューで語った。 「ダルウィンが見せているサッカーのレベルは素晴らしく、称賛に値する。今の年齢でリバプールにいることは称賛されるべきだ」 「このステージで楽しみ、力を出し続け、先日の出来事からは学び続けなければいけない」 「というのも、彼はまだスタートしたばかりの駆け出しで、これから2倍も3倍も注目されることを自覚すべきだ」 「ましてやイギリスだから、なおさらだ。失敗して嫌な思いをしたバカが言うんだからね。でも、転んでまた立ち上がることで強くなる。これ以上はダメだ。もっと酷いことになる」 「ダルウィンはよく話を聞く人間だ。その意味で、彼はとても知的だし、大したことではないこの状況を好転させようとしていると思う。僕らはみんな、間違いを犯すし、解雇された人だっている」 「彼はまだ来たばかりだし、今はイギリスにいるということだ。何でもかんでも、大事になる」 スアレスはリバプール在籍時の2012-13シーズン、シーズン終盤のチェルシー戦でDFブラニスラフ・イバノビッチの腕に噛み付く愚行。シーズンの残り4試合と翌シーズンの開幕から5試合の出場停止処分を受けていた。 <span class="paragraph-title">【動画】ダルウィン・ヌニェスがジダンばりの頭突きで一発退場</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/ChUbs03DDw0/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/ChUbs03DDw0/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/ChUbs03DDw0/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">ELEVEN Portugal(@elevensportspt)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.08.19 12:58 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly