ベンフィカDFオタメンディが自宅で襲撃される…暴行に拘束、窃盗の被害

2021.12.14 12:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ベンフィカのアルゼンチン代表DFニコラス・オタメンディが自宅で襲撃事件に巻き込まれたようだ。

12日に敵地で行われたプリメイラリーガのファマリカン戦でもフル出場して勝利に貢献のオタメンディ。試合翌日の朝にリスボン南部の自宅に帰ると、事件が起きたという。

ポルトガル『Correio da Manha』によれば、オタメンディは帰宅後に4人の犯人グループに襲われ、暴行を受けた挙句に自身の首元にベルトを巻かれて拘束されたようだ。
オタメンディを身動きできない状態にしてから自宅に押し入った4人の襲撃犯は妻や子供がいる部屋にも足を伸ばして、金銭や時計などの金品を奪って逃走したともいわれる。

この事件を受けて、所属先のベンフィカも声明を発表。オタメンディの被害を明かした上で、家族含めて無事を報告しつつ、捜査が終わるまで周囲に静観を呼びかけている。

「選手とその家族は今回の一件で大きな不快な思いをしたが、無事だ。当局の調査が実施される間、周りにも選手やその家族のプライバシーを尊重してもらいたい」


関連ニュース
thumb

【プリメイラ・リーガ日本人選手】守田フル出場のスポルティングCPがリーグ戦連勝で中断期間へ!

プリメイラ・リーガ第13節が週末に行われた。 今シーズンのプリメイラ・リーガにはスポルティングCPへ完全移籍したMF守田英正や昨季ジル・ヴィセンテで飛躍を遂げたMF藤本寛也らに加え、ジル・ヴィセンテに加入したMF新井瑞希、に加入したDF小川諒也、ボアヴィスタに加入したMF渡井理己、カーザ・ピアに加入したFW邦本宜裕の4選手が新たに参戦する。 日本代表に選出された守田が先発したスポルティングCPは、前半終盤の42分にトリンコンのゴールで先制すると、前半終了間際にもトリンコンの右クロスが相手DFの手に当たって獲得したPKをゴンサウヴェスが決め、2-0で前半を終える。 後半は一進一退の展開が続く中、スポルティングCPは62分に右CKをニアのパウリーニョがフリックしたボールをファーサイドの守田が押し込んだが、VARの末にオフサイドと判定され、ゴールは取り消された。 スポルティングCPは78分にイバン・ハイメのジャンピングボレー弾で1点を返されたが、その後のファマリカンの攻撃を凌ぎ切り、2-1で勝利した。なお、守田はフル出場している。 ★守田英正[スポルティングCP] ▽11/13 ファマリカン 1-2 スポルティングCP ◆フル出場 ★小久保玲央ブライアン[ベンフィカ] ▽11/13 ベンフィカ 3-1 ジル・ヴィセンテ ◆ベンチ入りせず ★藤本寛也[ジル・ヴィセンテ] ▽11/13 ベンフィカ 3-1 ジル・ヴィセンテ ◆75分までプレー ★新井瑞希[ジル・ヴィセンテ] ▽11/13 ベンフィカ 3-1 ジル・ヴィセンテ ◆ベンチ入りも出場せず ★小川諒也[ギマランエス] ▽11/13 ギマランエス 1-0 マリティモ ◆ベンチ入りも出場せず ★田川亨介[サンタクララ] ▽11/14 サンタクララ 3-1 エストリル ◆74分からプレー ★渡井理己[ボアヴィスタ] ▽11/12 ボアヴィスタ 1-4 ポルト ◆56分までプレー ★川﨑修平[ポルティモネンセ] ▽11/13 ポルティモネンセ 1-2 ブラガ ◆ベンチ入りせず ★中村航輔[ポルティモネンセ] ▽11/13 ポルティモネンセ 1-2 ブラガ ◆フル出場 ★邦本宜裕[カーザ・ピア] ▽11/13 カーザ・ピア 1-2 シャヴェス ◆ベンチ入りせず 2022.11.15 07:14 Tue
twitterfacebook
thumb

世界も度肝を抜かれたGKゴール!「鳥肌が立つ」「プスカシュ賞じゃないか?」自陣ボックス前からの衝撃ロングシュート

サッカーの試合ではほとんど見ることができないGKによるゴール。それでも、これまで何度か記憶に残るGKゴールは生まれている。 FKの名手であったGKロジェリオ・セニという稀有な存在はいたが、それ以外のほとんどが自陣からのFKで大きく蹴り出したボールが高くバウンドして相手GKが処理できないというものだったはず。または、モンテディオ山形時代のGK山岸範宏がCKをヘディングで合わせるようなパターンだろう。 ただ、今回誕生したGKゴールは度肝を抜くもの。世界中で話題となっている。 そのゴールを決めたのはベンフィカのGKサムエウ・ソアレス。今年からファーストチームに昇格し、10月には2027年夏までの契約延長を果たした守護神で、アカデミー時代からベンフィカ一筋でプレーしている。 20歳のGKは、ファーストチームに所属しているとはいえ、主戦場はBチーム。今シーズンはセグンダ・リーガ(ポルトガル2部)で正守護神を務めており、開幕からフル出場を続けていた。 そのソアレスがとんでもゴールを決めたのは、7日に行われたセグンダ・リーガ第12節のトロフェンセ戦。1-0とビハインドで迎えた65分に決めた。 インプレー中、ボールを持ったソアレスはボックスを出てボールをコントロール。相手の守備もプレスには行かず、ビルドアップを警戒していた。するとソアレスは、おもむろにロングキック。スピードのあるハイボールが相手陣内に飛んでいくと、GKの頭上を越えてダイレクトでゴールイン。衝撃のロングシュートを決めたのだ。 相手GKが前に出ていて間に合わなかったということではない。シュートが飛んできた時にはゴールエリア内におり、十分対応は可能な状況。ただ、高く蹴り上げられたボールは、角度がついて落下。クロスバーを直撃すると、GKに当たって入ったのだ。 ソアレスは「うまくいった。多くの人の記憶に刻まれるだろうね」とコメント。チームも、1-2で逆転勝利を収めていた。 ファンは「とんでもないものを見た」、「鳥肌が立つ」、「プスカシュ賞じゃないか?」と称賛の声。とにかく衝撃のロングシュートとなった。 <span class="paragraph-title">【動画】パワーもスピードもコースも完璧!見たことないパーフェクトロングシュート!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CkrDBzLA1n8/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CkrDBzLA1n8/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CkrDBzLA1n8/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">SPORT TV(@sporttvportugal)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.11.08 22:45 Tue
twitterfacebook
thumb

【プリメイラ・リーガ日本人選手】負傷明けの守田が今季3点目!スポルティングがギマランエスとの日本人対決を制す

2022-23シーズンのプリメイラ・リーガ第12節が週末に行われた。 今シーズンのプリメイラ・リーガにはスポルティングCPへ完全移籍したMF守田英正や昨季ジル・ヴィセンテで飛躍を遂げたMF藤本寛也らに加え、ジル・ヴィセンテに加入したMF新井瑞希、ヴィトーリア・ギマランエスに加入したDF小川諒也、ボアヴィスタに加入したMF渡井理己、カーザ・ピアに加入したFW邦本宜裕の4選手が新たに参戦する。 負傷明けの守田が3試合ぶりの先発したスポルティングは、ホームに小川の所属するギマランエスを迎えた。試合は34分にボックス左に侵入したレイスのクロスをエドワーズが頭でゴールに流し込み、スポルティングが先制。 さらに40分には、右CKの二次攻撃からエドワーズがクロスを供給すると、守備陣の頭を超えてファーサイドに流れたボールを走りこんだ守田が左足ボレーで流し込んだ。 守田の復帰弾でリードを広げたスポルティングは、後半にもう1点を追加し、3-0の勝利している。なお、守田はハーフタイムに交代、小川は33分からプレーした。 ★守田英正[スポルティングCP] ▽11/5 スポルティングCP 3-0 ギマランエス ◆前半のみプレー、40分にゴールを記録 ★小久保玲央ブライアン[ベンフィカ] ▽11/6 エストリル 1-5 ベンフィカ ◆ベンチ入りせず ★藤本寛也[ジル・ヴィセンテ] ▽11/4 ジル・ヴィセンテ 1-2 ポルティモネンセ ◆86分までプレー ★新井瑞希[ジル・ヴィセンテ] ▽11/4 ジル・ヴィセンテ 1-2 ポルティモネンセ ◆ベンチ入りも出場せず ★小川諒也[ギマランエス] ▽11/5 スポルティングCP 3-0 ギマランエス ◆33分からプレー ★田川亨介[サンタクララ] ▽11/7 シャヴェス - サンタクララ ◆ ★渡井理己[ボアヴィスタ] ▽11/6 リオ・アヴェ 1-0 ボアヴィスタ ◆66分までプレー ★川﨑修平[ポルティモネンセ] ▽11/4 ジル・ヴィセンテ 1-2 ポルティモネンセ ◆ベンチ入りせず ★中村航輔[ポルティモネンセ] ▽11/4 ジル・ヴィセンテ 1-2 ポルティモネンセ ◆フル出場 ★邦本宜裕[カーザ・ピア] ▽11/6 ブラガ 0-1 カーザ・ピア ◆ベンチ入りせず 2022.11.08 07:30 Tue
twitterfacebook
thumb

【CLグループH総括】PSG順当突破も不振ユーベが早期敗退

パリ・サンジェルマンとユベントスを中心に展開されると思われたグループだったが、ユベントスの不振が際立つ結果となった。昨季ベスト8のベンフィカが2季連続のベスト16進出、ユベントスは9季ぶりにグループステージ敗退の屈辱を味わう形となった。 ■順位表■ [勝ち点/勝/引/負/得失点] 1.ベンフィカ[14/4/2/0/9] 2.パリ・サンジェルマン[14/4/2/0/9] 3.ユベントス[3/1/0/5/-4] 4.マッカビ・ハイファ[3/1/0/5/-14] ◆ユベントス粉砕、PSGとは互角~ベンフィカ~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20221102_4_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 主砲FWヌニェスが抜けたベンフィカだったが、チーム力は落ちていなかった。PSGとは互角に戦い、ユベントスに至っては2戦とも快勝と完膚なきまでに叩きのめした格好だ。ワールドカップに向けたポルトガル代表に選出のMFジョアン・マリオ、DFアントニオ・シウバ、FWゴンサロ・ラモスの3選手に加え、チームの顔であるMFラファ・シウバらがしっかりと仕事を果たし、知将シュミット新監督の下、好チームに仕上がっていた。最終節ではマッカビ・ハイファに怒涛の6ゴールを叩き込み、PSGとのアウェイゴール総数差で大逆転での首位通過を決めた。 ◆MNMの破壊力~パリ・サンジェルマン~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20221102_4_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ガルティエ体制となったPSGは初戦のユベントス戦を制してこのグループの主導権を握った。序盤は3バックシステムがハマらず内容的には芳しくない試合が続いたものの、FWムバッペ、FWメッシ、FWネイマールの前線3人が絡んだ際のイマジネーションは唯一無二で破壊的な攻撃力を誇った。それでもグループステージで躓くような失態は犯さず、1試合を残して順当に決勝トーナメント進出を決めた辺りは流石だった。また、第5節から[4-3-1-2]に移行して以降は攻守にバランスが取れ始めており、決勝トーナメントが始まる2月にはチーム力を上げていきそうな予感だ。 ◆失望の結果~ユベントス~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20221102_4_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> アッレグリ体制2季目で昨季からの上積みが期待されたユベントスだったが、失望の結果となった。今季の目玉だったMFポグバの負傷離脱が痛かったことは事実だが、それを差し引いても散々な内容、結果となった。常に相手の出方を窺っての後手後手の戦いぶりでチームとしての限界があった。かつての強固な守備は見る影もないため、好き勝手にやられてしまった。鬼門となっていたベスト16に辿り着くことすらできず、1試合を残しての早期敗退という屈辱の結果に終わった。 ◆不振ユーベから金星~マッカビ・ハイファ~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20221102_4_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 勝ち点1でも得られれば健闘と思われたマッカビ・ハイファだったが、ユベントスから金星を挙げるインパクトを残した。PSGとのホーム戦でも好勝負を演じ、ワールドクラスの選手が不在の中でよく戦った見せた。イスラエル王者に恥じない戦いぶりだった。 2022.11.04 18:31 Fri
twitterfacebook
thumb

PSG指揮官ガルティエ、2位通過で悔い 「失点が1つでも少なければ首位だったはず」

パリ・サンジェルマン(PSG)のクリストフ・ガルティエ監督がコメントした。『UEFA.com』が報じている。 2日のチャンピオンズリーグ(CL)グループH最終節でユベントスとの敵地戦に臨み、2-1で制したPSG。首位に立っての最終節もしっかりと勝利したが、勝ち点で並ぶベンフィカが同時刻キックオフの今節を6-1で勝ち、アウェイゴール差で2位通過となった。 まさかの2位で決勝トーナメント行きとなり、悔しさも滲むグループステージとなったガルティエ監督だが、フランス『Canal+』で「まずはベンフィカにおめでとうを言いたい。それから、私のスカッド、私のチームも祝福しないといけない」と語った。 また、「我々はユベントスを2度も破っており、90+2分まで非常に満足感があるものだった。ただ、この大会で上に行きたいのであれば、大きなチームを倒していく必要がある。抽選を待って、ラウンド16でどことあたるのかを見てみよう」と続けた。 しかし、2位通過に関しては「先週に7-2でリードして、90分でプレーをやめてしまった。このグループステージではハイファ戦のようにセットプレーからの失点が多すぎだったし、1つでも少なければ、首位になれたはずだ」とやはり思うところがあるようだ。 「(最終節でのユベントス戦では)ピッチ中央での機動力がなかった。相手がポジションに戻る前にもっと素早くプレーしないといけなかったんだ。序盤にファビアン・ルイスを(負傷交代で)失ってから、もっと早くプレーをするためにロングボールを出せる選手がピッチにいなかった」 「ハイファでの出来事はすべてわかっていた。ベンフィカが1時間前に先制し、勝つ必要があると思って2選手を交代した。で、試合終了の2、3分前に彼らが5-1でリード中で我々が首位であるのを察していたが、終わり際でスコアが動くと、そこから流れを変えるのは難しいものだ」 2022.11.03 13:45 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly