アンジェの17歳の至宝の金額は50億円以上か? ムバッペ想起させる逸材アタッカー

2021.12.14 07:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アンジェは17歳の至宝に対して4000万~5000万ユーロ(約51億3000万~64億1000万円)程度の売却益を期待しているようだ。

現在のリーグ・アンにおいて、新たなスーパースター候補として大きな注目を集めているのが、U-21フランス代表FWモハメド=アリ・チョ(17)だ。

過去に幼少期にパリ・サンジェルマンのアカデミーに在籍していたチョは、2015年に両親の仕事の関係でイギリスに移住。その際、エバートンのアカデミーに加入。しかし、2020年に16歳の誕生日を迎えると、母国フランスに戻り、アンジェとプロ契約を締結した。

そのアンジェでは2020年8月30日のボルドー戦でクラブ史上最年少(16歳7カ月と11日)でのトップチームデビューを飾ると、そのデビューシーズンではゴールこそなかったものの、リーグ戦21試合に出場した。

そして、今シーズンはリーグ・アン第4節のスタッド・レンヌ戦で同じくクラブ史上最年少(17歳7カ月と10日)となるゴールを記録。以降、ここまで完全な主力として18試合に出場し2ゴールを挙げている。

右ウイングが主戦場も、屈強な守備者揃いのリーグ・アンでも当たり負けしない182cmの恵まれた体格を持つ左利きのアタッカーは、センターフォワードでもプレー可能。その爆発的な加速力とドリブルテクニック、コーディネーション能力の高さは、利き足は異なるものの、キャリア初期のフランス代表FWキリアン・ムバッペを想起させる。

決定力や戦術理解の部分では大きな伸びしろを残しており、ビッグクラブで適切な指導を受けられれば、世界最高峰のアタッカーに成長できる大器だ。

そして、チョにはすでにチェルシーやミラン、アトレティコ・マドリーなど、ヨーロッパの複数のビッグクラブが関心を示している。

そういった中、アンジェのサイード・シャバネ会長は、フランス『Ouest France』で17歳の至宝の今後の去就に関して言及。クラブとして「4000万~5000万ユーロ」の移籍金を考慮していることを明かした。

「彼は2004年に生まれで唯一リーグ・アンで主力としてプレーしているプレーヤーで、U-21フランス代表でもプレーを始めた。我々が求めているのは、彼の現在の価値だけではなく、長期的な可能性に基づいている」

「だからといって、それだけの金額を提示されるわけではなく、より少ないかもしれない。先ほど話した金額よりも少ない金額で売りに出すか? それはわからないが、いずれにしても我々にとって大金となるはずだ。仮に、この冬に他のクラブと契約したとしても、我々の目標はシーズン終了まで彼をキープすることだ。それは我々が求める条件のひとつだ」


関連ニュース
thumb

マルセイユが逸材FWチョの獲得でアンジェとクラブ間合意か?

マルセイユがアンジェのU-21フランス代表FWモハメド=アリ・チョ(18)の獲得に向けてクラブ間で合意に至った模様だ。フランス『Le10Sport』が報じている。 リーグ・アン屈指の若手タレントの18歳にはベティス、ドルトムント、レスター・シティといったクラブがここまで関心を示している。 また、先日にはフランクフルトが600万ユーロ(約8億2000万円)の公式オファーを掲示も、アンジェ側が拒否。さらに、ドルトムント移籍が決定したドイツ代表FWカリム・アデイェミの後釜を探すレッドブル・ザルツブルクが1000万ユーロ(約13億7000万円)のオファーを準備しているとも報じられていた。 そういった中、『Le10Sport』が報じるところによれば、以前から同選手に対して強い関心を示していたマルセイユは、1200万ユーロ(約16億5000万円)+ボーナスという条件掲示でアンジェの合意を取り付けた模様だ。 なお、現時点では個人間での合意はなされていないようだが、アンジェはクラブの財政を安定させるため、現行契約が2023年までとなっているチョを今夏に売却する考えだという。 幼少期にパリ・サンジェルマンのアカデミーに在籍していたチョは、2015年に両親の仕事の関係でイギリスに移住し、エバートンのアカデミーに加入。しかし、2020年に16歳の誕生日を迎えると、母国フランスに戻り、アンジェとプロ契約を締結した。 そのアンジェでは2020年8月30日のボルドー戦でクラブ史上最年少(16歳7カ月と11日)でのトップチームデビューを飾ると、そのデビューシーズンではゴールこそなかったものの、リーグ戦21試合に出場。 そして、今シーズンはリーグ・アン第4節のスタッド・レンヌ戦で同じくクラブ史上最年少(17歳7カ月と10日)となるゴールを記録。以降、30試合に出場し4ゴールを挙げている。 右ウイングが主戦場も、屈強な守備者揃いのリーグ・アンでも当たり負けしない182cmの恵まれた体格を持つ左利きのアタッカーは、センターフォワードでもプレー可能。その爆発的な加速力とドリブルテクニック、コーディネーション能力の高さは、利き足は異なるものの、キャリア初期のフランス代表FWキリアン・ムバッペを想起させる。 2022.05.11 22:39 Wed
twitterfacebook
thumb

イカルディが右大腿四頭筋の負傷で2~3週間の離脱に…

パリ・サンジェルマン(PSG)は22日、アルゼンチン代表FWマウロ・イカルディの負傷を発表した。 イカルディは20日に行われたリーグ・アン第33節アンジェ戦のウォーミングアップ中に右足を負傷。検査の結果、右大腿四頭筋の損傷と診断され、復帰には2~3週間を要するとのことだ。 なお、試合はFWキリアン・ムバッペの3試合連続ゴールなどでPSGが完勝。しかし、同日開催のマルセイユも勝利したためリーグ優勝は次節に持ち越しとなった。 2019年夏の加入から在籍3年目を迎えているイカルディ。同胞のFWリオネル・メッシの加入で大幅に出番が減少したことを受け、一部メディアは今夏での退団が伝えられるなど、去就が注目されている。 2022.04.23 06:00 Sat
twitterfacebook
thumb

週末にも優勝が決まるPSG、ポチェッティーノ監督「最も重要なことは、土曜日に集中すること」

パリ・サンジェルマン(PSG)のマウリシオ・ポチェッティーノ監督が、アンジェ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 PSGは前節2位のマルセイユとの直接対決を制し、勝ち点差を15に広げ優勝に近づいた状況。今節勝利すれば優勝が決定する可能性もあった。 そのPSGは、28分にキリアン・ムバッペのゴールで先制すると、前半アディショナルタイム47分にはセルヒオ・ラモスが加入後2点目のゴールでリードを広げる。 危なげなく戦うPSGは77分にマルキーニョスが追加点。0-3で勝利を収めた。 マルセイユも勝利したことで今節での優勝とはならなかったが、王手をかけた状況に。ポチェッティーノ監督は、目の前の試合に集中すると気を引き締めた。 「良い試合だった。とてもプロフェッショナルなパフォーマンスだったと思う。3ポイントが最も重要であり、我々は望むものを達成することにさらに近づいていると思う」 「タイトル?試合に勝利し、上手くプレーし、我々が生み出すものに集中することが重要だ。最も重要なことは、土曜日に集中し、再びとても良いパフォーマンスを発揮することだ」 2022.04.21 11:34 Thu
twitterfacebook
thumb

ムバッペの3連発などでPSGが4連勝を飾るも優勝は次節に持ち越しに《リーグ・アン》

リーグ・アン第33節が20日に10試合行われた。 今節の結果次第で2季ぶりのリーグ制覇の決まる首位パリ・サンジェルマン(PSG)は、アウェイで14位アンジェ(勝ち点34)と対戦し3-0で勝利した。 メッシとネイマールが欠場したPSGは、ウォーミングアップ中にイカルディが負傷し急遽ディナ・エビンベが先発で起用された。試合が動いたのは28分、ハキミとのワンツーでボックス手前まで侵攻したムバッペが左足を振り抜くと、シュートがゴール左隅に突き刺さった。 さらにPSGは、前半アディショナルタイム2分にもショートコーナーを受けたディ・マリアの左クロスをセルヒオ・ラモスが頭で流し込み、2点のリードで前半を終えた。 後半も主導権を握るPSGだった、68分にピンチを迎える。スルーパスでボックス右抜け出したチョをスライディングでケーラーが倒すと、主審はPKを宣告。しかし、オンフィールドレビューの結果、ケーラーのファウルは認められずPKは取り消された。 ピンチを凌いだPSGは77分、セットプレーから二次攻撃を仕掛けるとボックス左に持ち上がったディ・マリアのクロスをマルキーニョスが頭でゴールに叩き込んだ。 結局、試合はそのままタイムアップ。ムバッペの3戦連発弾などでPSGが快勝した。 また、前節PSGとの“ル・クラスィク”で惜敗した2位マルセイユ(勝ち点59)は、ホームで10位ナント(勝ち点47)と対戦し3-2で勝利した。 マルセイユは21分にアンドレのゴールで先制を許したが、39分にボックス右に駆け上がったブバカル・カマラが倒されPKを獲得。これをパイエが決めて試合を振り出しに戻した。 直後の42分にココにゴールネットを揺らされ、1点のビハインドで後半を迎えたマルセイユだったが、53分にこの試合2本目のPKを獲得。これをパイエが決め、同点に追いついた。 さらにマルセイユは75分、パイエのループパスでボックス左深くまで侵入したジェルソンの折り返しをアリが流し込み、逆転に成功。結局、これが決勝点となり3-2でマルセイユが勝利。今節でのPSGの優勝を阻止した。その他の結果は以下の通り。 ◆リーグ・アン第33節 ▽4/20(水) ロリアン 1-0 メス モナコ 1-0 ニース スタッド・ランス 2-1 リール ボルドー 2-2 サンテチェンヌ トロワ 0-1 クレルモン アンジェ 0-3 PSG マルセイユ 3-2 ナント RCランス 2-0 モンペリエ ブレスト 2-1 リヨン ストラスブール 2-1 スタッド・レンヌ 2022.04.21 06:27 Thu
twitterfacebook
thumb

アンジェ、練習施設の使用を許可していたベンタレブと3年半契約を締結

アンジェは6日、元アルジェリア代表MFナビル・ベンタレブ(27)をフリートランスファーで獲得した。契約期間は2025年6月30日までとなる。 トッテナムの下部組織で育ったベンタレブは、2013年にトップチーム昇格。その後、2016年夏にレンタルでシャルケに加入すると、翌年2月に完全移籍に移行した。 シャルケでは、在籍5シーズンで公式戦107試合に出場し19ゴール9アシストの数字を残した一方、度重なる規律違反でクラブやファンの不興を買うことに。また、2020年1月にはニューカッスルへの半年間のレンタル移籍も経験していた。 その後、昨シーズン限りでシャルケとの契約が満了を迎え、以降フリーの状態が続いている。 なお、アンジェは昨年9月からベンタレブにコンディション調整の場としてトレーニング施設の使用を許可していた。 2022.01.07 08:00 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly