「激アツ!」久保建英がラ・リーガ公式アカウントのヘッダーに!「まじで誇り」

2021.12.08 11:55 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラ・リーガの公式ツイッター(@LaLiga)のヘッダー画像に、マジョルカの日本代表MF久保建英の写真が採用された。マジョルカは4日、ラ・リーガ第16節でアトレティコ・マドリーとアウェイで対戦。先制を許すも、久保が74分から途中出場すると、80分にフランコ・ルッソのゴールで同点に追いつく。

そして迎えた90分、相手FKからのロングカウンターを仕掛けると、久保がドリブルでボックス内に持ち込みGKヤン・オブラクの股間を抜くシュートを決めて逆転。マジョルカは8戦ぶりに勝利を収めていた。

昨シーズンのリーグ王者相手に劇的なゴールを決めた久保には大きな注目が集まっていたが、ラ・リーガの日本語版公式ツイッター(@LaLigaJP)が6日にヘッダー画像を久保に変更。それを追う形で、スペイン語版、英語版(@LaLigaEN)のヘッダーも変わっている。

3つのアカウントを合計すると850万人以上のフォロワーを抱えており、これを知ったファンたちからは「激アツ」、「まじで誇り」、「すごい」、「ラリーガのヘッダーにTAKE登場」と驚きの声が寄せられた。

なお、11月にはプレミアリーグの公式ツイッター(@premierleague)のヘッダー画像に、リバプールの日本代表FW南野拓実の写真が使われており、2カ月連続で日本人選手が欧州リーグの顔に選ばれた。

1 2

関連ニュース
thumb

3戦連発かかる伊東純也が決意 「『マヤくん、トミがいないから負けた』と言われないように」

ヘンクの日本代表MF伊東純也が26日、翌27日に埼玉スタジアム2002で行われる中国代表戦を前にオンライン取材で決意を語った。 今月下旬から来月上旬にかけて、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の2試合に臨む日本。今回は中国とサウジアラビア代表を相手にしたホーム2連戦となる。 そんな今シリーズでも攻撃陣の軸として期待されるのが伊東。今予選6試合で5得点と得点力不足が叫ばれる日本のなかで、5試合出場で2得点1アシストと存在感を示す。 昨年11月のベトナム代表戦、オマーン代表戦では決勝ゴール。3戦連発が期待され、今予選における森保ジャパンのアタッカー陣をリードする第一人者と言っても良い。 ただ、伊東自身は「核になっているという実感はない」ときっぱり。とはいえ、「自分のやることは変わらない」と強調した上で、年長としての自覚もうかがわせている。 「チームでも、代表でも上の年齢になってきている。プレーでしっかりと引っ張っていきたい」 また、吉田麻也と冨安健洋の両センターバックを欠く今活動とだけあって、「『マヤくん、トミがいないから負けた』と言われないようにしたい」と闘志をみなぎらせた。 「代わりに出る選手にとってはチャンスだし、そこで誰が出ても勝てるようにしたい」 そう語る伊東は前回の中国戦で決勝アシスト。今回も同じ相手に活躍が期待されるが、ベールに包まれる部分が多い中国の出方よりも自分たちの戦いに集中した。 「相手が4バックでくるのか、5バックでくるのかわからないけど、両方を想定してやりたい」 「僕らががうまくやれば、どっちできてもチャンスを多く作り出せる。そこで決め切れるかが大事になる」 停滞する攻撃面の改善具合も注目されそうな今回の中国戦。伊東は「自分が取ってやるという気持ちは常にある」と3戦連発に意欲を示したが、チームの勝利のみを目指した。 「得点を多く取って勝つのが一番良いけど、1-0でも何でも勝つことが大事。全員で戦って、走って、勝てれば良い」 2022.01.26 16:45 Wed
twitterfacebook
thumb

「勝つことが一番大事」今冬セルティック移籍のFW前田大然、代表でのポジションについて「自分がどうこう言うべきではない」

日本代表のFW前田大然(セルティック)が、26日にメディアのオンライン取材に応対した。 日本代表はカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選に向け、24日からトレーニングキャンプを実施。スコットランドから帰国した前田もトレーニングに参加している。 これまで予選6試合で4勝2敗の成績を残し、現在2位につける日本代表にとって、27日に行われる中国代表戦と、2月1日に行われるサウジアラビア代表戦のホーム2連戦は、W杯本大会出場に向けて非常に重要な一戦となる。 前田もこの2試合への意気込みについては「2試合で勝たないといけない。勝つため何が大事かを考えながらやっていきたいですね。ゴールをとらないと試合に勝てない。だからゴールはしたいけど、チームが勝つことが一番大事なので」とコメント。「もちろん、自分が試合を決めるという思いでやっています。でも、チーム皆がそう思っている。だから、皆で戦って勝っていければ」と語り、個人ではなくチームとして戦う姿勢を強調した。 代表ではサイドで起用されることが多い現状については、最前線でのプレーを望みつつも「まずは試合にしっかり出て、点をとる必要があります。(ポジションは)監督が決めることであって、自分がどうこう言うべきものではないかなと。出たときにしっかり結果を出したいです。(チームには)自分の特徴を知ってもらっていると思うから、どれだけできるかを示さないと。勝たないといけないのだから、点をとりたいです」として、与えられたポジションで全力を尽くす姿勢を示した。 また、前田は1月から加入したセルティックでの印象について聞かれた際、「練習は合流してからすぐハードなものをこなしました。きついものでしたが、練習メニューについてはマリノスと同じだったので、すんなり入れましたね」と語り、昨年夏まで横浜F・マリノスで指揮をとっていたアンジェ・ポステコグルー監督のおかげで順調だとアピールしている。 さらに、デビュー戦となった17日のハイバーニアン戦で開始早々にゴールを記録したことについては「最初が大事だというのは感じていました。うまく行きすぎかなとは思いましたが、それは自分がやるべきことをやってきたからかなと。これからも自信を持ってやっていきたいですね」と今後に向けて意欲を燃やした。なお、ゴール後に披露したアンパンマンのパフォーマンスについては「(アンパンマンだと)全然通じてはいませんでした(笑) 通じるようにこれからもゴールを決めていければ」と振り返っている。 2022.01.26 16:18 Wed
twitterfacebook
thumb

「酷いタックル」先発デビュー戦で負傷交代の井手口陽介についてポステコグルー監督が言及「少しの間欠場する」

セルティックのアンジェ・ポステコグルー監督が、MF井手口陽介の負傷について言及した。クラブ公式サイトが伝えた。 井手口は、ガンバ大阪から今冬の移籍市場でセルティックへと完全移籍。17日のスコティッシュ・プレミアシップ第21節のハイバーニアン戦で途中出場しデビューを果たした。 その井手口は、22日に行われたスコティッシュ・カップ4回戦のアロア・アスレティック戦に先発出場。しかし、60分にMFモハメド・ニアンのボールを蹴り出した足に足元をすくわれる形となり、しばらくピッチ上で治療。そのまま交代していた。 井手口については「うまくいけばヨウスケは大丈夫だろう」と試合後に語っていたポステコグルー監督だったが、思ったより良くないと明かした。 「ヨウスケはあまり良くない。試合後、深刻ではなさそうだと言ったと思うが、今もかなり痛みがあるようだ」 「私はそれほど酷くならないだろうと楽観的だったが、映像で見たように、起こってはいけないタックルであり、その日のうちに対処されるべきタックルだった」 「あれは酷いタックルだった。そして彼は上手く回復できず、少しの間欠場することとなった」 移籍後2試合目で負傷の井手口。前回の欧州挑戦時も早い段階で負傷してパフォーマンスが上がらなかった過去があるが、今回はしっかりと治してもらいたいところだ。 <span class="paragraph-title">【動画】前田&井手口が先発出場のカップ戦ハイライト!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="wm_A2DTEsdo";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.01.26 11:40 Wed
twitterfacebook
thumb

代表戦欠場の吉田麻也、複雑な心境も「1日も早くピッチに」

サンプドリアの日本代表DF吉田麻也が25日に自身のSNSにもどかしい思いを明かした。 6日に行われたセリエAのカリアリ戦で右太ももを痛め、戦線離脱が続く吉田。22日に日本代表メンバーが発表されたが、招集が見送られ、今月下旬から来月上旬にかけてのカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の2試合欠場が決まった。 吉田は英語で「負けるのよりもケガをする方が嫌です。代表にもクラブにも貢献できないなんて、どうかしてしまいそうだ。繰り返されないように、もっと頑張って、強くなって戻ってきます。逆境は人を強くする」と記した。 また、日本語でも現在の複雑な心境を綴り、「このタイミングで怪我してしまった自分に殺意すら覚えましたが、やれる事に全力を注ぎより強くなって1日も早くピッチに戻れるようにします」と早期復帰に意欲を示している。 日本はグループBの6試合を消化した現時点で自動出場圏内の2位につけるが、3位のオーストラリアとは1ポイント差。今回は中国代表とサウジアラビア代表を相手にしたホーム2連戦だが、アーセナルの日本代表DF冨安健洋も負傷不参加とセンターバック陣の台所事情が厳しいなかでの戦いになる。 <span class="paragraph-title">【写真】吉田麻也が笑顔の写真で心境を吐露</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CZLBxyxIitg/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CZLBxyxIitg/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CZLBxyxIitg/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Maya Yoshida(@mayayoshida22)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.01.26 11:35 Wed
twitterfacebook
thumb

原大智が止まらずの直近5戦で4発目! 日本人3選手フル出場のシント=トロイデンvs三好康児途中出場のアントワープは痛み分け《ジュピラー・プロ・リーグ》

シント=トロイデンは25日に敵地でジュピラー・プロ・リーグ第24節のアントワープ戦に臨み、1-1で引き分けた。 日本人6選手を擁するシント=トロイデンは橋岡大樹、林大地、原大智が先発。代表招集のシュミット・ダニエル、松原后、そして現地入りの香川真司は欠場した。 前節から先発を2選手が入れ替えて、2連勝を目指したシント=トロイデン。だが、三好康児をベンチに置いたアントワープが32分にバリクヴィシャのミドルで先制する。 そんなアントワープも40分に負傷したベンソンのアクシデント交代に見舞われるが、三好に出番。思わぬ形だが、両軍あわせて日本人4選手がプレーする展開となる。 アクシデントにも動じず、1点リードで折り返したアントワープだが、シント=トロイデンが同点。53分、右CKのキックからファーサイドの原が左足で押し込んだ。 原の前節のセラン戦に続くゴールで振り出しに戻したシント=トロイデンだが、その後は互いに譲らず、そのまま終了のホイッスル。勝ち点1ずつを分け合った。 なお、シント=トロイデンの日本人3選手はそれぞれフル出場。原はここ5戦で4ゴールとなり、好調をキープしている。 アントワープ 1-1 シント=トロイデン 【アントワープ】 バリクヴィシャ(前32) 【シント=トロイデン】 原大智(後9) 2022.01.26 08:45 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly