アタランタがジェレミー・ボガ獲得に迫る! 個人間で原則合意

2021.12.07 22:50 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アタランタがサッスオーロのコートジボワール代表FWジェレミー・ボガ(24)の獲得に近づいているようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのニコロ・スキラ氏が報じている。サッスオーロとの現行契約が今シーズン終了までとなっているボガに関しては、今夏のタイミングでの移籍の可能性が決定的と見られていたが、最終的に残留が確定。

しかし、依然として移籍を希望する同選手に対しては、昨季までサッスオーロを率いていたロベルト・デ・ゼルビ監督率いるシャフタール・ドネツク、同じく移籍先候補に挙がっていたアタランタが熱視線を注いでいた。

スキラ氏が報じるところによれば、アタランタとボガは2026年までの契約で原則合意。ただ、アタランタとサッスオーロのクラブ間での合意には至っていないという。

サッスオーロはボガの移籍金を2000万ユーロ(約25億5000万円)に設定しており、選手の譲渡ではなくキャッシュのみのオファー以外受け入れる気はないようだ。

マルセイユ出身でチェルシーアカデミー育ちのボガは、スタッド・レンヌ、グラナダ、バーミンガムでの武者修行を経て、2018年夏にサッスオーロへ完全移籍した。

サッスオーロでは左ウイングを主戦場に、ここまで公式戦99試合に出場し、18ゴール10アシストを記録。爆発的な加速力と当たり負けしない体幹の強さを武器に、セリエA屈指のドリブラーとして評価を高めている。

関連ニュース
thumb

準々決勝の日程が決定! インテルvsローマ、ミランvsラツィオなど《コッパ・イタリア》

コッパ・イタリア準々決勝の日程が決定した。 1月12日から20日にかけて行われたベスト16では、前回王者ユベントスや、ファイナリストのアタランタ、ミラノ勢が順当に駒を進める中、一昨シーズンの覇者ナポリは、合計3人の退場者を出したフィオレンティーナとの大荒れの試合で、延長戦までもつれ込んだ結果、2-5の敗戦を喫した。 準々決勝では、インテルvsローマや、ミランvsラツィオなど、セリエA上位陣によるビッグマッチが実現。ナポリを破ったフィオレンティーナはアタランタと、ユベントスはサッスオーロと対戦する。 ◆コッパ・イタリア準々決勝日程 ▽2/8(火) 《29:00》 インテル vs ローマ ▽2/9(水) 《29:00》 ミラン vs ラツィオ ▽2/10(木) 《26:00》 アタランタ vs フィオレンティーナ 《29:00》 ユベントス vs サッスオーロ 2022.01.25 16:44 Tue
twitterfacebook
thumb

冬の補強目指すインテル、現在負傷中のアタランタMFゴセンス獲得に関心か

インテルがアタランタのドイツ代表MFロビン・ゴセンス(27)の獲得に関心を示しているようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。 フィテッセの下部組織に所属していたゴセンスは、その後ドルトレヒト、ヘラクレスを経て2017年6月にアタランタへ加入。アタランタでは徐々に頭角を現し主軸の座をつかむと、ここまで公式戦157試合に出場して29ゴール21アシストを記録している。 こうした活躍が評価され、昨夏に開催されたユーロ2020のドイツ代表のメンバーに選ばれると、全試合に出場して1ゴール2アシストの成績を残した。 今季は10月に負ったハムストリングの負傷が長引き、ここまで公式戦8試合の出場にとどまっているが、左サイドのスペシャリストとしてリーグ屈指の選手に成長したゴセンスに対しては、インテルが強い関心を示しているという。 インテルはクロアチア代表MFイバン・ペリシッチ(32)との契約が今夏で満了となるものの、契約延長に向けた交渉には進展がない。こうした状況を受け、今月中にもゴセンス獲得のためのオファーを提出する可能性があるようだ。 一方で、アタランタと2023年夏までの契約を残すゴセンスに対しては、サウジアラビア政府系の投資ファンドに買収され、莫大な資金を手にしたニューカッスルも獲得に関心を示しており、去就が注目されている。 2022.01.25 11:56 Tue
twitterfacebook
thumb

アタランタがジェレミー・ボガ獲得を発表! AFCON終了後に合流

アタランタは24日、サッスオーロからコートジボワール代表MFジェレミー・ボガ(24)を獲得したことを発表した。 クラブは詳細な契約内容を明かしていないが、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのニコロ・スキラ氏によれば、契約期間は5年間で移籍金は2200万ユーロ(約28億4000万円)+ボーナスで合意に達した模様だ。 マルセイユ出身でチェルシーアカデミー育ちのボガは、スタッド・レンヌ、グラナダ、バーミンガムでの武者修行を経て、2018年夏にサッスオーロへ完全移籍した。 サッスオーロでは左ウイングを主戦場に、ここまで公式戦102試合に出場し、18ゴール10アシストを記録。爆発的な加速力と当たり負けしない体幹の強さを武器に、セリエA屈指のドリブラーとして評価を高めていた。 なお、ボガは現在、コートジボワール代表としてアフリカネーションズカップ2021に参加中しているため、大会終了後にチームに合流する。 2022.01.25 06:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ラツィオvsアタランタは膠着ゴールレスドロー《セリエA》

セリエA第23節、ラツィオvsアタランタが22日に行われ、0-0で引き分けた。 8位ラツィオ(勝ち点35)は前節、最下位サレルニターナにインモービレのドッピエッタで快勝。さらに4日前に行われたコッパ・イタリアでもウディネーゼとの延長戦の末、インモービレの決勝ゴールで勝ち上がった。そのラツィオは現状のベストメンバーで臨んだ。 対する4位アタランタ(勝ち点42)は前節、インテルにゴールレスドロー。GKムッソの再三の好守もあって引き分けに持ち込んだ。ただ、ケガ人を多数抱え、ムリエルやデ・ローン、パシャリッチらが欠場に。前線はピッコリ、ミランチュク、ペッシーナで形成した。 立ち上がりの主導権争いを経てラツィオがボールを握る展開で推移。しかし、シュートに持ち込むシーンは少なく互いに好機を作れない。結局、膠着した前半は互いにシュート2本、枠内0、ゴールレレスで前半を終えた。 迎えた後半も膠着した展開で推移した中、64分に両チーム通じて初めてのビッグチャンスがラツィオに訪れる。右クロスを受けたボックス内のザッカーニがボレー。左ポストに直撃した。 対するアタランタもすかさず反撃に転じ、ミランチュクが立て続けにラツィオゴールに迫るシュートを浴びせていく。 終盤にかけてオープンな展開となる中、74分にラツィオはCKの流れからマルシッチが際どいシュートを放てば、続く77分にはルイス・アルベルトがコントロールシュートで枠内シュートをマーク。 終盤にかけてはラツィオの攻勢が強まったが、ゴールを割るには至らずドロー決着となった。 2022.01.23 06:39 Sun
twitterfacebook
thumb

積極補強のニューカッスル、アタランタのコロンビア代表FWにオファーか

ニューカッスルがアタランタのコロンビア代表FWドゥバン・サパタ(30)の獲得に関心を示しているようだ。イギリス『デイリー・レコード』が伝えている。 昨年10月にサウジアラビア政府系の投資ファンドに買収され、莫大な資金を手にしたニューカッスルは、現在19位に沈むプレミアリーグでの挽回を目指し、今冬の移籍市場で積極的な補強に着手。すでにアトレティコ・マドリーからイングランド代表FWキーラン・トリッピアー、バーンリーからニュージーランド代表FWクリス・ウッドを獲得するなど、即戦力の補強に成功している。 そして『デイリー・レコード』によると、ニューカッスルは次なるターゲットとしてD・サパタの獲得に動き始めたようだ。 D・サパタは2018年7月から所属するアタランタで、これまで公式戦152試合出場で78ゴール38アシストを記録。上位争いを繰り広げるチームのエースに君臨しており、今シーズンもここまで公式戦22試合に出場して12ゴール7アシストを記録している。 ニューカッスルはサパタの移籍金として3000万ユーロ(約39億円)以上の移籍金を提示したとされており、選手本人もクラブ間で合意するようなら、移籍に前向きな姿勢のようだ。 ニューカッスルは現在、プレミアリーグで6ゴールを記録し、チーム内得点王のイングランド代表FWカラム・ウィルソンが負傷で離脱しており、サパタ加入が実現すれば残留に向けて大きな後押しとなる。 2022.01.18 16:56 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly