ジェノアに2発完勝のユーベ指揮官「楽しんでプレーできた」

2021.12.06 13:43 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスのマッシミリア―ノ・アッレグリ監督がチームパフォーマンスへの満足を語った。クラブ公式サイトが伝えている。5日に行われたセリエA第16節でジェノアと対戦したユベントス。9分にMFフアン・クアドラードのゴールで先制し、その後も一方的に押し込み続けるが、相手GKサルバトーレ・シリグの好守に遭い、なかなか点差を広げることはできない。それでも、82分にFWパウロ・ディバラの2試合連続ゴールで追加点を挙げ、スコアは2-0に。結局、対戦相手にシュートを一本も打たせなかったホームチームが2-0で完勝した。

リーグ2連勝を成し遂げ、これが自身にとってのセリエA通算250勝目となったアッレグリ監督は試合後、内容面に一定の満足感を示した。

「今夜は楽しんでプレーできたし、多くのチャンスを作って勝利を手にした。この試合では、何度もシリグのセーブに遭っていたので、本来ならばもっとゴールを決められたかもしれない」

「今日は我々の成長のベースとなる一歩だが、結果とパフォーマンスの維持もできている」

「決意を持って、最初から最後まで相手を攻め続けて勝つことが重要だった。今は他のチームのことよりも、自分たちのことを考えて、一戦一戦を大切にしなければならない」

「今夜のパフォーマンスを振り返ると、チームがピッチ上で見せたものには満足している。DFラインの間がコンパクトで、気を配れており、整然としていた」

「サレルニターナ戦でもそうだったが、(アルバロ・)モラタの後ろにいる(フェデリコ・)ベルナルデスキ、ディバラ、(デヤン・)クルゼフスキの3枚が攻撃において前線を自由に動き回れていた。これも重要なポイントだ」

関連ニュース
thumb

FIFA/FIFProワールドイレブンが発表! プレミアから最多5選手!

国際サッカー連盟(FIFA)は17日、国際プロサッカー選手会(FIFPro)と共同主催する2021年の男子ワールドイレブンを発表した。 FIFA/FIFProワールドイレブンは2005年からスタート。世界のフットボーラーによる投票で決められ、17日に開催された『ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ』で11人のメンバーが発表された。 GKにはユーロ2020でイタリア代表の優勝に貢献し、大会MVPにも輝いたジャンルイジ・ドンナルンマが選出。 さらに、ディフェンス部門ではダビド・アラバ、レオナルド・ボヌッチという常連2人と、マンチェスター・シティでワールドクラスのセンターバックに成長したルベン・ディアスが選出。 中盤ではシティのプレミアリーグ制覇に貢献したケビン・デ・ブライネ、チェルシーのチャンピオンズリーグ(CL)制覇に貢献したジョルジーニョ、エンゴロ・カンテの選手が選ばれた。 さらに、最多4人が選出されたフォワード部門ではクリスティアーノ・ロナウドとリオネル・メッシの生けるレジェンド2人に、ブンデスリーガの2大ストライカーのロベルト・レヴァンドフスキ、アーリング・ハーランドが選ばれた。 GK ジャンルイジ・ドンナルンマ(イタリア/ミラン、パリ・サンジェルマン) DF ダビド・アラバ(オーストリア/バイエルン、レアル・マドリー) レオナルド・ボヌッチ(イタリア/ユベントス) ルベン・ディアス(ポルトガル/マンチェスター・シティ) MF ケビン・デ・ブライネ(ベルギー/マンチェスター・シティ) ジョルジーニョ(イタリア/チェルシー) エンゴロ・カンテ(フランス/チェルシー) FW クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/ユベントス、マンチェスター・ユナイテッド) アーリング・ハーランド(ノルウェー/ドルトムント) ロベルト・レヴァンドフスキ(ポーランド/バイエルン) リオネル・メッシ(アルゼンチン/バルセロナ、パリ・サンジェルマン) 2022.01.18 06:21 Tue
twitterfacebook
thumb

契約交渉暗礁のディバラ、憶測呼ぶゴール時のスタンド直視 「招待した友人が見つからなくて…」

ユベントスのアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ(28)が契約問題に言及した。 2015-16シーズンにパレルモから加わり、2017-18シーズンからクラブ伝統の背番号「10」を受け継いだディバラ。ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが去った今季も攻撃陣をリードする存在だが、ピッチをひとたび離れれば、今季最終年の契約にも大きな注目を集めている。 長らく取り沙汰される契約交渉は数カ月前まで延長合意ともいわれたが、ユベントスが財政上の問題も理由に提示した給与の減額に動いたと報じられてから状況一転。ディバラ側はこうしたクラブの対応に憤っているとされ、今夏のフリー移籍が噂され出すなど、不透明さが増している。 そんなディバラは15日にホームで行われたセリエA第22節のウディネーゼ戦に先発して、19分に先制ゴールをマークしたが、ゴールを祝わず、無表情でスタンド上部に目をやる姿が話題に。クラブ首脳陣に対する不満を表したものではないかと憶測を呼んだが、どうやら違ったようだ。 ディバラは試合後、イタリア『スカイ』のインタビューでその説明を求められると、「友人を招待していたんだけど、見つからなくて、スタンドの方を探していただけだ」と釈明。自身を信じるべきかとの問いに対しては「どうだろうね」と続け、自身にまつわる報道に嫌悪感を示した。 「それは君たちに任せるよ。最近はたくさんニュースが流れて、話したくないようなことも色々と起きている」 また、『DAZN』のマイクを通じてはクラブとの契約交渉に関する質問を受け、「クラブは2月から3月の間に話し合うと決めている。僕は誰かに証明することなんて何も必要ない。僕は監督の意のままだし、待っているよ」と返答している。 2022.01.16 18:45 Sun
twitterfacebook
thumb

渦中のディバラが2戦連発、ユベントスが2連勝《セリエA》

ユベントスは15日、セリエA第22節でウディネーゼをホームに迎え、2-0で勝利した。 前節ローマとの打ち合いを制した5位ユベントス(勝ち点38)は、3日前に行われたスーペル・コッパのインテル戦では延長戦の末に敗戦。そのユベントスはケアンと契約延長問題に揺れるディバラの2トップとするフラットな[4-4-2]で臨んだ。 14位ウディネーゼ(勝ち点20)に対し、立ち上がりからボールを握ったユベントスは19分に最初のチャンスを生かして先制する。アルトゥールのクサビのパスをケアンが落とし、ディバラが受けてボックス中央へ。GKとの一対一を確実に制した。 渦中のディバラ弾で先手を取ったユベントスがその後も敵陣で試合を進めたが、追加点に迫るようなチャンスは生み出せず1点のリードで前半を終えた。 後半からクルゼフスキとアルトゥールに代えてベルナルデスキとロカテッリを投入したユベントスが引き続きボールを握る中、61分にクアドラードがFKでゴールを脅かすと、65分にはディバラがコントロールシュートで追加点に迫った。 そして79分、ユベントスが2点目をこじ開ける。ディバラのサイドチェンジを受けたボックス左のデ・シリオがクロスを上げ、マッケニーが頭で押し込んだ。 終盤にかけても試合をコントロールしたユベントスが2-0で勝利。年明け後のリーグ戦2連勝としている。 2022.01.16 06:39 Sun
twitterfacebook
thumb

ディバラが今夏のユベントス退団検討か…クラブの契約条件変更に憤り

アルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ(28)がユベントス退団を真剣に検討しているようだ。アルゼンチン『TyCSports』が報じている。 ユベントスとの現行契約が今シーズン終了までとなっているディバラは、2020年からクラブとの延長交渉を行ってきた。 イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、数カ月前には年俸総額1000万ユーロ(約13億円)の条件で合意に至り、2026年までの4年契約を締結すると見られていた。 しかし、ユベントスは先日に負傷離脱が目立つディバラのコンディションの問題、クラブの財政的な問題を理由に、契約条件の見直しを代理人サイドに要求。新たなオファーは現行の年俸730万ユーロ(約9億5000万円)か、それを下回る金額となるようだ。 そして、『TyCSports』が伝えるところによれば、ディバラは土壇場で契約条件を一方的に変更したユベントスの対応に憤りを示しており、契約延長から一転今夏の退団を真剣に検討しているという。 今回の報道は代理人サイドからユベントスの首脳陣に対する圧力という見方もできるが、少なくとも今回新たに掲示した条件でディバラが新契約にサインする可能性は限りなく低いようだ。 なお、過去にはマンチェスター・ユナイテッドやトッテナム、バルセロナといったクラブへの移籍の可能性が取り沙汰されたが、現時点で新天地候補の具体的な名前はない。 2015年にパレルモから加入して以降、公式戦257試合に出場し、94ゴール49アシストの数字を残してきたビアンコネロのエースだが、今夏に袂を分かつことになるのか…。 2022.01.13 22:38 Thu
twitterfacebook
thumb

アルトゥールのレンタルにアルテタ監督ゴーサイン、ユーベの返答待ちに

ユベントスのブラジル代表MFアルトゥール(25)のレンタルを画策しているアーセナルだが、ミケル・アルテタ監督からゴーサインが出たようだ。 今季前半戦を終え、プレミアリーグではトップ4圏内を視界に捉えるなど、まずまずのシーズンを過ごすアーセナル。だが、直近のFAカップでは下位リーグのノッティンガム・フォレストに敗れるなど、一抹の不安も残す。 そんなアーセナルが冬の移籍市場で狙っているのがアルトゥールだ。2020年夏にバルセロナから移籍したが、うだつが上がらない日々が続いており、今季も公式戦ケガの影響もあって公式戦出場はここまで12試合にとどまっている。 移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によれば、アルトゥールのレンタルをアルテタ監督が強く推しているようで、今季残りの分の年俸を全て肩代わりすることもやぶさかではないという。 だが、ユベントスとしては、後釜が見つからない限り放出は認められず、交渉は暗礁に乗り上げているという。 2022.01.13 21:05 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly