「夢のような素晴らしい時間」…新潟、元日本代表FW田中達也が現役引退 「自分は本当に幸せ者」

2021.12.04 12:24 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
アルビレックス新潟は4日、元日本代表FW田中達也(39)の現役引退を発表した。

山口県生まれの田中は帝京高校を卒業後の2001年に浦和レッズでプロ入りすると、プロ3年目の2003年にJ1リーグ11得点を挙げてブレイク。同年に優勝したJリーグカップでMVP&ニューヒーロー賞をダブルで獲得するなど、5つのチームタイトル獲得にも貢献した。

2005年から日本代表にも呼ばれるようになり、16試合3得点のキャップ数を記録したが、2013年に新潟移籍を決断。近年は出番が減り、今季も出場機会がない状況だが、J1リーグ333試合66得点、J2リーグ55試合3得点の通算成績を収めている。

21年間の選手生活にピリオドを打つ田中はクラブを通じて、これまでを「夢のような素晴らしい時間」だったと振り返りながら、別れの挨拶をした。

「山口県の周陽スポーツ少年団でサッカーを始め、周陽中学校、帝京高等学校と進む中で指導してくださった指導者の方々や、日々切磋琢磨しながらトレーニングをしてくれた仲間たちのおかげで、プロサッカー選手になることができました」

「浦和レッズで12年、アルビレックス新潟で9年。この21年間で自分を成長させてくれた、たくさんの監督のおかげで、夢のような素晴らしい時間を過ごすことができました」

「時には大きな困難にぶつかり、挫けそうな時もありましたが、共に戦ってくれたチームメイトやスタッフ、そして、声援を送り続けてくれたサポーターの皆さんの存在が、自分を何度も奮い立たせてくれました」

「そして、自分を育ててくれた両親や自分をサッカーに導いてくれた兄、一番近くで一緒に戦ってくれた妻、パワーの源の子どもたちにも、とても感謝しています」

「多くの方々のサポートのおかげで、とことんサッカーをやり続けることができた自分は本当に幸せ者です。何よりも、アルビレックス新潟のオレンジ色のユニホームを着て引退できることを、誇らしく思っています! 皆さん、本当にありがとうございました」

関連ニュース
thumb

新潟異色パフォーマンス、"人間ボウリング"が再脚光「面白いのでぜひビッグスワンへ」

アルビレックス新潟のユニークなパフォーマンスが注目を集めている。 6月22日は"ボウリングの日"。長崎に日本初のボウリング場が開設されたと、英字新聞に掲載された日にちなみ、日本ボウリング場協会(BPAJ)によって制定された。 Jリーグ公式ツイッターは22日、「今日はボウリングの日」と題してユニークなパフォーマンスをするクラブを紹介。新潟が試合後に行うボウリングパフォーマンスを公開した。 5月8日の明治安田生命J2リーグ第15節の東京ヴェルディ戦で披露された独特なパフォーマンスは海外でも話題をさらった。DF千葉和彦が陸上競技のフィールド競技者よろしく会場の手拍子を煽ると、この日決勝点を挙げたFW矢村健に”投球”され、自ら前転しながら"ピン"の下へ。 ヘッドピンを捉え、見事ストライクをとった。 デンカビッグスワンスタジアムで恒例となりつつある異色のパフォーマンスは、「面白いのでぜひビッグスワンへ」、「すばらしいストライク!!」、「類義語認定されるかな」、「仕事前に元気もらえた」などの声が寄せられるなど、好評を博している。 J2で首位に立つ新潟は今季のホームゲームでめっぽう強く、レノファ山口FC戦こそ引き分けたものの、以降は白星続き。第22節のブラウブリッツ秋田戦でも勝利を収め、クラブ新記録となるホーム10連勝を達成した。選手とサポーターの一体感が、6年ぶりのJ1へ向けての原動力となっているようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】勝利の原動力?! 新潟の"人間ボウリング"パフォーマンス</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> STRIKE! <a href="https://twitter.com/albirex_pr?ref_src=twsrc%5Etfw">@albirex_pr</a> <a href="https://t.co/hyQmtH71ny">pic.twitter.com/hyQmtH71ny</a></p>&mdash; J.LEAGUE Official EN (@J_League_En) <a href="https://twitter.com/J_League_En/status/1534931365522980864?ref_src=twsrc%5Etfw">June 9, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【写真】"人間ボウリング"パフォーマンスを決めて弾ける新潟の選手たち</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>今日は <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%9C%E3%82%A6%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%81%AE%E6%97%A5?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ボウリングの日</a><br>\<br><br>アルビレックス新潟 はユニークなボウリングパフォーマンスを披露しています<br>プレーしている時とのギャップが良いですよね<br><br>試合を見る際にはゴール後や試合後に選手が見せるパフォーマンスにも注目です<a href="https://twitter.com/hashtag/%EF%BC%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0%E3%81%82%E3%81%84%E3%81%95%E3%81%A4?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Jリーグあいさつ</a> <a href="https://t.co/uwHoqjLvml">pic.twitter.com/uwHoqjLvml</a></p>&mdash; Jリーグ(日本プロサッカーリーグ) (@J_League) <a href="https://twitter.com/J_League/status/1539382656298803203?ref_src=twsrc%5Etfw">June 21, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.06.22 20:05 Wed
twitterfacebook
thumb

新潟が秋田に快勝し首位防衛、町田は後半AT弾で白星もぎ取る【明治安田J2第22節】

明治安田生命J2リーグ第22節の2試合が19日に行われた。 首位防衛を目指す新潟はホームで秋田と対戦。序盤からペースを握ると15分に先制する。高木が右足で上げた左CKを舞行龍ジェームズが競り合い、こぼれ球を田上がシュート。相手に当たってゴールラインを破りそうになったところを本間が拾い、ボックス右から素早くクロスを上げると、最後は松田が頭で押し込んだ。 後半に入ると互いに多くの決定機を迎える展開に。まずは49分、新潟GK小島のパスが秋田の井上に渡り、アウェイチームにチャンス。井上は素早くシュートを放ったが、焦りが出たか、威力もコースも甘かったシュートはカバーに入ったDFに止められた。一方の秋田は、53分のCKで田上のヘディングがクロスバーを直撃する。 一進一退の攻防が続く中、65分に秋田が再びゴールに迫る。ロングボールが自陣から敵陣右サイドに送られると、一度相手に渡ってしまうものの、トラップした瞬間に吉田が奪い、そのままボックス右まで侵攻。ゴール前に走り込む味方を目掛けてクロスを出したが、寸前のところで舞行龍ジェームズに掻き出された。 ピンチの後にはチャンスあり。新潟は76分、自陣での相手のFKを跳ね返してカウンターに移行すると、松田が抜け出し独走状態に。あとはGKを躱すのみだったが、秋田GK新井が伸ばした腕にボールを絡めとられてしまった。 決定機を迎えながらも得点には至らない両チーム。緊迫したゲームが続く中迎えた90分に意外な形で得点が生まれる。秋田の千田が最終ラインで足を滑らせてしまい、すかさず本間がボールを奪取。ゴール前まで運び、最後は途中出場のシマブク・カズヨシがゴール。昨季デビューの22歳がプロ初ゴールを決めた。 これで試合を決定づけた新潟は、92分にカウンターからシマブク・カズヨシが持ち上がり、同じく途中出場の伊藤のダメ押し弾をアシスト。最終的に3-0の勝利を収め、ホーム10連勝に至った。 もう一方の町田vs金沢は劇的な展開となった。8分に太田のゴールでホームの町田が先制する立ち上がりで試合はスタート。しかし、金沢も豊田のゴールで同点とし、試合を折り返す。 後半に入ると、町田はドゥドゥ、金沢は途中出場の大石のゴールでそれぞれ加点する。そして同点で迎えた後半アディショナルタイム、町田はゴールキックを頭でつないで前線へ供給すると、これが太田のもとへ。太田はトラップから泥臭くもゴールに流し込み、土壇場で決勝点を挙げた。 この結果、町田は3試合ぶり勝利で6位に浮上。金沢は3戦未勝利となった。 ◆第21節 ▽6月18日(日) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">アルビレックス新潟 3</span>-0 ブラウブリッツ秋田 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">FC町田ゼルビア 3</span>-2 ツエーゲン金沢 ▽6月18日(土) ジェフユナイテッド千葉 1-1 大宮アルディージャ <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">いわてグルージャ盛岡 1</span>-0 徳島ヴォルティス ベガルタ仙台 2-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 横浜FC</span> 栃木SC 1-1 大分トリニータ <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">東京ヴェルディ 3</span>-0 レノファ山口FC ロアッソ熊本 0-0 水戸ホーリーホック モンテディオ山形 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 ヴァンフォーレ甲府</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ファジアーノ岡山 1</span>-0 FC琉球 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">V・ファーレン長崎 2</span>-0 ザスパクサツ群馬 2022.06.19 20:10 Sun
twitterfacebook
thumb

新潟DF遠藤凌がいわきに武者修行 「成長した姿を見てもらえるように」

いわきFCは17日、アルビレックス新潟からDF遠藤凌(23)の育成型期限付き移籍加入を発表した。加入期間は2023年1月31日まで。背番号「3」をつける。 遠藤は浦和レッズのアカデミーあがりで、昨年に桐蔭横浜大学から新潟に入団。公式戦2試合の出場に終わった昨季を経ての今季もここまで天皇杯1試合の出番しかなかった。 明治安田生命J3リーグ参入元年から優勝を争いに割って入るいわきに途中加入する遠藤は新天地を通じて、意気込みを語っている。 「アルビレックス新潟から育成型期限付き移籍で加入しました、遠藤凌です。いわきFCに関わる皆さんと共に、J3優勝とJ2昇格を目標にして、自分が持っている力をすべて注ぎ込み、チームのために戦っていきます。温かい応援をよろしくお願いいたします」 一方で、新潟を通じては「いわきFCに育成型期限付き移籍することとなりました」と切り出して、新天地での飛躍を誓った。 「新潟ではなかなか試合に絡むことができず、悔しい想いをしましたが、その悔しさを力に変えて、移籍先でスタメンを勝ち取りたいと思っています。試合で結果を残すと同時に、得られるものすべてを吸収し、再び新潟の皆さんに成長した姿を見てもらえるように、全力で戦ってきます」 2022.06.17 16:15 Fri
twitterfacebook
thumb

J1リーグの5月優秀監督賞に横浜FM指揮官マスカット 昨年8月度以来2度目

Jリーグは14日、5月度の月間優秀監督賞を発表した。 J1リーグからは5月の6試合で4勝1分1敗を記録した横浜F・マリノスのケヴィン・マスカット監督。目下2連勝中で、16試合を消化して9勝4分け3敗と首位に躍り出ている。 同じくAFCチャンピオンズリーグ組がやや苦しむなか、着実に勝ち点を積み上げるマスカット監督は昨年8月度以来2度目の受賞にあたり、喜びの心境を明かした。 「このような賞をいただきJリーグに感謝いたします。5月だけでなく、チャレンジングな今シーズンすべてにおいて、コーチングスタッフをはじめとする全スタッフの努力とコミットメントに、この賞を捧げたいと思います」 なお、J2リーグからはアルビレックス新潟の松橋力蔵監督。J3リーグからは鹿児島ユナイテッドFCの大嶽直人監督が輝き、両監督も初受賞を果たしている。 2022.06.14 17:15 Tue
twitterfacebook
thumb

C大阪DF毎熊晟矢がJ1リーグの5月MVPに 「セレッソファミリーへの賞」

Jリーグは14日、5月度の明治安田生命JリーグKONAMI月間MVPを発表した。 J1リーグからはセレッソ大阪のDF毎熊晟矢。V・ファーレン長崎から加入の今季は当初こそ限定的な出番が続いたが、5月に入ってから6試合すべてで先発し、チームが記録した全10得点の半分に絡む3得点2アシストの活躍だった。 右サイドバックから右サイドハーフへのコンバートが見事にハマり、自身初となる月間MVPの毎熊は喜びの思いとともに決意を新たにしている。 「5月のKONAMI月間MVPに選出していただき、とても光栄に思います。この賞を受賞できたのは、スタッフ・チームメイト・ファン・サポーターをはじめとするセレッソ大阪に関わる皆さんのおかげなので、感謝していますし、セレッソファミリーへの賞だと思っています。これに満足することなく、また1日1日の練習を大切にして、セレッソ大阪のタイトル獲得に貢献できるように励んでいきたいと思います。この度は本当にありがとうございました」 なお、J2リーグからは2得点2アシストをマークしたアルビレックス新潟のU-21日本代表MF三戸舜介が初受賞。J3リーグからは3得点2アシストを記録した鹿児島ユナイテッドFCのFW有田光希がこちらも初受賞を果たしている。 2022.06.14 16:59 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly