長野FW金園英学が現役引退…磐田でのプロ1年目で12得点「思い描いていたキャリアとは程遠い形になりました」

2021.12.02 16:25 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
AC長野パルセイロは2日、FW金園英学(33)の現役引退を発表した。

大阪府出身の金園は、立正大淞南高校、関西大学を経て、2011年にジュビロ磐田へと入団した。

磐田ではルーキーイヤーから活躍。J1で28試合に出場し12得点を記録し、新人歴代3位(当時)のゴール数を記録。その実績もあり、2年目の2012年には日本代表にも選出された。

しかし、合宿中に骨折すると、復帰直前にも同箇所を骨折するなど、2年目はJ1で5試合の出場に終わった。3年目は30試合に出場し6得点を記録したが、4年目には出場機会が減少。2015年にベガルタ仙台へと完全移籍する。

その後は、2017年に北海道コンサドーレ札幌へと完全移籍すると、2018年にヴァンフォーレ甲府へと期限付き移籍。2019年からは完全移籍に切り替わり、今シーズンから長野でプレーしていた。

J1通算114試合26得点、J2通算64試合14得点、リーグカップ通算22試合7得点を記録。長野では、ここまでJ3で7試合、天皇杯で1試合の出場に終わっていた。

金園はクラブを通じてコメントしている。

「この度、2021シーズンを最後に現役を引退することにしました」

「Jリーグ創世期のアルシンドのプレーに感銘を受け、小学校1年生で本格的にフットボールを始めてから30年弱、言葉に言い表す事のできないくらい幸せな時間でした。森ノ宮S.C、明倫クラブ、立正大学淞南高校サッカー部、関西大学体育会サッカー部、ジュビロ磐田、ベガルタ仙台、北海道コンサドーレ札幌、ヴァンフォーレ甲府、AC長野パルセイロで共に闘って下さった皆様、本当にありがとうございました」

「そして改めて、僕の可能性を信じ続けてくれた両親、最愛の妻、笑顔のプリティな子供達に感謝します」

「現役生活を振り返ると、怪我が多く、思い描いていたキャリアとは程遠い形になりましたが、それでも、前田遼一さんという男の中の男をはじめ、偉大な先輩方の背中を間近で見られたことで、人として大きく成長することが出来たと自負しています」

「今後は、この何事にも代えがたい素晴らしい経験を生かし、次のステージでも鍛錬を惜しまず『灰頭土面(かいとうどめん)』、全身全霊で頑張ります」

「最後になりますが、まだシーズンは終わっていません。週末に大事な試合が残っています。少しでもチームの力になれるよう全力で闘います。応援よろしくお願いします」


関連ニュース
thumb

J2昇格を目指す長野、今季のユニフォームはひし形のチェックで「長野の山々を濃淡のグラデーションで表現」

AC長野パルセイロは18日、2022シーズンで着用するユニフォームのデザインが決定したと発表した。 昨季も横山雄次監督(52)の下でスタートを切った長野だったが、2度の8戦未勝利を経験。シーズン途中で吉澤英生ヘッドコーチ(49)がチームを引き継いだが、明治安田生命J3リーグで8勝12分け8敗の9位にとどまった。 悲願のJ2昇格を目指す今季のユニフォームは、「シンプルにタフに戦う」をコンセプトとした。1stユニフォームはオレンジをベースに2種類のひし形を敷き詰め、練習拠点である千曲川リバーフロントスポーツガーデンから見える、四季折々の長野の美しい山々を濃淡のグラデーションで表現した。 襟裏に描かれた「獅子よ千尋の谷を駆け上がれ」のメッセージが施され、右袖には「NAGANO」の文字が入る。 ショーツは紺、ソックスはオレンジのカラーリングで、サプライヤーはこれまで同様、株式会社ウインスポーツが展開する『PENALTY(ペナルティ)』が務める。 2nd1ユニフォームはシャツが白、ショーツとソックスはグレーが基調に。GK用の1stユニフォームは上下ともに青がベース、2ndは黄色からやや萌黄色にかかるような色味となっている。 素材には特出した軽量性を持った「マイクロピケ」を使用。ストレッチ性にも優れ、ソフトな風合いが快適なフィット感を生み出すとのこと。 サイドパネルにはベンチレーション性に優れたバイアスピンホールメッシュを使用し、袖と1枚でつなげることで、肩回りの機動性を向上。また、デザインされた裾形状によって、足さばきへの干渉を軽減しているとのことだ。 今季は昨シーズンまでY.S.C.C.を指揮していたシュタルフ悠紀リヒャルト監督(37)が新指揮官に就任。悲願の昇格に向けて再スタートを切る。 <span class="paragraph-title">【写真&動画】長野の今季ユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/CZnvLEq5LZs" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">2022 UNIFORM<br><br>ユニフォームデザイン<a href="https://t.co/yuYfxS6oPD">https://t.co/yuYfxS6oPD</a><br><br>本日受付開始!<a href="https://t.co/EssiJLzKQY">https://t.co/EssiJLzKQY</a><a href="https://twitter.com/hashtag/acnp?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#acnp</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%91%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%82%A4%E3%83%AD?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#パルセイロ</a> <a href="https://t.co/yt8KptoTnw">pic.twitter.com/yt8KptoTnw</a></p>&mdash; AC長野パルセイロ (@NAGANO_PARCEIRO) <a href="https://twitter.com/NAGANO_PARCEIRO/status/1483229829671813120?ref_src=twsrc%5Etfw">January 18, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.18 19:45 Tue
twitterfacebook
thumb

長野GK王暁峰が契約満了…「今後のサッカー人生にとって大きな財産」

AC長野パルセイロは11日、GK王暁峰(ワン・シャオフェン/20)との契約満了を発表した。 王暁峰は母国中国でのプレーを経て、2020年3月に長野入り。だが、出場機会は巡ってこなかった。長野退団を受けて、クラブを通じてファンに別れの挨拶をしている。 「2年間長野パルセイロに所属し、残念ながら出場は叶いませんでしたが、非常に高いトレーニング環境に身を置くことができたのは、今後のサッカー人生にとって大きな財産です。今後の進路はまだ未定ですが、今回の経験を糧に、一回りも二回りも成長して、活躍したいと思います。ありがとうございました!!」 2022.01.11 14:31 Tue
twitterfacebook
thumb

岡山退団の山本大貴、長野加入が決定 「昇格に向けて常に努力していきたい」

AC長野パルセイロは11日、ファジアーノ岡山からFW山本大貴(30)の完全移籍加入を発表した。 山本は駒沢大学出身のストライカーで、ベガルタ仙台でプロ入り。以後、松本山雅FCでもプレーして、2019年8月から岡山にレンタル加入した。 2020年からは完全移籍に切り替わり、昨季は明治安田生命J2リーグ26試合出場で2ゴールをマーク。しかし、同年限りで契約満了となった。 J3リーグの長野入りが決定した山本は両クラブを通じてコメントしている。 ◆AC長野パルセイロ 「ファジアーノ岡山より移籍しました山本大貴です。Uスタジアムで皆さんと一緒に闘い、昇格に向けて常に努力していきたいと思います」 ◆ファジアーノ岡山 「このたびAC長野パルセイロに移籍することになりました。熱い声援と、コロナ禍での手拍子での応援はとても心強かったです。岡山で出会えた皆さんと200試合を迎えられて嬉しかったです。2年半、ありがとうございました」 2022.01.11 13:10 Tue
twitterfacebook
thumb

関東1部のVONDS市原が長野退団のFW榊翔太を完全移籍で獲得

AC長野パルセイロは11日、FW榊翔太(28)が関東サッカーリーグ1部のVONDS市原へ完全移籍することを発表した。 榊は北海道出身で、コンサドーレ札幌(現:北海道コンサドーレ札幌)の下部組織出身。U-18から2012年にトップチームへと昇格した。 プロ1年目から出番をもらうと、J1で12試合に出場し2得点、リーグカップでは5試合で3得点を記録した。 しかし2年目以降はゴールを奪えず。2015年夏には本田圭佑が当時実質的オーナーを務めていたオーストリアのSVホルンへと完全移籍。コンスタントに出場機会を得るも、途中出場がメインで出場時間は短く、2017年夏に栃木SCへと完全移籍。2021シーズンから長野でプレーし、明治安田生命J3リーグで17試合に出場し2得点に終わっていた。 榊はクラブを通じてコメントしている。 「VONDS市原に関わる全ての皆様、今シーズンより加入することになりました榊翔太です」 「チームの勝利に貢献できるように全力を尽くします。よろしくお願いいたします!」 2022.01.11 12:15 Tue
twitterfacebook
thumb

琉球が長野へ期限付き移籍中のFW人見拓哉の復帰を発表

FC琉球は10日、FW人見拓哉(24)の復帰を発表した。 人見は矢板中央高校から立正大学へと進学し、2020年に琉球に入団。プロ1年目は明治安田生命J2リーグで8試合に出場し1得点を記録していた。 2年目の2021シーズンは出番がなく、シーズン途中にAC長野パルセイロへと期限付き移籍。明治安田生命J3リーグで7試合に出場していた。 人見はクラブを通じてコメントしている。 「今年も沖縄でシーズンをスタートすることになり嬉しく思います。チームの為、自分の為に、毎日少しでも成長していると思えるよう死ぬ気で努力し、プレーします。応援よろしくお願いします!!」 2022.01.10 12:16 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly