給食センター勤務からタイ1部強豪クラブ指揮へ…鹿島や大宮を指揮した石井正忠氏がブリーラムの監督に就任

2021.12.02 12:25 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
タイの強豪クラブであるブリーラム・ユナイテッドは1日、指揮官に石井正忠氏(54)が就任することを発表した。

ブリーラムは、これまでチームを率いていたブラジル人指揮官のアレシャンドレ・ガマ監督が(53)が11月28日に退任していた。

石井氏は、現役時代はNTT関東や鹿島アントラーズ、アビスパ福岡でプレーし、引退後は指導者へ。鹿島、大宮アルディージャで指揮を執り、2019年12月にタイのサムットプラカーン・シティの監督に就任していた。

サムットプラカーン・シティでは、公式戦48試合を指揮し17勝10分け21敗の結果に。引き抜かれる形で、タイの強豪クラブで指揮を執ることとなった。

石井氏は、鹿島時代にJ1、天皇杯、リーグカップでタイトルを獲得。また、2016年のFIFAクラブ・ワールドカップでは決勝まで進み、レアル・マドリー相手に善戦も敗戦。それでも、準優勝の成績を残していた。

一方で、大宮の監督を退任した後は、鹿嶋市の学校給食センターで勤務。そこからサムットプラカーン・シティの監督に就任していた。

ブリーラムは、2021-22シーズンのタイリーグ1で現在首位。リーグ制覇に向けての手腕が試されることとなる。


関連ニュース
thumb

「とてもとても、悩みました」横浜FM、3シーズン過ごしたDFティーラトンが母国ブリーラムへ完全移籍

横浜F・マリノスは16日、タイ代表DFティーラトン(31)がブリーラム・ユナイテッドへ完全移籍することを発表した。 ティーラトンは、ブリーラム・ユナイテッドで大きく名を挙げると、2013年にはタイ・プレミアリーグで再油臭選手に選出。その後、ムアントン・ユナイテッドへと移籍した。 2018年にヴィッセル神戸へと期限付き移籍で加入すると、2019年には横浜FMへと期限付き移籍で加入。2020年からは完全移籍となりプレーした。 左サイドバックとして、横浜FMでは3シーズンでJ1通算78試合に出場し3得点、リーグカップで7試合出場、天皇杯で2試合出場。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)では6試合に出場し1得点を記録。2019年にはJ1優勝に貢献していた。 ティーラトンはクラブを通じてコメントしている。 「とてもとても、悩みました。決断をした今、もうF・マリノスのユニフォームを着て試合をする事がないのかと思うと本当に寂しい気持ちになります」 「2019年から横浜F・マリノスに加入してから、毎日が挑戦で、いっぱい悔しい思いもしましたが、リーグ優勝などの嬉しい思い出も含め、どれも僕にとって計り知れない経験と宝物になりました。Jリーグでプレーする事を夢見て、努力した結果、F・マリノスでプレーする事ができて本当に良かったです」 「横浜F・マリノスに関わるすべての人たち、マリノスファミリーに感謝しています。タイに戻っても、まだまだ頑張ります。これからも応援してくれたら嬉しいです」 「コープクン・マッマーカップ(本当にありがとうござました。)ブンちゃんより」 2021.12.16 17:25 Thu
twitterfacebook
thumb

タイの新星・17歳FWにJリーグクラブが興味か? すでにA代表デビュー

Jリーグの複数クラブが、タイ代表FWスパナット・ムアンタ(17)の獲得に興味を示しているようだ。タイ『SMM Sports』の情報をもとに、『FOX Sports』が報じている。 ブリーラム・ユナイテッドの下部組織出身のスパナットは、2018年にわずか15歳でトップチームデビューを果たし、15歳9カ月22日というタイ・リーグの史上最年少得点記録を更新した。 すでにそのキャリアで公式戦36試合に出場し5ゴールを記録。今シーズンも公式戦5試合に出場して1アシストの数字を残している。 タイ代表としても、2018年のAFC U-19選手権で活躍し、2019年6月には早くもA代表デビュー。西野朗監督の下、ここまで3試合でプレーしている。 報道によると、タイの未来とも称されるスパナットがJリーグクラブに移籍する場合の移籍金は5000万バーツ(約1億6500万円)になるという。 また、北海道コンサドーレ札幌のMFチャナティップを筆頭に、GKカウィン・タンマサッチャーナン(札幌)、DFティーラトン(横浜F・マリノス)、FWティーラシン(清水エスパルス)多くのタイ人選手がJリーグで活躍していることもあり、スパナット本人もJリーグ行きを拒否する理由はないと見られている。 2020.03.17 17:05 Tue
twitterfacebook
thumb

元日本代表MF細貝萌がタイ国内で移籍! ブリーラムからバンコク・ユナイテッドへレンタル!

タイのバンコク・ユナイテッドは12日、ブリーラム・ユナイテッドに所属する元日本代表MF細貝萌(33)を獲得したことを発表した。レンタル移籍での加入となり、背番号は「7」を着用する。 2005年に前橋育英高校から浦和レッズに入団した細貝は、レバークーゼンやアウグスブルク、ヘルタ・ベルリン、ブルサスポル、シュツットガルトなどドイツを中心にヨーロッパでプレー。2017年3月に柏レイソルへ加入すると、2019シーズンからブリーラム・ユナイテッドに加わった。 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の出場権もあったブリーラム・ユナイテッドだったが、細貝はメンバー登録されず。タイリーグ15試合に出場していた。 タイ国内での移籍を果たした細貝は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「とても幸せです。バンコク・ユナイテッドというビッグクラブに加入しました。クラブのためにベストを尽くします」 「目標は、バンコクをクオリティの高いチームにして、リーグ戦で優勝することです。タイリーグカップとリーグカップの両方でチャンピオンになりたいと思います」 「このチームに加入できて嬉しいです。そして、バンコクのすべてのファンに会えることを楽しみにしています。ファンのためにベストを尽くすことを約束します」 バンコク・ユナイテッドは2019シーズンのタイリーグで4位に終わっていた。 2019.12.12 19:42 Thu
twitterfacebook
thumb

福岡と仮契約解除のペドロ・ジュニオールがUAEクラブに加入!

UAEのホール・ファカンは27日、ブリーラム・ユナイテッドのブラジル人FWペドロ・ジュニオール(32)の加入を発表した。 ペドロ・ジュニオールは2003年に母国でプロデビュー後、大宮アルディージャやアルビレックス新潟、ガンバ大阪、FC東京、ヴィッセル神戸、鹿島アントラーズといったJリーグ複数クラブを転々とした。 2019年2月、鹿島から元日本代表MF細貝萌が所属するブリーラムに加わり、国内リーグだけでなく、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)でもプレー。タイ・リーグ1(タイ1部)では14試合に出場し6ゴール4アシスト、ACLでは5試合に出場し1ゴール1アシストを記録していた。 そんな中、16日にアビスパ福岡への加入が発表されていたが、23日に登録上の問題が発生したとのことで仮契約を解除。今シーズンはブラジルのフォルタレザ、ブリーラム・ユナイテッドで公式戦に出場しており、日本サッカー協会(JFA)が定める「サッカー選手の登録と移籍等に関する規則」の第12条の2に記されている、「選手は、1つのシーズン期間中につき、最大3つのチームに登録することができる。この期間中、選手は、最大2チームのために公式試合に出場する資格を有する」という部分に抵触。登録は可能だが、試合出場はかなわないため、獲得を見送ったと予想される。 ホール・ファカンは、UAE1部リーグにあたるガルフ・リーグに所属。2018-19シーズンは2部相当のディビジョン1で優勝し、今シーズンからガルフ・リーグを戦う。 2019.07.28 11:00 Sun
twitterfacebook
thumb

J2残留争いの福岡、J実績十分のペドロ・ジュニオールを獲得!

アビスパ福岡は16日、ブリーラム・ユナイテッド(タイ)に所属するブラジル人FWペドロ・ジュニオール(32)の完全移籍加入を発表した。合流日は未定。背番号は「7」に決定している。 ペドロ・ジュニオールは2003年に母国でプロデビュー後、大宮アルディージャやアルビレックス新潟、ガンバ大阪、FC東京、ヴィッセル神戸、鹿島アントラーズといったJリーグ複数クラブを転々。今年2月、鹿島から元日本代表MF細貝萌が所属するブリーラムに加わり、国内リーグだけでなく、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)でもプレーした。Jリーグ復帰となる福岡加入を受け、クラブ公式サイトで次のようにコメントしている。 「アビスパ福岡に加入することができとても幸せです。残り試合でチームの力になれるよう、全力を出し切ります。サポーターの皆様もぜひシーズン最後まで一緒に戦ってください。あなたたちの力は本当に大切です! バモス! アビスパ!」 シーズン途中に監督交代を行った福岡は現在、明治安田生命J2リーグ5勝5分け12敗の19位に低迷。20日に行われる次節、17位に位置するジェフユナイテッド千葉のホームに乗り込む。 2019.07.16 19:25 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly