「グディソンで見せた最高のパフォーマンスだ」ダービー完勝のチームをクロップ監督が絶賛

2021.12.02 10:29 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リバプールのユルゲン・クロップ監督が、チームの完勝を喜んだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。リバプールは1日に敵地で行われたプレミアリーグ第14節において、エバートンと対戦した。

239回目のマージーサイド・ダービーに臨んだチームは、立ち上がりから試合を支配するとMFジョーダン・ヘンダーソンとFWモハメド・サラーのゴールで2点を先取。その後1点を返されたものの、後半には再びサラーが圧巻のスピードで追加点を決めたほか、FWジオゴ・ジョタにもゴールが生まれ、4-1でライバルチームを圧倒した。

この結果、リバプールはプレミアリーグ3連勝。さらに公式戦3試合連続の4ゴールを記録するなど、絶好調を維持している。

試合後のインタビューに応じたクロップ監督も、際立ったパフォーマンスを示したチームを称賛。自身にとってグディソン・パークでの最高の試合になったと喜んでいる。

「私がリバプールに就任して以来、グディソンで見せた最高のパフォーマンスであったことは間違いない。今夜のように落ち着いていたことはなく、今夜のように説得力があったこともなかった。だからこそ、今日この試合に勝てたのだろうね」

「我々はこうした試合のやり方を学ぶ必要があった。オールド・トラフォードでの戦い方や、グディソンでの戦い方をね。そして今夜は、自分たちの成長のため大きな一歩を踏み出したことを示せたと思う。これはとても良いことだ」

「これが我々の基準であり、これらのチームに打ち勝つため到達しなければならないレベルとなるだろう」

また、昨シーズンの同カードでは相手選手のタックルにより、DFヴィルヒル・ファン・ダイクとMFチアゴ・アルカンタラが重傷を負う事態となったが、クロップ監督は今日の試合でその影響はなかったと強調。選手は感情的になり過ぎず、しっかりと試合に対処してくれたと称えている。

「我々は非常にエモーショナルなチームではあるが、何よりもまず正しいムードと考え方を持つ必要がある。エモーションは良いものだが、最も重要なものではない」

「我々にとって、エバートン、マンチェスター・ユナイテッドとの2つのダービーは、ビッグゲームだ。そこで最高の試合をするためには自分たちの心を落ち着かせ、団結する方法を学ばなければならない」

「選手たちには、過去にどんなことがあっても100%誠実でなければならないと話した。そして振り返ってみると、ここでのダービーで『すごい、完璧に近い素晴らしい試合だ』と思ったことは一度もなかったと思う。つまり、改善の余地がたくさんあったのだ」

「怒りや欲がなければ、ボールを奪い返したり、カウンターを仕掛けたりすることはできないかもしれない。しかし、相手の陣形に合わせてパスを出すべき場面もある。それをするためには今までとは違う考え方が必要であり、それを今夜の我々は持っていた」

関連ニュース
thumb

「愛してる」勝利にご満悦のクロップ監督、自らバスを降り笑顔でファンにビールを振る舞う「銅像を立てよう」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、勝利にご満悦のようだ。 リバプールは23日、プレミアリーグ第23節でクリスタル・パレスと対戦した。 アウェイゲームに臨んだリバプールだったが、8分にヴィルヒル・ファン・ダイクのゴールで先制すると、32分にはアレックス・オックスレイド=チェンバレンのゴールで追加点を奪う。 後半に入り1点を返されるが、試合終盤にpkを獲得すると、ファビーニョがしっかりと決めて1-3で勝利を収めた。 モハメド・サラー、サディオ・マネの攻撃の核となる2人が不在の中での勝利。「今日は我々にとって大きな勝ち点3だ」と試合後に喜んでいたクロップ監督だが、その気持ちはファンにも向けられた。 試合後、チームバスに乗り込んだクロップ監督だが、瓶ビールを手にバスを降りてくる。 すると、待っていたファンにビールをプレゼント。勝利を共に祝おうということだろうか、笑顔で立ち去っていった。 この動画がSNSで投稿されると「クロップ、愛している」、「レジェンドだ」、「素晴らしい監督だ」と、ファンを労る行動に称賛の声が集まり、中には「銅像を立てよう」という声まで上がっている。 首位のマンチェスター・シティを追いかける上では勝ち点を落とせないリバプール。苦しみながらも勝利した試合はさぞ嬉しかったのだろう。 <span class="paragraph-title">【動画】勝利に喜んだクロップ監督、満面の笑みでファンにビール振る舞う</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Klopp handing out beers to Liverpool fans after their game today.<br><br>You can take the man out of Germany... <br><br>(via <a href="https://twitter.com/DeanCoombes?ref_src=twsrc%5Etfw">@DeanCoombes</a>)<a href="https://t.co/KyR4eJcGiR">pic.twitter.com/KyR4eJcGiR</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1485315386581073923?ref_src=twsrc%5Etfw">January 23, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.24 12:40 Mon
twitterfacebook
thumb

主力欠きながら連勝のリバプール、クロップ監督も安堵 「ジキルとハイドのようなサッカーだった」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、プレミアリーグの連勝を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 リバプールは23日に行われたプレミアリーグ第23節でクリスタル・パレスと対戦した。開始早々にDFヴィルヒル・ファン・ダイクがCKを豪快にヘディングで叩き込み、先制すると、32分にはMFアレックス・オックスレイド=チェンバレンのゴールで2点を先取。そこから相手の反撃を受け、後手に回ると1点を返されたが、86分に得たPKをMFファビーニョが冷静に決め、3-1で勝利した。 この結果、プレミアリーグ連勝を飾ったリバプールは、1試合未消化の状態で首位マンチェスター・シティとの勝ち点差を「9」としている。試合後のインタビューに応じたクロップ監督は、相手に押されながらも白星をつかんだことに安堵。アフリカ・ネーションズカップの開催によって、FWモハメド・サラー、FWサディオ・マネ、MFナビ・ケイタを欠きながら結果を残したチームを称えた。 「今日は正直言って、ジキルとハイドのようなサッカーだった。最初の35分間は信じられないほど良かったと思う。しかし、アーセナルとのアウェイゲームは本当に激しく、そこから飛行機で一旦帰ってここへ来た」 「最終ラインは良くなかったね。前半に与えたチャンスはパスミスが多く、自分たちで演出してしまっていた。後半もコンパクトさに欠け、1ライン目のプレスは高すぎた。なぜかオフサイドをとれず、距離感も合わず、後ろからロングボールを入れられてしまった。35分間は素晴らしかったが、残りはその逆だったと思う」 「大きな安堵感がある。私は見返していないが、VARがPKと判断し、審判もPKと判断したなら見返す必要はないだろう。クリスタル・パレスがノーペナルティだと思うのは理解できるがね。今日は我々にとって大きな勝ち点3だ。本当に大きいよ」 「サディオやモー(サラー)が持つスピードがない以上、プレーの仕方を変えなければならず、一種の新しいサッカーを作り出す必要があった。そして、選手たちは本当に良くやってくれたよ。オックス(オックスレイド=チェンバレン)はまたもやゴールを決める大活躍だ。ジオゴ(・ジョタ)は、多くの場面で止められなかった。ボビー(ロベルト・フィルミノ)の仕事ぶりは他の選手に引けを取っていない」 「あらゆることを試しても、常に優位に立てるとは限らない。それでも結果が必要なのがサッカーだ。クリスタル・パレスは正直言って、パトリック(・ヴィエラ監督)がここでやっていることはすごいね。本当に才能のあるチームだ。我々は相手のためにドアを開けてしまったが、彼らはそこを走り抜ける準備を十二分に整えていた。本当に危険だったが、だからこそ今はより良い気分だ」 2022.01.24 11:11 Mon
twitterfacebook
thumb

リバプールが後半苦戦もパレス撃破で公式戦3連勝! 南野拓実は後半途中から出場《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第23節、クリスタル・パレスvsリバプールが23日にセルハースト・パークで行われ、アウェイのリバプールが1-3で勝利した。なお、リバプールのFW南野拓実は60分から途中出場している。   前節、ブレントフォードに3-0の快勝を収めた2位のリバプール(勝ち点45)は、ミッドウィーク開催のEFLカップ準決勝でもアーセナルに完勝し、ファイナル進出を成し遂げた。サラー、マネ不在を感じさせない力強い戦いぶりで公式戦連勝中のクロップ率いるチームは、11位のクリスタル・パレス(勝ち点24)相手のアウェイゲームで3連勝を狙った。   なお、アーセナル戦からは先発2人を変更。ケレハーに代わって守護神アリソン、カイデ・ゴードンに代わってオックスレイド=チェンバレンが復帰した。   戦前の予想通り、立ち上がりからボールを握って相手を押し込むリバプールは、両サイドバックが常に高い位置を取って攻撃の起点を担う。そして、8分には左サイドバックの正確な左足が早速ゴールを演出した。左CKの場面でキッカーのロバートソンがアウトスウィングのボールを入れると、ニアに勢いを持って走り込んできたファン・ダイクがドンピシャのヘディングシュートをゴール左上隅に突き刺した。   幸先よく先制に成功したリバプールは、ここから一気呵成の攻撃とはいかないが、攻守両面でがっちりと主導権を掴んでゲームをコントロール。その流れの中でオックスレイド=チェンバレン、ファビーニョらが良い形でシュートまで持ち込んでいくが、最後の精度を欠く。   それでも、相手に1本のシュートも許さない圧倒ぶりを見せるアウェイチームは30分過ぎに再びロバートソンのお膳立てからゴールをこじ開ける。32分、左サイドで大きな展開を受けたロバートソンがボックス右でボールを呼び込むオックスレイド=チェンバレンに絶妙なクロスを供給。ここで冷静に胸トラップした背番号15がピッチへ叩きつける左足のボレーシュートを流し込んだ。   これでセーフティーリードを得たリバプールはややプレーのリズムを落とすと、前半終盤にかけてその隙をパレスに突かれる。39分にはDFマティプの不用意な横パスをボックス手前でオリーズにカットされてそのままシュートに持ち込まれるが、ここはGKアリソンのファインセーブで阻止。続く42分にはオリーズのスルーパスに抜け出したマテタにアリソンがかわされてシュートを打たれるが、これは枠の左に外れて事なきを得た。   終わり方こそ良くなかったものの、ほぼ完ぺきな戦いを見せた前半の内に2点のリードを手にしたリバプールだが、後半の入りは押し込まれる展開に。開始直後の48分のエドゥアールのゴール至近距離からのヒールシュートはGKアリソンの好守で凌ぐが、前半のピンチと似たようなハイラインの背後を取られる形で1点を返される。   55分、シュラップのスルーパスに反応したマテタに完璧に背後を取られると、GKアリソンが1対2の数的不利の対応を強いられた中、並走したエドゥアールにマテタからのプレゼントパスを難なく流し込まれた。さらに、バタつくアウェイチームは直後の58分にもアンデルセンに際どい左足のミドルシュートを打たれる。   この守勢の展開を受け、クロップ監督は60分にオックスレイド=チェンバレンを下げて南野を最初の交代カードとして投入。南野はオックスレイド=チェンバレンと同じ右ウイングに入った。   この交代によって相手の攻勢を鎮静化させることに成功したリバプールだが、流れを完全に引き寄せるまでには至らず。後半は幾度かシュートを放つものの、なかなか決定機を作り出せない。そういった中、83分にはオリーゼに完全に背後を取られて際どいループシュートを枠に飛ばされるが、ここはGKアリソンの身体を張ったセーブで辛くも凌いだ。   依然として1点差の状況が続き緊迫感のある展開が続くリバプールだったが、最後の最後に突き放す。86分、アレクサンダー=アーノルドからのフィードに抜け出したジョタがボックス内でGKグアイタと交錯。オンフィールドの結果、微妙な判定ながらもPKが与えられる。これをキッカーのファビーニョがきっちり決めて89分の3点目とした。   この3点目でパレスの気勢を完全に削いだリバプールがこのまま3-1で試合をクローズ。前半の楽勝ムードから一転、後半は苦しい展開を強いられたが、見事な勝負強さを発揮して公式戦3連勝。首位シティとの勝ち点差を9ポイントに縮めている。 2022.01.24 01:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ジェラード、恩師ベニテスの宿敵エバートン行きに「ショックを受けた」

アストン・ビラのスティーブン・ジェラード監督が、恩師のエバートン就任にショックを受けていたようだ。イギリス『デイリー・メール』がコメントを伝えている。 現役時代はアカデミーからリバプール一筋だったジェラード監督。そのキャリアの中で様々な指揮官の指導を受けてきたが、中でも2004-2005シーズンにチャンピオンズリーグ(CL)を共に制覇したラファエル・ベニテス監督は特別な存在と言える。 ビッグイヤーを掲げ、リバプールのレジェンド的指揮官となったベニテス監督はその後、レアル・マドリーや、ナポリといったクラブを歴任。そして、今季から新天地に選んだのは、まさかのエバートンだった。 ジェラード監督は22日にプレミアリーグ第23節でエバートンと対戦するが、ベニテス監督はすでに今月16日に成績不振で解任されているため師弟対決は実現せず。ただ、やはり恩師のライバルクラブ就任はショックだったようだ。 「ラファとは親交があり、非常に尊敬しているだけに残念だった。当時はユニークな人事だとも正直思ったがね」 「彼がリバプールに残したものやその関係を考えると、エバートンでその職に就いたことには驚いたし、ショックを受けた」 2022.01.22 20:28 Sat
twitterfacebook
thumb

アシスト量産のアレクサンダー=アーノルドをアーセナルOBも絶賛「ベッカムのようだった」

アーセナルのレジェンドであるポール・マーソン氏が、リバプールのイングランド代表DFトレント・アレクサンダー=アーノルドを称賛した。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 アレクサンダー=アーノルドは、20日に行われたEFLカップ(カラバオカップ)準決勝2ndレグのアーセナル戦でスタメン出場。前半は前線まで攻め上がりFWジオゴ・ジョタのゴールをアシストすると、後半には正確無比なキックによって再びジョタのゴールをお膳立てし、チームの勝利に大きく貢献した。 今シーズンここまで公式戦24試合に出場して2ゴール15アシストを記録しているアレクサンダー=アーノルドに対しては、イギリス『スカイ・スポーツ』に出演していたマーソン氏も絶賛。クロス精度については、マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドであるデイビッド・ベッカム氏に比肩すると語った。 「彼は本当に驚異的だね。皆のなかには『彼はディフェンスができないから』と言う者もいる。だが、彼のように前に出てくるプレースタイルであるのに、なぜ守備をしなければならないんだ?」 「彼がここまで残してきた数字、アシストについては、ただただ驚かされるばかりだ。彼のプレーで見られるボールのいくつか、パスの重要さ、選択のすべてが彼自身を構成している。決してパニックには陥らないんだ」 「(アーセナル戦の2点目のアシストは)デイビッド・ベッカムだったね。あの足元を見ただけで他に何も目にしていなければ、私はベッカムだと思っただろう」 2022.01.21 16:45 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly