インテル、ダルミアン&ラノッキアの離脱を発表…

2021.11.30 00:50 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
インテルは29日、イタリア代表DFマッテオ・ダルミアンと元イタリア代表DFアンドレア・ラノッキアが負傷したことを発表した。

クラブの発表によれば、ダルミアンは左太ももに筋肉に軽度の張りが確認され、ラノッキアは右内転筋に同じく軽度の張りが見つかったとのことだ。

なお、離脱期間については数日中に再検査を行うとしてクラブは発表を控えているものの、イタリア『スカイ』は両選手ともに15~20日程度の離脱になると報じている。

これにより、2人はスペツィア戦、ローマ戦、レアル・マドリー戦、カリアリ戦の4試合を欠場することが濃厚となっているが、シモーネ・インザーギ監督は年内最後の2試合で復帰させることを目指しているとのことだ。

関連ニュース
thumb

ホアキン・コレア、ヒザ負傷で数週間の離脱か

インテルは5日、アルゼンチン代表FWホアキン・コレアが左ヒザの腱を負傷したことを発表した。離脱期間は明かされていないが、『フットボール・イタリア』は数週間の離脱になる可能性を報じている。 コレアは4日に行われたチャンピオンズリーグ・グループC第3節バルセロナ戦に先発。後半11分に交代していたが、負傷していたようだ。 コレアは今季、公式戦11試合(うち先発は4試合)に出場して2ゴールを記録していた。FWロメル・ルカクを負傷で欠いているインテルにとっては痛い離脱となった。 インテルは今後、セリエAでサッスオーロ戦を戦った後、CLでバルセロナとのリターンマッチを控える。 2022.10.05 23:15 Wed
twitterfacebook
thumb

セリエAで活躍した元ガーナ代表MFアサモアが33歳で引退

ユベントスやウディネーゼ、インテルなどで活躍した元ガーナ代表MFクワドゥオ・アサモア(33)が5日、自身のインスタグラムで現役を引退することを発表した。今後は代理人として第2の人生を歩むとのことだ。 ガーナ代表として74キャップを刻み、2度のワールドカップに出場したアサモア。 クラブレベルではウディネーゼ、ユベントス、インテル、カリアリでプレー。セリエA通算279試合に出場し、アフリカ人選手として最多出場記録を保持している。 ユベントス時代には左サイドバックの準主力として6度のスクデット獲得に貢献した。 現役最後のクラブはカリアリとなり、2020-21シーズン終了を最後に所属クラブがない状況だった。 2022.10.05 22:30 Wed
twitterfacebook
thumb

リヨンで不遇のアワール… インテル&アトレティコが来夏のフリー獲得を画策

リヨンの元フランス代表MFフセム・アワール(24)に、アトレティコ・マドリーなどが関心を寄せているようだ。フランス『フットメルカート』が報じている。 アワールは今夏、国外へのステップアップを熱望し、アーセナルやユベントスなどを筆頭とした複数クラブからの関心が伝えられた。だが、クラブ間交渉が合意に至ることはなく、最終的にリヨン残留となっていた。 そんな中迎えた今季は、退団の希望した影響もあってか、ほとんど出場機会を与えてもらえず。途中出場から33分間プレーしたリーグ・アン開幕節以降は一度もピッチに立てておらず、契約満了となる今季終了後の退団が確実だという。 フランス屈指の実力者をフリーで獲得できるチャンスとあって、来夏は争奪戦が濃厚。先日のマンチェスター・シティとのリンクに続き、アトレティコとインテルの2クラブも選手側と連絡を取り始めたとのこと。また、以前から移籍先候補として名前が挙がっているセビージャとレアル・ベティスからの関心も続いているようだ。 2022.10.05 21:47 Wed
twitterfacebook
thumb

恩師就任もたった19分の出場時間…苦しむファン・デ・ベークはレスター?それともインテル?

レスター・シティが、マンチェスター・ユナイテッドのオランダ代表MFドニー・ファン・デ・ベーク(25)の獲得に動くようだ。イギリス『レスター・マーキュリー』が伝えた。 2020年夏にアヤックスからユナイテッドに加入したファン・デ・ベーク。しかし、プレミアリーグになかなか馴染めず、思うようなプレー機会が得られていないと、2022年1月にはエバートンへとレンタル移籍した。 アヤックス時代の恩師でもあるエリク・テン・ハグ監督が就任したことで、今シーズンの復活が期待されたが、蓋を開ければプレミアリーグでわずか3試合、たった19分の出場に終わっている。 レアル・マドリーからブラジル代表MFカゼミロを獲得したこともあり、プレー機会が期待されたほどないファン・デ・ベーク。イタリアのインテルが獲得のターゲットにしているという報道もある。 そんな中、今夏も移籍が噂されていたベルギー代表MFユーリ・ティーレマンス(25)の後任として、冬にでもレスターが獲得に動くと報道が出ている。 条件としては買い取りオプション付きのレンタル移籍になる見込み。買い取り時には1500万ユーロ(約21億5000万円)が支払われる条件が提示される見込みとのことだ。 イングランドに来てかつての輝きを見せていないファン・デ・ベークだが、果たしてどういう結末を迎えるだろうか。 2022.10.05 20:20 Wed
twitterfacebook
thumb

殊勲の決勝弾チャルハノール、解任論拡大の指揮官を「幸せな気分にできた」

インテルのトルコ代表MFハカン・チャルハノールが、解任論が拡大しつつある指揮官への信頼を口にした。イタリア『スカイ』が伝えている。 インテルは4日、チャンピオンズリーグ(CL)のグループC第3節でバルセロナと対戦。試合はボールを握られる時間が続いたが、前半終了間際のチャルハノールのゴールを守り抜き、1-0で勝利。バルセロナをかわしてグループ2位に浮上した。 今季は低調が続き、1日にローマに逆転負けを喫したことで、ここ数日はシモーネ・インザーギ監督の解任論が急拡大。だが、バルセロナ戦で殊勲の決勝ゴールを決めたチャルハノールは試合後の記者会見で、指揮官の笑顔を取り戻せたと喜び、揺るがぬ信頼感をうかがわせた。 「インザーギの大きな勝利? 僕ら選手はどんな時でも彼とともに戦う。今日は彼を幸せな気分にさせることができたはずさ。インザーギは自分のために戦っているチームを目の前で見ていたからね」 「この一戦をどう戦うか。何度も話し合い、準備してきた。今日は僕らがやりたかったフットボールができたよ」 2022.10.05 16:26 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly