スタンドで雪合戦がスタート! 警備員は華麗にかわすもピッチに影響が出て後半KOが遅延

2021.11.29 20:05 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
大雪はスコットランドにも影響を及ぼしたようだ。寒気によってイギリスの各地に大雪がもたらされた。これにより、28日に開催予定だったプレミアリーグ第13節のバーンリーvsトッテナムの開催が延期になるなど、各所に影響を及ぼしていた。

同日に行われたスコティッシュ・プレミアシップ第15節リビングストンvsレンジャーズの一戦も影響を受けた試合の1つだ。試合前にはピッチに積雪。ただ、各スタッフの奮闘によって除雪は完了し、キックオフは予定通り迎えるに至った。

2-1とレンジャーズのリードでハーフタイムを迎えると、ファンのテンションも昂ってしまったようだ。レンジャーズのファンはスタンド端に集められた雪を使って突如雪合戦を始めた。

行き交う雪玉はスタンドだけでなく、警備員やピッチに向かっても投げ入れられ、芝の上にも多量の雪の残骸が。これらを取り除くため、後半開始は10分近く遅れることとなった。

試合は結局後半に1点を追加したレンジャーズが3-1で勝利。首位をキープしている。

1 2

関連ニュース
thumb

エバートン、レンジャーズから逸材SBパターソン獲得! コールマンの後継者候補に

エバートンは4日、レンジャーズからスコットランド代表DFネイサン・パターソン(20)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「3」に決定。契約期間は2027年6月30日までの5年半となる。 なお、イギリス『スカイ・スポーツ』によると、エバートンはパターソンの移籍金として1200万ポンド(約18億9000万円)+ボーナス400万ポンド(約6億3000万円)を支払うことになるという。 エバートンへのステップアップを果たした20歳の若武者はクラブ公式チャンネルのインタビューを通じて、新天地での意気込みを口にしている。 「エバートンと契約できて心から嬉しいし、ここでの新たなスタートががとても楽しみだよ」 「契約を決断するのは簡単なことだったよ。大きな歴史を持つ巨大なクラブであり、ファンは本当に素晴らしい。もちろん、今はまだ自分たちが望むような場所にはいないけど、ここにいるプレーヤーやスタッフの能力があれば、間違いなくそこにたどり着くことができると思っているよ」 「監督が本当に僕を必要としてくれていることが分かり、決断することができた。クラブが本当に自分を必要としてくれているのなら、早い段階で決心することができるものさ」 「長期的には、スタートのポジションを確保し、トロフィーを獲得してファンの誇りになりたいね」 「前向きな仕掛けと共に、運動量、意欲、そして強いチャレンジ精神を見せたい」 「僕は攻撃的なサイドバックで、前に出て、チームに貢献するためにチャンスを作るのが好きなんだ」 8歳からレンジャーズのアカデミーに在籍していたパターソンは、2020年1月にトップチームデビュー。昨シーズンの最終盤はキャプテンのイングランド人DFジェームズ・タヴェルニエの負傷離脱を受け、数試合に出場してスコティッシュ・プレミアリーグ無敗優勝に貢献。迎えた今シーズンは再びタヴェルニエのバックアップを担い、公式戦11試合に出場していた。 また、昨年6月にデビューを飾ったスコットランド代表では先のユーロ2020にも出場するなど、右サイドバックの主力に定着し始めている。 185cmの恵まれた体躯に加え、高いアスリート能力と足元の技術を併せ持つバーティカルな右サイドバックは、攻守両面で粗削りなところも見受けられるが、大きな伸びしろを感じさせる大器だ。 エバートンは今冬の移籍市場で左サイドバックにウクライナ代表DFビタリー・マイコレンコを補強。さらに、キャプテンを務めるアイルランド代表DFシェイマス・コールマンの将来的な後釜を探していた中、今後のスコットランド代表の主力を担う逸材確保に成功した。 2022.01.05 01:11 Wed
twitterfacebook
thumb

エバートン、レンジャーズから20歳のスコットランド代表DFを獲得へ

エバートンは、レンジャーズのスコットランド代表DFネイサン・パターソン(20)の獲得に近づいているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 レンジャーズのアカデミーで育ったパターソンは、2020年にトップチームデビュー。昨季後半は主将のイングランド人DFジェームズ・タヴェルニエが負傷したことで、右サイドバックのレギュラーとしてプレーした。 成長を続けるパターソンに関心を抱いたエバートンは昨夏、レンジャーズに獲得を打診。2度のオファーを提示するも、合意には至らなかった。 しかし、タヴェルニエが復帰した今季、パターソンはここまでのリーグ戦で6試合のみの出場に。そうした中、エバートンが移籍金1200万ポンド(約18億1000万円)+ボーナス400万ポンド(約6億円)という条件で3度目のオファーを提示しているようだ。 エバートンは今季のプレミアリーグで18試合を消化した時点で、5勝4分9敗の14位と低迷。今冬の移籍市場では、守備陣の立て直しを図っており、すでにウクライナ代表DFビタリー・マイコレンコ(22)の獲得が発表されている。 2022.01.03 17:52 Mon
twitterfacebook
thumb

去就注目のシャビ・シモンズ、同胞ファン・ブロンクホルスト監督率いるレンジャーズが接近か

去就が注目されているパリ・サンジェルマン(PSG)のU-19オランダ代表MFシャビ・シモンズ(18)にレンジャーズが接触したようだ。スペイン『アス』が報じている。 元々バルセロナの育成機関『ラ・マシア』の至宝として注目を浴びていたシャビ・シモンズ。だが、2019年夏にバルセロナではなくPSGとプロ契約を締結した。 しかしながら、世界のスーパースターがひしめき合うPSGでは出場機会に恵まれず、トップチームでの出場は昨季の2試合のみ。今季もU-19を主戦場としており、「若すぎる」というマウリシオ・ポチェッティーノ監督のコメントからも、ノーチャンスであることが窺える。 そんな中、現行契約が今季いっぱいとなっていることから、徐々に去就に関する噂が流れるようになった。一部ではバルセロナ復帰も囁かれているが、最近接触してきているのがレンジャーズなのだそう。 同クラブは、スティーブン・ジェラード監督がアストン・ビラに引き抜かれてしまったが、後任に元オランダ代表のジョバンニ・ファン・ブロンクホルスト氏(46)を招へい。フェイエノールトでエールディビジ優勝、2度のKNVBカップ制覇に導いた手腕を持ち、2020年には中国スーパーリーグの広州城足球倶楽部でも指揮を執っていた。 そのオランダ人指揮官が同胞のシャビ・シモンズに興味を持っているとのことで、すでに代理人のミノ・ライオラとコンタクトを取ったとも言われている。 PSG退団は確実視されているシャビ・シモンズ。果たして来季はどこでプレーしているのだろうか。 2021.12.02 18:37 Thu
twitterfacebook
thumb

レンジャーズ、バイエルンなどで活躍したロイ・マカーイをアシスタントコーチに招へい!

レンジャーズは22日、かつてバイエルンやデポルティーボで活躍した元オランダ代表FWロイ・マカーイ氏(46)のアシスタントコーチ就任を発表した。 母国のフィテッセでプロキャリアをスタートさせたマカーイ氏は、テネリフェでのプレーを経て1999年にデポルティーボに加入。主力ストライカーとして1999-2000シーズンのリーグ制覇に貢献すると、2001-02シーズンにはコパ・デル・レイを制覇。2003年には29ゴールを記録しピチーチ賞(得点王)とヨーロッパ・ゴールデンシュー(欧州得点王)に輝いた。 そして、2003年にはドイツの盟主バイエルンへステップアップを果たすと、2004-05シーズン、2005-06シーズンのブンデスリーガ、DFBポカール連覇に貢献。2007年に加入したフェイエノールトでは移籍し3シーズンプレーし、2010年4月に現役引退を発表した。 また、引退後の2015年にはジョバンニ・ファン・ブロンクホルスト監督が指揮官を務めていたフェイエノールトのアシスタントコーチに就任し指導者としてのキャリアをスタート。2016年からはフェイエノールトⅡの監督を兼任していたが、2019年6月に退任したファン・ブロンクホルスト監督を追うように同年10月に退任していた。 2021.11.23 07:30 Tue
twitterfacebook
thumb

レンジャーズ、ジェラード後任にファン・ブロンクホルスト氏を新指揮官に招へい

レンジャーズは18日、ジョバンニ・ファン・ブロンクホルスト氏(46)を新指揮官に招へいしたことを発表した。 レンジャーズでは昨シーズンに宿敵セルティックの10連覇を阻み、スコティッシュ・プレミアリーグで無敗優勝に導いたスティーブン・ジェラード監督が、アストン・ビラの新指揮官就任のために退任していた。 レンジャーズの新指揮官に就任したファン・ブロンクホルスト氏は公式サイトにて「今回、監督としてレンジャーズに戻ってこられたことを大変嬉しく思っている。全ての面で素晴らしく、勝者のメンタリティを持つクラブと仕事ができることは幸運だと思う。素晴らしいサポーターの皆さんに再会し、新たなスタートを切ることが待ちきれない」とコメント。 現役時代にアーセナルやバルセロナで活躍した“ジオ”の愛称で知られるファン・ブロンクホルスト氏。1998年から2001年までの3シーズンは、公式戦28試合と出場機会は限られたものの、レンジャーズでもプレーしていた。 2015年からは古巣フェイエノールトの指揮を執り、エールディビジ優勝、2度のKNVBカップ制覇に導くも、2018-19シーズン限りで退任。 その後、マンチェスター・シティらを傘下に置く『シティ・フットボール・グループ』での仕事を経て、2020年には中国スーパーリーグの広州城足球倶楽部の指揮官に就任も、同年12月に退任していた。 2021.11.19 06:00 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly