アルテタ、大敗からのバウンスバックに満足 割って入るトップ4争いには「一戦一戦を大切に」

2021.11.28 12:40 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アーセナルのミケル・アルテタ監督がしっかりとしたバウンスバックに満足感を示した。クラブ公式サイトが伝えている。

27日に行われたプレミアリーグ第13節でニューカッスルと対戦したアーセナル。前節、0-4の大敗を喫したリバプール戦から巻き返しが求められる試合は決定力を欠いてゴールレスで試合を折り返す。

それでも、56分にボックス内での連携からMFブカヨ・サカのゴールで先制し、66分にDF冨安健洋のクロスを途中交代のFWガブリエウ・マルティネッリが技ありのダイレクトシュートで追加点。2-0の勝利を収めた。

しっかりと立ち直ってみせたアルテタ監督も勝利しての連敗阻止を喜び、内容も振り返った。

「勝利してのバウンスバックが本当に大事だった。前半は様々な局面があったなかで、自分が思ったような試合ができたが、相手の脅威になり切れず、痛めつけることもできていなかった。ファイナルサードでの早さと落ち着きが足りなかった」

「後半はそれらをうまくコントロールした。プレーの構造を失わないようにしつつ、あるスペースを脅かしていく必要があったと思うし、それができたと思う。2ゴールを決めてからは試合をコントロールすることができた」

また、サカとマルティネッリに「彼らを信頼しないとね。そうすれば、彼らが困難に直面しても自信が湧いてくるはず」とコメント。トップ4争いにしっかりと割って入るチーム状況にも見解を示している。

「我々は一戦一戦を大切にしている。アンフィールドで敗北してから、明らかに違う視点で物事を見始めているかもしれないが、それまでも良い走りをしてきたし、それを続けないとね」

「我々がどこにたどり着くのかを見守ってみよう。だが、今はこの試合を分析して、できるだけ早くマンチェスター・ユナイテッド戦の準備をしよう。もう日にちもないのだから」


関連ニュース
thumb

「誰かが火を」最下位相手に手痛いドローのアルテタ監督が嘆き「異なるレベルのクオリティが必要」

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、バーンリー戦を振り返った。クラブ公式サイトが発表した。 アーセナルは23日、プレミアリーグ第23節でバーンリーと対戦した。 最下位のバーンリーをホームに迎えたアーセナル。2022年に入り、FAカップやEFLカップ(カラバオカップ)を含めた公式戦4試合で1分け3敗と結果が出ていない状況だった。 試合はバーンリーがロングボールを主体に戦いペースを握ることに成功。守勢となるアーセナルだったが、徐々に盛り返すと、アレクサンドル・ラカゼット、マルティン・ウーデゴールらが決定機を迎えるがゴールを奪えない。 後半もバーンリーにペースを握られかけるが、徐々に盛り返すが、フィニッシュの精度を欠き、0-0のゴールレスドローに終わった。 トップ4入りを目指すチームとして、非常に大きな勝ち点2を失うこととなったアーセナル。アルテタ監督は試合を振り返り、 「試合の入り方が遅かった。前に出てプレーすることも少なく、緊迫感も足りなかった。おそらく、木曜日のせいで、それが理由の1つである可能性がある」 「その後、我々は試合を取り戻し、調子を上げ、確かに後半は全く別のものとなった」 「よりダイナミックで、よりボックスに入り、前に出てプレーし、背後のスペースやピッチの幅を使い、多くの場面でより良いポジションを取っていた」 「いくつかの場面では、シュートやクロスを見せていた。しかし、この試合に勝つには、異なるレベルのクオリティが必要であり、それが今日は欠けていた」 「あのような状況になってしまえば、トップに立ちたいと思うならば、誰かが火をつけて試合に勝たなければいけない」 2022.01.24 10:43 Mon
twitterfacebook
thumb

日本代表辞退のDF冨安健洋、アーセナル指揮官が負傷状況に言及「数週間ほど欠場する」

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、日本代表DF冨安健洋について言及した。クラブ公式サイトが発表した。 アーセナルは23日、プレミアリーグ第23節でバーンリーと対戦した。 冨安はこの試合を欠場。チームも攻撃陣が精彩を欠いて、最下位相手に0-0のゴールレスドローに終わっていた。 負傷していた冨安はカラバオカップ(EFLカップ)のリバプール戦で復帰するも、再び負傷。日本代表として臨む予定だったカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選も招集を辞退することとなった。 アルテタ監督は改めて冨安のケガについて言及。数週間の離脱となるとし、最高の治療を受ける必要があるとした。 「冨安がケガをしたが、リバプール戦ではあのポジションでプレーする選手がいなかった」 「彼は本当に押し出していたし、トライもしたし、90分間プレーしたが、また痛めてしまった。数週間ほど欠場することになるだろう」 「今、彼は回復する必要がある。彼が唯一フォーカスしていることは、可能な限り最高の治療を受けることだ」 「自分のことをよく考え、できるだけ早く起用できるようにすることだ」 「数週間は離脱する」 2022.01.24 10:10 Mon
twitterfacebook
thumb

攻撃停滞のアーセナルがホームで最下位バーンリーに痛恨ドロー…負傷再発の冨安健洋は欠場《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第23節、アーセナルvsバーンリーが23日にエミレーツ・スタジアムで行われ、0-0のドローに終わった。なお、アーセナルのDF冨安健洋は負傷欠場した。   2022年に入って公式戦3敗1分けと未勝利が続くリーグ6位のアーセナル(勝ち点35)が、最下位のバーンリー(勝ち点11)を相手に新年初白星を目指した一戦。前節、ノースロンドン・ダービーを延期によって回避し、1週間ぶりの実戦となったEFLカップ準決勝のリバプール戦ではホームで0-2の完敗を喫したアルテタ率いるチームは、その試合から先発1人を変更。負傷再発の冨安に代わってホールディングがセンターバックに入り、ホワイトが右サイドバックに回った。   日程面のアドバンテージを持つアウェイのバーンリーが、ロングボールを使ってのセカンドボールの拾い合いという自分たちの土俵に持ち込み、良い入りを見せる。9分には左サイドで仕掛けたマクニールのシュート性のクロスがニア上に向かうが、これはGKラムズデールがはじき出した。   一方、序盤の守勢を撥ね返して徐々に相手陣内でのプレーを増やすアーセナルはサカとマルティネッリの好調ウイングコンビの仕掛けを攻撃の足掛かりとする。   17分には相手陣内中央でルーズボールを制したラカゼットが馬力のある仕掛けでボックス右まで持ち込んで右足を振り抜くが、これは枠の右に外れる。さらに、20分には再び高い位置でルーズボールに反応したウーデゴールがスミス・ロウとの連携からボックス内で絶好のシュートチャンスも、左足のダイレクトシュートはGKポープの足を使ったファインセーブに遭う。   以降は相手にカウンターチャンスを与えずに押し込む形を作り出したアーセナルだが、引いてブロックを作る相手に対して、効果的にボールを動かすことができず。完全にボールを持たされる状況が続く。   幾度か左サイドのティアニーに崩しのチャンスが訪れるが、クロスの精度やシュート精度を欠く場面が散見。前半終了間際にはボックス右で仕掛けたサカが得意の角度から左足を振り抜くが、これも枠を捉えることができず。攻撃面で停滞感が漂う中で前半を終えることになった。   後半も同じメンバーで臨んだアーセナルは、マクニールにファーストシュートを放たれるなど、引き続き難しい入りとなる。   なかなか決定機まで持ち込めない状況が続く中、61分にはサカのカットインからの仕掛けで得たボックス手前右好位置のFKを、前回対戦で直接FKからゴールを決めているウーデゴールが左足で狙うも、これはクロスバーの上を越える。さらに、直後の64分には右CKのサインプレーからボックス中央にフリーで走り込んだスミス・ロウが右足のダイレクトシュート。これがゴール前の密集を抜けてゴール左隅へ向かうが、これはGKポープに見事な反応ではじき出された。   一連の攻撃で完全に流れを掴んだアーセナルはここから畳みかける攻めを見せる。67分にはスミス・ロウが相手DFを振り切る見事な突破からボックス左に侵入し、ゴールライン際から絶妙なマイナスの折り返しを入れるが、ラカゼットのシュートはわずかに枠の右へ外れた。   自分たちの流れの中でゴールをこじ開けることができなかったアーセナルは、徐々に中2日の疲労が出始めて後半半ばから終盤にかけて攻撃が停滞。スミス・ロウに代えてエンケティアを投入し、前線の枚数を増やしていくが、守り慣れたバーンリーの堅守を前に後半序盤のような決定機を作り出せない。   逆に、試合最終盤にはガブリエウを前線に上げたパワープレーでゴールをこじ開けにかかるなど、前がかりなところを相手に引っくり返されて危険なカウンターを浴びる場面が散見。ただ、マクニールの強引過ぎる仕掛けに救われた部分もあり、失点という最悪な形は避けられた。   結局、ボールポゼッション75%、シュート20本とスタッツでは相手を大きく上回ったものの、最下位バーンリー相手に決定力を欠いたホームチームは痛恨のドロー。2022年初勝利をまたしても逃すことになった。 2022.01.24 01:17 Mon
twitterfacebook
thumb

アーセナル、アルテタ監督に給与増の2年延長オファーか…シティ牽制の狙いも

今季が終わると、アーセナルとの現行契約が1年を切るミケル・アルテタ監督(39)だが、クラブはシーズン終了前に延長オファーを打診しようとしているようだ。 アーセナルで現役を退いてから、マンチェスター・シティでジョゼップ・グアルディオラ監督のアシスタントコーチとして指導者の道を歩み始めたアルテタ監督。2019年12月にアーセナルと3年半契約を結び、監督に初挑戦した。 イギリス『デイリー・メール』によると、クラブの首脳陣はアルテタ体制を発足してから2シーズンのプレミアリーグでいずれも8位フィニッシュに終わっているものの、監督に満足しており、現体制の継続を希望しているという。 イングランド代表MFブカヨ・サカや同代表MFエミール・スミス・ロウら若手の積極起用だけでなく、アルテタ監督のピッチ内外におけるリーダーシップという部分にもクラブ首脳陣が感銘を受け、こうした話に発展したものとみられる。 一方のアルテタ監督もアーセナルでの日々に満足しており、話があれば快く応じる様子。アーセナルは新たに2年契約を用意しているといわれ、現年俸500万ポンド(約7億7000万円)からの昇給条件も盛り込まれているとみられる。 なお、この動きは2023年6月にシティとの現行契約が満了となるグアルディオラ監督の後任として引き抜かれることを阻止する狙いもあるともいわれている。 2022.01.22 14:15 Sat
twitterfacebook
thumb

元神戸のフェルマーレンが現役引退を表明…ベルギー代表のコーチに

ベルギー代表DFトーマス・フェルマーレン(36)が現役引退を表明した。 フェルマーレンはアカデミーから過ごすアヤックスでプロデビュー後、RKC、アーセナル、バルセロナ、ローマでプレー。ケガも多かったが、バルセロナでは4度のラ・リーガ優勝を経験して、チャンピオンズリーグ(CL)も制した。 2019年7月からはヴィッセル神戸に電撃加入して、そのシーズンにクラブ初の主要タイトルとなる天皇杯優勝に貢献。昨季もクラブ最高位となる明治安田生命J1リーグ3位フィニッシュに貢献したが、契約満了による退団が決定した。 神戸を去ってのこれからが注目され、母国復帰の噂も取り沙汰されたフェルマーレンだが、21日に自身のインスタグラムで神戸での2シーズン半を最後にスパイクを脱ぐ決断を下したことを明かした。 「プロフットボールから退く決断をしました。フットボール界で最も素晴らしいクラブでプレーでき、非常に幸運でした。そのことを非常に感謝しています。キャリアを通じて、みなさんのサポートに感謝します」 そう綴った名手はまた、今後についても触れ、自身も通算85キャップ(2ゴール)を記録したベルギー代表でコーチに転身する旨を明らかに。コーチとしてカタール・ワールドカップ(W杯)優勝を目指すようだ。 「ベルギー代表のアシスタントコーチになるのを発表できるのを非常に誇りに思うと同時に、感謝しています。 私の人生におけるこの新しいステップと新しい挑戦を楽しみにしています」 2022.01.22 09:30 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly