ブンデス初ゴールの伊藤洋輝、遠藤航が祝福も「本音を言うと」

2021.11.27 10:10 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
シュツットガルトのDF伊藤洋輝がブンデスリーガ初ゴールを喜んだ。26日、シュツットガルトはブンデスリーガ第13節でマインツをホームに迎えた。

3連敗中のシュツットガルトは、この試合も伊藤とMF遠藤航が先発フル出場を果たす。

すると21分、ボックス付近でパスを繋いでいると、3バックの左に入っていた伊藤がするすると上がりボックス内へ。マンガラからのパスを受けると、右足を振り抜き、GKに触られながらもゴールを奪った。

これが嬉しいブンデスリーガ初ゴールとなると、その後は追いつかれながらも勝ち越し、2-1で勝利。連敗を「3」でストップさせた。

試合後、伊藤は自身のインスタグラムを更新。「ブンデスリーガ初ゴール!! 応援ありがとうございました」とファンのサポートに感謝した。

また、遠藤はストーリーズで伊藤に対して「初ゴールおめでとう」と祝福。伊藤は「ゴールから出てきたボールしっかり蹴り込んでたのしっかり見てるから」と返信すると、遠藤は「本音を言うとポストに当たって俺のとこにこぼれてきて欲しかった」と、自身もゴールを狙っていたことを明かした。

現在はレンタル移籍でジュビロ磐田から加入している伊藤。完全移籍への切り替えもクラブが検討しているというが、この活躍を続ければ実現もあるだろう。


関連ニュース
thumb

「このキックは何てカッコイイんだ」真後ろから捉えた遠藤航の“弾丸ミドル”がド迫力「LEGENDO」

シュツットガルトの日本代表MF遠藤航のゴールに注目が集まっている。 遠藤は、13日に行われたブンデスリーガ第2節のブレーメン戦に先発。DF伊藤洋輝とともにフル出場した。 シュツットガルトは開始4分に失点を喫するも、33分には遠藤がミドルシュートでGKを強襲。そして37分にはゴールネットを揺らした。中央でボールを受けた遠藤は豪快に右足を一閃。強烈なシュートがゴール左に突き刺さった。 試合はその後両チームが1点ずつ奪い、2-2の引き分けに終わったものの、16日にシュツットガルトの公式SNSが改めてゴールシーンの動画を紹介。遠藤のゴールをゴール裏や真後ろから捉えた映像もアップしている。 どの角度から見ても豪快な遠藤のゴールには、ファンも反応。「この遠藤のキックは何てカッコイイんだ」、「LEGENDO」と改めて称賛の言葉を送っている。 チームは引き分けに終わったものの、今季初ゴールをマークした遠藤。次節のフライブルク戦では日本代表MF堂安律との日本人対決にも注目が集まるが、チームを勝利に導くことができるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】遠藤航の弾丸ミドルをマルチアングルで!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/ChUEbrbFAUd/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/ChUEbrbFAUd/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/ChUEbrbFAUd/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">VfB Stuttgart(@vfb)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.08.17 18:45 Wed
twitterfacebook
thumb

「えぐい!」「ゴラッソすぎる」遠藤航のワールドクラスのミドルに称賛の嵐「ミドル上手くなったら最強」

シュツットガルトの日本代表MF遠藤航が衝撃の一発を決めた。 13日、ブンデスリーガ第2節のブレーメンvsシュツットガルトが行われ2-2の引き分けに終わった。 今シーズンもキャプテンを務める遠藤は、開幕戦のRBライプツィヒ戦に続いて先発出場を果たす。 試合は開始4分でいきなり失点を喫する苦しい展開に。しかし、そのチームを救ったのが遠藤だった。 37分、左サイドからパスを繋いで崩すと、クリス・ヒューリッヒの縦パスをサーシャ・カライジッチがダイレクトで落とすと、後ろから上がってきた遠藤がバイタルエリアで右足一閃。衝撃の弾道のミドルシュートがゴール左に突き刺さり、同点に追いついた。 昨シーズンは開幕戦でゴールを決めていた遠藤は、今季は第2節でゴール。その後、互いに1点ずつを取り合い勝利とはならなかったが、遠藤個人としては幸先の良いシーズンスタートとなった。 遠藤は自身のインスタグラムで「結果は残念でしたが、今季初ゴールを決めることができて良かったです。頑張ります」と意気込んでいる。 ファンからも「あっぱれ」、「えぐい!」、「蹴った瞬間入るのが分かる」、「ミドル上手くなったら最強」、「ゴラッソすぎる」と、ワールドクラスのミドルシュートに驚きの声が止まなかった。 <span class="paragraph-title">【動画】半端ない!遠藤航のワールドクラスのミドルシュート!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="s6YvQkC9viA";var video_start = 46;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.08.15 23:15 Mon
twitterfacebook
thumb

鎌田&遠藤が今季初ゴール! 日本代表DF対決は劇的ドロー決着【ブンデスリーガ日本人選手】

ブンデスリーガ第2節が13、14日にドイツ各所で行われた。 今シーズンのブンデスリーガにはフランクフルトのMF鎌田大地、DF長谷部誠、シュツットガルトのMF遠藤航、DF伊藤洋輝らに加え、ボルシアMG、フライブルク、シャルケに加入したMF板倉滉、MF堂安律、DF吉田麻也3選手が新たに参戦。 開幕節から多くの選手が出場機会を得る中、フライブルク新加入の堂安が今季リーグ戦初ゴールを記録。そして今回の第2節では、フランクフルトの鎌田とシュツットガルトの遠藤に初ゴールが生まれた。 3日前のUEFAスーパーカップから連続でスタメンとなった鎌田は、開始3分に自身のボールロストからヘルタ・ベルリンにショートカウンターを受け、失点を招く。 それでも迎えた後半開始3分、敵陣高い位置でのボール奪取からショートカウンターに転じると、コロ・ムアニのラストパスを鎌田が難なくゴールに蹴り込んだ。その後はオープンな展開となったが、互いに追加点は生まれず。試合は1-1の引き分けに終わった。 一方、遠藤と伊藤が先発したシュツットガルトは、アウェイでブレーメンと対戦。開始4分に失点したシュツットガルトだったが、37分にカライジッチのパスを受けた遠藤が豪快に右足を一閃。強烈なシュートがゴール左に突き刺さった。 シュツットガルトは77分にムヴァンパにゴールで逆転に成功したが、試合終了間際の追加タイム5分にパワープレーを受けた流れからバークに決められ、2-2でタイムアップを迎えた。 また、吉田vs板倉の日本代表対決となったシャルケvsボルシアMGは、試合終了間際にPKを獲得したシャルケがバルターのゴールで追いつき2-2のドロー決着となっている。 その他、ホッフェンハイムとアウェイで対戦した浅野所属のボーフムは、13分までに2点をリードしたが、前半の内に追いつかれると試合終了間際の88分にダブールに逆転弾を許し、そのまま2-3で敗戦。2戦連続のスタメンとなった浅野は見せ場を作ることができず77分に交代した。 ★板倉滉[ボルシアMG] ▽8/13 シャルケ 2-2 ボルシアMG ◆フル出場 <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=424556">結果ニュース</a> ★鎌田大地[フランクフルト] ▽8/13 ヘルタ・ベルリン 2-2 フランクフルト ◆86分までプレー、48分に今季初ゴールを記録 ★長谷部誠[フランクフルト] ▽8/13 ヘルタ・ベルリン 2-2 フランクフルト ◆74分からプレー <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=424550">結果ニュース</a> ★堂安律[フライブルク] ▽8/12 フライブルク 1-3 ドルトムント ◆85分までプレー <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=424504">結果ニュース</a> ★吉田麻也[シャルケ] ▽8/13 シャルケ 2-2 ボルシアMG ◆フル出場 <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=424556">結果ニュース</a> ★原口元気[ウニオン・ベルリン] ▽8/14 マインツ 0-0 ウニオン・ベルリン ◆70分までプレー <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=424603">結果ニュース</a> ★伊藤洋輝[シュツットガルト] ▽8/13 ブレーメン 2-2 シュツットガルト ◆フル出場 ★遠藤航[シュツットガルト] ▽8/13 ブレーメン 2-2 シュツットガルト ◆フル出場、38分に今季初ゴールを記録 <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=424549">結果ニュース</a> ★浅野拓磨[ボーフム] ▽8/13 ホッフェンハイム 3-2 ボーフム ◆77分までプレー 2022.08.15 06:30 Mon
twitterfacebook
thumb

遠藤が豪快ミドル弾もシュツットガルト、試合終了間際の被弾でブレーメンにドロー《ブンデスリーガ》

シュツットガルトは13日、ブンデスリーガ第2節でブレーメンとのアウェイ戦に臨み、2-2で引き分けた。シュツットガルトのMF遠藤航とDF伊藤洋輝はフル出場している。 強豪ライプツィヒとの開幕節で遠藤と伊藤が揃って先発した中、1-1の引き分けに持ち込んだシュツットガルトは、引き続き遠藤と伊藤がスタメンとなった。 開幕節でヴォルフスブルクに引き分けたブレーメンに対し、シュツットガルトは開始4分に失点する。ユングの左クロスからフュルクルクにヘディングシュートを決められた。 さらに9分、フュルクルクにバー直撃のシュートを浴びてひやりとしたシュツットガルトは、ボールこそ持つものの攻めあぐねる状況が続いた。 そんな中33分、遠藤がミドルシュートでGKを強襲すると、37分に同点弾を叩き込む。中央でボールを受けた遠藤が豪快に右足を一閃。強烈なシュートがゴール左に突き刺さった。 1-1で迎えた後半、守勢に回っていたシュツットガルトだったが、77分に逆転する。カライジッチのスルーパスでディフェンスライン裏を取ったムヴァンパがGKとの一対一を決めきった。 このまま逃げ切るかと思われたシュツットガルトだったが、試合終了間際の追加タイム5分に落とし穴。パワープレーを受けた流れから最後はバークに決められた。 直後にタイムアップとなり2-2で決着。シュツットガルトは逃げ切り失敗で2戦連続ドローとなった。 2022.08.14 00:44 Sun
twitterfacebook
thumb

主砲流出覚悟のシュツットガルトはザークツィーを後釜に?

シュツットガルトが、バイエルンのU-21オランダ代表FWジョシュア・ザークツィー(21)の獲得に動いているようだ。ドイツ『スカイ』が報じている。 シュツットガルトではエースストライカーのオーストリア代表FWサシャ・カライジッチ(25)に今夏の流出の可能性がある。とりわけ、先週末に行われたRBライプツィヒとのリーグ開幕戦後には、自身の将来について明確にしたいと、移籍を示唆するコメントも残している。 そのため、エース流出に備えてクラブは、後釜の確保に動き始めている。 『スカイ』によると、シュツットガルトは9日にバイエルンと電話での話し合いを行い、ザークツィーの問い合わせを行ったという。ただ、現時点ではクラブ間、個人間の双方において合意には至っていないという。 ザークツィー自身はバイエルンに比べて出場機会を得られるシュツットガルト移籍に前向きな姿勢を示しているようだが、バイエルンは同選手の移籍金として2000万ユーロ(約27億4000万円)を要求しており、お世辞にも資金力が潤沢とは言えないシュツットガルトが獲得できるかは微妙なところだ。 ただ、バイエルンサイドはカメルーン代表FWエリック・マキシム・チュポ=モティングを前線のバックアッパーに位置づけ、ザークツィーは余剰人員となっているため、移籍形態は不明だが、シュツットガルトへの移籍を認める可能性もある。 2017年にフェイエノールトからバイエルンに加入した大型ストライカーのザークツィーは、2019年12月にトップチームデビュー。そのデビューシーズンはリーグデビュー戦でのゴールを含め、ブンデスリーガ4ゴールを挙げる活躍を見せて台頭した。 しかし、以降はトップチームに定着できず、一昨シーズンの後半戦はパルマへ、昨シーズンはアンデルレヒトに2シーズン連続で武者修行へ出ていた。 そのアンデルレヒトでは公式戦47試合18ゴール13アシストと、覚醒の兆しとなる印象的なパフォーマンスを見せていた。 2022.08.11 15:29 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly