【EL第5節まとめ】レバークーゼン、ウェストハム、モナコの首位通過が決定!大混戦のグループCは全チームに勝ち抜けチャンスで最終節へ

2021.11.26 07:35 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
2021-22シーズンのヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ第5節が25日に行われた。

すでにラウンド16進出を決めているリヨンに加え、今節で首位通過を決めたのはレバークーゼン、ウェストハム、モナコの3チーム。また、決勝トーナメントプレーオフ進出圏内の2位以内を決めたのは、ガラタサライ、ラツィオ、ベティス、オリンピアコスら4チーム。

優勝候補のひとつであるレスター・シティは、ホームでレギア・ワルシャワと対戦し3-1で勝利。試合は11分にダカ、21分にマディソンがゴールネットを揺らしレスターが2点を先攻。26分にPKのこぼれ球からムラデノビッチに1点を返されたが、33分にエンディディが3点目挙げて完勝。レスターが首位に立ったグループCでは、全チームに突破の可能性が残されている。

堂安律が先発したPSVはシュトゥルム・グラーツに2-0で勝利。また、ライバルのモナコがレアル・ソシエダに勝利した為、グループBはモナコが首位通過。PSVは2位通過を懸けて最終節にソシエダと激突する。

そのほか、グループEではマルセイユに4-2で勝利したガラタサライと、ロコモティフ・モスクワを下したラツィオの2位以内が確定。グループHでは、GS無敗のウェストハムがアウェイで北川航也所属のラピド・ウィーンを2-0で下し、首位通過を決めている。

■ELグループステージ第5節結果
◆グループA
レンジャーズ 2-0 スパルタ・プラハ
ブレンビー 1-3 リヨン

◆グループB
PSV 2-0 シュトゥルム・グラーツ
モナコ 2-1 レアル・ソシエダ

◆グループC
スパルタク・モスクワ 2-1 ナポリ
レスター・シティ 3-1 レギア・ワルシャワ

◆グループD
オリンピアコス 1-0 フェネルバフチェ
フランクフルト 2-2 アントワープ

◆グループE
ガラタサライ 4-2 マルセイユ
ロコモティフ・モスクワ 0-3 ラツィオ

◆グループF
ミッティラン 3-2 ブラガ
ツルヴェナ・ズヴェズダ 1-0 ルドゴレツ

◆グループG
レバークーゼン 3-2 セルティック
ベティス 2-0 フェレンツヴァーロシュ

◆グループH
ディナモ・ザグレブ 1-1 ヘンク
ラピド・ウィーン 0-2 ウェストハム

関連ニュース
thumb

トゥヘル、フォファナ獲得にヒント「新しい世代を確保する必要がある」

チェルシーのトーマス・トゥヘル監督が、今夏のさらなる補強を示唆した。イギリス『メトロ』がコメントを伝えている。 今夏の移籍市場では、FWラヒーム・スターリングやDFカリドゥ・クリバリをはじめ、DFマルク・ククレジャ、MFカーニー・チュクエメカ、また、来年1月加入予定のGKガブリエル・スロニナを獲得したチェルシー。ただ、DFアントニオ・リュディガーとDFアンドレアス・クリステンセンが抜けたセンターバックについては、まだ駒不足という指摘もある。 そんな中、6日に行われたプレミアリーグ開幕節のエバートン戦では、DFチアゴ・シウバ、DFセサール・アスピリクエタ、そしてクリバリを並べだ3バックが圧巻のパフォーマンス。難敵相手にクリーンシートを達成し、1得点にとどまった攻撃陣をサポートした。 一方で、上記した3選手はいずれも30歳オーバーという懸念も。チアゴ・シウバに至っては9月で38歳となる年齢で、現状では見事な守備力を維持しているが、そう長くは期待できない。トゥヘル監督も彼らのクオリティを認めながらも、世代交代やスピードの面で若手確保の必要性を強調している。 「彼らには豊富な経験値がある。それは年齢とはまた別のものだ。そして彼らは彼らのクオリティを理解しており、何ができるのか把握している」 「一方で、次の数年で世代交代をしなければならないことは確かだ。だが、彼らは強い。それが契約を結んでいる理由で、我々からの信頼を得ている理由だ」 「バランスは必要だ。試合は一般的にフィジカル面で多くのものを要求される。置かれている現状は以前から分かっていたことだ」 「アスピはレジェンドであり、チアゴは現時点で非常に重要な選手だ。そしてカリドゥとは、彼がこの先何年も活躍できると信じたから契約したのだ」 「しかし、GKも中盤の2人(カンテとジョルジーニョ)も30代であることは事実であり、それは仕方のないことだ」 「スピードは重要な要素だ。全ての契約において、一対一でプレーできること、ソーンディフェンスができおること、そして必要であればハイスピードで走れることが求められている」 なお、チェルシーが獲得を目指しているレスター・シティのDFヴェスレイ・フォファナだが、レスターはチェルシーが提示した6000万ポンドのオファーを拒否した模様。チェルシーは今後、8000万ポンドを超えるオファーを用意するとみられている。 2022.08.08 14:20 Mon
twitterfacebook
thumb

レスターに大打撃…リカルド・ペレイラがアキレス腱断裂の重傷

レスター・シティのポルトガル代表DFリカルド・ペレイラが、アキレス腱断裂の重傷を負ったことが分かった。 7日に、ブレントフォードとの2022-23シーズンのプレミアリーグ開幕戦を控えるレスター。その重要な一戦に向け、公式会見に出席したブレンダン・ロジャーズ監督が最新のチームニュースを提供。 その際、先週末に行われたセビージャとのプレシーズンマッチで負傷交代したペレイラに言及。アキレス腱断裂により、すでに手術を行い6カ月程度の離脱となることを明らかにした。 「ここまで非常に良い感じで来ていたが、最後の試合となったセビージャ戦で負傷者を出してしまった」 「残念なことに、リカルド・ペレイラは最長で6カ月の離脱を余儀なくされる」 「彼はアキレス腱を断裂した。夏の間の我々のゲームアイデアの多くはサイドバック、とりわけ彼に基づいており、離脱はとても残念だ。彼はとても調子が良かっただけに、大きな打撃だ。彼は昨夜手術を受けたが、これから回復して再び強くなり、より良くなって戻ってくると確信している」 なお、ペレイラは2020年3月に負ったヒザ前十字じん帯(ACL)断裂の重傷を負って以降、ベストコンディションを取り戻すことに苦労。昨シーズンの終盤から徐々にコンディションを取り戻していただけに、同選手にとって厳しい長期離脱となった。 また、ロジャーズ監督は同じセビージャ戦で負傷交代していたFWハーヴィー・バーンズについても言及。「彼は負傷交代した。その時点ではそれほど悪いとは思わなかったが、ヒザの具合を見ると、ここから数週間は休むかもしれない」と、ペレイラに続く主力の離脱を嘆いている。 2022.08.05 23:25 Fri
twitterfacebook
thumb

CBが欲しいチェルシー、レスターDFに世界最高額の130億円を用意か?

チェルシーが獲得を目指すU-21フランス代表DFヴェスレイ・フォファナ(21)だが、レスター・シティはオファーを拒否したという。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 今夏、ドイツ代表DFアントニオ・リュディガー、デンマーク代表DFアンドレアス・クリステンセンが、レアル・マドリー、バルセロナへと旅立ったチェルシー。CBの補強が急務となる中、狙っていたフランス代表DFジュール・クンデがバルセロナに、オランダ代表DFマタイス・デ・リフトがバイエルンに獲られる形となっていた。 ナポリのセネガル代表DFカリドゥ・クリバリを確保したなか、4日にはバルセロナに狙われていたスペイン代表DFセサール・アスピリクエタとの契約延長に成功。最終ラインの崩壊は免れた中、CBの獲得に余念がない。 そのチェルシーの現在のターゲットとされるのがフォファナ。2020年10月にアカデミーから所属するサンテチェンヌからレスターへと完全移籍。2シーズンで公式戦50試合に出場し1ゴール1アシスト。昨シーズンは腓骨骨折の影響でほとんどプレーできなかったが、その能力は高く評価されている。 『デイリー・メール』によれば、チェルシーは6000万ポンド(約97億円)のオファーをレスターに提示したものの、レスターは拒否。ブレンダン・ロジャーズ監督も売る気がないことを強調していたが、チェルシーはメガオファーを出す可能性があるという。 その金額はマンチェスター・ユナイテッドがイングランド代表DFハリー・マグワイアに支払った8000万ポンド(約129億3000万円)だが、チェルシーはこれを超える金額をフォファナ獲得に提示する可能性があるとのこと。ディフェンダーの世界最高額に匹敵する評価をしているようだ。 レスターは今夏選手を売却する必要があり、売却できなければかなりの負債を抱えることが予想されている状況。ここまで補強がうまく進んでいないチェルシーのマネー攻撃に耐えることができるだろうか。 2022.08.05 11:40 Fri
twitterfacebook
thumb

ダンフリース売却噂のインテル、後釜はオドリオソラなど2選手か

インテルは、売却が噂されるオランダ代表DFデンゼル・ダンフリース(26)の後釜として2選手をリストアップしているようだ。 ダンフリースは昨夏にPSVから加入し、右ウイングバックを主戦場にチームの主軸として活躍。公式戦45試合5得点7アシストを記録した。しかし、クラブが財政難という状況もあり、今夏流出の可能性は決して低くない。ここ数日はチェルシーとの交渉中であることが報じられている。 そんな中、イタリア『スポーツ・メディアセット』によると、インテルはダンフリースを売却した場合の後釜として、レアル・マドリーの元スペイン代表DFアルバロ・オドリオソラ(26)と、レスター・シティのベルギー代表DFティモシー・カスターニュ(26)を選択肢に載せたとのことだ。 オドリオソラは2018年夏から在籍するマドリーで出場機会に恵まれず。バイエルンへの半年レンタルを経験し、昨季はフィオレンティーナで1年間プレー。セリエA25試合に出場し、イタリアサッカーを体感したことで、インテルの獲得リストに浮上したと考えられる。 一方のカスターニュはかつてアタランタに在籍。絶対的な主力ではなかったものの、両サイドをこなせる利便性が魅力で、ジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督からも重宝されていた。現所属のレスターでは、2年間でプレミアリーグ54試合3得点3アシストを記録している。 2022.08.04 20:35 Thu
twitterfacebook
thumb

ニース、レスター守護神シュマイケルの獲得を正式発表!

ニースは3日、レスター・シティからデンマーク代表GKカスパー・シュマイケル(35)を完全移籍で獲得した。 11年間を過ごしたレスターの退団に際し、シュマイケルは自身のインスタグラムで以下のようも感謝を語った。 「11年間の素晴らしいシーズンを終えて、次のステップに進む時がやってきました。僕にとってこのクラブはただのクラブではなく、生涯の友人と思い出を作る場所であり、我が家だった。皆さんの揺るぎないサポートに感謝します。皆さんのおかげで、このクラブは特別な存在になりました」 また、「新しい冒険が僕を待っている。ニースでの僕の新たな物語を楽しみしているよ」と、新シーズンに向けた意気込みも語っている。 元デンマーク代表GKのピーター・シュマイケル氏を父に持つカスパーは、2011年夏にリーズ・ユナイテッドからレスターに加入すると不動の守護神として公式戦477試合に出場。2015-16シーズンにはプレミアリーグ優勝、昨季はFAカップ優勝と、クラブの歴史に名を刻んできた。 なお、ニースは契約期間を明かしていないが、『transfer market』によれば、契約期間は2025年6月30日までとなるようだ。 2022.08.04 06:15 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly