久保不在のマジョルカがラージョに完敗で6試合勝利なし…《ラ・リーガ》

2021.11.23 06:50 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
久保建英の所属するマジョルカは22日、ラ・リーガ第14節でラージョ・バジェカーノと対戦し1-3で敗戦した。久保はケガのためベンチ外となっている。

4試合連続ドロー中の13位のマジョルカ(勝ち点15)が、3試合ぶりの白星を狙う7位ラージョ(勝ち点20)のホームに乗り込んだ一戦。

久保の欠場が続くマジョルカは、立ち上がりからやや押し込まれる展開となると16分に失点。コメサーニャのスルーパスをボックス左へ斜めに走り込んだグアルディオラがダイレクトシュートを対角線に流し込んだ。

先制を許したマジョルカは、20分にもロングカウンターからドリブルで持ち上がったアルバロ・ガルシアにゴールネットを揺らされ、連続失点を喫した。

2点を追うマジョルカの反撃は33分、イ・ガンインのスルーパスでボックス内まで侵入したアントニオ・サンチェスが決定機を迎えたが、シュートは飛び出したGKのブロックに阻まれた。

チャンスを逃したマジョルカは、39分に右CKの混戦でカテナにゴールネットを揺らされたが、GKマノロ・レイナのキャッチを邪魔したカテナがキーパーチャージと判定され、難を逃れた。

後半もラージョに主導権を握られるマジョルカは、両サイドを経由しアタッキングサードまでボールを運ぶが、アイディアなく単調な攻撃でラージョ守備陣を攻略できず。

するとラージョは62分、右サイドからのパスをボックス右手前のトレホがヒールパスで繋ぐと、ボックス内で受けたグアルディオラがバルイェントに引き倒されてPKを獲得。このPKをトレホがゴール中央に決め、試合を決定づける3点目を奪った。

その後も互いに選手交代を行っていく中で膠着した展開が続いたが、81分にラージョにチャンスが訪れる。イシのパスをボックス右で受けたポソのクロスをゴール前のアルバロ・ガルシアがヘディングで流し込んだが、これはオフサイドの判定で取り消された。

マジョルカは89分に途中出場アブドンのゴールで1点を返したが反撃はここまで。ホームで完勝のラージョは3試合ぶりの白星、敗れたマジョルカは6試合勝利なしとなっている。


関連ニュース
thumb

「コミュニケーション能力高い」パンツ姿の久保建英が体を張って“キレッキレダンス”まで披露!「貴重映像すぎる」

マジョルカが25日、クラブの公式YouTubeチャンネルを更新。1部残留を決めたラ・リーガ最終節の試合直後の様子を公開した。 日本代表MF久保建英が所属するマジョルカは22日、ラ・リーガ最終節でオサスナと対戦。降格の可能性もあった中0-2で勝利し、リーグ16位と文句なしの残留を決めた。 試合では出番のなかった久保も残留を大いに喜び、アウェイまで駆けつけたファンにショーツをプレゼント。パンツ姿でGKに挑戦しファンを沸かせるシーンは日本でも注目を集めた。 だが、久保が見せてくれたのはセーブだけではなかったようだ。マジョルカが公開した動画では、GKになり切る久保がパントキックまで披露。さらに、スペイン語でファンに呼びかけ、身に着けていたレオ・ロマンのキーパーグローブをプレゼントした。 久保のサービスはそれだけにとどまらず、最後はスタッフに向けてリズミカルなダンスとステップを披露し、楽しませていた。 20歳の久保がはしゃぐ映像にはファンも「こんなにノリノリやったんか」、「ノリノリでじわ」、「貴重映像すぎる」、「コミュニケーション能力高いから楽しんでるんだろうな〜」、「リズム感いいから普通に踊ってるとことか見てみたい」など反響が寄せられている。 <span class="paragraph-title">【動画】パンツ姿の久保建英が披露したGKものまねとキレッキレダンス</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="ehrMpEX1NQQ";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.26 12:05 Thu
twitterfacebook
thumb

マジョルカ、シュツットガルトからマフェオを完全移籍で買い取り

マジョルカは24日、シュツットガルトのスペイン人DFパブロ・マフェオ(24)を完全移籍で買い取ったことを発表した。 2018年夏にマンチェスター・シティからシュツットガルトに加入した右サイドバックのマフェオは、2021年7月にマジョルカへ買い取りオプション付きのレンタルで加入。 今季はラ・リーガ35試合に出場して1ゴール5アシストを記録し、マジョルカの残留に貢献していた。契約条項により買い取り義務が発生し、ドイツ『キッカー』によれば300万ユーロ(約4億円)が支払われることになるようだ。 2022.05.25 06:00 Wed
twitterfacebook
thumb

久保建英も自撮りをせがまれる!1部残留マジョルカのサポーターが空港で熱烈歓迎!

1部残留を決めたマジョルカがサポーターたちと喜びを分かち合った。 マジョルカは22日、ラ・リーガ最終節でオサスナと対戦。前節のラージョ・バジェカーノ戦に勝利したことで降格圏を脱出したマジョルカは、勝てば残留を決められるという状況でキックオフを迎えた。 日本代表MF久保建英がベンチスタートとなった試合は、47分にアンヘル・ロドリゲスがゴールを決めて先制。その後は押し込まれる時間もあった中、83分にクレマン・グルニエが追加点。マジョルカが0-2で勝利し、リーグ16位と文句なしの残留を決めた。 アウェイゲームで残留を決めることとなったマジョルカは、飛行機でマジョルカ島へと帰還。空港では地元サポーターたちの熱烈な歓迎を受けることとなり、最終節で出番のなかった久保もファンからセルフィーを求められていた。 マジョルカ一行は最後に街に降り立ち、チーム全員での集合写真を撮影。2年連続の残留を決めたチームを祝していた。 <span class="paragraph-title">【動画】残留を決めたマジョルカの選手たちが街に降り立つ!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ca" dir="ltr">Així va acabar la nit el <a href="https://twitter.com/RCD_Mallorca?ref_src=twsrc%5Etfw">@RCD_Mallorca</a> <br><br>A la plaça de les Tortugues, amb una foto de família de l&#39;equip <br><br><a href="https://twitter.com/antonio8snchzz?ref_src=twsrc%5Etfw">@antonio8snchzz</a> resumia l&#39;alegria per la permanència <a href="https://t.co/vh3P1gEggs">pic.twitter.com/vh3P1gEggs</a></p>&mdash; Esports IB3 (@EsportsIB3) <a href="https://twitter.com/EsportsIB3/status/1528631683804717056?ref_src=twsrc%5Etfw">May 23, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.24 20:50 Tue
twitterfacebook
thumb

「タケ嬉しそうで良かった」マジョルカの残留決定弾で久保建英らがベンチ飛び出し激走!「アギーレはウインク」

1部残留を決めたマジョルカだが、降格圏を抜け出したのにはチームの団結も影響しているのかもしれない。 日本代表MF久保建英の所属するマジョルカは22日、ラ・リーガ最終節でオサスナと対戦。残留争いを強いられたマジョルカは、他会場の結果にもよるものの、勝利しなければ降格する可能性がある状況だった。 久保がベンチスタートとなった試合は前半をゴールレスで折り返すも、後半開始早々の47分にヴェダド・ムリキとのワンツーでアンヘル・ロドリゲスがゴールを決め、マジョルカが貴重な先制点。さらに83分にはクレマン・グルニエが追加点を奪うと0-2で勝利し、16位と文句なしの残留を決めた。 マジョルカはクラブの公式YouTubeチャンネルを更新。残留を決めた2ゴールの場面でのベンチやファンの様子を投稿した。 先制点のシーンではウォーミングアップのためにタッチライン際で過ごしていた久保は、いち早くチームのチャンスに気が付くとボールの行方を凝視。ゴールが決まった瞬間には、一緒にアップしていたダニ・ロドリゲスとダッシュでベンチに戻り、チームメイトたちと喜びを共有していた。 一方、ハビエル・アギーレ監督は軽くウインク。小さくガッツポーズを見せたものの、すぐさま気持ちを整え戦況を見守っていた。 残留を決定づける2点目のシーンではベンチにいた久保。ゴールが決まると、他の選手たちと一緒にベンチを飛び出しての激走でピッチに向かい、感情を爆発させる。アギーレ監督も笑みをこぼした。 チームの団結が感じられるシーンの数々にはファンも反応。「日本でも多くの人の心が湧いた瞬間だったと思います」、「タケちゃん嬉しそうで良かったよ」、「残留おめでとう」、「アギーレはウインク」といった言葉が寄せられた。 降格手前まで追い込まれたものの、最後の2試合を2連勝で終え残留を掴み取ったマジョルカ。それだけに選手たちの喜びも一層大きかったのではないだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】2点目の場面では久保建英らがベンチ飛び出し激走!アギーレ監督のウインクにも注目</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="5dk0Q0prG4g";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.24 19:45 Tue
twitterfacebook
thumb

降格のアラベスが監督交代!3月までマジョルカを率いたルイス・ガルシアが新指揮官に

セグンダ(スペイン2部)降格のアラベスは23日、フリオ・ベラスケス監督(40)の退任及びルイス・ガルシア・プラサ氏(49)の新指揮官招へいを発表した。 ビジャレアルやベティスで指揮を執った経歴を持つベラスケス監督は今年4月、19位に沈んでいたアラベスの指揮官に就任。ホセ・ルイス・メンディリバル前監督の後を受け、ラ・リーガ第31節から指揮を執ったが、3勝5敗と立て直しに失敗し最下位で今シーズンを終えた。 7シーズンぶりのセグンダ降格となったアラベスは、ベラスケス監督の契約満了を決断。そして、後任には今年3月までマジョルカを率いてきたルイス・ガルシア・プラサ氏が任命され、同監督は2023年6月30日までの契約にサインしている。 ルイス・ガルシア・プラサ監督はこれまでエルチェやレバンテ、ヘタフェ、ビジャレアルなどを指揮。直近では日本代表MF久保建英の所属するマジョルカの指揮官を務めたが、今年3月に成績不振を理由に辞任していた。 2022.05.24 01:30 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly