「殺してやろうかと思った」現役時代の一件をファーディナンド氏が振り返る

2021.11.17 16:58 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元マンチェスター・ユナイテッドのリオ・ファーディナンド氏が、2011年のとある一件を振り返った。イギリス『メトロ』がコメントを伝えている。

15日にアップされた自身のYouTubeチャンネルで、元マンチェスター・シティのヴァンサン・コンパニ氏を招いて座談会を開いたファーディナンド氏。現在は解説者、かたやアンデルレヒトの監督という立場の2人だが、話題は現役時代のダービーに向かうことに。

ここでファーディナンド氏が、2010-11シーズンのFAカップ準決勝について言及。ヤヤ・トゥーレのゴールでシティが勝利したその一戦で、ファーディナンド氏を激怒させた人物がいた。悪名高いマリオ・バロテッリだ。

当時も大きな話題となったが、バロテッリは勝利直後、ユナイテッドファンに向かってウインクするなど、挑発的な行為に及び、それがファーディナンド氏の逆鱗に触れた。

「バロテッリが試合後に何をしたか覚えているか? 私は彼を殺してやりたいと思ったよ」

「彼とは仲良くやっているが、あの時はね…。ヤツは我々のファンの目の前で挑発的に喜びやがったんだ」

「あまりにも無礼で、気が狂いそうだったよ」

「素晴らしい才能を持っていたのに、その後彼のキャリアはどうなったんだい?」

当時ファーディナンド氏は怒りのあまり、かなりの形相でバロテッリに詰め寄っていったが、エドウィン・ファン・デル・サールらチームメイトによって抑えられていた。

一方、コンパニ氏はバロテッリの様な選手を引き合いにし、人生の教訓を伝えている。

「彼は素晴らしい人物だったが、マリオはマリオだった」

「そういう姿によって、彼の人となりが全てわかってしまう。強烈な才能を持っていたが、結局は才能と熱意を持ち、努力のできる選手がやって来るもの」

「年月というのは重みとなる。立ち止まることのできる時間は限られているのだ」

関連ニュース
thumb

今夏ユナイテッド関心のアルナウトビッチ、ボローニャSDが残留の経緯語る「彼がオファーを断った」

ボローニャのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるマルコ・ディ・ヴァイオ氏が、今夏にマンチェスター・ユナイテッドから接触のあったオーストリア代表FWマルコ・アルナウトビッチの残留の経緯を説明している。 昨夏にボローニャに加入したアルナウトビッチ。11年ぶりのセリエAだったが、昨季は30代にしてキャリアハイのリーグ戦14得点を記録し、ユナイテッドはFWクリスティアーノ・ロナウドの退団などに備えて獲得に動いたとされている。 最終的にはサポーターから反対の声が多数を占め、獲得から撤退したと見られていたが、実際には選手側から断られていた模様。ディ・ヴァイオ氏が、イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』の取材で明かした。 「ユナイテッドはファンのせいで引き下がった? そうではない。アルナウトビッチは自らが現在、そして今後数年間、クラブのプロジェクトの中心にいることを理解しているのだよ。彼はクラブとこの街の象徴として、真のチャンピオンとして振る舞っている」 ボローニャ残留の決断が功を奏してか、今季のアルナウトビッチは昨季を上回るペースでゴールを量産。現在までにセリエAで7試合6得点を記録し、得点ランキングの単独首位に立っている。 2022.09.30 14:53 Fri
twitterfacebook
thumb

ブルーノ、エリクセンの加入で「プレーしやすくなったのは明らか」

マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスはデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンの加入により、プレーしやすくなったようだ。 2020年1月にスポルティングCPから加入して以来、攻撃の全権を託されるB・フェルナンデス。昨季まで攻撃の組み立てに関与してからゴール前に向かっていくのが基本的なプレーの流れだったが、今季からは新戦力のエリクセンが持ち前の展開力で中盤を牛耳るシーンが際立っている。 まだ序盤の今季だが、そんなエリクセンとすでにいくつかのゴールを形作るB・フェルナンデスもかなり助けられているという。クラブ公式サイトがコメントを掲載している。 「クリスティアンと一緒にプレーするのは本当に良いこと。彼はパスを出せて、ポケットも突ける選手で、ライン間を移動する僕も見つけてくれる。僕のプレーを楽にしてくれているのは明らかだ。なかなかできることじゃない」 「彼がこのチームにいるのは本当に嬉しいよ。前にも言ったけど、クオリティのある選手だしね。良い資質の持ち主なのはプレミアリーグ、セリエA、そして代表でも証明済み。彼のような選手と一緒にプレーするのはいつだって喜びさ」 2022.09.30 12:55 Fri
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドで「思うようにいかなかった」 ポグバも自覚

ユベントスのフランス代表MFポール・ポグバにもマンチェスター・ユナイテッドで思い通りの活躍ができなかったという感覚があるようだ。 ユベントスでの4年間で実力を証明してみせ、2012年にユナイテッド復帰を果たしたポグバ。移籍金額も当時の史上最高額とまさに鳴り物入りだったが、相次ぐケガによる稼働率の悪さや、波の激しいプレーぶりからファンの信頼を掴み切れず、契約切れの今夏にユベントスでの再起を決意した。 ユナイテッドにもヨーロッパリーグとリーグカップの2つしかタイトルをもたらせず、周囲から失敗とする見る向きが強い29歳だが、本人もその自覚があるようだ。ファッション誌『GQ Italia』のインタビューでユベントス復帰を振り返るなかで、ユナイテッドでの歩みも語った。 「ユベントスに戻るという選択をしたのは僕の心だと思いたいし、そう言いたい。それにここに戻ってくるのにおそらく正しいタイミングだった。マンチェスターでのこの3年間はケガもあってコンディション面が整わず、思うようにいかなかったんだ。別にミステリーなんかじゃない」 「ユベントスはここ2年間、スクデットから遠ざかっている。僕らにとって良いチャレンジで、また一緒になり、双方にとって本来の居場所に立ち戻ろうとするための正しいタイミングだった。きっとね」 「自分のなかで、このジャージはすごく特別なもの。僕のベストを引き出してくれる。このチームとは良い歴史を築き、離れても決して忘れられないものだった。ここに戻ってくるというのはもっと頑張る理由になるし、刺激でもある。ここが自分の居場所だと疑ったことは一度もない」 2022.09.30 10:55 Fri
twitterfacebook
thumb

打倒シティのヴァラン「ファンをハッピーにしたい」

マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表DFラファエル・ヴァランが打倒マンチェスター・シティに闘志を燃やした。 カタール・ワールドカップ(W杯)前最後のインターナショナルマッチウィークを経て、今週末の第9節から再開するプレミアリーグ。ユナイテッドは2日に宿敵シティとのアウェイゲームに臨む。 いきなりのビッグマッチとなるが、ユナイテッドは目下4連勝中で、シティも開幕から5勝2分けの負け知らず。下馬評では連覇中のシティ優勢と見る向きが強いだが、好ゲームが期待される。 昨季はシティが2戦2勝で飾ったマンチェスター・ダービーだが、ユナイテッド在籍2年目となる29歳のフランス代表センターバックは必勝を期す。イギリス『メトロ』が意気込みを伝えている。 「ライバル意識はサポーターから生まれるもので、彼らにとって重要だし、僕らもそれを尊重している。彼らをハッピーにしたいから、シティやリバプールのようなチームと戦って勝ちたい。ファンが何を望み、何を求めているのかを感じないといけないし、それはすごく大切だ」 2022.09.30 08:55 Fri
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、PSVのオランダ代表FWガクポに再トライ? 今夏は獲得断念も

マンチェスター・ユナイテッドが今夏に引き続き、PSVのオランダ代表FWコーディ・ガクポ(23)を注視しているようだ。 ガクポは今夏、ユナイテッドやリーズ・ユナイテッド、サウサンプトンなどからの関心が話題に。最終的にはPSV残留を決断するも、迎えた今季は公式戦13試合で10得点9アシストと、キャリアハイの活躍を披露している。 ユナイテッドは当初、ガクポに2500万ポンド(約39億円)のオファーを用意していたが、ブラジル代表FWアントニーの獲得に8500万ポンドと予想以上の資金を注ぎ込んでしまったため、ガクポは断念。イギリス版『フォーブス』によると、ユナイテッドは来冬ないし来夏の獲得を目指し、再トライする可能性が高いとのことだ。 ガクポ自身も先日、「代表チームのコーチに相談し、W杯直前の移籍は理想的ではないとのアドバイスに従った」とコメント。今秋のカタール・ワールドカップ(W杯)終了後の移籍市場ではステップアップを躊躇しないともとれる発言が注目されていた。 2022.09.29 18:12 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly