「言い訳はしない」C・ロナウドがプレーオフ経由のW杯出場に意気込み「カタールに向かっている」

2021.11.16 10:48 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、カタール・ワールドカップ(W杯)への想いを綴った。ポルトガルは14日、カタールW杯欧州予選最終節でセルビア代表と対戦した。

グループ首位のポルトガルは2位のセルビアとの対戦となったが、引き分け以上でW杯出場が決定。その試合ではレナト・サンチェスのゴールで早々に先制するも、同点に追いつかれると、引き分けかと思われた90分に被弾。1-2で敗れ、2位に転落しプレーオフに回ることとなってしまった。
土壇場での引き分けに、W杯出場に向けて厳しいプレーオフを戦わなければいけなくなったポルトガル。一部では、アウェイでのセルビア戦の誤審が明暗を分けていると騒ぎになっていた。

そんな中、エースとしてチームを牽引し、最後のW杯になるかもしれないC・ロナウドがインスタグラムで心境を綴り、最後まで諦めないと意気込んだ。

「サッカーは、時には曲がりくねった道でも、最も望ましい結果を得ることがあると、僕たちに何度も何度も示してきた」

「昨日の結果は厳しいものだったけど、僕たちを落胆させるほどのものではなかった」

「2022年のワールドカップに参加するという目的は、まだ生きている。そこに到達するために、何をしなければいけないのかを僕たちは知っている」

「言い訳はしない。ポルトガルは、カタールに向かっている」

1 2

関連ニュース
thumb

食べられるC・ロナウドが再脚光、ケーキ職人の技が光るも若干の違和感「CR8?」「銅像よりマシ」「コレステロール・ロナウド?」

アル・ナスルへと移籍したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、食べられるようになったようだ。 巨額契約を結び、大きな注目を集めているC・ロナウド。サウジアラビアでのキャリアはまだスタートしていない中、19日にはパリ・サンジェルマン(PSG)とのフレンドリーマッチが行われ、アル・ナスルとアル・ヒラルのオールスターチームのキャプテンとしての出場が見込まれている。 ついにサウジアラビアでプレーすることになるC・ロナウド。キャリアの晩年を迎える中で、その活躍シーンを見る機会も限られてくる中、ある職人の技が再脚光を浴びている。 それは、ケーキ職人のダニエル・マルティンスさんの作品。C・ロナウドを模ったケーキを製作したのだ。 C・ロナウドといえば、これまでも銅像がいくつか作られているものの、どれも全く似ていないということが大きな話題になっていた。 そんな中ダニエルさんが作ったC・ロナウドのケーキは、これまでの銅像たちよりは遥かにクオリティが高い。 スポンジケーキやチョコレート、マジパンと思われる材料で作る過程が再脚光を浴びており、ファンからも多くのコメントが寄せられている。 「マデイラにある銅像よりはかなりマシ」 「CR8かな」 「これはクリスチャン・ロナウドかな?」 「コレステロール・ロナウドだ」 「CR6だ」 「インド版ロナウド」 若干の違いを見事に表現しようと大喜利状態にもなっているが、ダニエルさんは、ちょっと残酷にも思えるなか顔の半分を切り取り、ロナウドに食べさせようとするユーモアも見せた。 <span class="paragraph-title">【動画】クオリティはかなり高め、食べられるC・ロナウド</span> <span data-other-div="movie"></span> <iframe src="https://www.instagram.com/reel/CkJXwgqgp60/embed/captioned/?rd=https%3A%2F%2Fwww.rtl.de" allowtransparency="true" allowfullscreen="true" frameborder="0" scrolling="no" class="instagram-embed"></iframe> 2023.01.19 23:13 Thu
twitterfacebook
thumb

歓喜の逆転勝利から引き上げる寸前… B・フェルナンデスの行動に称賛「さすが我らのリーダー」

マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスが見せた行動に称賛が広がっている。イギリス『ミラー』が伝えた。 15日にプレミアリーグ第20節でマンチェスター・シティとのダービーマッチを戦ったユナイテッド。後半に先制点を献上も、B・フェルナンデスとFWマーカス・ラッシュフォードが5分間で立て続けにネットを揺らし、2-1で逆転勝利を収めた。 試合が終わり、オールド・トラッフォードの歓声が冷めやらぬなかで選手たちは続々と更衣室へ。最後までピッチに残ったのがスコアラーの両選手で、B・フェルナンデスが観客席に対してとった行動が話題となっている。 両選手は揃って通路に引き上げようとしていたものの、姿が見えなくなる寸前、B・フェルナンデスはラッシュフォードを指差し、観客席に向かって拍手を求めるシグナル。この行動にはSNS上で多くの称賛が集まっている。 「さすが我らのリーダー」というコメントから読み取れるように、今季ほとんどの試合で腕章を巻いてプレーするB・フェルナンデスの姿勢が称えられ、その一方では、公式戦7試合連続得点を記録し、目下絶好調のラッシュフォードにも「キャプテンお墨付きの次期キャプテン」など、多くの称賛が寄せられている。 2023.01.16 19:57 Mon
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、ポルトガル代表にお断りも連盟会長に感謝 「計り知れない喜び」

ローマのジョゼ・モウリーニョ監督がポルトガルサッカー連盟(FPF)会長への感謝を口にした。ポルトガル『A Bola』が伝えている。 FPFは9日、カタール・ワールドカップ(W杯)後に退任したポルトガル代表のフェルナンド・サントス監督の後任として、前ベルギー代表指揮官であるロベルト・マルティネス氏の就任を発表した。 当初はモウリーニョ監督が後任候補の一番手と目され、ローマとの兼任案も浮上。しかし、当の本人が代表チームの指揮を望まず、FPFも結果的にR・マルティネス氏に落ち着く形となった。 それでも、モウリーニョ監督は12日に行われたコッパ・イタリアのラウンド16、ジェノア戦後の記者会見で自身の就任を熱望してくれたというFPFのフェルナンド・ゴメス会長への感謝を口にしている。 「ポルトガル代表? 私はローマでベストを尽くしていて、これこそが重要だ。でも、今日の私はあなた(記者)が興味のないことでも、なんだって話すことができるぞ(笑)」 「FPFの会長には感謝しなければならない。彼がくれた言葉を誇りに思っている。私を家に連れて帰る(指揮官就任)ためにあらゆることを提案してくれた。それは私にとって計り知れない喜びだったのさ」 なお、モウリーニョ監督はブラジル代表指揮官就任のオファーも拒否したと伝えられている。 2023.01.13 17:17 Fri
twitterfacebook
thumb

21世紀の出場試合数ランキング発表! 首位は1145試合のC・ロナウド、トップ10に日本人選手がランクイン

IFFHS(国際サッカー歴史統計連盟)が、21世紀で最もプレーした選手のランキングを発表。トップ10には日本人選手もランクインした。 様々な統計を行うIFFHS。2022年までのデータを集計し、21世紀に入ってからのプレーした試合数をもとにランキングを作成した。 対象となるのは、各国のリーグ戦やカップ戦、国際カップ戦、代表チームの試合も含まれ、全ての公式戦が対象になっている。 今回の統計では1000試合以上プレーした選手が3人に増加。首位は昨年と変わらず、サウジアラビアへ活躍の場を移したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(アル・ナスル)となり、1145試合を記録した。 2022年に1000試合を突破したのは、ブラジル代表DFダニエウ・アウベス(UNAMプーマス)とアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(パリ・サンジェルマン)。アウベスは1033試合、メッシは1003試合となった。メッシはカタール・ワールドカップ(W杯)での試合で1000試合を超えたことになる。 そんな中、8位には日本人がランクイン。941試合に出場したMF遠藤保仁(ジュビロ磐田)だ。遠藤はガンバ大阪と磐田、そして日本代表での試合が21世紀に含まれている。なお、アジア人でも唯一となり、900試合以上を達成しているのも12名となっている。 ◆21世紀の出場試合数ランキング 合計(国内リーグ/国内カップ/国際カップ/代表) 1位:クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル) 1145試合(651/93/205/196) 2位:ダニエウ・アウベス(ブラジル) 1033試合(620/115/172/126) 3位:リオネル・メッシ(アルゼンチン) 1003試合(559/102/170/172) 4位:イケル・カシージャス(スペイン) 974試合(585/57/171/161) 5位:ジョアン・モウチーニョ(ポルトガル) 958試合(563/107/142/146) 6位:ズラタン・イブラヒモビッチ(スウェーデン) 948試合(603/72/152/121) 7位:ルカ・モドリッチ(クロアチア) 947試合(569/69/146/162) 8位:遠藤保仁(日本) 941試合(606/117/66/152) 9位:チャビ・エルナンデス(スペイン) 937試合(536/95/174/132) 10位:セルヒオ・ラモス(スペイン) 935試合(534/70/151/180) 11位:アンドレス・イニエスタ(スペイン) 933試合(552/98/152/131) 12位:ロジェリオ・セニ(ブラジル) 904試合(675/71/149/9) 2023.01.12 12:45 Thu
twitterfacebook
thumb

「どこまで飛ぶんだ」「CR7航空だ」デビュー待たれるC・ロナウド、練習中に見せた驚異のジャンプ力にチームメイトも唖然!?「後ろの選手の顔…」

アル・ナスルに加入したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドだが、衰え知らずの姿が話題となっている。 カタール・ワールドカップ(W杯)では、優勝を目指した中でベスト8で敗退したポルトガル代表。大会直前には、所属していたマンチェスター・ユナイテッド、そしてエリク・テン・ハグ監督への批判を口にしたインタビューが問題となり、契約解除となっていた。 無所属状態が続いていたC・ロナウドだが、12月31日に予てから噂のあったサウジアラビアのアル・ナスルへと完全移籍。2025年までの契約となり、年俸は破格の1億7700万ポンド(約280億円)とされている。 デビューが期待された中、リーグの外国人枠に抵触し、現時点では出場ができないという事態に。それでも、クラブは枠を空けるために動いているとされている。 そんな中、アル・ナスルはSNSでトレーニング中の写真を1枚投稿。セットプレーの写真と思われるが、一際高くジャンプしヘディングで合わせようとするC・ロナウドの姿が映されている。 クラブは「GOAT(史上最高の選手)が飛ぶ」として衝撃的なジャンプ力を紹介。立っている選手の顔のあたりに腰がくるほど飛んでいるのだ。 ファンは「どこまで飛ぶんだ」、「CR7航空がサウジアラビアで飛行しているな」、「まだ始まったばかりだ」、「CR7航空だ」とコメント。また、チームメイトの表情にも注目し、「後ろの選手の顔…」と驚いているようにも見えるチームメイトの反応も話題となった。 サウジアラビアでのデビューが待たれるC・ロナウド。ピッチ上でもしっかりと話題を振りまいてくれることが期待される。 <span class="paragraph-title">【写真】驚異のジャンプ力にチームメイトもあんぐり</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CnPaJPBsIFC/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CnPaJPBsIFC/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CnPaJPBsIFC/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">نادي النصر السعودي(@alnassr_fc)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2023.01.11 11:05 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly