「難敵過ぎて…」ベトナム代表に実況も苦戦!?日本戦スタメンの過半数が「グエン」

2021.11.12 12:15 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選が11日に行われ、日本代表はベトナム代表に1-0で勝利を収めた。

この試合は、「DAZN」が独占配信。メインチャンネルでは、解説を中村憲剛氏が務め、ゲスト解説には、現在はFリーグのY.S.C.C.横浜でプレーし、今夏までベトナムリーグでプレーしていた元日本代表MF松井大輔を迎えた。そして、実況は下田恒幸氏が務めた。

そんな中、ベトナムの選手たちの名前が実況者泣かせだと話題となった。
ベトナムは、かつて水戸ホーリーホックでもプレーしたFWグエン・コン・フォンや、横浜FCに在籍経験のあるMFグエン・トゥアン・アインを筆頭に、スターティングメンバー11人のうち、6人の苗字が「グエン」だった。

試合後、実況を務めた下田氏は自身のツイッターを更新。他のユーザーが行った「グエン」の多さを指摘する投稿を引用する形で、「ええ、難敵すぎて苦労しましたとも」と爆笑の絵文字をつけながらもその苦労を明かした。

この日は、ベンチにも4人の「グエン」が控えており、FWグエン・コン・フォンがFWグエン・バン・トアンと交代するという場面もあった。

なお、「グエン」が多かったのは偶然ではなく、ベトナムにおいて最も多い姓であり、人口の約4割を「グエンさん」が占めているという。



1 2

関連ニュース
thumb

日本とも対戦したベトナム代表MFグエン・クアン・ハイが初の海外移籍! 仏2部に挑戦

リーグ・ドゥ(フランス2部)のポーFCは29日、ベトナム代表MFグエン・クアン・ハイ(25)の加入を発表した。 契約期間は2024年夏までの2年間となる。背番号は「19」に決定した。 グエン・クアン・ハイはかつて鹿島アントラーズへの移籍も取り沙汰され、オーストリアのLASKリンツへの移籍も話題になったベトナムの逸材。2022年4月にハノイFCを退団して以降はフリーとなっていた。 2017年に20歳でベトナム代表デビューを果たすと、これまで42試合に出場し10ゴールを記録。カタール・ワールドカップのアジア予選にも出場し、日本代表戦でも2試合ともプレーしていた。 ポーFCは1904年に発足した古参クラブ。2019-20シーズンはフランス全国選手権(フランス3部)で優勝し、2020-21シーズンからリーグ・ドゥに所属。2021-22シーズンは10位に終わっていた。 初の海外挑戦となるグエン・クアン・ハイだが、どこまで活躍するのか注目だ。 <span class="paragraph-title">【動画】グエン・クアン・ハイの加入を発表</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr">Nguyễn Quang Hải est (@PauFootballClub) <a href="https://twitter.com/PauFootballClub/status/1542135493437149188?ref_src=twsrc%5Etfw">June 29, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.06.30 08:15 Thu
twitterfacebook
thumb

「人種差別的だ」「配慮が足りない」吉田麻也のシュートミスに“猿”の絵文字を添えたAFCの投稿が物議

アジアサッカー連盟(AFC)の公式SNSの投稿に指摘の声が集まっている。 29日にアジア最終予選の最終節でベトナム代表と対戦した日本代表。キャプテンとして先発出場したDF吉田麻也は1点ビハインドで迎えた54分に自ら前線に上がると貴重な同点ゴールをマーク。さらに、78分には逆転ゴールのチャンスが訪れる。 ボックス右からMF守田英正がクロスを供給すると、ファーサイドのDF谷口彰悟が頭で合わせる。相手GKがセーブしてポストに当たったボールはゴール前の吉田のもとにこぼれるが、左足のシュートはゴール右に外れていった。 目の前に相手選手がいたものの、ゴールに入れるだけという場面でのミスには日本のサポーターも思わず落胆したが、AFCの公式インスタグラムも「吉田麻也のファンは観ないで!」とやや茶化す形で該当シーンを紹介した。 だが、この投稿が物議を醸す形に。「吉田麻也のファンは観ないで!」のコメントには猿が目を隠す“見ざる”の絵文字が添えられており、一部のファンが「人種差別的だ」と批判している。 吉田は、2021年10月に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のサウジアラビア代表戦で、試合後のインタビューを待っている際、スタンドからの差別的なジェスチャーを受けて激怒。スタンドへ詰め寄るシーンがあった。 そうした過去やAFC公式のアカウントでの投稿ということもあり、“見ざる”の絵文字については、「配慮が足りない」、「この絵文字は使うべきじゃない」、「迂闊すぎる」とやや無配慮な対応に疑問を呈する声が多く上がっている。 <span class="paragraph-title">【動画】これは偶然なのか?AFCの実際の投稿※31日12時頃に投稿が編集され、現在は猿の絵文字は削除済み</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CbsKLoyMHfG/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CbsKLoyMHfG/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CbsKLoyMHfG/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">#AsianCup2023(@afcasiancup)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.03.31 11:05 Thu
twitterfacebook
thumb

南野のハンドを確信?VAR“のぞき見”のベトナム代表監督が審判よりも先に大喜び

ベトナム代表のパク・ハンソ監督の“のぞき見”に注目が集まっている。 29日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の日本代表vsベトナム代表の一戦。グループ最下位のベトナムにとっては格上の日本との対戦だったが、前半から積極的な戦いを見せると、19分にCKから先制。後半には押し込まれる展開が続いたものの、1-1の引き分けで終え、健闘を見せた。 そのベトナムを率いるのが韓国人指揮官のパク・ハンソ監督だが、勝敗を左右するビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の場面では思わず体が動いた。 1-1で迎えた70分、攻勢を強める日本は左サイドから細かく繋いでFW上田綺世がシュート。これがMF南野拓実に当たってゴール前のMF田中碧に渡り、ネットを揺らした。 ゴールが認められればベトナムにとっては意気消沈の逆転弾を許すこととなっていたが、VARが介入され、主審によるオンフィールドレビューが行われることとなった。 両軍ベンチのすぐ隣で主審がモニターをチェックする中、パク監督はそろっとベンチを飛び出すと、遠巻きにモニターを“のぞき見”。南野のハンドを確信したのか、主審の判定よりも前に腕を叩いて喜び、意気揚々とベンチへと戻っていった。 結局、パク監督の予想通りゴールは取り消しに。日本の攻撃を耐えたベトナムは貴重な引き分けを手にしたが、代表指揮官の行いはベトナムメディアも「パク監督がVARを“のぞき見”」と面白おかしく伝えている。 <span class="paragraph-title">【写真】思ったよりもがっつりVARを“のぞく”パク監督</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"><a href="https://t.co/TwP5cZ2QeF">https://t.co/TwP5cZ2QeF</a></p>&mdash; choithethao.tips (@anlactan) <a href="https://twitter.com/anlactan/status/1508942508218548229?ref_src=twsrc%5Etfw">March 29, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.03.30 12:05 Wed
twitterfacebook
thumb

大胆采配も回ってきたツケ、W杯ベスト8に向け残り8カ月で浮き彫りになった課題/日本代表コラム

「なかなか練習時間が短い中、全てのことを評価するのは難しいと思います。まずは選手たちの姿勢の部分でやってやろうという気持ちでしっかり準備してくれたことを見てあげたいと思います」 試合後にそう語ったのは日本代表の森保一監督。W杯出場を決めたアウェイでのオーストラリア代表戦から、DF吉田麻也(サンプドリア)、DF山根視来(川崎フロンターレ)以外の9名を変更した。 GK川島永嗣(ストラスブール)は今回の最終予選初出場となり、MF旗手怜央(セルティック)は日本代表デビュー戦。MF柴崎岳(レガネス)は4試合ぶり、MF久保建英(マジョルカ)は3試合ぶりと、出番が限られている選手たちがピッチに並んだ。 W杯の出場権を獲得したからこそできた今回の采配。これまで割とメンバーを固定して戦い、出場権獲得という目標に向かって進んできたため、多くの選手を試すということは難しかった。 特に最初の3試合で2敗という苦しいスタートとなってしまっただけに、4戦目のオーストラリア戦から[4-3-3]のシステムに変更し、ケガでの不参加や出場停止を除いてはメンバーを固定してきていた。 苦しい戦いの中でも、試練を乗り越えて出場権を確保したという部分は評価されるべきだが、9戦目まで長引かせてしまったことで、テストする機会を失ったことも事実だろう。 <span class="paragraph-title">◆良いテストの場に</span> 「チームと選手に望むのはホームで勝って、グループ首位で終わらせるということ」と前日の会見で語っていた森保監督だが、試合は難しいものとなってしまった。 システムは[4-3-3]を踏襲し、日本へ帰国してからのトレーニングでプレーしてきた選手を起用した。 中盤から前の6人に関しては、[4-3-3]にシステムが変わってからは柴崎を除いて初めての先発出場。また柴崎もアンカーで出るのは初めてであり、大きなテストの場となった。 これまでの[4-3-3]の中盤の3枚はボランチタイプの選手が並び、特に守備面での強度が高く、ボールを奪ってからの守から攻へのトランジションは特徴があった。また、ボールを奪い切る力が個々にあるため、局面をひっくり返すことにも特徴を持っていた。 一方で今日の中盤3枚は、どちらかと言えば攻撃に特徴がある選手たち。柴崎、原口元気(ウニオン・ベルリン)、旗手怜央(セルティック)といずれもハードワークができる選手だが、本来の特徴は攻撃面で発揮されるメンバーだ。 また、前線の3人も主軸であれば右に伊東純也(ヘンク)、左に南野拓実(リバプール)と並び、伊東は主にワイドにポジションを取り、南野はワイドから中に入るという戦い方を見せ、右サイドから攻撃を組み立てるという特徴があったが、この試合では右に久保、左に三笘薫(ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズ)が入ったため、普段とは異なり左で攻撃を作るという形が増えていった。 選手が代われば特徴も変わり、チームとしての戦い方も変わるものだが、この試合では選手たちの意気込みがどこか噛み合わない感覚を覚えた。 全員がアピールということに気持ちが入りすぎたのか、ボールに絡みたがり、ゴールへと急ぐシーンが散見。スペースがなかなか無いというベトナムの守備陣形もあったが、じっくりとボールを出し入れしてポゼッションを高めて崩していくというよりは、個々が仕掛けて行きながら、奪われてしまって攻撃が滞るという展開が前半は続いてしまった。 森保監督は「試合の中でも自分の良さを発揮するという部分、チームの中での競争という部分でも、積極的にプレーしてくれていましたが、なかなかお互いのプレーのイメージを合わせることができなかったということで、難しい状況が続いた」と試合後に振り返ったが、まさにその通り。パフォーマンスが悪かったというよりは、バランスを取れない時間が長く続いてしまい、チームとして機能させることがなかなかできなかった印象だ。 <span class="paragraph-title">◆W杯ベスト8への道のりは険しい</span> 結果だけを見れば、セットプレーで失点し、最下位のチーム相手に1ゴールしか奪えずに引き分けたということになる。もちろん、勝って首位を確定させたいという思いはあったはずだが、ここまでメンバーを入れ替えれば、こういう結果になることも想定はできていたはずだ。 吉田は試合後「メンバーを大幅に代えたので、チグハグ感が出ることも予想していましたし、今日はチャレンジな試合になると思っていました」と語っており、予想通りだったと振り返った。それでも、試合中に修正する力がなければ、目標とするW杯でのベスト8入りは難しいものになる。 この試合も吉田の勇気ある上がりから、そのまま流れでゴールを奪い切るシーンがあった。徐々に並びを変えたこともあり、リズムができていた中で、主軸組を出してさらにそれを加速させていった。この流れは非常に良いものであったが、逆に言えば前半のうちにここまで修正できなければいけなかっただろう。 常に個々が100%の力を出すということはもちろん理想としてあるが、その力を出すメンバーが11名しかいないとすれば、W杯でのベスト8入りはほぼ不可能と言える。いかにして、チーム全体で高いレベルのパフォーマンスを出せるかが大事になる。 常に崖っぷちで戦うことになってしまった最終予選。タフさというところでは、チームが得たものはあるかもしれないが、多くの選手が代表チームのコンセプトを保って、真剣勝負で勝っていくという点では、ほとんど成果は得られていないと言っていい。親善試合もほとんどなく、常に予選を戦い続けてきた中で、新たな力を試してこなかったツケが回ってきたともいえる。予てから散々懸念してきたものが、改めて浮き彫りになったと言って良い。 誰が出ても変わらぬクオリティをピッチ内で出せることがベスト。短期間で集まって試合を行う代表チームにおいては、チームとしての完成度がレギュラー以外のメンバーにも浸透しているかが重要だ。今のチームは個々の能力、個々の理解はあったとしても、実戦の場が少なく、ベトナム戦のようなことが起きるのも致し方ない。 現にオーストラリア戦も苦しんだ中、最後に局面を打開したのは選手のコンビネーション。川崎フロンターレで共にプレーし培っていた感覚を生かしてゴールを奪い切ったのだ。「絵を合わせていけるように準備しなければ」と常に森保監督は口にするが、それが主力以外の選手にも波及しなければいけない。絵が想像できても、描けなければ意味がない。 今日の試合では、まだまだその力がないことが浮き彫りとなった。この問題を、残りの8カ月、少ない試合でどう解消していくのか。それはトレーニングではなく、実戦でなければ難しいと考えられる。 次の活動は5月から6月にかけてのインターナショナル・マッチデー。4月1日にW杯の組み合わせが決まるため、相手を想定した上での試合が組まれることになるだろうが、数少ない試合で、精度をあげていく必要がある。 クラブでのパフォーマンスを個々の選手が高め、少ない時間で代表チームとしてのサッカーを体現する。それができる選手が多くなれば、チーム力が必然的に向上し、W杯でも結果を残せるようになるはずだ。残された時間は8カ月。ヨーロッパ組は残りシーズンでどれだけインパクトあるパフォーマンスをクラブで見せられるかに注目が集まる。 《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》 2022.03.30 06:45 Wed
twitterfacebook
thumb

「お客さんに申し訳ない」ドローのベトナム戦を振り返る吉田麻也「無失点が破られたのも悔しい」

日本代表のDF吉田麻也(サンプドリア)が、ベトナム代表戦を振り返った。 24日に行われたオーストラリア代表戦で、7大会連続のワールドカップ(W杯)出場を決めた日本は、29日にアジア最終予選の最終節としてベトナムと対戦した。相手はグループ最下位なだけに、快勝で予選を締めくくりたかったが、19分にセットプレーから失点。その後も攻め込むものの、守りを固めるベトナムからなかなか1点も奪えない状況が続く。 そんな不安を拭ったのがキャプテンの吉田。後半へ折り返した54分にビルドアップした吉田は、MF原口元気のシュートのこぼれ球を詰めて同点に戻した。その後は猛攻を見せる日本は、2度ネットを揺らす場面を迎えるも、それぞれハンドとオフサイドでゴールは認められず。結局、1-1のドローに。試合後の選手たちは悔しそうな表情を浮かべていた。 すでにW杯出場を決めているため、大きなダメージにはならなかったものの、吉田にはやはり不満の残る一戦だったようだ。何よりも埼玉スタジアム2002に応援に来てくれたファンへの申し訳なさを真っ先に感じたという。 「物足りないのは間違いないですね。もちろん勝って終わりたかったですけど、一番は集客を煽っておいて、せっかく来てもらったお客さんにプレーでお返しすると言っておきながら、結果を出せなかったことへの歯痒さですね」 「これだけメンバーが変わればスムーズに上手くいくことはないんですよね。だからある程度のミスは出るだろうなと予測してたんですけど、それにしても前半はよくなかったかなと。後半は僕らが良くなったというより、相手が落ちてきたという感じですね」 「その中でみんなで続けてきた無失点を破られてしまって悔しいですし、得点を重ねるチャンスをいかせなかったのも悔しいです」 その中でチームを鼓舞するような1点を奪った吉田。インターセプトから自ら攻め上がった結果の得点だったが、状況を分析し、どこかのタイミングで狙っていたプレーだったようだ。 「高い位置でインターセプトできて、前にスペースがあったので持ち運んでサイドに出した。流れの中で停滞してる感があったので、ああいうインターセプトやオーバラップでの変化をつけることは大事だなと狙ってました。自分がやるとは思わなかったですけど」 「良いタイミングで上がれたし、試合を見ててもキーパーは結構弾くなと感じてたので、上手く自分のところにボールが来てくれて、良い準備をしていて良かったと思います」 また、この試合で代表通算115試合目に到達した吉田は出場数で長谷部誠を抜いた。しかし吉田は、出場数よりも勝利や無失点という目の前の結果にこだわっていると主張した。 「次は川口(能活)さんもいるし、井原(正巳)さんもいるし、もちろん(長友)佑都もいるし。ひとつの目安にはなってますけど、続けていくだけだし、終わった時に判断すればいいかなと。経過のところでは気にしてないです。数よりも質の方にこだわるべきですし、クリーンシートや勝利という数字を残していかないといけないです」 2022.03.30 00:40 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly