日本代表初選出のMF三笘薫がサン=ジロワーズを通じてメッセージ「しっかり国代表として戦ってきます」

2021.11.05 12:50 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズのMF三笘薫が、初招集を受けた日本代表への意気込みを語った。

2020シーズンに筑波大学から川崎フロンターレへと加入した三笘。プロ1年目からJリーグで圧巻のパフォーマンスを見せると、新人最多得点記録となる13ゴールを奪い、チームのリーグ制覇に貢献。ベストイレブンにも選出された。

その三笘は2021シーズンも川崎Fの主力としてプレー。U-24日本代表にも選出され東京オリンピックにも出場すると、3位決定戦のメキシコ代表戦でゴールを記録したが、チームは4位に終わった。

その後、プレミアリーグのブライトン&ホーヴ・アルビオンに完全移籍。労働許可が下りないため、ベルギーのサン=ジロワーズへとレンタル移籍すると、ここまで公式戦9試合に出場し4ゴール2アシスト。10月16日にはリーグ戦でハットトリックを見せると、その後2試合は先発の座を射止めた。

4日に発表された日本代表に初めて招集された三笘は、クラブのツイッターを通じてビデオメッセージで意気込みを語った。

「初めて日本代表に選ばれました。しっかり国代表として戦ってきます。応援よろしくお願いします」

好調を維持しており、待望の日本代表招集となった三笘には、「本当におめでとうございます」「活躍楽しみにしてます」と日本人ファンからのメッセージの他、「十分に値する」とサン=ジロワーズのファンからもエールが贈られた。



1 2

関連ニュース
thumb

三笘薫が足首ねん挫…2022年初戦出場不透明、代表活動に影響の恐れも

今季から加入したユニオン・サン=ジロワーズで活躍する日本代表MF三笘薫だが、2022年初戦の出場が微妙となってしまった。 ウィンターブレイクを利用してスペインでキャンプするユニオン・サン=ジロワーズ。8日の親善試合でセルクル・ブルージュと対戦したが、先発した三笘は前半途中に交代した。 クラブは11日、足首のねん挫という検査結果を報告。現時点で全治未定で、15日に敵地で予定するジュピラー・プロ・リーグ第22節のRFCスラン戦出場も不透明な状況だという。 三笘は昨夏に川崎フロンターレからブライトン&ホーヴ・アルビオンに加わり、そのままそのまま提携先のユニオン・サン=ジロワーズにレンタル移籍。リーグで首位を走るチームで、三笘自身も公式戦17試合の出場で6得点3アシストをマークしている。 今月下旬から来月上旬にかけて日本代表の活動も予定されるなかで、負傷してしまった三笘。長引くようであれば、代表にも影響が及びそうだ。 2022.01.12 09:15 Wed
twitterfacebook
thumb

三笘&町田所属のサン=ジロワーズがポーランド期待の新星MFコズウォフスキをブライトンからレンタルで獲得

ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズは5日、ブライトン&ホーヴ・アルビオンからポーランド代表MFカツペル・コズウォフスキ(18)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。シーズン終了までのレンタル移籍となる。 コズウォフスキは、ポーランド期待の若手の1人。16歳の時にポゴニ・シュチェチンでデビュー。エクストラクラサ(ポーランド1部)で2位に輝いたチームでプレーした。 下部組織からポゴニ・シュチェチンで育ったコズウォフスキは、これまで公式戦43試合で4ゴール7アシストを記録。今シーズンもエクストラクラサで16試合に出場し3ゴール4アシストを記録した。 この1月にブライトンへと完全移籍で加入すると、そのままサン=ジロワーズへとレンタル移籍。日本代表MF三笘薫と同じ道を辿っている。 また、17歳247日という若さでユーロ2020でデビューし、史上最年少出場に。ポーランド代表としてすでに6試合に出場している。 2022.01.05 21:40 Wed
twitterfacebook
thumb

鹿島のDF町田浩樹が三笘薫が所属するサン=ジロワーズへ買取OP付きの期限付き移籍で合意

鹿島アントラーズは4日、DF町田浩樹(24)がベルギーのロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズへ期限付き移籍することを発表した。 クラブ間合意がなされ、現地でのメディカルチェック後に正式契約を結ぶ。 なお、期限付き移籍期間は2023年6月30日までとなり、買い取りオプションもついているとのことだ。 町田は鹿島の下部組織出身。つくばジュニア、つくばジュニアユース、ユースと昇格し、2016年にトップチームへと昇格した。 左利きのCBであり、高さもある町田はプロ1年目にリーグカップでデビュー。2年目にはJ1デビューを果たすと、徐々に出場機会を増やしていく。 プロ6年目の今シーズンは明治安田生命J1リーグで34試合に出場し5得点を記録。リーグカップでも3試合、天皇杯でも2試合に出場した。 鹿島での通算はJ1で87試合8得点、リーグカップで11試合、天皇杯で8試合、 AFCチャンピオンズリーグで10試合に出場していた。 東京オリンピックに臨むU-24日本代表にも選ばれ、1試合に出場していた。 町田はクラブを通じてコメントしている。 「ベルギー1部ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズに移籍することになりました。まずは、自分の夢、成長のために、この移籍を受け入れてくれたアントラーズに感謝します」 「ここ数年タイトルを獲ることができず、自分の中で歯がゆさがあるのも事実です。しかし、自分のキャリアを考えた時、今、挑戦するべきだと決断しました」 「アントラーズには小学4年生から15年間在籍しました。僕の生きている時間の半分以上を過ごしたこのクラブは家であり、ともに戦った仲間たちは家族そのものです」 「そして勝ったとき、負けたとき、大怪我をしたとき、どんなときも応援してくださったファン・サポーターの皆様のおかげで、ここまで戦うことができました。アントラーズで培ったすべてを胸に、夢を追いかけていきます。クラブに関わるすべてのアントラーズファミリーの皆さん、本当にありがとうございました」 サン=ジロワーズは、日本代表MF三笘薫が今シーズンから加入。ジュピラー・プロ・リーグでは昇格組ながら首位を走っている。 2022.01.04 18:33 Tue
twitterfacebook
thumb

攻撃陣沈黙のサン=ジロワーズ、年内最終戦は枠内シュート0のゴールレスドロー《ジュピラー・プロ・リーグ》

三笘薫の所属するロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズは26日、ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグ第21節でヘントと対戦し0-0の引き分けに終わった。三笘は82分までプレーしている。 4連勝中の首位を快走するサン=ジロワーズ(勝ち点46)が、5位ヘントをホームに迎えた一戦。三笘は左WBで5試合連続のスタメン出場となった。 互いに決定機の無いまま迎えた後半、サン=ジロワーズは開始早々の51分にピンチを迎える。右CKをファーサイドの5が頭で折り返したボールをタリク・ティソウダリがヘディングシュートで合わせたが、これはGKアンソニー・モリスが正面でキャッチし難を逃れた。 なかなかチャンスを作り出せないサン=ジロワーズは、82分に三笘を下げてダミアン・マルクを投入。しかし、終盤にかけても決定機は生み出せず、94分にボックス右手前で獲得したフリーキックもテディ・テウマのシュートは枠の上に外れ、そのままタイムアップ。 攻撃陣の沈黙したサン=ジロワーズの年内最終戦は、枠内シュート0本とほろ苦い結果で終わった。 サン=ジロワーズ 0-0 ヘント 2021.12.27 04:51 Mon
twitterfacebook
thumb

三笘薫が躍動! 逆転勝利呼び込む1ゴールでサン=ジロワーズ4連勝《ジュピラー・プロ・リーグ》

18日、ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグ第20節のロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズvsセルクル・ブルージュが行われ、3-2でサン=ジロワーズが勝利した。 サン=ジロワーズの三笘薫は左ウイングバックで先発フル出場。今季5ゴール目を記録した。 試合はセルクル・ブルージュがペースを握る展開に。8分、左CKからのクロスをエドガラス・ウトクスがヘディングで合わせ先制する。 首位のサン=ジロワーズも負けじと押し返す。15分には相手のクリアボールをボックス内で拾った三笘がシュート。倒れ込みながらニアサイドを狙ったが、GKがセーブする。 すると24分、セルクル・ブルージュはカウンター。最後はDFが処理できず、ラビ・マトンドが2点目を決める。 前半で2点のリードを奪われたサン=ジロワーズ。左サイドから何度となく左サイドをドリブルで突破。しかし、相手のファウルを辞さない守備の前にゴールに迫れない。 2点ビハインドで後半に入ると、三笘は手を緩めず。52分には左サイドを突破しボックス内に侵入。最後はデニス・ウンダブがシュートもミートしない。 それでも57分、自陣でボールを受けた三笘が粘りを見せてパス。そこからカウンターを仕掛けると、クロスのこぼれ球をボックス中央で三笘が蹴り込み、1点を返す。 さらに攻め込むサン=ジロワーズは75分、三笘が左サイドを仕掛けるとボックス内をえぐりクロス。ゴール前で混戦となると、最後はバルト・ニューコープが蹴り込み、同点に追いつく。 三笘が活性化させた中で同点に追いついたサン=ジロワーズだったが、90分にカウンター。右サイドからのパスが繋がらなかったものの、相手DFがバックパス。しかしGKが前に出てきており、無常にもボールはゴールへと転がり、サン=ジロワーズが逆転勝利。リーグ戦4連勝とした。 ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズ 3-2 セルクル・ブルージュ 【サン=ジロワーズ】 三笘薫(後12) バルト・ニューコープ(後30) オウンゴール(後45) 【セルクル・ブルージュ】 エドガラス・ウトクス(前8) ラビ・マトンド(前24) <span class="paragraph-title">【動画】三笘薫が躍動! 反撃の狼煙&同点弾を呼び込む</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="hQGKcspRi-k";var video_start = 185;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.12.19 10:33 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly