コーフェルトCL初陣のヴォルフスブルクがザルツブルクの今節突破を阻止! セビージャ撃破のリールが初勝利《CL》

2021.11.03 07:12 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)のグループG第4節、ヴォルフスブルクvsレッドブル・ザルツブルクが2日に行われ、ホームのヴォルフスブルクが2-1で勝利した。前節、ヴォルフスブルクに3-1の快勝を収めた首位のザルツブルク(勝ち点7)は、国内リーグでも開幕から無敗を継続。勝利で決勝トーナメント進出が決定する重要な一戦ではゴールを挙げたアデイェミとオカフォルの2トップを含め前回対戦と全く同じスタメンを起用した。

一方、僅差でグループ最下位に沈むヴォルフスブルク(勝ち点2)は、先月24日にファン・ボメル前監督を解任。コーフェルト監督を新指揮官に据え、ここからの逆転突破を目指す。新体制初陣を制した直近のレバークーゼン戦からは先発2人を変更。シュテフェン、フィリップに代えてオタビオ、ヴェグホルストを起用した。

試合は互いにキックオフ直後からチャンスを作り合うオープンな展開となる。まずは2分、前線に抜け出したオカフォルの短い落としを受けたアデイェミがそのままボックス内へ持ち込んで左足のシュートを狙うが、これは枠の左に外れる。

すると、直後の3分にはオタビオとゲルハルトのコンビでヴォルフスブルクが左サイドを完璧に崩すと、ボックス内へ運んだゲルハルトからの丁寧なグラウンダーの折り返しをファーに走り込んだバクが右足で難なく流し込んだ。

幸先よく先制に成功したヴォルフスブルクは、ここからザルツブルクにボールを握られる展開となるが、中盤を中心に強度の高い守備で相手に自由を与えず。また、前回対戦で苦戦した背後のスペースも3バックへの変更が奏功し、相手2トップをきっちりケアする。

一方、立ち上がり以降はなかなか決定機まで持ち込めないザルツブルクだったが、セットプレーからゴールをこじ開ける。30分、ペナルティアーク付近で得たFKの場面でキッカーのウーバーが左足を振り抜くと、壁の上から急激に落ちたシュートをGKカスティールスがはじき出せず、ゴールネットを揺らした。

1-1の振り出しに戻った試合は前半終盤にかけて再びオープンな展開に。その流れの中で36分にはゲルハルトからの正確な左クロスに飛び込んだヴェグホルスト、41分にはザルツブルクのロングカウンターからアーロンソンに絶好機も、いずれも決め切ることはできず。

後半も先に決定機を作ったのはザルツブルク。立ち上がりの50分に高速カウンターからオカフォルのスルーパスに抜け出したアデイェミがボックス内でGKと一対一となるが、左足のシュートはわずかに枠の右に外れる。

以降もザルツブルクが押し気味に試合を運んでいたが、ヴォルフスブルクが前半同様に決定力を見せる。60分、アルノルトからの浮き球のフィードに反応したルーカス・エンメチャがボックス右から強烈な右足のシュートをニア上へ突き刺した。

試合の均衡が破られた中、両チームはここから選手交代で流れに変化を加えていく。ヴォルフスブルクはルシヨンやムバブ、ルケバキオを投入し、堅守速攻の色合いを強める。対するザルツブルクは決定力を欠いたアデイェミらを下げてアダム、シェシュコとアタッカーを送り出していく。

流れの中で決定機まであと一歩という状況が続くアウェイチームは83分に鮮やかなパスワークから、ボックス手前のシェシュコが強烈なミドルシュートを枠に飛ばすが、これはGKカスティールスの好守に遭う。

その後、ザルツブルクの決死のパワープレーを最後まで撥ね返し続けたヴォルフスブルクが今グループステージ初勝利を挙げると共に、コーフェルト新監督のCL初陣を飾った。一方、初黒星を喫したザルツブルクはクラブ史上初の決勝トーナメント進出はお預けとなった。

また、同日行われたグループGのもう1試合、セビージャvsリールは、アウェイのリールが1-2で勝利した。

前回対戦を0-0のドローで終えた2位のセビージャ(勝ち点3)と、3位のリール(勝ち点2)のリターンマッチ。試合はホームのセビージャが先手を奪う。15分、カウンターから右サイドを破ってスソからのマイナスのパスを受けたラファ・ミルのシュートはGKの好守に遭うが、こぼれ球をオカンポスが押し込んだ。

その後はリスクを冒して攻撃に出るリールの時間帯が続き、幾度か縦に速い攻めで決定機を創出。すると、前半終了間際にはデラネイのボックス内でのファウルによって得たPKをキッカーのデイビッドが冷静に決めて前半の内に追いついた。

迎えた後半、追いついた勢いに乗るリールは51分にショートカウンターからボックス右でチェリクが放ったシュートが左ポストを直撃。この跳ね返りをイコネが冷静に蹴り込んで逆転に成功した。

その後、両者は積極的に交代カードを切っていく中、球際のバトルが強調される白熱の攻防を見せる。だが、後半だけで10枚のカードが飛び交う荒れ模様の状況とは裏腹に決定機まで持ち込めない睨み合いが続き、試合はこのままタイムアップ。

敵地で逆転勝利のリールがグループステージ初勝利で2位に浮上。一方、4戦未勝利のセビージャは最下位に転落した。

関連ニュース
thumb

元スイス代表FWメーメディ、ヌリ・シャヒン率いるアンタルヤスポルに移籍

トルコのアンタルヤスポルは14日、ヴォルフスブルクから元スイス代表FWアドミール・メーメディ(30)を獲得したことを発表した。契約は2024年までとなる。 母国の名門チューリッヒでプロキャリアをスタートさせたメーメディは、ディナモ・キエフやフライブルク、レバークーゼンを渡り歩いて、2018年1月にヴォルフスブルクに加入した。加入後まもなくケガに見舞われてしまったものの、本格始動となった2018-19シーズンはブンデスリーガ26試合で6ゴール7アシストの成績を残した。 しかし、翌シーズン以降は目に見える結果が出せなくなり、昨季はチームの躍進とは裏腹に、個人としてはリーグ戦18試合2アシストにとどまった。そして今季はほとんど構想外となり、ブンデスリーガ開幕節のボーフム戦の3分間の出場を最後にピッチに立つことはなかった。 ユーロ2020を最後に76キャップを数えたスイス代表からも引退した30歳は、新天地としてアンタルヤスポルを選択。同クラブでは昨年10月から元トルコ代表のヌリ・シャヒンが監督を務めており、ブンデスリーガでしのぎを削った相手と共闘することになる。 なお、チームは現在スュペル・リグで15位と苦戦。降格圏と17位とは4ポイント差となっている。 2022.01.15 19:15 Sat
twitterfacebook
thumb

ポーランド代表の逸材MFカミンスキが来季からヴォルフスブルクに加入、5年契約

ヴォルフスブルクは10日、ポーランド代表MFヤクブ・カミンスキ(19)を完全移籍で獲得することを発表した。 契約期間は2027年夏までの5年間。2022年夏に加入することとなる。 カミンスキは、レフ・ポズナンのアカデミー育ち。2018年12月に16歳でファーストチームに昇格した逸材だ。 左右のウイングでプレーするカミンスキは、ここまで公式戦85試合に出場し13ゴール13アシストを記録。今シーズンのエクストラクラサ(ポーランド1部)でも、ここまで19試合に出場し6ゴール4アシストの活躍を見せている。 カミンスキは「僕にとって、ブンデスリーガに移籍することは絶対的な夢の実現だ。僕は新しい挑戦を本当に楽しみにしており、毎週トップレベルで成長し、自分自身を証明できることを楽しみにしている」とコメントしている。 2021年9月のカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選のサンマリノ代表戦でポーランド代表デビューを果たしている。 2022.01.11 21:16 Tue
twitterfacebook
thumb

ボーフムが低迷するヴォルフスブルクを下しリーグ戦4試合ぶりの白星を飾る!《ブンデスリーガ》

浅野拓磨の所属するボーフムは9日、ブンデスリーガ第18節でヴォルフスブルクと対戦し1-0で勝利した。浅野は79分までプレーしている。 リーグ戦3試合勝利のない13位ボーフムが、公式戦7連敗中の14位ヴォルフスブルクをホームに迎えた一戦。ボーフムの浅野は3トップの右でスタメン出場となった。 立ち上がりから一進一退の展開が続く中、ヴォルフスブルクは26分にバイタルエリア右でボールを受けたバクーが狙いすましたミドルシュートを放ったが、相手DFにディフレクトしたシュートはわずかにゴール左に逸れた。 ハーフタイムにかけても互いに決定機を作り出すことは出来ず、前半はゴールレスで終了した。 迎えた後半も膠着状態が続く中、先にスコアを動かしたのはホームだった。65分、バックパスを敵陣でカットした浅野が右サイドに展開すると、これ受けたホルトマンのクロスをパントビッチがヘディングで叩き込んだ。 先制したボーフムは、79分に浅野を下げてアントウィ=アジェイを、82分にパントビッチを下げてレーヴェンを投入した。すると93分、アントウィ=アジェイのパスで左サイドを抜け出したライチュのクロスからレーヴェンに決定機が訪れたが、シュートは左サイドネットに外れた。 結局、試合はそのまま1-0でタイムアップ。パントビッチのゴールで逃げ切ったボーフムが2022年初戦を白星で飾った。一方、敗れたヴォルフスブルクは泥沼の公式戦8連敗となっている。 2022.01.10 03:30 Mon
twitterfacebook
thumb

新年早々、鼻骨骨折…ヴォルフスブルクのキャプテンMFギラヴォギがトレーニング中に負傷

ヴォルフスブルクは3日、元フランス代表でキャプテンを務めるMFジョシュア・ギラヴォギの負傷を発表した。 クラブの発表によると、ギラヴォギは2日のトレーニング中に負傷したとのことだ。 詳細は午後のトレーニングの際、MFフェリックス・エンメチャと激突。検査を受けた結果、鼻骨を骨折してしまったとのことだ。 なお、ギラヴォギは週末からトレーニングを再開する予定とのことだ。 キャプテンを務めるギラヴォギは、ここまでブンデスリーガで15試合に出場。チャンピオンズリーグでも5試合、DFBポカールも1試合プレーしていた。 2022.01.04 09:55 Tue
twitterfacebook
thumb

ワクチン未接種のヴォルフスブルクDFムバブ、2度目のコロナ感染

ヴォルフスブルクは29日、スイス代表DFケビン・ムバブが新型コロナウイルスに感染したことを発表した。 ヴォルフスブルクでは29日からシーズン後半戦に向けて再始動となるが、ムバブが不在になることを明かした。現在、ムバブは休暇先のドバイで隔離されているとのことだ。 2020年7月にもコロナに感染していたムバブはドイツ『キッカー』の情報によればワクチン未接種の模様だ。そのため、遠征先のホテルに滞在できない弊害が生まれていたとのことだ。 2021.12.29 23:00 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly