コーフェルトCL初陣のヴォルフスブルクがザルツブルクの今節突破を阻止! セビージャ撃破のリールが初勝利《CL》

2021.11.03 07:12 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)のグループG第4節、ヴォルフスブルクvsレッドブル・ザルツブルクが2日に行われ、ホームのヴォルフスブルクが2-1で勝利した。

前節、ヴォルフスブルクに3-1の快勝を収めた首位のザルツブルク(勝ち点7)は、国内リーグでも開幕から無敗を継続。勝利で決勝トーナメント進出が決定する重要な一戦ではゴールを挙げたアデイェミとオカフォルの2トップを含め前回対戦と全く同じスタメンを起用した。

一方、僅差でグループ最下位に沈むヴォルフスブルク(勝ち点2)は、先月24日にファン・ボメル前監督を解任。コーフェルト監督を新指揮官に据え、ここからの逆転突破を目指す。新体制初陣を制した直近のレバークーゼン戦からは先発2人を変更。シュテフェン、フィリップに代えてオタビオ、ヴェグホルストを起用した。

試合は互いにキックオフ直後からチャンスを作り合うオープンな展開となる。まずは2分、前線に抜け出したオカフォルの短い落としを受けたアデイェミがそのままボックス内へ持ち込んで左足のシュートを狙うが、これは枠の左に外れる。

すると、直後の3分にはオタビオとゲルハルトのコンビでヴォルフスブルクが左サイドを完璧に崩すと、ボックス内へ運んだゲルハルトからの丁寧なグラウンダーの折り返しをファーに走り込んだバクが右足で難なく流し込んだ。

幸先よく先制に成功したヴォルフスブルクは、ここからザルツブルクにボールを握られる展開となるが、中盤を中心に強度の高い守備で相手に自由を与えず。また、前回対戦で苦戦した背後のスペースも3バックへの変更が奏功し、相手2トップをきっちりケアする。

一方、立ち上がり以降はなかなか決定機まで持ち込めないザルツブルクだったが、セットプレーからゴールをこじ開ける。30分、ペナルティアーク付近で得たFKの場面でキッカーのウーバーが左足を振り抜くと、壁の上から急激に落ちたシュートをGKカスティールスがはじき出せず、ゴールネットを揺らした。

1-1の振り出しに戻った試合は前半終盤にかけて再びオープンな展開に。その流れの中で36分にはゲルハルトからの正確な左クロスに飛び込んだヴェグホルスト、41分にはザルツブルクのロングカウンターからアーロンソンに絶好機も、いずれも決め切ることはできず。

後半も先に決定機を作ったのはザルツブルク。立ち上がりの50分に高速カウンターからオカフォルのスルーパスに抜け出したアデイェミがボックス内でGKと一対一となるが、左足のシュートはわずかに枠の右に外れる。

以降もザルツブルクが押し気味に試合を運んでいたが、ヴォルフスブルクが前半同様に決定力を見せる。60分、アルノルトからの浮き球のフィードに反応したルーカス・エンメチャがボックス右から強烈な右足のシュートをニア上へ突き刺した。

試合の均衡が破られた中、両チームはここから選手交代で流れに変化を加えていく。ヴォルフスブルクはルシヨンやムバブ、ルケバキオを投入し、堅守速攻の色合いを強める。対するザルツブルクは決定力を欠いたアデイェミらを下げてアダム、シェシュコとアタッカーを送り出していく。

流れの中で決定機まであと一歩という状況が続くアウェイチームは83分に鮮やかなパスワークから、ボックス手前のシェシュコが強烈なミドルシュートを枠に飛ばすが、これはGKカスティールスの好守に遭う。

その後、ザルツブルクの決死のパワープレーを最後まで撥ね返し続けたヴォルフスブルクが今グループステージ初勝利を挙げると共に、コーフェルト新監督のCL初陣を飾った。一方、初黒星を喫したザルツブルクはクラブ史上初の決勝トーナメント進出はお預けとなった。

また、同日行われたグループGのもう1試合、セビージャvsリールは、アウェイのリールが1-2で勝利した。

前回対戦を0-0のドローで終えた2位のセビージャ(勝ち点3)と、3位のリール(勝ち点2)のリターンマッチ。試合はホームのセビージャが先手を奪う。15分、カウンターから右サイドを破ってスソからのマイナスのパスを受けたラファ・ミルのシュートはGKの好守に遭うが、こぼれ球をオカンポスが押し込んだ。

その後はリスクを冒して攻撃に出るリールの時間帯が続き、幾度か縦に速い攻めで決定機を創出。すると、前半終了間際にはデラネイのボックス内でのファウルによって得たPKをキッカーのデイビッドが冷静に決めて前半の内に追いついた。

迎えた後半、追いついた勢いに乗るリールは51分にショートカウンターからボックス右でチェリクが放ったシュートが左ポストを直撃。この跳ね返りをイコネが冷静に蹴り込んで逆転に成功した。

その後、両者は積極的に交代カードを切っていく中、球際のバトルが強調される白熱の攻防を見せる。だが、後半だけで10枚のカードが飛び交う荒れ模様の状況とは裏腹に決定機まで持ち込めない睨み合いが続き、試合はこのままタイムアップ。

敵地で逆転勝利のリールがグループステージ初勝利で2位に浮上。一方、4戦未勝利のセビージャは最下位に転落した。

関連ニュース
thumb

「これ見てた」大久保嘉人の息子がTVニュースに登場、街頭インタビューに応じる姿は貫禄十分「誰かに似てると思ったら!」

元日本代表FW大久保嘉人氏の次男、緑二くんが街頭インタビューに応じていたようだ。 Uターンラッシュを迎えたJR博多駅で、著名人の子供だと気付かれないままインタビューを受けた緑二くん。目線が泳ぐこともなく、インタビュアーの方をしっかり見て、はっきりとした口調とで堂々と取材に応じている。 大久保氏は14日に自身のツイッターで放送のキャプチャを投稿。「一人で長崎に行ってる緑ニが新幹線乗る前にインタビューされてニュースに出てる〜」と綴った。 「このニュース見てたー」という視聴者も多くいたようだが、「誰かに似てると思ったら!」、「見たのに、緑二くんだって気づかなかった…」との声も。「どこかで見た気がすると思って、これでスッキリした」と、大久保氏の投稿により、もやもやが解消されたファンもいたようだ。 緑二くんは、メディアに対応する父親を間近で見ていた影響か、取材に対してしっかりした受け答えを見せた。「インタビュー受け慣れている感じですね!」と、感嘆の声が上がっているが、もしかしたらテレビクルーも雰囲気を感じて声をかけたのかもしれない。 <span class="paragraph-title">【動画】テレビの街頭インタビューに応じる大久保嘉人の次男、緑二くん</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">一人で長崎に行ってる緑ニが新幹線乗る前にインタビューされてニュースに出てる<a href="https://twitter.com/hashtag/yoshito13?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#yoshito13</a> <a href="https://t.co/O8JwPTaFv5">pic.twitter.com/O8JwPTaFv5</a></p>&mdash; 大久保嘉人 (@Okubonbon13) <a href="https://twitter.com/Okubonbon13/status/1558748452615426048?ref_src=twsrc%5Etfw">August 14, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.15 16:45 Mon
twitterfacebook
thumb

覚醒ミュージアラ弾などで快勝のバイエルンが連勝スタート《ブンデスリーガ》

バイエルンは14日、ブンデスリーガ第2節でヴォルフスブルクをホームに迎え、2-0で快勝した。 開幕戦でフランクフルトを粉砕する貫禄を見せ付けた王者バイエルンはフランクフルト戦同様のスタメンで臨んだ。 開幕節でブレーメンに引き分けたヴォルフスブルクがアグレッシブな入りを見せてきた中、バイエルンは13分、CKからパヴァールがバーを掠めるヘディングシュートを浴びせる。 徐々に攻勢を強めると19分、ニャブリの右クロスに合わせたマネのシュートがネットを揺らすもVARの末オフサイドとなった。 それでも33分、ミュージアラが個人技でゴールをこじ開ける。DFに対応されながらも力強く前を向いたミュージアラがペナルティアーク中央からゴール左へシュートを蹴り込んだ。 その後、パヴァールのミドルシュートなどで追加点に迫ると、44分に突き放す。アルフォンソ・デイビスがボックス左深くまでえぐってマイナスにクロスを送ると、キミッヒが左足ダイレクトでシュート。ゴール前のミュラーがコースを変えてネットを揺らした。 迎えた後半、ニャブリに代えてサネを投入したバイエルンは立ち上がりのピンチをGKノイアーが凌ぐ。 すると57分、サネがゴールに迫ると74分にはマネがゴールを割ったかに思われたが、わずかにオフサイドでゴールが認められなかった。 それでも終盤にかけても主導権を握り続けたバイエルンが2-0で快勝。連勝スタートとしている。 2022.08.15 02:34 Mon
twitterfacebook
thumb

浅野の今季初ゴールなどで3発快勝のボーフムが2回戦へ!レバークーゼンが4部相手に金星献上《DFBポカール》

DFBポカール1回戦の11試合が、30日にドイツ各地で行われた。 浅野拓磨の所属するボーフムは、4部に所属する1889ベルリンとアウェイで対戦し3-0で勝利した。試合は18分にシモン・ツォラーのゴールでボーフムが先制すると、22分にはボックス左から侵入したホルンの折り返しを中央でホフマンがトラップ。浮いたボールを走りこんだ浅野が左足で流し込んだ。 ハーフタイムで浅野を下げたボーフムは、後半にもホフマンが追加点を挙げるなど危なげない試合運びで順当に2回戦へ駒を進めた。 また、田中碧の所属するデュッセルドルフは、アウェイで4部に所属するオッフェンバッハと対戦し4-1で勝利した。前半にA・ホフマンのゴールで先制したデュッセルドルフは、後半立ち上がりにもペテルソンが追加点を奪取。 その後、71分と79分にギンチェクがゴールネットを揺らすなど、4発完勝で2回戦進出を決めた。なお、田中はフル出場している。 そのほかではエルフェアスベルク(4部)が今ラウンド最大の番狂わせを起こし、ドイツ国内で大きな話題を集めることに。昨季ブンデス3位のレバークーゼンと対峙したエルフェアスベルクは、開始早々のゴールで先制すると、その後の壮絶な打ち合いを制し、4-3でレバークーゼンから大金星を挙げた。 なお、30日に開催された結果および1回戦の日程一覧は以下の通り。 ◆DFBポカール1回戦 日程&結果 ▽7/30(土) 1889ベルリン(4部) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 ボーフム</span> 19シュトラーレン(4部) 3-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 ザンクトパウリ(2部)</span> バイロイト(4部) 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 ハンブルガーSV</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">レーゲンスブルク</span>(2部) 0-0(PK:4-3) ケルン <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">リューベック(4部) 1</span>-0 ハンザ・ロストック(2部) イラーティッセン(4部) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ハイデンハイム(2部)</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">エルフェアスベルク(4部) 4</span>-3 レーバークーゼン ヴェルニゲローデ(4部) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">10 パーダーボルン(2部)</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">シュツットガルト・キッカーズ(4部) 2</span>-0 グロイター・フェルト(2部) オッフェンバッハ(4部) 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 デュッセルドルフ(2部)</span> イェーナ(4部) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 ヴォルフスブルク</span> ▽7/31(日) SWレーデン(4部) vs ザントハウゼン(2部) ブレーマーSV(4部) vs シャルケ ショット・マインツ(4部) vs ハノーファー(2部) レーディングハウゼン(4部) vs ホッフェンハイム オーバーアハーン(4部) vs ボルシアMG ローネ(4部) vs アウクスブルク カイザースラウテルン(2部) vs フライブルク エンガース(4部) vs ビーレフェルト マンハイム(4部) vs ホルシュタイン・キール(2部) エルツゲビルゲ(2部) vs マインツ ブラウンシュヴァイク(3部) vs ヘルタ・ベルリン ▽8/1(月) コットブス(4部) vs ブレーメン(2部) ケムニッツ(4部) vs ウニオン・ベルリン マクデブルク(3部) vs フランクフルト インゴルシュタット(2部) vs ダルムシュタット(2部) ▽8/30(火) オッテンセン1905(4部) vs ライプツィヒ ▽8/31(水) ヴィクトリア・ケルン(4部) vs バイエルン ▽7/29(金) ディナモ・ドレスデン(2部) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 シュツットガルト</span> ノイシュトレーリッツ(4部) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">8 カールスルーエ(2部)</span> カーン=マリエンボルン(4部) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ニュルンベルク(2部)</span> 1860ミュンヘン(3部) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 ドルトムント</span> 2022.07.31 03:20 Sun
twitterfacebook
thumb

アウグスブルクがMFレジュベツァイ獲得! 昨季ボーフムでは主力として活躍

アウグスブルクは27日、ヴォルフスブルクからドイツ人MFエルヴィス・レジュベツァイ(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月30日までの4年となる。 ヴォルフスブルクの下部組織出身であるセントラルMFのレジュベツァイは、2018年1月にトップチームデビュー。これまでヴォルフスブルクでは公式戦32試合に出場していた。 しかし、トップチーム定着には至らず、直近はケルン、ボーフムにレンタル移籍。昨シーズンのボーフムではブンデスリーガ32試合に出場するなど、主力として活躍してきた。 そして、ブンデスリーガ通算100試合以上に出場する24歳は、ヴォルフスブルクを離れ、アウグスブルクで新たなキャリアを歩むことになった。 2022.07.28 14:07 Thu
twitterfacebook
thumb

フルアムがヴォルフスからスイス代表DFムバブ獲得!

フルアムは27日、ヴォルフスブルクからスイス代表DFケビン・ムバブ(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2025年6月30日までの3年となるが、さらに1年の延長オプションが付随している。 フルアム加入が決定したスイス代表DFは、クラブ公式を通じて新天地での意気込みを語った。 「フルアムのプレーヤーとしてここにいることができて嬉しいよ。これで安心して、自分の目標とクラブの目標に集中し、チームの成功を支援できるようになったね」 「最初のステップは、プレミアリーグにとどまり、リーグで安定した状態を保つことだね。それから、トップ10を目指したい」 母国セルヴェットでキャリアをスタートしたムバブは、2013年から2017年までニューカッスルに在籍。同クラブでは思うような活躍を見せられなかったが、母国のヤング・ボーイズで台頭すると、2019年にヴォルフスブルクへステップアップ。 爆発的なスピードを活かした対人守備と攻撃参加を武器に、右サイドバックの主力として公式戦82試合に出場。また、スイス代表ではここまで22試合に出場し、昨年のユーロ2020でも5試合でプレー。カタール・ワールドカップでのメンバー入りも期待されている。 2022.07.27 20:13 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly