ローマに競り勝ったミラン、指揮官はFK弾のイブラを称賛 「素晴らしいチャンピオンだ」

2021.11.01 12:05 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ミランのステファノ・ピオリ監督が満足感を示した。イタリア『スカイ』が伝えている。

10月31日に行われたセリエA第11節でローマと対戦したミラン。26分にFWズラタン・イブラヒモビッチの強烈なFKで先制すると、57分にはMFフランク・ケシエがPKをしっかりと決め、2点にリードを広げた。その後、66分にはDFテオ・エルナンデスが2枚目のイエローカードで退場となり、後半アディショナルタイムの失点で、1点差に詰め寄られるも、逃げ切って2-1の勝利。この白星でリーグ戦10勝1分けとなり、首位ナポリと勝ち点で並んだ2位に位置している。
ピオリ監督は試合後、アウェイでの一戦を振り返り、プレーに満足感を示した。

「こういった試合は我々に強さ、信念、モラルを与えてくれる。このポジティブな瞬間を逃さず、しっかりと集中していかなければならない」

「我々は困難な状況でも、いつもポジティブだった。我々が持つアイデアや試合への取り組み方でプレーできたのは良かったと思う」

「退場者が出るまではとても良い試合ができた。サッカーでは良い瞬間がいつまで続くかわからないので、特定の試合では今日のように個性を持ってプレーしなければならない。今こそ、恐れることなく、大胆にプレーするときだ」

また、リーグタイトル争いに目を向け、優勝への確信を語った。

「我々が優勝候補かどうかはわからないが、他にもとても強いチームがいる。インテルは優勝候補で、ナポリは非常に強く、ユーベもそこに劣っていないと思う」

「昨季は、そういったチームとの直接対決で何か特別なことをしなければならないと思っていた。奇跡とまでは言わないが、それに近いことをだ。今年は、自分たちのメンタリティで勝負できる強いチームであると意識しているし、優勝できると確信している。大切なのは、常に信じることだ」

さらに、この試合で先制点を挙げたイブラヒモビッチを称賛。絶対的ストライカーの好調ぶりをアピールした。

「イブラは毎日、常に準備をしている。チャンピオンというものはこのようなモチベーションを糧にしている」

「アウェイでプレーするときのほうがコンディションが良かった。イブラはチームの成長に貢献している素晴らしいチャンピオンだ。彼が継続してトレーニングを行うことができれば、彼はもっと成長することができるだろう。今夜は彼の動きがよりリラックスしたものになり、チームとの一体感が増し、より積極的になった」


関連ニュース
thumb

今夏の人気銘柄レナト・サンチェスにPSGも関心か? しかし、実現度は…

リールに所属するポルトガル代表MFレナト・サンチェス(24)は、今夏の移籍市場における人気銘柄の1人。多くのビッグクラブが関心を寄せる中、潤沢な資金をバックにあのクラブも参戦してきた模様だ。フランス『ル・パリジャン』が報じている。 2016年のユーロでポルトガルの初優勝に貢献し、18歳にしてベンフィカからバイエルンへの移籍を勝ち取ったレナト・サンチェス。しかし、バイエルンでは期待に見合った活躍は披露できず、2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)のポルトガル代表メンバーからも落選する結果となっていた。 しかし、2019-20シーズンからプレーするフランスの地で完全復活。2020-21シーズンはリールのリーグアン優勝に大きく貢献し、再びビッグクラブの注目を集める存在となった。 これまでにも、リバプール、アーセナル、バルセロナ、ミラン、ユベントスなどといった錚々たる顔ぶれが関心を寄せていると報じられてきたレナト・サンチェス。現時点ではミランが獲得レースのポールポジションに立つとされているが、ここへ来てパリ・サンジェルマン(PSG)も彼の獲得を考慮し始めたという。 『ル・パリジャン』によると、PSGは過去にもレナト・サンチェス獲得を目指していた経緯があり、リールとの契約が2023年6月までとなっていることを踏まえ、およそ1年後の契約満了を待って獲得するというプランも選択肢に含まれているとのこと。すなわち、PSGにとって必ずしも優先的なターゲットではないことを示している。 一方のリール側は今夏の売却に前向きとされており、レナト・サンチェス本人もステップアップに向けて準備ができているという趣旨の発言を昨年していることから、移籍は濃厚と見られている。しかし、その場合は優先的に獲得に動かないPSGへの移籍の可能性は低いと考えられる。 一度はビッグクラブに失格の烙印を押されながらも、時を経て自らの評価を再び覆すことに成功したレナト・サンチェス。果たして、自身初となるセリエAに挑戦するのか、それとも引き続きフランスにとどまってプレーすることになるのか。今夏の移籍市場に注目が集まっている。 2022.05.24 14:16 Tue
twitterfacebook
thumb

ピッチにド派手登場のイブラ、ドレッシングルームでも熱弁で大盛り上げ 「イタリアはミランのもの!」

スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチがらしく熱弁した。 22日の最終節をもって、今季の戦いが終わりを迎えたセリエA。2位のインテルと優勝を争う首位のミランはサッスオーロとのアウェイ戦だったが、前半の3発で早々に勝利を決定づけ、見事に11年ぶり19度目のスクデットを獲得した。 その試合後の表彰式にシャンパンと葉巻を手にしてのド派手な登場で注目をさらったイブラヒモビッチだが、クラブが公式ツイッター上で公開した動画によれば、ドレッシングルームでも激アツなスピーチでチームを盛り上げたようだ。 チームメイトやステファノ・ピオリ監督をはじめとするスタッフ陣も見守るなか、「落ち着いてくれ、みんな。別れの挨拶をするわけじゃないからな」とまず笑いと誘ってみせ、イタリア王者返り咲きに通ずる今季の歩みを熱く語った。 「俺やその他の何人かがここに来たとき、初日から俺らを信じてくれる奴はほとんどいなかった」 「だが、犠牲を払って、苦しみ、信じ、努力するのが大事だと察してから、俺らは1つのグループになった」 「一丸となれば、俺がやってのけたようなことを成し遂げられる。俺らは今やイタリアのチャンピオンだ」 そして、チームメイトのみならず、その場にいたテクニカルディレクターのパオロ・マルディーニ氏ら幹部にも労いの言葉をかけつつ、さらに話を続けると、ボルテージが最高潮に達して目の前のテーブルを豪快にひっくり返した。 「簡単じゃなかったが、今季の俺らは真のグループだった。言ったように、シーズン当初は誰も俺らを信じちゃいなかったが、俺らはこうした言葉で強くなっていった。お前らを誇りに思う」 「ここで俺のお願いを聞いてくれ。チャンピオンらしく祝ってくれ。ミラノがミランのものというわけじゃない。イタリアがミランのものなんだ!」 イブラヒモビッチ自身は今季もケガに悩まされたが、プレーだけでなく、チーム内で兄貴分としてもひと役買。2019年12月の復帰時に約束したスクデット獲得を見事に有言実行した“神”はさらに崇められる存在へとなりそうだ。 <span class="paragraph-title">【動画】カッコ良い! 神の激アツなスピーチ</span> <span data-other-div="movie"></span><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">AlwayZ believe in <a href="https://twitter.com/Ibra_official?ref_src=twsrc%5Etfw">@Ibra_official</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/AlwaysWithYou?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#AlwaysWithYou</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/SempreMilan?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#SempreMilan</a> <a href="https://t.co/jZVY3OqwBI">pic.twitter.com/jZVY3OqwBI</a></p>&mdash; AC Milan (@acmilan) <a href="https://twitter.com/acmilan/status/1528745496742973441?ref_src=twsrc%5Etfw">May 23, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.24 13:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ミラン歓喜のスクデットもつかの間、レアル・マドリーがムバッペからレオンにターゲット変更?

就任3シーズン目を迎えたステファノ・ピオリ監督の下、見事11年ぶりとなるスクデット獲得を果たしたミラン。最高の形でシーズンを締めくくった中、歓喜の優勝を決めた最終節に前後して、ミラニスタにとって心もとないニュースも伝えられている。 スペイン『マルカ』によると、パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペ(23)をあと一歩のところで取り逃がしたレアル・マドリーが、ミランのポルトガル代表FWラファエル・レオン(22)へターゲットを変更したとのことだ。 レオンは今シーズンのセリエAで34試合11得点10アシストを記録。スクデットを決めた最終節のサッスオーロ戦でもチームの全3得点をアシストするなど、今や押しも押されぬミランのエースとなった。 イタリアの著名なサッカージャーナリストであるファブリツィオ・ロマーノ氏は『Caught Offside』内の自身のコラムにて、マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督とフロレンティーノ・ペレス会長が、ムバッペの代替案を含めたチーム全体の強化プランについての会合を今週中にも実施すると報じており、ムバッペよりも若い22歳のレオンを、クラブの長期計画に盛り込む可能性が排除できないと主張している。 ミランは、コートジボワール代表MFフランク・ケシエ(25)やスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(40)など、今シーズン限りで契約満了を迎える主力選手も抱え、来シーズンへ向けて戦力の増強は不可欠な情勢となっている中、新たな懸念材料が生まれた形だ。 果たして、絶対的なエースに成長したレオンを手元に置きつつ、スクデット防衛、そして欧州での躍進を成し遂げるための強力なスカッドを構築できるのか。今夏の動向に注目だ。 2022.05.23 20:38 Mon
twitterfacebook
thumb

スクデット獲得のイブラ「俺は約束守った」 急逝の故ライオラにも思い馳せる

ミランのスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが約束の全うを誇った。 22日に最終節を迎えたセリエA。2位のインテルに2ポイント差をつけて首位に立つミランは引き分け以上でも優勝が決まったが、サッスオーロとのアウェイ戦を3-0の勝利で飾り、11年ぶり19度目のスクデットを獲得した。 試合後の表彰式にシャンパンをぶちまけたかと思えば、葉巻も嗜み、ド派手に登場したイブラヒモビッチはイタリア『スカイ』で心境を明かしている。 「素晴らしい。俺はミランの前回に優勝時もここにいた。それから11年後にまた優勝した。そして、俺は今、またここにいる。俺は約束をしてここに戻って、それを守った。俺がスクデットをまた獲ると言ったとき、多くの奴らに笑われたが、懸命に働き、結果を手にするために苦しむ意味を示した」 また、急逝した代理人のミノ・ライオラ氏に思いを馳せ、ジョークも交えながら、ミランにとって待ちに待ったセリエAのタイトルを「ミノに捧ぐ」と述べた。 「彼はミランでの俺を見たがってくれたひとりで、救えるのは俺だけだと言ってくれてもいた。(ライオラが今、ここにいたら?) 『あと10年はプレーして、もっと金をせしめろ!』って言うだろうな(笑)」 そして、今後の去就についても問われると、「良いコンディションでないとならないし、何かしらをしないとね。気分が良くなったら、考えるとする」と返した。 「俺はまだピッチで違いになれると思っている。数日中に決断するつもり。本当にタフな時期が続いて、身体的にも悪かったし、他にも個人的な問題もあった。そのなかで、ミランがこのトロフィーを獲得するために俺なりにできる限りのことをやったんだ」 <span class="paragraph-title">【動画】ジルーの2得点などで快勝のミランが11年ぶりのリーグ制覇!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="nMSXZQQENjI";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.23 11:05 Mon
twitterfacebook
thumb

「インテルよりも一貫性が」11シーズンぶりのスクデット獲得、ミランのピオリ監督は優勝について「父に捧げる」

ミランのステファノ・ピオリ監督が、スクデット獲得を喜んだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えた。 22日、セリエA最終節が開催。ミランはアウェイでサッスオーロと対戦した。 2位インテルとの勝ち点差はわずかに「2」。引き分け以上で優勝が決まる中、ミランは前半から畳み掛ける。 17分にオリヴィエ・ジルーが先制ゴールを決めると、32分にもジルーが追加点。さらに36分にはフランク・ケシエがネットを揺らし、前半で3点のリードを奪う。 後半はサッスオーロを寄せ付けず、クリーンシート達成。インテルはサンプドリアに3-0で勝利したものの、ミランが11シーズンぶりのリーグ優勝を達成した。 見事にスクデットを獲得したピオリ監督。チームとしては、最初からスクデットを目指していたと語った。 「ミラネッロでは、今年の初めからスクデットについて話してきた。我々は常にそれを信じてきた」 「選手たちはそれをやってのけた。私は、このスクデットに値するミランを幸せに感じている」 「我々はインテルよりも一貫性があった。選手たちは強さとメンタリティを持ち、決して諦めることはしなかった」 「私が強力なチームを指導し、マサラ、マルディーニという2人のマネージャーが、私に自信をサポートを与えてくれたので、優勝に値した」 またシーズンを振り返ったピオリ監督は、重要なシーンを3つ挙げた。 「ダービーでの勝利、ラツィオに対するアウェイでの勝利、そしてチームへのイブラヒモビッチとケアーのスピーチだ」 「勝ち取ったダービーにより、我々は更なる確信と強さを得た」 「それとラツィオとの試合で、自分たちがスクデットを獲れると実感した」 昨シーズンは久々にチャンピオンズリーグ(CL)の出場権を確保。そして今シーズンはリーグ制覇と着実に結果を残しているミラン。クラブ全体の働きの賜物だとピオリ監督は語る。 「昨年より順位を上げることで、何か重要なことを目指して戦えると信じていた。経営陣は勝利の方程式を作り上げ、クラブはとても才能ある選手を巧みに獲得してきた」 「忍耐と努力が必要だった。素晴らしいシーズンを過ごしたと思う」 「これらの結果を得る、それは全てのコンポーネントが最善を尽くしたことを意味する」 また、この優勝については、2019年に他界した父に捧げたいと語った。 「私はこのトロフィーを父に捧げる。彼がどこにいても、彼わ私が成し遂げたことを誇りに思うだろう」 「これからは休暇に入るが、再開したらまたスキルを見せる必要がある。来シーズンも優秀な監督であり続けたい」 <span class="paragraph-title">【動画】ジルーの2得点などで快勝のミランが11年ぶりのリーグ制覇!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="nMSXZQQENjI";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.23 10:17 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly