「次のバルサ?」ライプツィヒの“7連続ワンタッチゴール”に脚光「美しい」

2021.10.28 20:01 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
RBライプツィヒの選手たちの連携によって生まれたゴールの美しさが脚光を浴びている。

ライプツィヒは23日、ブンデスリーガ第9節でグロイター・フュルトとホームで対戦。ここまで1分け7敗と苦戦する昇格組相手に、前半を終えて0-1とまさかのビハインドで折り返す。

それでも後半開始10分も経たないうちに逆転に成功すると、迎えた65分、ライプツィヒの選手たちがハイレベルな技術を見せる。

センターサークル付近のMFアマドゥ・ハイダラがパスを送ると、右サイドに展開しながら、モハメド・シマカン→ノルディ・ムキエレクリストファー・エンクンクとダイレクトでつながる。さらにそこからユスフ・ポウルセン→エンクンクとこれもワンタッチでつながり、ボックス右に抜け出したエンクンクが中央へ折り返すと、最後はMFドミニク・ショボスライがやはりダイレクトでシュートを沈めた。

シマカンから計5人が7連続ワンタッチでつないで決まったゴールには、ファンからも「次のバルサ?」「美しい」「素晴らしいゴール」といった称賛の言葉が相次いだ。

チャンピオンズリーグのグループリーグで3連敗。リーグ戦でもここまで4勝2分け3敗と中々波に乗れていないライプツィヒだが、27日に行われたDFBポカール2回戦のバベルスブルク戦は1-0で何とか勝利。ここから巻き返しといきたいところだ。



1 2

関連ニュース
thumb

ライプツィヒを下したレバークーゼンが3位浮上《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第13節、ライプツィヒvsレバークーゼンが28日に行われ、1-3でレバークーゼンが勝利した。 8位ライプツィヒ(勝ち点18)と4位レバークーゼン(勝ち点21)の上位対決。 一進一退の立ち上がりを経て、8分にレバークーゼンが先制しかける。しかしディアビがネットを揺らしたものの、ラストパスを送ったアドリがオフサイドでVARの末にゴールが取り消された。 それでも21分に先制する。パラシオスの浮き球パスをボックス右で受けたヴィルツがシュートを流し込んだ。 さらに34分、レバークーゼンが突き放す。ターのロングフィードでディフェンスライン裏を取ったディアビがシュートを決め切った。 レバークーゼンが2点をリードして迎えた後半、ライプツィヒが前がかるも好機を生み出すには至らない。 それでも62分、ライプツィヒが1点を返す。エンクンクの左クロスからアンドレ・シウバのヘディングシュートが決まった。 しかし2分後、レバークーゼンが突き放す。ディアビのパスを受けたボックス右のフリンポンが右足を振ると、ディフレクトしたシュートがネットを揺らした。 終盤の86分、タプソバのハンドで得たPKをショボスライは決めきれず、レバークーゼンが3-1で勝利。3位に浮上している。 2021.11.29 03:26 Mon
twitterfacebook
thumb

感染止まらぬライプツィヒ…オルバンとポウルセンらにも陽性判定

RBライプツィヒで、新たに4選手の新型コロナウイルス陽性判定が確認された。 同クラブでは、24日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のクラブ・ブルージュ戦に前に実施したPCR検査でジェシー・マーシュ監督とGKペーテル・グラーチの2人が陽性判定を受けていた。 クラブ・ブルージュ戦の翌日に再び検査を行ったところ、新たにDFヴィリー・オルバン、DFモハメド・シマカン、FWユスフ・ポウルセン、FWウーゴ・ノボアら4選手の感染が新たに判明。加えてコーチングスタッフ2名からも陽性反応が検出されたようだ。なお、検査を受けた61名のうち、残りの55名は全員陰性だったという。 ライプツィヒではトップチーム関係者全員が2回のワクチン接種を済ませているが、本拠地を置くザクセン州では現在、第四波が猛威を振るっている状況。州内で行われる試合は12月半ばまで全て無観客で行われることが決定している。 2021.11.27 21:31 Sat
twitterfacebook
thumb

投げ入れられたカップをライプツィヒDFがナイスクリア! 体を張ってチームメイトを守る

RBライプツィヒのクロアチア代表DFヨシュコ・グヴァルディオルが鮮やかなクリアでチームメイトを救った。 ライプツィヒは24日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のグループA第5節でクラブ・ブルージュとのアウェイゲームに臨んだ。すでに敗退が決まっているものの、グループ3位でのヨーロッパリーグ(EL)出場を目指すドイツの雄は、前半から相手を圧倒。12分には幸先よくMFクリストファー・エンクンクが先制点 を挙げた。 ゴールの喜びを分かち合おうと、コーナーフラッグ付近に集まって抱き合うライプツィヒの選手たち。だが、目の前で相手チームが歓喜に沸くのを快く思わないホームのサポーターもいたようだ。イライラした誰かがピッチに向かってプラスチックカップを投げ入れた。 だが、この輪に加わろうと駆け寄ってきたグヴァルディオルが絶妙なタイミングでカップをクリア。飛び上がった瞬間に体に当たり、まるで喜ぶチームメイトを守るかのように跳ね返す恰好となった。 グヴァルディオルの見事なクリアもあってか、ライプツィヒはクリーンシートでゲームを終えた。攻撃陣も前半だけで4得点を奪い、終わってみれば5-0の圧勝。ライプツィヒはクラブ・ブルージュをかわし、グループ3位に浮上している。 <span class="paragraph-title">【動画】体を張って投げ入れられたカップを跳ね返すライプツィヒDF</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CWsloT-KRCU/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CWsloT-KRCU/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CWsloT-KRCU/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">BT Sport(@btsport)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.11.26 21:05 Fri
twitterfacebook
thumb

ジェズス1G1Aのシティが逆転勝利で首位通過! PSGは敗戦もライプツィヒのお膳立てで2位通過《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)のグループA第5節、マンチェスター・シティvsパリ・サンジェルマン(PSG)が24日にシティ・オブ・マンチェスターで行われ、ホームのシティが2-1で逆転勝利した。 前節、3位のクラブ・ブルージュ(勝ち点4)に快勝を収めてグループ首位に浮上したシティ(勝ち点9)は、今回の首位攻防戦でグループステージ突破と首位通過を狙う。 リーグ前々節のマンチェスター・ユナイテッドとのダービー、前節のエバートン戦を2戦連続クリーンシートで快勝したグアルディオラ率いるチームは、このリベンジマッチに向けて先発3人を変更。コンディションの問題でベンチ外のフォーデン、ラポルテとパーマーに代えてジンチェンコ、ルベン・ディアス、マフレズを起用。3トップは右からマフレズ、ベルナルド・シウバ、スターリングという並びとなった。 一方、PSG(勝ち点8)は前節のRBライプツィヒ(勝ち点1)との試合を土壇場の失点でドローに持ち込まれて首位陥落となった。以降のリーグ戦ではボルドー、ナントという格下相手に接戦に持ち込まれながらも2連勝を達成。直近のナント戦ではGKケイロル・ナバスの退場から追いつかれる苦しい展開も、メッシのリーグ初ゴールなどで勝ち切り、この一戦に弾みを付けた。 ナント戦からは先発4人を入れ替え、ケーラー、ディアロ、ベルナト、ヴェッラッティに代えてマルキーニョス、キンペンベ、ヌーノ・メンデス、エレーラが復帰。前線はメッシ、ムバッペ、ネイマールが並んだ。 立ち上がりからボールに主導権争いが続く。だが、より深い位置でボールを動かすシティがより多くの決定機を作り出していく。 まずは5分、相手陣内右サイドで得たFKの場面でキッカーのマフレズが正確なボールをゴール前に入れると、競り勝ったロドリがヘディングで合わせる。だが、これはDFキンペンベの決死のブロックにかき出される。さらに、18分にはボックス中央で足元にパスを受けたマフレズが得意の形から左足を振り抜くが、枠の左を捉えたシュートはDFハキミの好ブロックに遭う。 ボール保持率は五分もなかなか3トップに良い形でパスが入らず、フィニッシュの形を作り出せないPSG。26分には左サイドからカットインしたメンデスが利き足とは逆の右足のシュートを放つが、これはGK正面を突く。 前半半ばから終盤にかけてもシティのペースで試合が進む中、33分にはこの試合最大の決定機。左サイドでの崩しからペナルティーアーク付近でルーズボールに反応したギュンドアンが鋭い右足のシュートを放つが、これは惜しくも右ポストを叩いた。 その後、前半終了間際の44分には前線での連動したプレスからPSGが得意の高速カウンターを発動。だが、ネイマールのスルーパスに抜け出したムバッペはややフィニッシュを焦り、ボックス付近でのシュートは枠を大きく外れた。 0-0で折り返した試合は後半早々に動く。50分、相手ボックス手前で細かくパスを繫ぎエレーラとのパス交換でボックス左に抜け出したメッシが折り返しを供給。DFにディフレクトしてファーに流れたボールをフリーのムバッペが収めると、冷静にGKエデルソンの股間を抜いた。 前回対戦同様に主導権を握りながらも決定力の差を見せ付けられる格好となったシティは、失点直後にジンチェンコを下げてガブリエウ・ジェズスを投入。この交代でベルナルド・シウバが左のインサイドハーフ、ジェズスが最前線に入る。 すると、この交代策が早い時間帯の同点ゴールをもたらす。63分、中央のロドリから右サイドで相手の背後を狙うウォーカーに完璧なタイミングでパスが通ると、ウォーカーのダイレクトでの折り返しに対して、ゴール前のジェズスがうまく潰れてファーへ流すと、ドフリーのスターリングが冷静に左隅へ流し込んだ。 一瞬の隙を突かれて追いつかれたPSGは失点前に負傷していたエレーラに代えて投入したダニーロに続き、メンデスとグイエを下げてディ・マリア、ケーラーを同時投入。 よりリスクを冒してゴールをこじ開けにかかると、74分にはディ・マリアとのパス交換から強引な仕掛けでゴール前に持ち込んだネイマールに絶好機も、ここはGKとの一対一の局面でシュートを左に外してしまう。 すると、ピンチの後にチャンスあり。相手のミスで2失点目を凌いだホームチームは鮮やかな崩しから逆転ゴールを奪う。76分、右サイドで深い位置を取ったギュンドアンからマイナスの落としを受けたマフレズが正確なクロスを供給。これをボックス左のベルナルド・シウバが丁寧にワンタッチで折り返すと、ゴール前のジェズスが右足のワンタッチで流し込んだ。 ジェズスの1ゴール1アシストの活躍で試合を引っくり返したシティは、以降は交代カードを切ることなく、相手をうまく引き出しながらボールを動かしてゲームをコントロール。 一方、ネイマールの決定機以降、なかなかフィニッシュの形を作れなかったPSGはややトーンダウンの形でタイムアップを迎えることになった。 この結果、前回対戦のリベンジを果たしたシティがグループ首位通過を決定した。 また、同日行われたクラブ・ブルージュvsRBライプツィヒは、アウェイのライプツィヒが0-5で快勝した。 すでに敗退は決定も3位でのヨーロッパリーグ出場を目指すライプツィヒは、前半から相手を圧倒。12分のエンクンクの先制点を皮切りに、フォルスベリの2ゴールなどで前半に4点を奪取。さらに、試合終了間際にはエンクンクにこの試合自身2点目が生まれて、5-0の圧勝を飾った。 この結果、シティに敗れたPSGも最終節を前に2位通過を決定することになった。 2021.11.25 07:05 Thu
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒ、マーシュ監督&守護神グラーチがコロナ陽性判定…

RBライプツィヒは23日、ジェシー・マーシュ監督とハンガリー代表GKペーテル・グラーチの新型コロナウイルス陽性判定を明かした。 ライプツィヒではトップチームとバックルールスタッフ全員が完全なワクチン接種(2回)を済ませており、ドイツ国内で定められる感染対策も遵守していたという。 しかし、24日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)のクラブ・ブルージュ戦に向けた最新のPCR検査の結果、マーシュ監督とグラーチの2人に陽性判定が出たという。 また、アシスタントコーチのマルコ・クルト氏は自身は陰性判定だったものの、直近に肉親に陽性者が出ていたことから濃厚接触者の疑いがあるとして、今回のベルギー遠征帯同を見送ることになった。 これを受け、ブルージュ戦はアシスタントコーチを務めるアヒム・バイアロルツァー氏が暫定指揮官を務めることになる。 なお、CLグループA第4節終了時点で勝ち点1の最下位に沈むライプツィヒはすでにグループステージ敗退が決定。残り2節では3位でのヨーロッパリーグ決勝トーナメント進出を目指す。 2021.11.24 00:09 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly