監督に「シャツを二度と着ることはない」と言われた柴崎同僚、兄の結婚式出席で無断欠席したことを謝罪

2021.10.27 07:35 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)のレガネスに所属するスペイン人FWのボルハ・ガルセスが謝罪した。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。

日本代表MF柴崎岳も所属するレガネスへアトレティコ・マドリーからレンタル移籍で加入しているガルセスは、ここまでリーグ戦9試合に出場。途中出場がメインの控え選手の位置付けだった。

そのガルセスは、23日に行われた第12節のテネリフェ戦前のトレーニングを無断欠席。なんと、兄の結婚式へ参加していたのだ。

『ムンド・デポルティボ』によると、ガルセスは結婚式だけに参加し、21時から行われる試合には間に合わせるつもりだったとのこと。しかし、アシエル・ガリターノ監督は、午前中のトレーニングを欠席した時点でメンバー外にすることを決定。テネリフェ戦後の記者会見では次のように批判していた。

「2日前に彼は今日(土曜日)の結婚式に出席する許可を私に求めた。私は彼にそれを与えなかった。彼は再びクラブに尋ねたが、彼はそうすることはできないと言われていた」

「そして、許可なく今朝の練習に参加せず、彼はメリージャでの結婚式に向かった。それは異常なことであり、本当に蛮行だと思っている。私がここにいる限り、私がどうするかを知っている」

「私は絶対に誰一人甘やかすつもりはない。たとえ彼が愛する選手の1人だったとしてもだ。誰であっても、私は絶対にそのような状況を許すことはない。私がこのチームに居る限り、何が起ころうと、彼はクラブのシャツを二度と着ることはないだろう」

レガネスは2部で降格圏の20位と苦しい戦いを続けている中、クラブからの許可が出なかったにも関わらず勝手な行動をとったガルセス。自身のSNSに謝罪動画を掲載し、自ら無秩序な行動だったと謝罪した。

「ペピネロス(レガネスファンの愛称)のみなさん、こんにちは。先週の土曜日、テネリフェ戦前のトレーニングセッションを欠席する、規律に反する行為をしてしまいました。この場で、皆さんに謝罪したいと思います。クラブ、監督、コーチングスタッフ、チームメート、そしてすべてにファン心から謝罪します」

また、レガネスも声明を発表。ガルセスへの罰金処分と練習への参加を明らかにした。

「10月23日、ストライカーのボルハ・ガルセスは、監督やクラブの許可なしにテネリフェとの試合前トレーニングを欠席し、重大な規律違反を犯した」

「月曜日(26日)の午後、選手はコーチングスタッフ、チームメート、スタッフ、レガネスファンに自らの行動について謝罪した。クラブは重大な経済的な制裁を課し、選手はそれを受け入れ、26日の午後に彼の仲間とトレーニングを行った」

トレーニングの参加は受け入れてもらえたガルセス。監督の怒りを抑えるほどのパフォーマンスをトレーニングで見せ、再びユニフォームを着ることを許されるだろうか。


※記事写真はアトレティコ時代



1 2

関連ニュース
thumb

「レガネスのモドリッチ」日本代表MF柴崎岳の今季2発目も圧巻ミドルでファンも大興奮

レガネスの日本代表MF柴崎岳が圧巻のゴールを決めた。 レガネスは22日、セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)第17節でレアル・サラゴサと対戦した。 現在は20位と降格権に低迷するレガネス。サラゴサも8位と中位に甘んじている状況だった。 10月のクラブの月間最優秀選手にも選ばれた柴崎は、[4-2-3-1]のトップ下で先発出場。メディ・ナフティ監督の信頼も得ている中、チームは15分にラザル・ランジェロビッチのゴールで先制する。 アウェイゲームで先制したレガネスは1点リードで試合を折り返すと、後半に柴崎が魅せる。 65分、相手のバイタルエリアで横パスを受けると、少し持ち出して右足一閃。狙い澄ましたシュートは、ゴール左隅に吸い込まれ、レガネスに貴重な追加点をもたらせる。 柴崎は70分に途中交代するも、チームはそのまま逃げ切り0-2で勝利。今季2ゴール目でチームの勝利に貢献した。 柴崎の見事なゴールにはファンも「ロナウジーニョの最高の瞬間のよう」、「素晴らしいゴール」、「レガネスのモドリッチ、最高のガクだ」と興奮した様子のコメントを寄せていた。 柴崎は10月3日に行われたルーゴ戦でシーズン初ゴールを記録していたが、このゴールも圧巻のミドルシュートだっただけに、ファンもより興奮しているのかもしれない。 日本代表のワールドカップ予選では精彩を欠いた柴崎。クラブでは好調を維持しているだけに、代表でもその姿を見たいものだ。 <span class="paragraph-title">【動画】柴崎岳の圧巻のミドルにファンも興奮!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CWnj3fTofbJ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CWnj3fTofbJ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CWnj3fTofbJ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">C.D. Leganés(@cdleganes)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】今季初ゴールはGKの手を弾く弾丸ミドル!</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CUptPhnLbuD/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CUptPhnLbuD/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CUptPhnLbuD/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">C.D. Leganés(@cdleganes)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.11.24 05:40 Wed
twitterfacebook
thumb

日本代表MF柴崎岳が月間最優秀選手賞を受賞、レガネスの10月MVPに

レガネスの日本代表MF柴崎岳が、クラブの10月の月間最優秀選手に選ばれた。 今シーズンのレガネスは、下位に低迷する苦しい時期を過ごしている。柴崎は代表招集により欠場する試合はあるものの、それ以外ではコンスタントにプレーしており、ここまでセグンダ・ディビシオンで12試合に出場し1ゴールを記録している。 10月は6試合が行われ、代表活動で欠場した1試合を除き5試合で先発。3日に行われたルーゴ戦では、シーズン初ゴールを記録していた。 月間最優秀選手に選ばれた柴崎は、インタビューで10月末に新監督に就任したメディ・ナフティ監督について「僕たちはうまくやっています。監督の指導にも満足していますし、上手くいくことを願っています」と語り、新監督の下でここから浮上することを期待していると語った。 また、自身のパフォーマンスについては「僕は出場時間を得ていますが、まだ良い結果を得られていないので、満足はしていません」とコメント。この先については「全ての試合で最高のパフォーマンスを発揮すること、それが僕の目標です。毎回のトレーニング、毎回の試合で一生懸命頑張りたいと思います」と、チーム浮上のために尽力すると意気込んだ。 <span class="paragraph-title">【動画】月間最優秀選手の柴崎岳がスペイン語でインタビュー</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJoNHNCM08wUCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"> <a href="https://twitter.com/GakuShibasaki_?ref_src=twsrc%5Etfw">@GakuShibasaki_</a> <br><br><a href="https://t.co/8BGFapMY55">pic.twitter.com/8BGFapMY55</a></p>&mdash; C.D. Leganés (@CDLeganes) <a href="https://twitter.com/CDLeganes/status/1461638124774342656?ref_src=twsrc%5Etfw">November 19, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.11.19 22:15 Fri
twitterfacebook
thumb

「色々なことを受け入れて」10月は苦しい2試合となったMF柴崎岳、[4-3-3]については「戦い方の幅が広がる」

日本代表は7日夜、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選に向けて第一陣がベトナムへと入国した。 一夜明け、入国した5選手の陰性が確認された日本。ここまで2勝2敗で4位につける中、ベトナム代表、オマーン代表と大事なアウェイでの連戦となる。 入国から一夜明け、MF柴崎岳(レガネス)がメディアのオンライン取材に応対した。 10月の2試合では、サウジアラビア代表戦では敗戦につながるミスを、オーストラリア代表は先発から外れるなどしたが、この2試合については「自分としては常にベストを尽くしている中で、良いことも悪いこともあるというのは勝負の世界なのであると思います」とコメント。「そこに関して受け入れているというか、自分自身ではしっかりと消化して、勝利しても負けても自分では色々なことを受け入れて進んでいきます」とし、「色々な意見はあると思いますが、しっかりと消化して、11月に臨んでいます」と気持ちを切り替えていると語った。 サウジアラビア戦後には森保一監督との会話もあった柴崎。「森保さんは優しい人で、色々気を遣ってもらいました」と語り、「2人の間の話はここでは言えないですが、色々なことを話して、全ては日本代表のために、どう進んでいくかに繋がっていると思います」とコメント。「その中での会話は非常にもポジティブだったと思いますし、チームの方向性を確認しながら、個人のところに関しては、思っていることを言ってくれたり、僕が感じていることを監督に伝えたり、有意義な時間でした」と、指揮官とも良い話ができているようだ。 オーストラリア戦で採用された[4-3-3]については「1個のオプションというか、1つの中盤の形としては機能した部分はあると思います」と語り、「色々相手が分析する中で、自分たちが変化したり、対応したりする中での形の1つだと思います」と、チームとして戦いの幅が広がることは良いと語った。 また「刺激ということはないですが、僕も元々攻撃的な選手ですし、アギーレ監督の時は[4-3-3]でインサイドハーフをしていましたし、やるならインサイドハーフだと思います」とインサイドハーフでもプレーできるとコメント。「中盤3枚になると攻撃も守備もやり方が変わるので、僕としても戦い方の幅が広がりますし、そこはプラスに捉えてオーストラリア戦を観ていました」と、自身がピッチに入るイメージで試合を観ていたと語った。 今回は海外組では唯一最初から合流した柴崎。一度日本へ戻ってからの入国となり移動の負担は増えたが「コンディションは練習していないのでまだわからないですが、いつもより移動は長かったので、気をつけて体の方は見ていきたいと思います」と自身の身体をしっかりとケアしたいと語った。 ベトナムとは2019年のアジアカップで対戦しているが、印象については「正直、どうしようとしたかはあまり覚えていないです」とイメージして戦っていたことは覚えていないとしながら、「チームとしてのコレクティブさを非常に感じた印象が残っています。勤勉にアジリティを生かしながら、フィジカル的にもタフな試合になると思っています」と、ベトナムの特徴についてコメント。「アウェイの地で、サッカーが人気のある国だと思いますし、そういった雰囲気を含めてのアウェイゲームになる。その辺はしっかりと気を引き締めてやりたいと思います」と、気を抜かずにしっかりと戦わなければいけないと意気込んだ。 そんな中、チームが苦しい状況でも一体感を持てている理由には「監督のパーソナリティというところは、このチームにとっては1つ大事なことだと思います」と、森保監督の人柄も影響しているとコメント。「これがクレイジーな監督だったら、何が起きてもおかしくないかなと思いますが、森保監督のパーソナリティはずっと見てきていますし、こういった状況、トップに立てていない状況はチームが望んでいたものではないですが、チームをまとめる人柄だと思うので、選手たちは信じてプレーしてチームを作っていくだけなので、そこに集中したいと思います」と、一丸となって戦える自信があると語った。 2021.11.08 20:10 Mon
twitterfacebook
thumb

「なかなか痺れた」柴崎岳は自身初の日本人対決で先輩・岡崎慎司との対戦を振り返る「一生の宝」

レガネスの日本代表MF柴崎岳が、先輩との対戦を振り返った。 レガネスは2日、セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)第14節でカルタヘナと対戦。柴崎はボランチで先発出場を果たした。 試合は1-1の引き分けに終わり、降格圏に沈むレガネスとしては勝利が欲しかった一戦だったが、カルタヘナではFW岡崎慎司も先発出場。72分までプレーし、日本人対決が実現した。 柴崎は試合後に自身のインスタグラムで岡崎との2ショットを投稿。スペインでは初の日本人対決だったと明かし、先輩との対戦を振り返った。 「スペインのキャリアの中で初の日本人対決。後ろからくる岡崎さんの圧を感じながらのプレーはなかなか痺れましたね」 「尊敬する先輩とスペインで試合が出来た事は一生の宝です。お互い頑張りましょう」 これまでテネリフェ、ヘタフェ、デポルティボ・ラ・コルーニャ、レガネスとスペインで6シーズン目を迎える中、意外にも初の日本人対決となった。 <span class="paragraph-title">【写真】先輩・岡崎慎司と笑顔で肩を組む柴崎岳</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CV0S4uQMVo8/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CV0S4uQMVo8/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CV0S4uQMVo8/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">柴崎 岳 / Gaku Shibasaki(@official_gaku)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.11.04 09:33 Thu
twitterfacebook
thumb

柴崎岳が考える難敵サウジアラビア攻略のカギは「情報を頭に入れて、整理して、練習に落とし込むことができるか」

日本代表は6日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のサウジアラビア代表戦を翌日に控え、試合会場で最終調整を行なった。 9月に行われた最終予選では1勝1敗でスタートした日本代表。今月対戦するのは、ともに連勝スタートを切ったサウジアラビア代表とオーストラリア代表となる。 W杯出場に向けたライバルとの直接対決。前半戦の山場となる2連戦に向け、5日に日本代表は全員が揃ってトレーニングを実施。明日の試合に向けて準備を進めた。 メディアのオンライン取材に応対したMF柴崎岳(レガネス)がサウジアラビアの印象についてコメント。「テクニックに優れていて、機動力もありますし、身体能力も中東ならではのものがあり、非常にレベルの高い印象があります」と警戒した。 2019年のアジアカップではラウンド16で対戦し1-0で勝利。しかし、長い時間ポゼッションをされる展開となった。 試合に出場していた柴崎は今のチームと当時のチームを比較し「同じようなスタイルを継続して、多少の違いはあると思いますけど、基本的にテクニカルなチームという印象は変わっていないですし、ボールを保持するという印象もあって、自分たちの身体能力、テクニック、飛び出しを生かしたダイナミックな攻撃も見受けらます」とコメント。「アジアカップの時も難しい試合をさせられた印象がありますが、しっかりとしたチームとして対応して試合に臨まないといけないと思っています」と、侮れない相手であることを強調した。 そのサウジアラビア攻略の狙い目については「守備に関してはルーズな部分もいくつか見受けられます。意識の部分で、そこまで集中力最大限保っている印象はないので、隙は十分あると思います。アウェイなので先制点も大きなキーポイントになると思います」と、少ない隙を突いていきたいと語った。 その柴崎は直近のルーゴ戦で強烈なミドルシュートを決め、今シーズンの初ゴールを記録。良い状態で合流した。ゴールについては「ゴールを決めたことは僕にとってプラスなことですし、悪い方向に行かないと思います。自分の中ではポジティブな気持ちを持って、今回の代表に挑めているという流れもあります。試合に出れば、しっかりとしたパフォーマンスを見せたいと思います」と、良いイメージで戦えると語った。 少ないチャンスでゴールを目指すという点ではレガネスでも慣れている柴崎。サウジアラビア戦については「相手をしっかりと見ないといけないと言うところですかね」と語り、相手の出方が重要だとした。 「サウジアラビアが、彼らにとってのホームでどういった入り方をするのか。意識で臨んでくるのかを見ないといけないですし、自分たちに対してどういった対応をするのかはキーポイントになります」 「自分たちはアウェイでも勝ち点3を取りに来ているので、小さなディテールのところがポイントになることもあるので、僕のプレーも含めてですが、チームとしてどれだけやっていけるかだと思います」 9月の2試合での反省点については「個人的には過ぎ去ったことはしょうがないとして、自分たちがどれだけ挽回していけるか。そこにフォーカスすべきだと思います」とコメント。反省はしながらも、この先に待つ試合に向かうとした。 その中で大事なことについては「100%に近い状態で試合に臨まなければいけないということと、短い時間でどれだけサウジアラビアを分析して情報を頭に入れて、整理して、練習に落とし込むことができるかがカギになると思います」とし、サウジアラビアのことをいかに理解して試合に臨めるか。ピッチ内での判断を行うためにも重要なポイントだとした。 ポゼッションが高い相手には押し込まれることも多くなる可能性がある。守り方について柴崎は「チームのピッチ内のポジショニングバランスはしっかり調整しないといけないと思います」とコメント。「前回もサイドバックが非常にサイドバックが高い位置を取って、サイドハーフが押し込まれるという現象が起きて、なかなか前に選手を配置できなかったです」と、高い位置を相手に取られて攻撃に転じることができなかったとした。 その反省を生かし、「そういったことがあるので、今回も同じような現象を相手は狙ってくると思うので、自分たちがそこをどうリアクションして、方針と実際にやる戦術というか守備の時の選手の配置、プレッシャーの掛け方、そういったものは整理して、あまり押し込まれる展開というのはアジアカップのように作りたくはないです」と再現はさせたくないと語り、「しっかりと中盤から前にブロックを作って、相手を前に来させないように押し込んでいくところは、時間帯によってですが、しっかりとある程度自分たちに流れを持ってくるためにもしないといけないと思います」と、アグレッシブな守備をとってイニシアチブを取りたいと語った。 2021.10.06 21:10 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly