通算20人目! レアルで400試合出場のモドリッチが歓喜「説明のつかないこと」

2021.10.25 21:55 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
1 2

関連ニュース
thumb

CL優勝の立役者クルトワが “新タトゥー”を披露!自分を「レンガの壁」に例える

レアル・マドリーのベルギー代表GKティボー・クルトワがチャンピオンズリーグ(CL)優勝の証をタトゥーという形で残している。 2018年にチェルシーからレアル・マドリーに加入し、守護神の座に定着しているクルトワ。今シーズンも公式戦51試合に出場すると、チームはラ・リーガで35度目のリーグ優勝を達成。さらにチャンピオンズリーグ(CL)でも4年ぶり14度目の栄冠に輝いた。 特にCLでは決勝のリバプール戦で好セーブを連発し、マン・オブ・ザ・マチに輝くなど見事な活躍を披露したが、クルトワは自身を「レンガの壁」に例えることにしたようだ。 クルトワが自身のインスタグラムのストーリーズで明かしたのは、ゴールの内側に敷き詰められたレンガの壁と「TC1(Thibaut Courtois 1の略)」の文字、そしてビッグイヤーと呼ばれるCLトロフィーを描いたタトゥーだった。 クルトワにとっては自身初のビッグイヤーだっただけに、その喜びはひとしおだったようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】ゴールにレンガが敷き詰められたクルトワの新タトゥー</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CfRBc0CoFJo/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CfRBc0CoFJo/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CfRBc0CoFJo/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">FINELINE TATTOOS BY LARISSA(@tattooboutiquelarissa)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.06.27 19:45 Mon
twitterfacebook
thumb

シティCEOがCL回顧…「レアル・マドリーの優勝はツキもあった」

マンチェスター・シティの重役が2021-22シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)を制したレアル・マドリーに持論を展開した。スペイン『マルカ』が伝えている。 レアル・マドリーは決勝トーナメントに入ると、パリ・サンジェルマン(PSG)、チェルシー、そしてシティと強烈な相手とぶつかったが、いずれも逆転突破。リバプールとの決勝も全体的に押されたが、ベルギー代表GKティボー・クルトワの踏ん張りとブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールの一発で4季ぶりのビッグイヤーを掲げた。 シティの最高経営責任者(CEO)を務めるフェラン・ソリアーノ氏は『SounCloud』で配信されるポッドキャスト『Dr. Football』にて2021-22シーズンのCLを振り返り、レアル・マドリーの優勝を例に運の必要性を説いた。 「レアル・マドリーのCL優勝が話題になっているが、あれはツキもあったと思う。彼らはPSGやチェルシー、シティ、リバプールに負けるのが妥当だったとも言えるだろうね」 「80年代の終わり頃、マドリーはエミリオ・ブトラゲーニョを擁する史上最高のチームだったにもかかわらず、CLを優勝できなかった。人々はそのことを覚えていないんだ」 また、2008年にUAEの投資グループに買収されて以降、プレミアリーグ屈指の強豪へと成り上がり、次はCLのタイトルが求められるが、同CEOはリーグ戦に重きを置いているようだ。 「CLでは運も絡んでくるし、我々の主要な目標ではない。今回の準決勝のようにひとたび調子を崩せば、敗退の憂き目に遭う試合がほとんどだ。(CLでは)あの準決勝のように、一度ミスをしたらそこで終わりという試合がほとんどだ。リーグを制するものはそのリーグ最高のチームであり、それが我々の使命だ」 2022.06.27 18:21 Mon
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリーがデポルティボの19歳逸材FWを獲得 当面はカスティージャでプレー

デポルティボのU-19スペイン代表FWノエル・ロペス(19)がレアル・マドリーに完全移籍した。デポルティボが26日に発表している。 ノエル・ロペスは8歳で同クラブのアカデミーに入団。2020-21シーズンのコパ・デ・カンペオネス・フベニール(U-19)決勝戦でバルセロナを下して25年ぶりの国内カップ戦優勝に導いたなか、今季からトップチームに昇格した。 先発数こそ12回に終わったが、公式戦30試合の出場で4ゴールを記録すると、多くのクラブから注目を集める存在に。そして、アマチュア契約が満了となる選手本人の意思も尊重する形で、レアル・マドリーとクラブ間合意に達した。 クラブからは深く明らかにされてないが、スペイン『アス』によれば、レアル・マドリーとは2026年6月までの4年間契約を締結。当面の間はラウール・ゴンザレス監督が率いるカスティージャでプレーする見込みだという。 1990年代後半から2000年代前半まで“スーペル・デポル”と称される黄金期を築き、ラ・リーガを制した経験もあるデポルティボ。セグンダ・ディビジオンB(スペイン3部)に属するチームの希望として期待されたノエル・ロペスだが、レアル・マドリーで成長を追い求めることを決断した。 2022.06.27 16:32 Mon
twitterfacebook
thumb

ムバッペがレアルじゃなくPSGを選んだ理由は? PSGの同僚が見解

パリ・サンジェルマン(PSG)の元スペイン代表MFアンデル・エレーラが、フランス代表FWキリアン・ムバッペが契約を延長した理由を明かした。 今夏の移籍市場での目玉と目されていたムバッペ。レアル・マドリーへの移籍が長らく取り沙汰され、ついに実現するものだと思われていた。 しかし、リーグ・アンの最終節の試合前に電撃的に契約延長を発表。ムバッペは、PSGと2025年までの契約にサインした。 驚きの結末とも言えるムバッペの決断だったが、チームメイトであるエレーラはスペイン『アス』のインタビューでこの決断を支持。クラブの悲願であるチャンピオンズリーグ(CL)の優勝を果たせると考えているようだ。 「レアル・マドリーでは、彼は歴史上最高の選手の1人となる。そこでプレーすることで得られる安心感もあったはずだ」 「でも、PSGではクラブ史上最高の選手となり、地元で歴史を築くことができる」 「それは、バルセロナのアンス・ファティと似ている。バルサは彼の人生であり、それはキリアンにとっても同じことだ」 まだまだビッグクラブへのスタートを切ったばかりのPSGにおいて、歴史を作る選手になれるのか。エレーラの期待を受けたムバッペの活躍に期待だ。 2022.06.27 10:55 Mon
twitterfacebook
thumb

ベイルのロサンゼルス移籍でベッカム氏が5万ドルを手に? MLSの独自ルール発動

今夏の去就が注目されていた中、アメリカへと渡ることが決まったウェールズ代表FWガレス・ベイル(32)だが、獲得には費用がかかったようだ。スペイン『アス』が報じた。 2013年9月にトッテナムからレアル・マドリーへと加入したベイル。大きな期待をかけられ、加入当初はチームに貢献していた一方で、徐々にケガやピッチ外の問題でパフォーマンスが低下。出番も減少し、ファンからも批判を浴びる事態に。トッテナムへのレンタル移籍も経験すると、ラストシーズンは7試合の出場に終わって退団が決定した。 そのベイルの行き先はさまざまな憶測が流れた中、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルスFCに決定。カタール・ワールドカップ(W杯)に出場することもあり、しっかりとコンディションを整えるための新天地を選んだ。 フリートランスファーでベイルを獲得できるロサンゼルスFCだったが、実は約5万ドル(約670万円)の出費が。デイビッド・ベッカム氏がオーナーを務めるインテル・マイアミへの支払いが発生することとなった。 これはMLSの独自ルールに基づくもの。MLSの各チームは、「ディスカバリー・リスト」というものを持っており、アメリカとカナダ以外の選手の獲得に際して候補者7名をピックアップするリストがある。 このリストは非公開のものであり、リーグしか把握していないものだが、他のチームに獲得した選手が入っていた場合、リストから除外させるための費用として5万ドルがかかるというのだ。 正式に契約し、選手をリーグに登録する際に必要となり、これによりベッカム氏がリストにベイルを含んでいたことが判明したこととなった。 <span class="paragraph-title">【動画】ロサンゼルスFC入団を報告するベイル</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">See you soon, Los Angeles. <a href="https://twitter.com/LAFC?ref_src=twsrc%5Etfw">@LAFC</a> <a href="https://twitter.com/LAFC3252?ref_src=twsrc%5Etfw">@LAFC3252</a> <a href="https://t.co/GVP8WVWLPe">pic.twitter.com/GVP8WVWLPe</a></p>&mdash; Gareth Bale (@GarethBale11) <a href="https://twitter.com/GarethBale11/status/1540813308974043136?ref_src=twsrc%5Etfw">June 25, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.06.27 10:25 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly