通算20人目! レアルで400試合出場のモドリッチが歓喜「説明のつかないこと」

2021.10.25 21:55 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
クロアチア代表MFルカ・モドリッチが、レアル・マドリーでの通算400試合出場を達成した。マドリーでは通算20人目の達成者となった。

2012年8月にトッテナムからマドリーへと完全移籍で加入したモドリッチ。今シーズンが在籍10シーズン目となる。

今シーズンも主軸としてプレーするモドリッチは、ラ・リーガで6試合に出場し1アシスト、チャンピオンズリーグでも3試合に出場。24日に行われたラ・リーガ第10節のバルセロナとの“エル・クラシコ”に出場し、通算400試合出場を達成。28ゴール63アシストの数字を残している。

マドリーではラ・リーガで2回、コパ・デル・レイで1回、チャンピオンズリーグで4回など数多くのタイトルを獲得。また、個人としても2018年のバロンドール、FIFAベストプレーヤー、UEFAベストプレーヤー賞を受賞していた。

25日、フロレンティーノ・ペレス会長から「400」の数字が入ったユニフォームを渡されたモドリッチは、ここまでの達成したことを振り返り、喜びを語った。

「レアル・マドリーで400試合をプレーすることは素晴らしいことであり、大きな誇りだ。とても大きな幸せと誇りになる。これからもっと多くの試合でプレーし、何試合戦えるのか見ていこう」

「レアル・マドリーに来てから起こったことは、全てが印象的だ。これまでに達成したことが、全て達成できるとは想像もしていなかった。9年以上の夢と幸せは、説明のつかないことだ」

「到着した瞬間から楽しみ、レアル・マドリーでプレーするという夢を実現した。その後の全てが印象的であり、想像もしていなかった。僕に起こった全てに満足し、感謝している。さらに上を目指す」

また、サッカーをする子供たちにもエールを送り、目標を設定して取り組むことが大事だと語った。

「サッカーをやっているのであれば、自分で目標を設定して、それを達成しようとさせることだ。欲しいものを手に入れるためには、戦い、自分を信じ、毎日努力しなければならない。本気で取り組み、献身的な努力と自分の仕事への愛情があれば、全てが達成できると信じている」

1 2

関連ニュース
thumb

ベイル、レアル・マドリー退団後は「ウェールズ次第」…代理人が発言

ウェールズ代表FWガレス・ベイル(32)の代理人が改めて選手のレアル・マドリー退団を明かすとともに、その先についても発言した。 2013年にトッテナムから加入したベイル。数々のタイトルに貢献した事実こそ否定されるべきではないが、1年ローンのトッテナムから復帰した今季を含め、相次ぐ故障による稼働率の低さが深刻で、今やクラブやファンとの関係も完全に冷え切ってしまっている。 代表先での姿を見るとやはり別格だが、レアル・マドリーでは今季もさっぱりで、ここまで公式戦を通じても7試合の出場のみ。すでにカルロ・アンチェロッティ監督からも示唆されるなど、今季満了の契約をもってのレアル・マドリー退団が確実視されている。 そうしたなか、以前からベイルの退団を口にしている代理人のジョナサン・バーネット氏はポルトガル『Record』で改めてその見通しを明らかにしたが、ウェールズ代表のカタール・ワールドカップ(W杯)出場有無で下す結論が変わり得る状況を続けている。 「彼はレアル・マドリーを去るが、すべてはウェールズ代表が予選を突破できるかどうかにかかっている。結論を出すのはそれからだ」 すべては来月5日に予定するウクライナ代表との欧州予選プレーオフを勝ち抜けるかどうかとの言い分を続けるバーネット氏だが、イングランド復帰の可能性を問われると、「そう思う。ウェールズ代表がW杯に出られるかを見守らないとだがね」と返している。 2022.05.17 12:30 Tue
twitterfacebook
thumb

クロップ、近く去就発表のムバッペについて…「他のクラブが争っているに違いない。それで構わない」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が注目を浴びるフランス代表FWキリアン・ムバッペ(23)の去就に関して、傍観者の姿勢を示した。イギリス『リバプール・エコー』が報じている。 今季のパリ・サンジェルマン(PSG)でも類稀な得点感覚を光らすムバッペだが、現行契約が今季限りで失効。最近になり、PSGと一転して延長合意が報じられているが、長らくレアル・マドリー移籍も取り沙汰され、今夏の去就が大いに注目を集めている。 今やPSG残留か、レアル・マドリー移籍かの2択とされるなか、ムバッペは先日に代表活動前の去就発表見通しを明らかに。以前に関心が噂されたクロップ監督は16日の会見で獲得レースの参戦有無を問われると、「ノー」と返して、こう続けている。 「もちろん、ムバッペについては興味があるし、目をつぶっているわけではないよ! だが、彼とリバプールの間について、喋ることが何もないんだ」 「我々はもちろんながら、彼のことが好きだ。彼のことが好きじゃないというなら、自分自身を疑わないとね。だが、あのような争いに参戦できない」 「他のクラブが争っているに違いない。それはそれで構わない。彼は素晴らしい選手だ」 2022.05.17 10:30 Tue
twitterfacebook
thumb

120周年を迎えるレアルのユニは“襟付き”に、シャツ全体にエンブレムがあしらわれた新デザインが発表!

レアル・マドリーは16日、2022-23シーズンのホームユニフォームを発表した。 今シーズンのラ・リーガ優勝をすでに決め、チャンピオンズリーグ(CL)でも決勝進出を決めているマドリーだが、クラブ創設120周年を迎える来シーズンのユニフォームは、クラブの歴史を讃えるデザインになっている。 クラブの象徴とも言える白を基調に、サプライヤーであるアディダスのスリーストライプが紫色で肩に施されている。 ボタンのある襟付きが採用され、その内側にはクラブ120周年を祝うロゴが配置されているほか、ユニフォーム全体に無数のクラブエンブレムがエンボス加工であしらわれている。 <span class="paragraph-title">【動画&詳細写真】クラブエンブレムがシャツ全体に施されたレアル・マドリーの2022-23シーズン・ホームユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJQUTlqVGU2NCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CdnIfRUo8Fu/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CdnIfRUo8Fu/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CdnIfRUo8Fu/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Real Madrid C.F.(@realmadrid)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.05.16 18:30 Mon
twitterfacebook
thumb

ムバッペが近く去就発表へ 「僕の決断はほとんど決まってる」

パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペ(23)が近々、去就を発表するようだ。フランス『レキップ』が報じた。 2017年にモナコから加わって以降も傑出した得点感覚を光らせ、瞬く間にスターダムを駆け上がったムバッペ。今季もチームのリーグ・アン王者返り咲きに大きく貢献した。 ただ、ピッチを離れれば、去就が注目の的に。長らくレアル・マドリー移籍が取り沙汰されるなか、最近になり、契約が今季限りのPSGと一転して延長合意が報じられている。 今夏も将来が騒がれること間違いなしのなか、表彰なしの2020年を挟み、3年連続でリーグ・アン年間最優秀選手に輝いたムバッペは授賞式で近く去就を明らかにすると語った。 「今はまだタイミングじゃない。みんなにお礼を言うために来たんだ。近いうちに結論を出す。ほぼ終わっているんだ。僕の決断はほとんど決まっている。(発表時期は)フランス代表チームに合流する前になるだろうね」 2022.05.16 09:20 Mon
twitterfacebook
thumb

主力温存マドリーは控えGKルニン躍動でドロー! 善戦カディスはPK失敗と最終盤判定響き降格圏転落…《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第37節、カディスvsレアル・マドリーが15日にエスタディオ・ラモン・デ・カランサで行われ、1-1のドローに終わった。 今シーズンのラ・リーガですでに優勝を決めているマドリー(勝ち点89)は前節、最下位のレバンテを相手にヴィニシウスのキャリア初のハットトリックの活躍などで6-0の圧勝。主力温存で敗れたマドリード・ダービーの敗戦をきっちり払しょく。28日に控えるリバプールとのチャンピオンズリーグ(CL)決勝に向け仕切り直しに成功した。 そのレバンテ戦から中2日のアウェイゲームでは、残留圏内ギリギリにいる17位のカディス(勝ち点37)との対戦となった。アンチェロッティ監督はこの一戦に向け先発5人を変更。サスペンションのモドリッチに加え、守護神クルトワ、ベンゼマとヴィニシウスに完全休養を与えた一方、クロースやカゼミロ、ミリトンを起用。3トップは右からアセンシオ、マリアーノ、ロドリゴという並びとなった。 右サイドバックにバジェホ、左サイドバックにルーカス・バスケスを配して左肩上がりの変則的な[4-3-3]の布陣で臨んだマドリー。立ち上がりは、より勝ち点がほしいホームチームの攻勢を受ける形となったが、早々にゴールをこじ開ける。 開始5分、相手陣内左サイドのタッチライン際でボールを受けて仕掛けたロドリゴが複数のDFの間を見事なドリブル突破ですり抜けてボックス内に侵入。GKと交錯する寸前で折り返すと、ゴール前に飛び込んだマリアーノがワンタッチで合わせた。 ロドリゴの鮮やかな仕掛けから生まれたマリアーノの今季ラ・リーガ初ゴールによって幸先よくリードを手にしたマドリー。以降は再び前に出てくる相手の攻撃を受け止めながら、鋭いカウンターで追加点を目指す。12分にはバルベルデの見事な中央突破から仕掛けたカウンターで、ボックス内でのマリアーノとのパス交換からアセンシオにシュートチャンスも、ここはGKレデスマのセーブに遭う。 一方、カディスもルイス・エルナンデスのロングスローや縦に速い攻めからファリやルーカス・ペレスが際どいフィニッシュの場面を作り出し、ゴールの匂いをさせる。 以降は行ったり来たりの状況が続いたが、クーリングレイクを経た30分過ぎからホームチームが攻勢に転じていく。36分にはファリのスルーパスに完璧に抜け出したイドリシがボックス内でGKと一対一を迎えるが、ここはGKルニンのビッグセーブに阻まれる。 しかし、直後の37分にはペナルティアーク付近でクリアボールを奪ったソブリーノがそのままボックス中央に持ち込んで右足を振る。そして、DFミリトンの背中にディフレクトしたボールがクロスバーの内側を叩いてゴールネットを揺らした。 さらに、切り替えの部分や連携で緩さが見受けられるマドリーに対して、カディスは以降も果敢に逆転ゴールを目指していくが、絶好のカウンターチャンスでルーカス・ペレスからネグレドへのラストパスがずれるなど、仕留め切ることはできなかった。 1-1のイーブンで折り返した試合は後半もカディスが優勢に進めていく。前半のように決定機まで持ち込めないが、左サイドのイドリシ、スピノを起点に相手の深い位置でプレーする回数を増やしていく。 そういった中、60分にはカディスに逆転のチャンス。ロングボールを収めたルーカス・ペレスのスルーパスに抜け出したネグレドがボックス内でGKルニンと交錯。この接触プレーでPKが与えられる。しかし、ネグレドが右を狙って蹴ったシュートはルニンが見事な左手のセーブで阻止した。 控え守護神が自ら与えたPKを帳消しにする好守で1-1のイーブンを維持したマドリーは、直後の64分に3枚替えを敢行。バジェホ、バルベルデ、ロドリゴを下げてセバージョス、カルバハル、アザールを投入した。だが、この3枚替えでも流れは変わらない。 一方、PK失敗も引き続き良い形で攻められているカディスは、70分にイドリシの左クロスからネグレドに名誉挽回のチャンスが訪れるが、ゴール至近距離で放ったヘディングシュートは再びGKルニンのビッグセーブに阻まれた。 マドリーは81分にマリアーノを下げて21歳の長身FWラタサをトップチームデビューさせた中、リスクを冒して前に出る相手を徐々に引っくり返す場面を増やし、後半アディショナルタイムにはセバージョスの鋭いシュートで2点目に迫る場面も作り出した。 その後、試合最終盤にはマジョルカリードの一報が入り、残留圏内維持には勝ち点3が必須となったホームチームがより前がかった攻めを見せる。そして、後半ラストプレーのセットプレーの流れではボックス内でファリがDFカルバハルに倒される。スタジアム、ピッチ上の選手たちはPKを主張してヒートアップしたが、マテウ・ラオス主審はVARルームとコミュニケーションを取ることなく試合終了のホイッスルを吹く。 中継映像ではVARの介入の可能性を窺わせるやり取りがあったものの、ラオス主審はそのまま試合を終わらせ、カディスの選手たち、スタンドの観客は状況を全く把握できぬまま呆然自失の状態でホーム最終戦を終えることになった。 この結果、マドリーはアザールの復帰やラタサのデビューなど幾つかの収穫を得て今季アウェイ最終戦を終えることに。一方、善戦も勝ち点3獲得に至らなかったカディスはマジョルカと勝ち点で並ばれた結果、当該成績で降格圏の18位に転落。今節、降格が決定したアラベスを相手に運命の最終戦に臨むことになった。 2022.05.16 05:02 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly